【海外FX用語】レバレッジを徹底解説

FXを始めてみたいという方で、FXについて調べていると「レバレッジ」という言葉を目にすると思います。
レバレッジはわかってしまえば簡単ですが、最初はなかなか理解に苦しむのではないでしょうか。

今回はそんなFX初心者の方にもわかりやすいように、レバレッジについて詳しく説明していきます。
また国内FXのレバレッジ、海外FXのレバレッジではどう違うのかも比較してみます。
この記事を通して「レバレッジ」の仕組みを理解して、FXについて正しく理解していきましょう。

レバレッジとは

まずはレバレッジというFXの仕組みを説明します。

レバレッジ取引は「証拠金取引」とも呼ばれています。
レバレッジだけですと「証拠金」や「証拠金倍率」などとも呼ばれ、原義は「てこの原理(作用)」です。

FXでははじめに取引業者、取引会社に自分の資金を「証拠金」という形で預け入れることで、その「証拠金」の何倍もの金額で取引できるようになります。
つまりレバレッジとは、少ない資金でも大きな取引ができるようになることです。

普通は「取引」といえば現物取引、等価交換の取引を想像すると思います。
現物取引だと、相場が1ドル=100円だとして、それを1万ドル分(100万円分)買いたいとするなら、100万円もの大金を用意しなければなりません

一方レバレッジとは、少額の資金でも高額の取引ができるようにするためのものです。

どういうことか例を出して詳しく説明していきます。

まず10万円を用意します。この10万円を「証拠金」とします。
現物取引ならこの10万円で取引することになります。言い換えると、『現物取引の場合では10万円分の取引できない』ということです。
しかしレバレッジを使って取引すると、もともと10万円分の取引できなかったものが、それ以上の額で取引することが可能になります。例えば、このときレバレッジを10倍と設定すれば、10万円分の10倍の100万円分の取引が可能になります。

・証拠金10万 × レバレッジ10倍 = 100万円分の取引が可能に

とても簡単に説明すると上記の計算式になります。
つまり証拠金を5万円しか用意できなくても、レバレッジを20倍に設定すれば上と同じように100万円分の取引が可能になります。

・証拠金5万 × レバレッジ20倍 = 100万円分の取引が可能に

このように、レバレッジとは少ない証拠金でもとても高額の取引が可能になるシステムなのです。

国内FX/海外FX レバレッジ比較

では次に、国内FXと海外FXのレバレッジを比較していきたいと思います。
以下の表は、国内FX・海外FXにおいての具体的な「業者名」と「最大レバレッジ」倍率、「ロスカット率」を表したものです。
これからFXをしようと考えている方は参考にしてください。

国内FX業者

FX業者名 最大レバレッジ ロスカット率
DMM FX 25倍 50%
FXネオ(GMOクリック証券) 25倍 50%
SBI FXトレード 25倍 50%

海外FX業者

FX業者名 最大レバレッジ ロスカット率
XM 888倍 20%
HotForex 1000倍 20%
AXIORY 400倍 20%
TitanFX 500倍 20%
LAND-FX 500倍 20%
FxPro 500倍 20%

国内FX レバレッジ

国内レバレッジは25倍となっています。
2017年9月27日の日経新聞ではこれから10倍にまで規制されるという記事が出ました(※追記:規制は25倍のままで、見送られることになりました【その記事はこちらから)。

つまりこれからは同じ額の取引をするのにも2.5倍もの証拠金が必要になるということです。
下の計算表をみてもらうとわかりやすいかと思います。

100万円分の取引がしたい = レバレッジ25倍 × 証拠金4万円が必要
100万円分の取引がしたい = レバレッジ10倍 × 証拠金10万円が必要

同じ100万円分(1ドル100円だとしたら1万通貨)の取引がしたいと思っても、レバレッジが25倍と、10倍とでは用意しなければならない額が2.5倍も違うことがわかると思います。

つまり最初から多額の資金が必要になります
ですが、その分ロスカットはされにくくなります
ロスカットとは一定の損失が発生した際に、それ以上の損失を被らないようにするために強制的に取引を終了させることです。

ロスカットがされにくくなる、ということはつまり、少し価格が落ちても強制的に取引が終わらないため、そこから買ったときよりも価格が伸びていけば利益が生まれるということです。
しかし、ロスカットにも落とし穴があるのですが、それは別記事のロスカットを徹底解説で詳しく書いてあるので参考にしてください。

簡単に説明しますと、1.ロスカットされたときに証拠金以上の借金(追証)を負わされる可能性がある2.ロスカットされたときの損失が大きくなってしまう、ということです。

