【海外FX】通常のFX取引とビットコインFX(仮想通貨FX)の違いを比較

海外FXで取引できる仮想通貨FXと通常のFX取引の違いを比較

最近のビットコインをはじめとした仮想通貨市場は過熱感を増しており、仮想通貨によっては年率数百~数千パーセントの大幅な価格上昇を見せています。投資対象として注目度が増すほど価格が更に上昇するというトレンドが継続しており、最近では、海外FX業者も仮想通貨FX取引を取り扱うようになってきています。

仮想通貨取引が行える海外FX業者の数はまだ多くありませんが、当サイトが推奨・紹介している海外FX業者のXM(エックスエム)では、

  • ビットコインFX(BTC/USD)
  • イーサリアムFX(ETH/USD)
  • ライトコインFX(LTC/USD)
  • ダッシュFX(DSH/USD)
  • リップルFX(XRP/USD)

といった仮想通貨FX取引をMT5口座で行うことが可能です。※現在、XMは仮想通貨の取引を停止しています!

ここでは、海外FX業者が扱っている通常のFX取引と仮想通貨FX取引の違い、XM(エックスエム)での各仮想通貨の取引条件などを解説いたします。

仮想通貨FXと通常のFX取引の比較、主に3つの違いがある

両者における大きな違いは以下の3ポイントを挙げられます。

  • ボラティリティ(価格変動率)が違う
  • レバレッジ倍率が違う
  • 取引時間の長さが違う
ボラティリティ(価格変動率)が違う

ビットコインFXなどの仮想通貨FX取引は通常のFX取引よりも価格の変動(ボラティリティ)が大きいのが特徴です。下記ビットコインのチャートでは朝6:00~9:00過ぎまでで約12万円も上昇してから11時頃までに約6万円も下降しています。仮想通貨FX取引ではこのように1日に数万円程度の価格変動が頻繁に起こっており、通常のFX取引ではあり得ない相場環境にあります。このような価格変動が大きい仮想通貨FXでは、1日で大きな利益を出せる可能性もあると言えます。

ビットコインFX-価格変動-ボラティリティが高い

また、下記はビットコインの2016年12月~2017年11月の価格推移なのですが、価格の上昇下降を繰り返しながら一貫して上昇してきています。一般的には価格変動が大きいとリスクも伴いますが、長期間に亘って上昇トレンドが続いてきていることから、価格が下落した後に買いでエントリーすれば通常のFX取引よりも大きな利益を獲得できる可能性があると言えます。ただし、価格変動幅が大きい分、ロスカット対策として証拠金を厚めにしておいた方が無難だと言えます。

仮想通貨ビットコイン過去年間価格推移

レバレッジ倍率が違う

レバレッジに関しては取引業者ごとに異なっています。海外FX業者の中でも差がありますが、XM(エックスエム)の仮想通貨FXではレバレッジは倍率で設定を行うのはなく、証拠金率をベースにレバレッジ倍率が計算されます。

現在のところ、XMでは証拠金率50%であるためレバレッジ2倍前後に相当します。

国内FX業者では最大レバレジ25倍、ビットフライヤー(Bitflyer)などの取引所では15倍といったところもありますが、XMはこと仮想通貨FXのレバレッジに関しては、価格変動幅が大きい傾向があるため、あえてレバレッジを低めにしています。

上記で述べたように長期間に亘って大幅に価格上昇している仮想通貨相場ですが、XMとしては、投資家を資金リスクから保護する観点から、レバレッジを抑えめにして価格変動リスクに対応させています。

取引時間の長さが違う

仮想通貨取引は「24時間365日」動いており、証拠金取引である仮想通貨FXも24時間365日休みなく稼働しています。一方、通常のFX取引は「月曜日朝6時頃~土曜日朝6時頃」までとなっており、仮想通貨取引は週末でも取引できるメリットがあります。平日寝る頃の時間に取引しずらいサラリーマンなどの勤め人にとっては、休日に腰を据えて取引に集中できることも仮想通貨FXの魅力であると言えます。しかし、現在のところ、XM(エックスエム)では通常のFX取引と同様に土曜日と日曜日の週末には取引はできません。

