FXの用語

国内FXのロスカットは不十分!海外FXのゼロカットで借金を防げ!

更新日:

海外FX:ゼロカットが必要な理由

国内FX業界では、よく「証拠金以上の損失が発生しないようにロスカットが導入されているので安全」と言われていますが本当でしょうか?

実は「ロスカットの機能だけでは証拠金上の損失の発生を100%防ぐことはできない」のです。

ここでは実際にFXで借金を負った私が、FX取引においては「ロスカット」だけの国内FXよりも「ロスカット+ゼロカット」の海外FXの方が損失リスクを防いでくれることを話していきます。

国内FXあぶねーって話をざっくりしていきます。

ロスカットで安心してはいけない?追証(借金)が発生することも

FXの失敗は、確かに借金を招きますが、それは国内FXでの話でもあります。

たとえば、国内FX業者のGMOクリック証券では、ロスカットを導入しているけれども「証拠金以上の損失が発生するリスクがある」と説明しています。

・ロスカットはお客様の損失拡大を防ぐための措置ですが、相場の急激な変動やロスカットまでの時間差によりお預かりした資産以上の損失が発生する可能性がございますので、あらかじめご了承ください。
・海外の休暇(クリスマスや年末年始)などは、為替市場の流動性が低下して気配値のレート配信頻度が乏しくなることから、急激にレートが変動したり、取引が停止することがあります。その際、ロスカット注文が成立するまで時間を要し、お預かりした資産以上の損失が発生する可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

GMOクリック証券注意事項 お預かりした資金以上の損失がある

このような「断り書き」は、GMOクリック証券だけではなく国内FX業者の全てが同じように説明しているものです。

つまり、国内FXでは「スリッページ(すべり)によって必ず証拠金以上の損失=追証が発生するリスクがありますよ」と言っているのです。

国内でのFXのロスカットと逆指値は、当てにならないことがある

ロスカットや逆指値は100%機能するものではなく、証拠金以上の損失が発生し「追証」を余儀なくされるリスクがあります。

FXでは相場が急変することは珍しくはなく、相場急変時には決済注文が殺到してしまい、FX業者の取引システムに過度な負担がかかり、注文処理が追い付かずスリッページの発生や取引システムがダウンすることがあります。

下記のようにロスカット水準でロスカットが発動されず、大きくスリッページしてから、もしくはシステムダウン後の再開時に決済がかかると損失が拡大してしまい追証が発生してしまうのです。

ロスカットが発動しない追証の仕組み

よくFXで破産した!という話を聞くかと思いますが、実際には上のように決済が間に合わずに借金を負ってしまって...というパターンです。

このような理由により、FXで破産、追証払えないよ、となるわけですね。

実際に管理人も過去にFXで失敗して追証を払えなかった

管理人の私も過去にFX(国内FX)で失敗して、破産とまではいかないまでも200万円くらいの借金を負いました。

理由としてはアメリカ大統領選挙のタイミングで取引をしていたこと。

まあ、初歩的なミスで、初心者の時(大学生の時)に食らったこともあって、今では苦い思い出ですが。

しかし、当初はマジで地獄。精神的に破滅してたといっても過言ではないですね。

ですので皆さんは甘エビ太郎と同じ失敗をしてはいけません

甘エビ太郎

国内FX業者のDD方式による取引操作リスク

国内FX業者では投資家の注文をインターバンク市場に直接流さない「DD方式(OTC取引=店頭取引)」が主流であり、相場急変時だけではなく、下記のような意図的な取引操作が行われるリスクがあります。

  • レートをずらす
  • スリッページさせる
  • ロスカット狩り
  • レート配信停止(システムダウン)

DD方式では投資家の注文はインターバンク市場に直接流されず国内FX業者が「注文を引き受けて抱える」ことから、国内FX業者と投資家のお互いが取引相手となります、このことを「相対取引」いいます。

国内FXの相対取引による不正操作とは

「相対取引」では、

国内FX業者が損する = 投資家が儲かる

投資家が損する = 国内FX業者が儲かる

という「利益相反関係」が成り立っているので、国内FX業者は時としては上記のような不正操作(取引操作)を行わざるを得なくなります。

そのため、国内FX業者は突然レート配信をストップ、損失幅が拡大してからレート配信を再開、ロスカットが発動し追証を負担!ということも昔はしていました

また、国内FX業者は、瞬間的にロスカット水準を割り込むようなレート操作を行う「ロスカット狩り」によって投資家のポジションを強制決済(強制ロスカット)させることもあるのです。