海外FXレバレッジ

海外FXのレバレッジは規制がないため、平均400倍~500倍のレバレッジが、また大きいところでは888倍のレバレッジに設定されています
そのため、国内FXとは違い最初から少ない額で取引ができます
さきほどの簡単な計算式で表すと、

100万円分の取引がしたい = レバレッジ100倍 × 証拠金1万円が必要

となるため、最初から1万円だけ用意しておけば100万円分の取引をすることができるようになるのです。

しかし、そのためロスカットがされやすくなるのではと思った方もいると思います。
確かにそのとおりですが、これはあまりリスクにはなりません。

なぜかというと、海外FXにはゼロカットという仕組みがあるからです。
ゼロカットとは、損害補填サービスのことで、海外FX口座の中の残高がマイナスになったとしてもその分をFX業者がカバーしてくれるというサービスです
これがあるため、国内と比べると海外FX業者での取引は借金を負わずに済むのです。

また少ない額の証拠金から始めることができるということは、その分価格が下落しロスカットされてしまったとしても、少ない証拠金だけを失うだけで済みます。

さらに国内FXではレバレッジが最大25倍なので、同じ100万円分(1ドル100円の時1万通貨)の取引をしたいと思っても、最初から最低でも4万円を用意しなければなりませんが、海外FXの平均レバレッジの400倍なら2500円あればそれだけで取引ができてしまいます
それに同じ4万円があるなら海外FXのレバレッジ400倍で取引した時、1600万円分の取引、つまり1ドル100円の時に16万通貨も持つことが出来ます。
考え方を変えれば、4万円もあれば1万通貨のポジションを単純計算なら4つも持つことができるため、リスクの分散にもなります。

また海外FXはハイレバレッジでリスクも大きくなる、という声をよく耳にします。
確かに自分の資金残高に関係なく高い倍率のレバレッジ、ハイレバレッジのトレードを繰り返していたらすぐに資産が底をついてしまします。

ですが海外FXのレバレッジ倍率は細かく設定できます。
海外FXならレバレッジの最大値が大きいということであって、国内FXで可能な範囲でのレバレッジ、つまり25倍以下でのレバレッジ取引も可能なのです
もちろんハイレバレッジも可能ですので、自分の状況にあったレバレッジを選択することが出来き、柔軟な取引が行えます
相場や自分の資産を計算し、それに見合ったレバレッジ取引をすることができます。

つまり海外FXはリスクはあるものの、そのリスクを最低限に抑える、リスクを分散させることができ、かつ柔軟な取引が可能になります。

FXはあくまで資産運用であり、ギャンブルではありません。たとえゼロカットがあるからといって、一気に使う、儲けようと欲張らないようにしてください。あっという間に資産が底をついてしまいます。自分が許容できる損失の分だけで取引するようにしましょう。

レバレッジの計算をしよう

海外FX レバレッジ計算

ここまで読んで、レバレッジについて理解してもらえたかと思います。
次は実際に自分で自分の資産や損益を計算できるようになって、うまく資産運用できるようにしましょう。

レバレッジを導くための計算式

まずレバレッジを計算で出せるようになるための計算式がこちらです。

取引金額(通貨ペアレート × 取引数量)÷ 必要証拠金 = レバレッジの倍率

では例を出し、それに沿って実際に計算してみましょう。

例1)
・米ドル/日本円(レート) 1ドル/100円
・取引数量(取引したい通貨の数(ロット数)) 25,000通貨
・必要証拠金(用意できた金額) 10万円

上の例の場合、レバレッジを何倍にすればいいのか、式に当てはめてみましょう。
まず取引金額を出すために、通貨ペアレートの日本円と、取引数量(取引したい額)を入れます。