海外FX業者 XM(エックスエム)での仮想通貨FXの取引条件

レバレッジに関してはすでに述べた通り、証拠金率50%=約2倍のレバレッジで取引できます。また、最小取引ロット0.1(1ロット=1仮想通貨の価格)ですので、必要証拠金は以下の通りとなります。

例えば、2018年1月16日時点のビットコイン約144万円(為替レート111円換算)を0.1ロット、証拠金率50%で計算すると、必要証拠金は72,000円(144万円x0.1÷2)となります。

仮想通貨FXの実質のレバレッジは通常のFXと比較するとかなり低いですが、1ロット1仮想通貨なので、他のイーサリアム、ライトコインなどはビットコインよりもはるかに価格が低いので少額資金でも取引を始められます。

例えば、12月8日時点のライトコインの価格は17万円程度であり、上記と同条件ならば必要証拠金は3,400円程度となるので、小額資金でも始められることから人気となっています。

以下で、各仮想通貨FXの取引条件をご紹介しておきます。

海外FX XM(エックスエム)での仮想通貨FXの取引条件

XMでの各仮想通貨FXの取引条件は以下の通りです。

ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュ、リップルの取引条件

XM(エックスエム)の口座詳細情報は下記の関連記事でご確認いただけます。
関連記事:仮想通貨取引が行えるXM(エックスエム)の口座詳細情報

ビットコインFX(BTC/USD)の取引条件
ビットコインFX(BTC/USD)の取引条件
必要証拠金率 50%※ スプレッド 50
シンボル BTC/USD  最小/最大取引サイズ 0.1/1※※
内容 ビットコイン VS 米ドル  買いスワップ値 -17.46 
最低価格変動 0.00100  売りスワップ値 -16.32
値動きの最小幅 USD 0.001  指値及び逆指値のレベル 0.1
1ロットあたりの価値 1 ビットコイン 合計取引ロット数の上限(口座毎)※※ 3※※

20%から50%へ引き上げ(50%=レバレッジ2倍前後)
※※
ビットコイン BTC/USDの最大取引サイズ(取引毎)と最大取引ロット数の上限はビットコインの価格変動に応じて見直されます。

イーサリアムFX(ETH/USD)の取引条件
イーサリアムFX(ETH/USD)の取引条件
必要証拠金率 50%※ スプレッド 3
シンボル ETH/USD 最小/最大取引サイズ 0.1/20※※
内容 イーサリアム VS 米ドル  買いスワップ値 -0.65
最低価格変動 0.00100 売りスワップ値 -0.61
値動きの最小幅 USD 0.001 指値及び逆指値のレベル 0.1
1ロットあたりの価値 1 イーサリアム 合計取引ロット数の上限(口座毎) 40※※

20%から50%へ引き上げ(50%=レバレッジ2倍前後)
※※
イーサリアム ETH/USDの最大取引サイズ(取引毎)と最大取引ロット数の上限はイーサリアムの価格変動に応じて見直されます。

ライトコインFX(LTC/USD)の取引条件
ライトコインFX(LTC/USD)の取引条件
必要証拠金率 50%※ スプレッド 0.4
シンボル LTC/USD 最小/最大取引サイズ 0.1/50※※
内容 ライトコイン VS 米ドル 買いスワップ値 -0.26
最低価格変動 0.00100 売りスワップ値 -0.25
値動きの最小幅 USD 0.001 指値及び逆指値のレベル 0.1
1ロットあたりの価値 1 ライトコイン 合計取引ロット数の上限(口座毎) 100※※

20%から50%へ引き上げ(50%=レバレッジ2倍前後)
※※
ライトコイン LTC/USDの最大取引サイズ(取引毎)と最大取引ロット数の上限はライトコインの価格変動に応じて見直されます。

ダッシュFX(DSH/USD)の取引条件
ダッシュFX(DSH/USD)の取引条件
必要証拠金率 50%※ スプレッド 3
シンボル DSH/USD 最小/最大取引サイズ 0.1/15※※
内容 ダッシュ VS 米ドル  買いスワップ値 -0.87 
最低価格変動 0.00100 売りスワップ値 -0.81
値動きの最小幅 USD 0.001 指値及び逆指値のレベル 0.1
1ロットあたりの価値 1 ダッシュ 合計取引ロット数の上限(口座毎) 30※※

