【FX】東京時間、欧州時間、ニューヨーク時間の相場の特徴

FXには東京時間、欧州時間、ニューヨーク時間など、時間によって相場の傾向などが変化します。

東京時間は、日本の時間で「午前9時~午後17時」であり、この時間帯が東京外国為替市場が開いている時間帯ということになります。外国為替市場は、証券取引所のように建物がある市場ではなく、バーチャルな市場であり、ネットワークを通じて世界各国の市場が24時間つながっており、市場参加者は、このネットワークを通じて24時間取引が可能となっています。

しかし、24時間取引が可能と言っても、それぞれの時間帯に特徴があります。
この時間帯の特徴を抑えておくことで、それぞれの時間帯に合ったトレードを行うことができ、FXが上達する上でも重要になってきます。

それぞれの時間帯、その特徴や、相場の傾向などを解説していきます。

24時間開いている為替市場

外国為替市場は上記の画像のように、世界中のどこかの市場が開いているため、24時間取引が可能となっています。上記の国の市場以外にも市場があり、常時どこかが開いています。

しかし、市場時間帯は時期によって異なるので注意が必要です。市場によって特徴やクセがあるため、把握しておくといざという時に役に立ちます。

市場で、特に重要なのが

  • 東京市場
  • ロンドン市場
  • NY市場

の3つで、この3つの市場は「世界三大市場」と呼ばれています。この市場が開いている時間に取引が活発化する傾向があります。

冬時間と夏時間(サマータイム)に注意!

市場時間は時期によって異なると上記で記しましたが、詳しく解説すると、冬時間と夏時間に分けられます。夏時間はサマータイムといいます。
サマータイムは冬時間より1時間早く取引や経済指標の発表が行われます。

しかし、ニュージーランドやオーストラリアなどは南半球に位置していますので、日本時間で冬時間の時に夏時間が、夏時間のときには冬時間が適用されますので注意が必要です。
上の画像が各取引市場の時間の目安で、サマータイムは下記の通りです。なお、日本にはサマータイムはありません。

ウェリントン
(ニュージーランド)
10月第1日曜日 ~ 3月第3日曜日
シドニー
(オーストラリア)
10月最終日曜日 ~ 3月最終日曜日
ロンドン
(イギリス)
3月最終日曜日 ~ 10月最終日曜日
ニューヨーク
(アメリカ)
4月第1日曜日午前2時 ~ 10月最終日曜日午前2時まで

東京時間の相場の特徴

東京時間は9時からオープンし、17時にクローズします。
10時前のレートがその日の仲値{銀行などの金融機関が外国為替に適用する基準レート}になります。
基本的に東京時間では、日本円が絡んだ通貨ペアが活発に取引される傾向にあります。

東京時間のオープンから午前中までの特徴

午前中は仲値が決まる、午前10時から正午12時まで動きが活発化します。
東京の株式市場も活性化しますし、この時間帯にオセアニアの指標が発表になることもあるからです。

またドル円にかぎって言うと、5日、10日などの5の倍数の日や、連休前にドル高円安になる傾向があります。
なぜかと言うと、5日、10日などの切りの良い日は企業の決済日で、ドルが大量に必要になり、ドルの需要が増えるためです。また、連休前には海外旅行等をする人が多く、その結果ドルの需要が高まるのです。このような理由から、ドル高円安になる傾向があるのです。

東京時間の正午からクローズまでの特徴

正午12時を過ぎると、相場は安定していきます。15時頃までは東京市場は落ち着いた動きを見せ、それほど大きな動きは見せません。

16時頃になると欧州のトレーダーたちが参入してくることで、再び活発になります。
17時になると東京時間が終わり、東京市場がクローズしますが、そのかわりに欧州相場が開くため、続々と欧州勢が参加し、さらに活発化していきます。

欧州時間の相場の特徴

欧州時間は夏時間は16時~24時、冬時間は17時~25時の間で、ロンドン市場だけでなく、パリ、フランクフルトなどのEU諸国の市場が開きます。またNY時間とも一部重なるため、非常に活発になります。
またロンドンは貴金属の現物取引の中心地ともなっており、金の現物取引では世界の中心であると言われています。

欧州時間は為替だけでなく、金などの貴金属取引なども活発に動く傾向があり、市場では大きな存在感があります。FXにおいて主要となるのはユーロが絡んだ通貨ペアになります。中でも一番多く取引されるのはユーロドルで、ついでドル円、ポンドドルといったように、逃避通貨である円も動くので注意が必要です。

欧州時間は値動きが激しすぎることが多いため、初心者には向かないでしょう。

それでは、時間を追いながらその特徴を解説していきます。

欧州時間のオープンから22時前までの特徴

17時に市場が開きます(夏時間は16時)。欧州勢の参入によって、東京時間での相場の流れは大きく変化する可能性もあります。
またこの時間帯に経済指標が発表されることもあり、午後17時前後にはとくに注意が必要になります。

経済指標に関する記事はこちら:海外FX、ハイレバレッジに有効活用できるおすすめ経済指標!
経済指標カレンダーはこちら:海外FX、経済指標カレンダー

21時頃には米国の雇用統計も発表され、ほぼ同じ時間の22時にNY市場が開くため、値動きがより激しくなります。

ロンドン時間17時前、日本時間25時にはロンドンフィキシングという、金の仲値が決定します。その前後では様々な動きを見せるため、予期せぬ方向へ相場も変動していきます。