いずれにしても「DD方式」は昔ほどではないにせよ、これら不正操作の温床となっており、不正操作を行うことによって投資家が損失を余儀なくされるかわりに国内FX業者が儲かることになります。

儲かっている投資家ほど取引操作の標的になりやすい

国内FX業者の「DD方式」での取引は、「一方が儲かれば一方が損する」という「利益相反取引」であることから、当然ながら儲かっている投資家ほど不正操作の標的になりやすいのです。DD方式では、ある程度まで儲けさせたら一気に損失を回収するように不正操作が行われるリスクが付きまとうということです。

国内FX業者「DD方式」と海外FX業者「NDD方式」について詳しくはこちらDD方式とNDD方式を徹底解説

ロスカットが間に合わず、FXトレーダーが借金を負った実際の出来事...!

ロスカットが発動しないことは頻繁には起こりませんが、いつでも発生するリスクはあり、過去において相場が一瞬にして数100pips~1000pips以上も変動したケースは多々あります。

実際ロスカットが発動しなかった出来事

  • イギリスEU離脱国民投票ショック
  • ギリシャ財政危機ショック
  • スイスフランショック
  • アメリカ大統領選の時
  • 東日本大震災の時

などなど...が発生しています。そして、

  • 国内FX業者は、証拠金の追加入金(追証)を必ず請求!
  • 海外FX業者は、追証を無効、ゼロにする。

ことから、海外FXでも国内FXと同様に多くの投資家の取引口座残高がマイナスになりました。が、海外FXにはゼロカットが導入されているお陰で多くの投資家が追証を免除され難を逃れてきています。

イギリスのEU離脱国民投票時、多額のロスカット未収金(追証)が発生

2016年6月24日の英国のEU離脱投票時に英ポンド/円が下記のように約1時間で約27円も急落した際には強制ロスカットが発動されず口座残高がマイナスとなった投資家が続出しました。

イギリスのEU離脱国民投票時 価格下落 多額のロスカット未収金(追証)が発生

このように短時間で急変する場合は取引が集中しすぎてロスカットや逆指値が全く効かなくなるので一瞬にして損失が膨らんでしまい、以下のように多額のロスカット未収金(追証)が発生するのです。

海外FX ゼロカット 追証なし

一方、「ゼロカット」が導入されている海外FX口座を利用していた多くの投資家は「追証」を負担せずに済んだのでした。

スイスフランショックの時には借金を負ったトレーダーが多発!

また、スイスフランショックでもスイスフラン/円で一気に約23円も円高に振れました。

スイスフランショック CHFJPY 急変

国内FX全体では、

  • ロスカット未収金発生件数: 1,229件
  • ロスカット未収金発生額:33億8,800万円
  • 1件当たりの平均追証額:276万円

という凄まじい額の追証が発生し、国内FX業者は投資家に追証負担を求めて多くの投資家が資金を失い、中には自己破産などに追い込まれた投資家も出たほどです。FXで借金地獄、という話もかなりバズった頃です。

スイスフランショック時のロスカット未収金 追証発生額

一方、海外FX口座を利用していた多くの投資家はゼロカットによって「追証」を負担せずに済んだのです。

このような仕組みで、上記ほどの損失幅ではなくても一瞬にして数円程度のレート変動が起こることは珍しくなく、ロスカットや逆指値だけでは「証拠金以上の損失=追証」から完全に逃れることは不可能なのです。しかも、『カードローンなどで借金をしている』ということにもなるという酷い仕打ち付き。まあ同意して取引してんだろ?っていうスタンスなんでしょうね、日本は。だから金払えよって、サラ金よりひどい。せめて猶予をくれ。

と、管理人の個人的な感情があふれ出したところで、、、

このような追証リスクを完全に防ぐためには海外FXならではの「ゼロカット」が必要不可欠です!という結論です。

そもそもゼロカットとは?ゼロカットを初心者でもわかるように、丁寧に解説という人はこちら!

【まとめ】海外FXのゼロカットでは「追証(借金)」が発生しないので安全

FXでは常勝することは不可能であり、「損失をできる限り抑えて、利益を増やしていく」必要があります。
ゼロカットは、証拠金以上の損失を”0”に戻してくれるので、損失が証拠金以上になっても「追証」が発生しないので、国内FXよりも安全かつリスクも少ないのでトレードも心理的にしやすいですよね。

これだけ覚えておいてください!

ポイント

ゼロカットがある海外FXでは、証拠金以上の損失を負担しなくて済みます。

つまり、借金を負わないってことです!

  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-FXの用語
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.