20%から50%へ引き上げ(50%=レバレッジ2倍前後)
※※
ダッシュ DSH/USDの最大取引サイズ(取引毎)と最大取引ロット数の上限はダッシュの価格変動に応じて見直されます。

リップルFX(XRP/USD)の取引条件
リップルFX(XRP/USD)の取引条件
必要証拠金率 50%※ スプレッド 0.002
シンボル XRP/USD  最小/最大取引サイズ 0.1/25※※
内容 リップル VS 米ドル 買いスワップ値 -0.73
最低価格変動 0.00001 売りスワップ値 -0.69
値動きの最小幅 USD 0.001 指値及び逆指値のレベル 0.001
1ロットあたりの価値 1000 リップル 合計取引ロット数の上限(口座毎) 55※※

20%から50%へ引き上げ(50%=レバレッジ2倍前後)
※※
リップル XRP/USDの最大取引サイズ(取引毎)と最大取引ロット数の上限はリップルの価格変動に応じて見直されます。

XM(エックスエム)でMT5口座を開設する

ボーナス資金を活用して仮想通貨FXで稼ぐ

※現在、XMは仮想通貨の取引を停止しています!

XMのボーナスキャンペーンは非常に手厚く、業界No.1として有名であり、仮想通貨FX取引用にMT5のリアル口座を開設すると、通常のFX取引(為替証拠金取引)と同様に下記のボーナス資金を無料で受け取ることが可能です、なお、ゼロ口座はボーナスの対象外です。

  • 口座開設ボーナス:30米ドル(約3,000円分)
  • 入金100%ボーナス:最大500米ドル(上限約5万円)
  • 入金20%ボーナス:最大4,500米ドル(上限約45万円)

【入金ボーナス100%例】
入金  50,000円⇒⇒50,000円が支給されます、取引資金が一気に2倍へ!
【入金ボーナス20%】
入金200,000円⇒⇒40,000円が支給されます、最大45万円まで何回でも支給されます!

このように、入金ごとに無料で支給されるボーナス資金が支給されるので自己資金を抑えながら取引ができます。

XMのボーナスキャンペーンの詳細は以下の記事でご確認いただけます。
関連記事:海外FX】XMの口座開設ボーナスと入金ボーナスはNo.1

仮想通貨FXなら海外FX業者 XM(エックエム)がおすすめ

※現在、XMは仮想通貨の取引を停止しています!

XMTrading(エックスエム)

世界最高峰の海外FX業者!日本でも顧客満足No.1!
海外FX業者ランキング XM(エックスエム)の口座開設・評価・評判レビュー
資本金360,000,000米ドルの優れた財務基盤!
FX業界最高水準のハイレバレッジ888倍!
ゼロカット実績度No.1、追証なしサービスで安心!
口座開設・入金ボーナスなど、充実したキャンペーン!
レバレッジ 米ドル/円( )内ECN 追証
888倍 1.7銭(0.1銭) なし
ボーナス 約定執行率 通貨ペア数
あり 100% 59
XM(エックスエム)は、FX業界のグローバルリーダーとして全世界196ヶ国で展開しており、口座開設数が100万件に迫る勢いで伸びており、セーシェル金融庁とキプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得している信用力に加え業界屈指の優れた取引環境も備えており日本でも非常に人気が高い海外FX業者です。
XM(エックスエム)の取引口座としての扱いやすさは抜群であり、ロスカット水準20%、レバレッジ最大888倍、最低入金額5ドル、最少取引ロット10通貨~、ゼロカットの実績度No.1、信託保全も備わっており、スプレッドは決してトップクラスではないものの約定スピード・執行率はトップレベル、インターバンク直結のECN口座でのトレードが可能、ボーナス・キャンペーンの手厚さもナンバーワン、といった安全性や取引環境面で総合力ナンバーワンの海外FX業者です。
海外FX口座 XM(エックスエム)の口座開設方法
海外FX口座 XM(エックスエム)の評価・評判レビュー
海外FX業者 XMTrading(エックスエム)公式サイト XMTrading(エックスエム)口座開設