おすすめ両建てトレード手法とおすすめ海外FX口座

両建てトレードとは2つの口座を利用して、特定の通貨ペアで「買い(ロング)」と「売り(ショート)」のポジションを同時に持つトレード手法です。よく両建てトレードはリスクヘッジに有効だとか、損切りをしなくても損切りをしたのと同じ効果を得ながら利益を出せるメリットがある…と言われることがありますが実際は簡単ではありません。

ここでは、

  • よく利用されている両建てトレードは利益を出しやすいのか?
  • 海外FXでの両建てハイレバレッジトレードは有効なのか?
  • 両建てハイレバレッジトレードに適した海外FX業者はあるのか?

などを解説していきます。

損切りせず両建てで利益を出すのは簡単?

含み損を抱えている時に両建てを使えば損切りせずに最終的に含み益を狙えるということを聞いたことがあると思います。

例えば、、買いポジションで含み損が発生している時に、レートの下落がまだ続くと予想できる場合、損切りしないで売りポジションを保有して両建てを始めるパターンです。

予想通りレートが下落をしたら売りポジションを利益確定し、その後レートが多少上昇したら再び売りポジションを持って、売りポジションの利益確定を繰り返していきます。こうすることで買いポジションの含み損を抱えたまま、両建てで利益を出しながら含み損を穴埋めし、段階的に利益を増やしていけるという戦法です。

しかし、最終的には利益を増やしながら含み益になった段階で両建てを外せればよいのですが、現実問題として、含み損を抱えながら段階的に利益を増やすのは簡単ではありません。

含み損を抱えながらは「損大利小」に陥りやすい

なぜ難しいかというと、含み損を抱えている状況では多少なりにも「焦り」を感じている可能性があるからです。焦りが少しでもある時の人間の心理は「損は先に伸ばし、利益はすぐに確定したがる」傾向があり、両建ての場合でも基本的には同じなので利益を増やすのは簡単ではないのです。ですから、このメンタル上のハードルを克服し相場を読みながら利益を増やしていくには経験と忍耐力が必要となります。

海外FXの「両建てハイレバレッジ 経済指標トレード」がおすすめ

上記のような損切を回避するリスクヘッジ目的で両建てを使うのではなく、含み損が発生していない時に、レートが大きく変動する傾向が強い経済指標相場において、海外FXのハイレバレッジと両建てを組み合わせて効率的に利益を増やせる手法を紹介いたします。

海外FXのハイレバレッジが両建てにも有効な理由

例えば、ドル円が100円の時、2つの口座にそれぞれ15万円を入金し、ハイレバレッジ200倍を用いて30万通貨のトレードを行います、証拠金維持率は20%とします。

海外FXのハイレバレッジは大きな取引ができるので利益を出しやすい

国内FXの最大レバレッジ25倍では3.75万通貨の取引しかできません。同じレート変動に対しては海外FXの方が大きな利益を出せるので海外FXのハイレバレッジがおすすめなのです。

上記のハイレバレッジ200倍のトレード条件では、レートが40pips変動したタイミングで一方の口座がロスカットし、もう片方の口座残高が2倍となります。

  • 海外FX口座(A)口座残高 = 3万円(証拠金 15万円 X ロスカット水準20%)
  • 海外FX口座(B)口座残高 = 27万円(証拠金 15万円 + 利益12万円(30万通貨 X 40pips)

しかし、口座残高合計は入金当初の30万円と同じとなり利益が出ないので両建てに「指値」を入れて利益が出るようにします。

上記と同じ条件に55pipsの指値を入れると一方の口座ではロスカットし、もう片方の口座では証拠金の2倍以上の利益が発生し含み益が出ます。

  • 海外FX口座(A)口座残高 = 3万円 = 証拠金 15万円 X ロスカット水準20%
  • 海外FX口座(B)口座残高 = 31.5万円 (2倍)= 証拠金 15万円 + 利益16.5万円(30万通貨 X 55pips)

両方の口座残高合計は34.5万円となり入金合計額30万円を差し引くと4.5万円の利益が出ます。

ハイレバレッジ両建て

 