(100 × 25,000)÷ 必要証拠金 = レバレッジの倍率

そこに必要証拠金(自分が用意した額)10万を入れます。するとレバレッジの倍率を求めることが出来ます。

(100 × 25,000)÷ 10万 = 25

このようになり、レバレッジは25倍に設定すればいいことがわかります。

次はもう少し大きい額で見てみたいと思います。

例2)
・米ドル/日本円 1ドル/100円
・取引数量 40万通貨
・必要証拠金 10万円

これも同じようにあてはめていきます。

(100 × 40万)÷ 10万 = 400

このようになるため、レバレッジは400倍必要という計算になりました。

必要証拠金を導くための計算式

必要証拠金、つまり自分で用意する金額を表す計算式をここでは紹介します。

レバレッジはわかっていても自分がどれだけの額を用意したらいいかわからないという人はここで計算してみてください。

これは先ほどの計算式の「必要証拠金」と「レバレッジの倍率」を入れ替えればいいだけです。

取引金額(通貨ペアレート × 取引数量) ÷ レバレッジの倍数 = 必要証拠金

上のようになります。では例1と例2の数を当てはめて、どちらも必要証拠金が10万になるのか見てみましょう。

例1
(100 × 25,000) ÷ 25 = 10万

例2
(100 × 40万) ÷ 400 = 10万

このように10万になりました。つまり両方とも10万円を用意する必要があるということですね。

損益の計算式

レバレッジと必要証拠金の計算ができるようになったら、次は損益の計算をできるようにしましょう。
損益の計算式は以下のようになっています。

(売り値 - 買い値)× 取引数量 = 損益

売り値、買い値をまず説明します。
1ドル100円のレートが101円に上がったときに売りに出した場合の売り値は101円です。
一方買い値は100円のときに買ったので100円となります。
つまり1ドル100円の時に買い、1ドル101円に上昇したときの損益を出すことができます。

さきほどの例をとって計算してみます。
例1)
(101 – 100) × 25,000 = 25,000
つまり1円あたりの上昇で25,000円の損益をあげることができます

例2)
(101 – 100) × 40万 = 40万
同じように1円あたりで40万の損益になります

損失も同じように出すことが出来ます。
1ドル100円のときに買い、1ドル99円になってしまいました。
そうなったとき、例1では -25,000、例2では -40万となることがわかると思います。

またこの状況でレバレッジを違う倍率にしていたらどうなるでしょうか。
例1では25倍でした。それを2倍、3倍、5倍、10倍にしたところで、取引数量に変化がなければ損益は変わりません
例2でも同じです。400倍だったレバレッジを、500倍、800倍、1000倍にしたところでやはり取引数量に変化がなければ損益に変化はないのです。

どういうことなのかというと、取引数量によって損益が変動するということです。
取引数量とは1ドル/100円のとき、100円で1ドル買うとイメージするとわかりやすいです。
つまり100万円分の資金があるとしたら、1万ドルが買え、その1万通貨が取引数量になります。

例1をもう一度見てみましょう。

例1)
・米ドル/日本円(レート) 1ドル/100円
・取引数量(取引したい通貨の数(ロット数)) 25,000通貨
・必要証拠金(用意できた金額) 10万円

そしてレバレッジ25倍でした。
これを仮にレバレッジ10倍に設定します。
取引数量が25,000通貨、必要証拠金が10万円なのですが、レバレッジ10倍になると必要証拠金が変わって、25万必要になります。
もちろん証拠金25万円で、レバレッジ25倍に設定することも出来ます。
そうすれば取引数量も62,500通貨になります。
ですがその分リスクも大きくなります。

つまりレバレッジとは必要証拠金を抑えるためのものなのです。
レバレッジは少額な資金でも大きな取引、大きな利益を得られる仕組みだということを頭に入れておいてください。
決して多額の資金で多額の取引をして莫大な利益を得ることではありません
リスクを最小限にするための仕組みなのです。

【まとめ】レバレッジをうまく活用するために

最後に国内FXと海外FXのレバレッジについてまとめてみます。

国内FX
・レバレッジ25倍(10倍に引き下げ予定)
・最初から多額の資金が必要
海外FX
・平均レバレッジ400倍、最大1000倍ほど
・少額の資金があればよい
・細かくレバレッジ倍率を決められる
レバレッジを導くための式
(通貨ペアレート × 取引数量)÷ 必要証拠金 = レバレッジの倍率
必要証拠金を導くための式
(通貨ペアレート × 取引数量) ÷ レバレッジの倍数 = 必要証拠金
損益を導くための式
(売り値 - 買い値)× 取引数量 = 損益

またレバレッジとは、FX業者に証拠金として自分のお金を預けることで、その証拠金以上の大きな額で取引できるようになることです
つまり少ない額でも大きな取引が可能になることです

また国内FXと海外FXではレバレッジに大きな違いがありました。
国内FXでは25倍までですが、海外FXは888倍、1000倍など大きな額で取引することができます。
これは日本人がFXをギャンブルのように扱ってきたことが原因で、それを取り締まるように金融庁は国内FXの規制を厳しくしてきました。

FXはギャンブルではありません。

FXは資産運用であり、そのためにはリスクの分散が大事なのです。
そのためのレバレッジです。
海外FXなら少ない額をレバレッジで大きくし、ロスカットされたとしてもその分を少額に抑えることができます。
さらに少額で始めているので、またFXをするにしても同じように少額から取引ができます。

価格が上昇すれば、それだけ大きなリターンがあります。
レバレッジを使ってリスクを抑えつつ、上手に資金を増やしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です