FX 用語

スワップポイントを得るために知っておきたい通貨ペアの相関係数【リスクヘッジ】

更新日:

通貨ペアには同じような動きをするものから、反対にまったく違う動きをするものがあります。
その関係を相関係数と呼び、全く反対の関係を逆相関係数と呼びます。

相関係数 逆相関係数

為替通貨における相関係数とは、ある期間における二つの通貨ペアの関係を数値化したもので、似ている動きをする通貨ペアが100%に近くなります。
この数値は「+1.0(-1.0)」と表記されたり、「100」や「1」とだけ表記されたりもします。

  • 同じような動きをしやすい通貨ペアのことを「相関がある」
  • 反対の動きをしやすい通貨ペアのことを「逆相関の関係にある」

と、言ったりもします。

スワップポイントで注目すべき相関係数

相関係数はスワップポイントを得るためのリスクヘッジとしても注目すべき項目です。

なぜなら、逆相関の関係にある通貨ペアを選ぶと全く別の動きをすることになるので、それだけ合計の損失を抑えられたり相殺できるからです。
スワップポイントを得るためにはそれだけ多くのポジションを所持したり、長い期間ポジションを持っておく必要があります。
普通のFX取引でもリスクヘッジにもなりますが、スワップポイントで長期的に取引をしていく場合は、特に重要になるのです。

相関係数の数値と動きの見かた

相関係数の数値は、前述したように「100」や「+1.0」と表記されます。

基本的に数値が大きいものが相関関係であり、「-100」や「-1.0」など数値が小さいものが逆相関の関係にあると言えます。

  • 100%に近いほど相関性が強い(同じ動きを示す)
  • 0の時には無相関(全く関係性がない)
  • -100%に近いほど逆相関(反対の動きを示す)

クロス円でもリスク分散できる通貨ペアと、そうでない通貨ペア

クロス円ペア同士のペアは相関が強いので、リスク分散に向かない傾向があります。

しかしUSDJPYだけはほかのペアより相関が低く、クロス円同士ではUSDJPYとペアを組むことである程度のリスク分散になります。
また、同じ欧州同士のEURGBPや、同じ北米同士のUSDCADなどはクロス円ペアに対して逆相関が強いため組み合わせに有効とも言われています。

例)クロス円でリスク分散のある通貨ペア
USDJPY / EURJPY , USDJPY / GBPJPY,USDJPY / EURGBP,USDJPY / USDCAD

一方、同じ大陸の通貨同士は相関性があるため、同じ値動きをする傾向が高いと言われています。

例)相関性があり、リスク分散に向かない通貨ペア
「EURJPY、GBPJPY、CHFJPY」「AUDJPY、NZDJPY」「USDJPY、CADJPY」

高金利通貨ぺアとの組み合わせを考えて、スワップ投資を行おう!

スワップポイントは長期的な資産運用であるため、何が起こるか予想しにくく「損益を計算してみたらマイナスに近い数値になってしまった」ということもあり得ます。

その対策として、逆相関の関係にある通貨ペアを組み合わせることで、リスク分散をして、うまくいけば2か国分のスワップポイントを受け取ることができます。

例えば、高金利通貨として人気がある南アフリカランド、豪ドルや、ニュージーランドドルなどに対し逆相関の関係にある通貨ペアを選択すれば良いのです。

スワップ金利が高いマイナー通貨ペアの相関係数は以下の通りです。参考にしてください。

通貨ペアEUR/MXNEUR/TRYEUR/ZARGBP/TRYUSD/MXNUSD/RUBUSD/TRYUSD/ZAR
EUR/MXN100.0%-84.3%-69.8%-83.1%98.4%19.2%-81.4%-53.7%
EUR/TRY-84.3%100.0%85.9%98.1%-85.9%-14.8%99.1%71.6%
EUR/ZAR-69.8%85.9%100.0%83.0%-67.9%-24.1%88.2%95.7%
GBP/TRY-83.1%98.1%83.0%100.0%-84.1%-14.3%97.7%69.3%
USD/MXN98.4%-85.9%-67.9%-84.1%100.0%16.6%-81.1%-48.1%
USD/RUB19.2%-14.8%-24.1%-14.3%16.6%100.0%-16.3%-25.4%
USD/TRY-81.4%99.1%88.2%97.7%-81.1%-16.3%100.0%77.3%
USD/ZAR-53.7%71.6%95.7%69.3%-48.1%-25.4%77.3%100.0%

両建てが可能な海外FX業者

海外FX業者取引手数料
(片道)
米ドル/円
(STP口座)
米ドル/円
(ECN口座)
最大レバレッジ
(ECN口座)
両建てトレード
LAND-FX
(ランドFX)
3.5ドル0.5/0.80.0/0.5500倍両建て可能
(同一口座のみ)
HotForex
(ホットフォレックス)
3.0ドル0.6/0.90.0/0.21,000倍両建て可能
(同一口座のみ)
AXIORY
(アキシオリー)
3.0ドル0.7/1.50.0/0.5400倍両建て可能
TitanFX
(タイタンFX)
3.5ドル1.0/1.30.0/0.35500倍両建て可能
(ゼロカット狙い不可)
FxPro
(FXプロ)
4.5ドル0.6/1.60.0/0.5両建て可能
XM
(エックスエム)
5.0ドル1.0/1.70.0/0.3両建て可能
(同一口座のみ)

注意点として、両建てが禁止されているFX業者もあるのでしっかりと調べてからスワップポイントのFX取引を行っていきましょう。

また、自分が取引したい通貨ペアがその海外FX業者にあるかどうかも調べる必要があります。

ちなみに上のマイナー通貨ペアの相関係数のグラフで、一番逆相関の関係にあるのが-85.9%の「USD/MXN、EUR/TRY」です。
この二つのマイナー通貨ペアを両方取引できるのはXMです。

XMはEUR/TRY(ユーロ/トルコリラ)をショートで1ロット所持していれば、毎日約5,000円のスワップポイントを受け取れます。

-FX 用語
-

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.