ロンドンフィキシング関連記事:月末ロンドンフィキシングで稼ごう!実証実験してみた

欧州時間の23時頃からクローズするまでの特徴

22時からNY市場が開くため、値動きが激しくなり、さらに23時になると、オプションカットの時間となりますので、さらに値動きが激しくなったり、予期せぬ動きを見せます。

オプションカットとは、オプション取引という「あらかじめ決められた期間に、定められた価格で売買することができる権利の取引」があるのですが、その締切時間帯のことをオプションカットといいます。このオプションカットの時間帯になるまでに為替相場の変動が激しくなる傾向になります。

また24時には、ロンドンフィックスという、ロンドンにおいて日本で言うところの仲値が決まります。
この時間帯は東京勢の外貨建ての投信の設定も行われ、またロンドンフィックスを狙った売り注文なども増えることから、非常に活気づきます。24時前後の30分は独特な動きを見せることも多々あります。

全体を通して見ても、欧州時間は非常に活発に動くため、やはり初心者には厳しい環境だと言えます。

ニューヨーク時間の相場の特徴

ニューヨーク時間は夏時間は22時から6時、冬時間は23時から7時の間で、FXにおいて最も重要な時間であるとされています。市場参加者が多く、重要な経済指標などの発表も多いことから、ロンドンの市場の次に活発な動きを見せます。

前述した通り、欧州時間とも時間がかぶったり、NY市場がオープンするより前からFX取引などの準備をしていくトレーダーがどんどんと参入してくるため、ニューヨーク時間になるまえから値動きは活発なイメージを持ちます。

ニューヨーク時間のオープンから24時頃までの特徴

ニューヨーク時間ではロンドンを始めとした欧州市場などの相場と重なることから、相場が活発に動きます。
大きな資金を使って取引する投資家なども多数参加しているため、トレンドが発生しやすく、素直に順張りでついていくことが望ましいでしょう。また、この時間帯に発生したトレンド相場は長続きする傾向にあります。

しかし、経済指標や主要人物の重大な発表などもあることがありますので、トレンドが反転して逆のトレンドに切り替わるということも考えられます。
それらの発表時間なども考えながら取引する必要があります。

注目度の高い経済指標などがない場合、トレンドが終わるとレンジ相場に移行していきます。

レンジ、トレンド相場解説:レンジ相場を解説トレンド相場を解説

ニューヨーク時間の午前1時頃からクローズまでの特徴

日本時間1時になると大きな取引が出やすい時間になります。この時間はロンドンで仲値が決まることから、その前後で大きな取引がいくつも行われるのです。

しかしそれが終わって午前2時を過ぎると、流動性が低下して、ゆっくりと落ち着いた動きを見せますが、あえてその落ち着いたタイミングを狙うトレーダーも中にはいるため、突発的な動きを見せることもあるので、気を張って置く必要があります。

日本時間午前5時になると、シカゴの通貨先物取引が終了する時間となります。この終わり間際に売買が一時的に膨らみ、そこからまた落ち着いてきます。
また金曜日の場合(日本では土曜日の早朝5時)は、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)の国際通貨市場(IMM)で取引されている枚数が公表されるため、多くのトレーダーが注目しています。

午前6時頃からは落ち着いて、そこから7時でクローズとなり、再び、東京時間が迫ってきます。

【まとめ】それぞれの市場の時間帯の相場の特徴やクセを知っているだけでもトレードに役立つ

FXでトレードを行う場合、東京時間、欧州時間、ニューヨーク時間の特徴がそれぞれありました。

東京時間は、他の時間と比べると比較的安定した動きをみせます。日本時間の午後には特に目立った動きがないので、午前中に取引をしていくことになると思います。
しかし、午後には欧州時間と重なるところで大きく価格が変動することがあるので気をつけなければなりません。

特に欧州時間は様々な国の市場が開いていくため、予期せぬ動きや、今までのトレンドを裏切る動きをみせます。初心者には厳しい時間帯と言えるでしょう。
また、欧州時間だからといって、日本円が動かないわけではなく、むしろ避難通貨として買われることも多いので、ドル円もユーロドルの次によく動きます。

ニューヨーク時間はトレンドが発生したら長く続くので、順張りしていくことでうまく利益を伸ばしていける相場があります。初心者には易しいですが、経済指標や主要人物の発言には気を配っておきましょう。
また、日本時間の夜中になると、相場が静まったり激しく動いたりとせわしないです。それほど証拠金を厚くしていない場合や、スイングトレード狙いでない場合は、日をまたがずにポジションを決済するようにしましょう。でなければ、予期せぬ変動でロスカットとなってしまう可能性があります。資金管理はどんなトレードでも徹底しましょう。

レバレッジ管理はこちら:海外FX ロスカットは怖くない!ハイレバに必要な実効レバレッジ管理!
レバレッジ管理の具体例、計算はこちら:レバレッジ500倍、どのくらい儲かるのかを徹底検証!