XMの日経225現物と先物の違い!CFD取引を国内業者と比較、7つのメリット!【海外FX業者】

海外FX業者では、XM(エックスエム)他、当サイトで紹介しているHotForex(ホットフォレックス)、AXIORY(アキシオリー)、TitanFX(タイタンFX)、LAND-FX(ランドFX)、FxPro(FXプロ)でCFD銘柄を取り扱っています。

ここでは海外FX業者でCFD取引を行う際の、以下の7つメリットを解説していきます。

  1. レバレッジ10倍~20倍高い
  2. 少額の必要証拠金でも取引を開始できる
  3. ロスカット水準が低い
  4. ゼロカットがある
  5. 手厚いボーナス資金がある
  6. スプレッドが安い
  7. トレードツールMT4は、CFDとFXの両方を取引できる

また、XMの日経225の先物、現物について解説します。

 

XMのCFD、日経225先物と現物の違いと、国内証券の日経225との違い

XMには日経225先物(JP225)、日経225現物(JP225Cash)があります。
まずは国内証券会社の日経225先物とは異なる点があるので、その違いや特徴等をまとめておきます。

国内証券会社の日経225先物

日経225は、日経平均株価のことです。
日経平均株価は日本の代表的な株式指標の一つで、日経平均、日経225などと呼ばれます。

国内証券会社の日経225先物(mini)は、証拠金は約6万円~10万円前後必要で、ラージという枠ならその10倍が必要になります。
手数料がありますが、価格は買いと売りともに1つの価格になっていますので判り易いです。

先物取引のため、限月{決済期限}があります。
この限月の期限をまたいでポジションを持っている場合、ロールオーバー{先物取引などで保有しているポジションを取引最終日までにいったん決済し、次の期限(次限月)以降のポジションに乗り換えること}の作業が必要になります。

XMの日経225現物(JP225Cash)

XMのCFD、日経225現物(JP225Cash)は、100lotから取引ができるため、証拠金は9000円ほどから始めることができます。
これは国内証券の10分の1の安さで、これだけでXMを選択する価値があります。

XMの日経225現物にはスプレッドがあり、だいたい10円ほど離れています。
そのため、手数料はありません。

また、限月と呼ばれる取引期限が設けられていないのでロールオーバーを気にしなくていいですが、マイナスのスワップが発生します。

注意しなければならないのは、やはりマイナスのスワップポイントです。
取引期限がないため、長くポジションを保有しているとじわじわとマイナスのスワップが大きくなってしまうので、それだけ損失が出てしまいますので気をつけましょう。

XMの日経225先物(JP225)

XM CFDのもう一つの日経225は、先物(JP225)です。

現物同様に証拠金が低く、スプレッドがあります。
先物は現物よりスプレッドが広く、24円ほどの開きがあります。
そのかわり、手数料はありません。

メジャーSQと言われる、「3、6、9、12月の第2金曜日」に限月による区切りがありますのでロールオーバーが必要になりますので注意が必要です。
スワップは発生しません。

※XMの日経225現物と先物の違いまとめ※

  • 現物のほうがスプレッドが狭い
  • 現物には限月{決済期限}がない
  • 現物にはスワップと配当があるが、スワップだとどちらもマイナス、配当だとロングのみプラス

主な違いは上記の通りで、気をつけなければならないのが、現物だとスワップを支払うことになるという点です。

日経225現物と先物は、以下のように使い分けるといいでしょう。

  • 現物(JP225Cash)は、スプレッドが狭いので、スキャルピング・デイトレード
  • 先物(JP225)は、コストがかからないため、1日以上のスイングトレード

日経225先物(JP225)でスイングトレードを行う場合は、限月に注意が必要です。
メジャーSQの限月のときのロールオーバーを忘れないようにしましょう。

海外FX XMなどのCFD取引の7つのメリット

海外FXのメリットであるハイレバレッジ、ボーナス・キャンペーン、ゼロカットなどはFX取引だけでなく、CFD取引にも適用されているので、効率的な資金運用とリスク管理が可能です。

