FXの用語

【FX初心者は必見】FXとは?素人でもわかるように説明します!

更新日:

FXとは投資の一種です。
よく「ギャンブル」と言われたりもしますが、ギャンブルではありません。
資産運用の一つで、どのように資産を増やしていくかを考えて投資することで、相場を分析することから利益を確立していくことになります。
損をしないためにも、しっかりとFXに関する知識をつけてから始めましょう。

FXとは、通貨に投資すること!

FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語で正式には「外国為替証拠金取引」といいます。
「外為(がいため)」といったりもします。
歴史も古く、1998年から始まり、バブル期には多くの人が熱中していました。
今でも多くの人が取り組んでいます。

FXとは通貨を交換し、その結果生じた損益を証拠金に対して加減した取引のことを言います。
「通貨に投資すること」ですが、正直イメージしにくい。
簡単にイメージするなら通貨の両替で、そのときに通貨の価値が変動するとそれが損益になるのです。

まだまだよくわからないと思いますので、海外旅行でイメージして考えてみましょう。

海外旅行でイメージしてみると分かりやすい!

FXは日本円と外国通貨を交換して、その差益に応じて損益が発生します。
ですが、FXでは実際の紙幣などの現金を交換しているわけではありません。
「ドルなどを売り円を買う」などの取引をした結果、1万円の利益が出ればその1万円がもらえるのです。

FXの仕組み 海外旅行に例えるとわかりやすい 1ドル100円の時からどのくらいの利益になるのか

例えば、海外旅行に行くとします。
アメリカに行くことにしましょう。
この時の「ドル/円」という相場が、「1ドル/100円」という相場でした。
これは100円が1ドルと同じ価値ということです。

この旅行のお小遣いに10万円持っていて、それを両替するとします。
100円で1ドルになるので、10万円は1000ドルに交換できますね。

そしてお金を一切使わずに帰国したとします(本当の旅行だったらありえないと思いますが)。
帰国する時、「ドル/円」相場が変化していると、それだけ円の価値も変動していることになります。

具体例を出してわかりやすくしましょう。

例えば帰国するタイミングで「1ドル/110円」になっていたとします。
そのとき1000ドルを日本円に両替したら、11万円になりますね。
つまり最初の10万円から1万円が増えたことになるので、この1万円が利益になります。

逆の場合も考えられます。
帰国時、「1ドル/90円」になっていたとして両替したら9万円になってしまいます。
ですので1万円損をしたことになります。

このように実際に旅行はしませんが、2つの通貨の交換のときに、その通貨価値の変化で損益を得る仕組みがFXだと考えるといいと思います。

FXの投資としての4つの利点!

投資には株式、不動産などがありますが、FXにはFXの投資としてのメリットがあります。
それを簡単に解説していくので、どんな魅力があるのか参考にしてみてください。

①円安でも円高でも利益を上げられる!

株をはじめとする投資、金融商品は円高(円の価値が高くなる)と株安も連動するため利益を上げにくくなりますが、通貨の交換レートを投資対象としたFXは円高でも円安でもチャンスになります。
他の投資と違い、買いからも、売りからも取引を始めることができるため、景気などに左右されることなく取引をすることができるのです。

FXとは FXで利益を出す仕組み 買いから売り 売りから買い 為替差益

通常なら1ドル100円の相場で10万円分、1000ドルを買った場合に、1ドル110円になったところで売りに出すことで1万円分の利益となります。
これが「買ってから売る」という取引方法です。

売りからの考え方は、通常の生活ではなかなかイメージしにくいと思います。
簡単に言うなら、最初に取引会社からお金1000ドルを借りて、それを1ドル110円の相場で売ります。
すると11万円のお金を持っていることになります。
そして相場が1ドル100円に下がったところで、今度はその11万円でドルを買います。
すると1100ドルが手に入りました。
取引会社に借りていた1000ドルを返しても、100ドル、つまり1万円が手元に残るので、それが利益になります。
これが「売ってから買う」という取引方法になります。

「売ってから買う」は「空売り」とも言います。
その空売りは株式でもできるのですが、株式では金利が発生してしまうため、FXのほうがおすすめなのです。

なお画像ではどちらも1円の為替差益を得ていますので、10万円分買った場合、どちらも1万円分の利益になるということです。

②少ない資金でも大きな取引ができる!

FXにはレバレッジという仕組みが存在します。
レバレッジとは少額の資金でも大きな額にして取引ができるのです。

実際にお金を借りるわけではなく、FXでは「証拠金」としてお金をFX業者に預けます。
その預けているお金を担保にして、何倍もの金額で取引できるようになるのです。
FXは取引終了後の差額が損益になるため、このような取引が可能なのです。

③取引コスト(手数料)が安い!

他の投資、金融商品と比べて取引コストが安いことも大きな魅力です。
つまり手数料が安いため、自分の利益のほとんどをそのまま自分のものにできます。
このコストが高いと、せっかく出た利益もチャラになってしまう可能性があるので、とてもありがたいと言えます。

④24時間いつでも取引できる!

取引時間にとらわれないという点も、FXのメリットです。
他の投資は昼間に限られている場合が多く、仕事や家事が一段落する夜の時間帯には取引できないことがあるのですが、FXは世界中に市場が存在しているため、平日でも24時間いつでも取引ができます。
時間を見つけて取引ができるので、とても便利ですね。

【まとめ】まずFXで理解してほしいことは「投資」であるということ

まずFXで理解してほしいことは、ギャンブルではなく資産運用だということです。
負けることももちろんあると思いますが、そのリスクをいかに軽減するかが大切です。

本記事だけではまだまだわからないことも多いと思いますが、まず一つFXについての仕組みやメリットについてわかってもらえたのではないかと思います。
今後さらに詳しく説明していくので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-FXの用語
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.