FX 手法

【海外FXで稼ぐ】 レバレッジ400倍、どのくらい儲かるのかを検証

更新日:

海外FXの最大レバレッジ400倍の稼ぐ力(資金効率)を検証

レバレッジ400倍は、当サイトが紹介している海外FX業者の最大レバレッジの中では最も低いものですが、海外FX業界で400倍~500倍が平均レベルなので標準的なレバレッジだと言えます。

ここでは、FX証拠金シミュレーターを用いて、海外FXのレバレッジ400倍と国内FXの最大25倍の稼ぐ力(資金効率)を計算して比較いたします。具体的には、それぞれのレバレッジで、1,000万円の利益を上げるまで何回のトレードが必要なのかを計算していきます。

人気海外FX業者の最大レバレッジ比較

当サイトの中で紹介している海外FX業者の最大レバレッジは以下の通りです、最大レバレッジ400倍は当サイトで紹介しているレバレッジの中では最も小さいものです。XMの888倍はダントツですが、AXIORYの最大400倍もかなり資金効率が良く、国内FXの最大25倍と比較すると圧倒的に投資効率が高いことは間違いありません。

言葉だけでは分かりにくいと思いますので、最大レバレッジ400倍を活用した場合、どの位の取引回数で1,000万円を稼げるのかを、実際にFX証拠金シミュレーターを利用して計算結果を以下でご紹介いたします。

海外FX業者 最大レバレッジ
 XM(エックスエム) 888倍
 Titanfx(タイタンFX) 500倍
 FxPro(FXプロ) 500倍
 LAND-FX(ランドFX) 500倍
 AXIORY(アキシオリー) 400倍

FX証拠金シミュレーターでレバレッジ効果を検証

以下の条件で、FX証拠金シミュレーターを用いて利益計算し、何回目の取引で利益が1,000万円に達するのかを確認いたしました。

FX証拠金シミュレーターでの計算条件

純資産額
(初期証拠金)
レバレッジ 通貨ペア レート エントリー 取引数量
(枚数)
利幅
(pips
18,000円 400倍 ドル/円 現在の
レート
買い 毎回最大
可能枚数
50

下記FX証拠金シミュレーターの画像は第一回目の計算分です。まず18,000円を原資としてスタートするので純資産額が18,000円となっています。

毎回の計算で導かれる利幅pips利益を純資産額に足しながら計算を繰り返し、何回目の取引で1,000万円の利益に到達するかを計算いたしました。

FX証拠金シュミレーター レバレッジ400倍の利益計算例

海外FXのレバレッジ400倍の稼ぐ力も強力

計算の結果、7回目で1,000万円に達しました。初期資金18,000円だけでも稼ぐ力が十分あることがわかりました。

レバレッジ500倍は6回目でしたので、その差はわずか1回だけであり、レバレッジ400倍の稼ぐ力は500倍とほぼ互角であることが判明し、レバレッジに限って言えば、4社(AXIORY、TitanFX、FxPro、LAND-FX)に差はないと言えます。

したがって、1日の中でトレードに有利な相場変動が起これば1,000万円までとは言わなくても、大きな利益を上げれる可能性があると言えます。

あくまで証拠金シミュレーターでの計算なので、このパターン通りとなる保証はありませんが、いずれにしても、国内FXの最大レバレッジ25倍では、このような良い結果が出ることはありません。

AXXIORYの最大レバレッジ400倍で利益1,000万円に達する取引回数

関連記事:海外FX業者 AXIORY(アキシオリー)の評価・評判レビュー

国内FXの最大レバレッジ25倍の稼ぐ力は弱すぎる

国内FXの最大レバレッジはかなり低いので、取引数量が極端に小さくなります。そのため、好条件の相場変動があったとしても微々たる利益しか出せません。

下記のFX証拠金シミュレーターも第1回目のものですが、レバレッジが低いため取引数量が0.2ロットX10,000通貨しかないので、利益はたったの1,000円にしかなりません。

レバレッジ25倍では微々たる取引数量と利益からでしかスタートできないため、1,000万円の利益に達するまでの取引回数と期間は間違いなく大きくなります。たとえ、極めてトレードに有利な相場に恵まれたとしても、1日で稼げる利益はたいしたものにはならないのです(1,000万円に到達する回数は数え切れないので、ここでは割愛しております)。

レバレッジ25倍の効果

国内FXがレバレッジ規制の再強化で10倍へ、資金効率がもっと低下する

2017年9月28日の日本経済新聞で、金融庁が国内FXの最大レバレッジを10倍に引き下げる検討に入ったというニュースが流れ、2018年度に10倍への引き下げが実施される可能性が濃厚となっていました。
しかし2018年6月に、レバレッジ10倍規制は見送られることになりました。それでもストレステストを実施し、その結果次第でまた10倍にするかどうかを検証していくようです。

関連記事:金融庁、レバレッジ10倍引き下げ見送り

もし、レバレッジ規制の再強化が実施されてしまうと、国内FXでの資金効率はもっと低くなり、必要証拠金も現在の2.5倍も用意する必要があるので、国内FXの利用価値がさらに下がってしまいます。

このような取引環境のリスクを回避するために、少なからずの国内FX派の投資家が海外FX派に転向する可能性は高いでしょう。

関連記事:金融庁がレバレッジ規制を再強化し10倍へ、国内FXと海外FXのレバレッジを徹底比較

まとめ:稼ぐなら海外FXのレバレッジを活用しましょう

  • 海外FXではレバレッジ規制がなく、ハイレバレッジによる高い資金効率が魅力
  • レバレッジ400倍も500倍とほぼ変わらない稼ぐ力がある
  • トレードに好条件な相場なら、一度に大きな利益を出し、数回の取引でまとまった利益を叩き出せる可能性がある
  • 国内FXのレバレッジ最大25倍では取引枚数と取引金額が大きくならないので、効率的に利益を出すことができない
  • 海外FXではゼロカットが導入されており、ハイレバレッジに対する保険が掛けられているので、国内FX取引よりも資金リスクが小さい

関連記事:海外FXのゼロカットとは?そのメリットとは?
関連記事:レバレッジ500倍、どのくらいで儲かるのかを徹底検証!

-FX 手法
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.