【海外FX用語】DD方式とNDD方式を徹底解説

ここではFX取引で重要な用語を解説していきます。
今回はDD方式NDD方式という、FX取引の取引方法について詳しく解説していきます。

まずは簡単に説明します。
DD方式とはFX業者内で顧客のポジションを処理して注文を成立させている取引方式です。
顧客と市場の間にFX会社が入り、仲介するような流れです。
この方式は国内FXで多く見られる取引形態です。

NDD方式とは顧客とインターバンクが直結している形で、間のディーラーやFX業者は注文を直接インターバンク市場に流します。
そのためとても透明性、信頼性が高いことが特徴です。
この方式は海外FXで多く見られ、国内ではほぼありません。

ではこれからこのDD方式、NDD方式について詳しく説明していきます。

DD方式とは

国内FX業者 DD方式

DD方式はOTC(Over The Counter)取引とも呼ばれます。
DDとは「Dealing Desk」の略で、FX業者内で取引を仲介していることからこのような名前がつけられています。
このDD方式は主に国内FX業者が採用しています。

DD方式(相反取引)

DD方式は「相対取引」とも呼ばれ、顧客とFX業者の利益が相反しています。
簡単に言うと、顧客・取引する側が利益を上げれば、FX業者が損をします。
逆もまた然りで、顧客側が損をすれば、それだけFX業者が利益を上げることになります。

また顧客はインターバンク市場と直接的に取引しているわけではないのでカバー先銀行などが提示したレートを顧客に提示したりすることはなく、そのFX業者がきめた為替レートを顧客に提示しています。
そのためスプレッドを狭くできます。

スプレッドについて詳しくはこちら ⇒ 【FX用語解説 スプレッド

ですがその反面レートを操作されているということでもあるので、FX業者に有利なように取引を進められてしまう可能性があります。
さきほども述べた通り、DD方式は顧客とFX業者の利益が相反しています。
つまりFX業者が間に入り取引を進められてしまうと、顧客側・取引する側が損をしてしまうことになるのです。

そのため顧客に不利な条件でのレート操作だけでなく、スリッページ{注文時と成立時の価格差}などFX業者に有利な操作をしている可能性があります。
またカバー取引という顧客の注文とは反対の売買をすることでリスクヘッジしたり、インターバンク市場に顧客の注文をそのとおりに出さずに売買結果だけを顧客に支払うノミ行為をされていることもあります。
それだけでなくストップ狩りをしていたり、システムを故意にダウンさせたりする場合もあり、それにより利益が確定していた投資家たちに負けを作り出してFX業者は利益をあげているのです。

このように顧客にとっては不利な操作をされている可能性があり、それも事実がどうかわからない、確認できないため、国内FXのDD方式はブラックボックス状態だと言われています。
スプレッドが狭いと言われていますが、取引の不透明性という懸念が最大の難点になっています。

NDD方式とは

海外FX業者 NDD方式

NDD方式はECN(Electronic Communications Network)取引とも呼ばれます。
NDDとは「No Deaking Desk」の略で、FX業者内で取引を仲介せず、顧客の取引をそのままインターバンク市場に流すため、インターバンク直結型ともいわています。
このNDD方式は主に海外FX業者が採用しており、海外FXではNDD方式がスタンダードになっています。

NDD方式(利益関係の一致)

NDD方式は顧客とFX業者の利益が一致しています。
DD方式とは違い、顧客が利益を上げれば、FX業者も利益を上げることができます。
そして顧客が損をすれば、FX業者も損をすることになります。
そのため、FX業者も顧客に利益を上げさせようとするため、winwinの関係とも表現されます。

またFX会社が取引に介入することがないため、透明性・信頼性の高い為替レートで安心して取引できます。
NDD方式では顧客の注文はインターバンクに直結するのでFX業者は基本的に取引の操作を行えません。
また収益としては取引手数料であるスプレッドだけなので、不正に取引されることもなく、むしろ不正行為をする意味もないのです。
なぜならNDD方式を採用しているFX業者としては、取引をしてくれる顧客を失うほうが大きな損失だからです。
それなので信頼性に重きをおき、継続して取引をしてもらおうとしているのです。

さらにNDD方式は、ECN口座とSTP口座に分かれて区別されることもあります。
関連記事:【ECN口座とSTP口座の特徴を徹底解説】

DD方式、NDD方式のまとめ

国内FX業者「DD方式」

・DD方式は注文を一度FX業者が抱える。
・国内FX業者のほとんどがDD方式。
DD方式は「相反取引」なので、顧客が利益を上げるとFX業者が損をする。
・そのためFX業者が損をしないように操作しなければならない場合がある。
・DD方式は相反取引で、国内FX業者が一度注文を請け負うが、その実態ははっきりしないため取引の信頼性・透明性に懸念がある。

海外FX業者「NDD方式」

・NDD方式は注文をインターバンクへそのまま流す。
・海外FX業者のほとんどがNDD方式。
NDD方式は、顧客とFX業者の損益が一致している。
・収入がスプレッドだけなのでわかりやすい。
・NDD方式は利益が一致し、海外FX業者は顧客からの注文をそのままインターバンクに流すため、信頼性・透明性がある。

以上からもわかるとおり、NDD方式を採用している海外FX業者のほうが信頼・安全面において優れていると言えます。
また安定して利益を上げていきたいならば、やはり信頼の置ける海外FX業者にするべきです。勝ち続けていたらいきなり口座を凍結させられた、なんてことになったら今までの努力が水の泡になってしまいます。そのようなことがないように、信頼性のあるNDD方式の海外FX業者を選ぶようにしましょう。

«関連記事»
海外FXと国内FXのスプレッドが異なる理由を注文方式・取引口座の違いから理解する
スプレッドが広がる理由とは