CFD取引メリット①ハイレバレッジで運用可能

海外FXでは、株価指数などのCFD取引取引でもハイレバレッジ取引が可能となっています。
ハイレバレッジが可能ということは、少ない証拠金からでも始められるということです。
当サイトで紹介している海外FX業者は以下のようなレバレッジを効かせて取引を行うことができます。

  • XM(エックスエム):200倍
  • LAND-FX(ランドFX):200倍
  • TitanFX(タイタンFX):100倍
  • AXIORY(アキシオリー):50倍(日経225は100倍)
  • FxPro(FXプロ):5倍~50倍(注文サイズに応じて自動調整される)
  • HotForex(ホットフォレックス):5倍

これだけのハイレバレッジが効かせられるで、それだけでメリットになります。
国内FXですと、日経225の最大レバレッジ10倍ですので、XMはその20倍も資金効率が高いことになり、利益効率も大幅に高めてくれます。

 

CFD取引メリット②少額の証拠金から始められる

100lotで国内証券会社の日経225と、海外FX業者のXMのCFD、日経225の必要証拠金を比較します。

上記の比較でも述べましたが、国内証券会社は10万円ほどが証拠金として必要になります。
しかし、海外FXのXMでなら約1万円があれば取引を始めることができるのです。

 

CFD取引メリット③ロスカット水準が低い

レバレッジ取引を行うにはロスカット水準が低いほうが有利に働きます。

ハイレバレッジにも対応できるように海外FXロスカット水準が低く設定されています。
国内は50%ほどのところが多く、海外FXのXMは20%です。

 

CFD取引メリット④ゼロカットがある

CFD取引では証拠金以上の損失を発生させないためにロスカットルールが導入されています。
相場の急変などによってロスカットの発動が間に合わず証拠金以上の損失が発生することもあります。

海外FXでは証拠金以上の損失を免除するゼロカットルールが導入されているため、追証が発生しません。
国内FXでは追証を請求されるため、リスクヘッジはゼロカットを導入している海外FXのほうが優れています。

 

CFD取引メリット⑤ボーナス・キャンペーンがある

海外FXでは手厚いボーナスが用意されていることが多いのです。
国内FXですと、キャッシュバックなどがあったりしますが、CFDは対象外である場合もあります。

XMですと3つのボーナスが用意されています。

  1. 口座開設ボーナス:口座開設で3000円支給
  2. 100%入金ボーナス:入金額5万円まで100%支給(5万円入金したらプラス5万円)
  3. 20%入金ボーナス:最大50万円まで入金に反映される

 

CFD取引メリット⑥スプレッドが安い

XMのCFD取引では、スプレッドが発生してしまう反面、とても安く提供しています。

XM CFD銘柄スプレッド
ユーロ・ストックス50指数3円
フランスCAC40指数3円
ドイツDAX指数4円
FTSE指数3円
NYダウ工業株30種6円
ナスダック(US100)4.5円
S&P500種1.1円

 

CFD取引メリット⑦トレードツールMT4は、CFDとFXの両方を取引できる

国内FXの場合ですと、FXとCFDでそれぞれに対応した別々のトレードツールで取引しなければなりません。

海外FXでは、MT4というプラットフォームを使えるのでFX、CFDなど全てにMT4だけで対応できます。
いちいち別々のプラットフォームを開いたり、使い方を覚えたりしなくていいのでとても利便性が高いと言えます。

 

日経255などのCFD取引はXM!

以上の特徴やメリットから、海外FXのXMでCFD取引をすることをおすすめします。以下でCFDの日経255の現物と先物の特徴をまとめていますので参考にしてください。

・XM 日経255現物(JP255Cash)

  • 100lotから取引できる(約1万円から)、これは国内の10分の1の安さ
  • スプレッドは10円の差、手数料はなし
  • 限月なし、しかしマイナスのスワップ
  • 以上のことから、短期トレードのスキャルピングや、その日にトレードを終わらせるデイトレードがおすすめ

・XM 日経255先物(JP255)

  • 現物と同じく100lotから取引できる(約1万円から)
  • スプレッドは広めで24円ほど、手数料なし
  • 限月あり、スワップは発生しない
  • 以上のことから、長期トレードでのコストがかからないためスイングトレードがおすすめ
  • しかしメジャーSQによる限月があるためロールオーバーは忘れないようにする