小さいポジションサイズと利益でよければ超少額資金取引ができる

もし、ハイレバレッジを用いて国内FXと同じような小さいポジションを保有するつもりなら超少額資金で済むので資金リスクを低くできます。

国内FXの最大レバレッジ25倍で持てる3.75万通貨、必要証拠金15万円、指値である利確幅55pips=利益2万円と同等のトレードを行うつもりなら、ハイレバレッジ200倍を用いた場合の必要証拠金はたったの18,750円ですむので海外FXでは資金リスクを大幅に減らすことができるメリットがあります。

ハイレバレッジ両建て2

 

効率よく利益確定させるのに大きなレート変動が必要

上記のような55pipsの指値を入れても指値ラインに達しなければ利益確定ができないので、できるだけ大きなレート変動幅が期待できる相場を選ぶ必要があります、そこで、ご紹介しておきたいのが下記の経済指標相場です。

海外FXのハイレバレッジ両建てトレードに適した経済指標

指値ラインに達しやすい大きなレート変動が期待できる経済指標を紹介します。いずれも指標発表、要人発言から30分以内の平均変動幅が優に50pipsを越えるものばかりです。

大きな変動幅が期待できる経済指標

数多くの経済指標の中で発表から30分間の平均変動幅が50pips以上のものは以下の5つです、過去1年間の平均値が60pipsから80pipsといったかなり高いものもあるので両建てハイレバレッジトレードに向いているでしょう。

50pips以上の変動幅がある経済指標

  • FOMC政策金利発表(米国)
  • FRB経済・政策金利見通し発表(米国)
  • 雇用統計発表(米国)
  • 消費差は物価指数【コア】(米国)
  • ECB総裁記者会見

例えば、「FRB経済・政策金利見通し」は過去1年間の平均変動幅は79.2pips、直近6ヶ月平均値84.7pipsなので50pipsくらいの指値にすれば利確できる可能性は十分あると言えるでしょう。

各経済指標の変動幅の詳細は下記の関連記事でご確認ください。
関連記事:【海外FX】両建てハイレバレッジトレードで稼ぐ方法

両建てが可能なハイレバレジおすすめ海外FX業者

最近は両建てトレードを許可している国内FX業者も増えてきていますが、60pips~80pipsという大きな変動時おいて、

  • 国内FXはレバレッジが最大25倍と低いため大きなポジションを持てないので2万円~3万円くらいの利益しか出ない
  • 海外FXのハイレバレッジ200倍なら短時間で18万円~24万円くらいの利益を狙える
  • もしレバレッジ400倍ならば短時間で2倍の36万円~48万円の利益も期待できる

金融庁は現在レバレッジを10倍に引き下げようとしており、実施されると今以上に用意すべきトレード資金が大きくなるので海外FXへ流れ込むトレーダーが大幅に増えると予想されています。

当サイトが紹介している下記の海外FX業者のレバレッジは400倍以上、両建てトレードが可能、ハイレバレッジではロスカット水準の低い方が有利であり全て20%以下、特に両建てではスプレッドがダブルになるのでコスト面でスプレッドが安い

  • LAND-FX(ランドFX)
  • HotForex(ホットフォレックス)
  • AXIORY(アキシオリー)

あたりが最もおすすめです。※スプレッドは最小値/平均値です。

海外FX業者取引手数料
(片道)
米ドル/円
(STP口座)
米ドル/円
(ECN口座)
最大レバレッジ
(ECN口座)
両建てトレード
LAND-FX
(ランドFX)
3.5ドル0.5/0.80.0/0.5500倍両建て可能
(同一口座のみ)
HotForex
(ホットフォレックス)
3.0ドル0.6/0.90.0/0.21,000倍両建て可能
(同一口座のみ)
AXIORY
(アキシオリー)
3.0ドル0.7/1.50.0/0.5400倍両建て可能
TitanFX
(タイタンFX)
3.5ドル1.0/1.30.0/0.35500倍両建て可能
(ゼロカット狙い不可)
FxPro
(FXプロ)
4.5ドル0.6/1.60.0/0.5両建て可能
XM
(エックスエム)
5.0ドル1.0/1.70.0/0.3両建て可能
(同一口座のみ)

ランドFXのボーナスと両建て制限について詳しく解説:LAND-FXの100%入金ボーナスと出金・両建てについて