ゴトー日の仲値トレードとは?海外FXのハイレバと相性がいい!

仲値とは、銀行などの金融機関が円を外貨に交換するときの為替レートのことです。
この銀行などの外貨両替の基準となる9時55分の為替レートを「仲値」と呼びます。

この仲値には法則があり、大きく稼げるわけではありません確実性があり、海外FXではハイレバレッジによる取引が可能なため、とても相性がいいのです。
わずかな稼ぎ時に、ハイレバで証拠金をあまり使わずに大きな利益を狙いましょう。

仲値トレード手法

銀行は決まった金額で取引や両替などを1日中行わなければいけないので、9時55分に決まる仲値をなるべく高い値段(ドル高)にしようとします。
つまり、銀行は9時55分までの為替レートを少しでも高くして、その日のトレードを有利になるようにします。

銀行は仲値を引き上げようする

銀行は9時55分前にドル高にするために、その時間よりも前に大量に米ドルを仕入れます。
そうすることで、9時55分より安い状態で大量に米ドルを仕入れることができ、かつ、9時55分には大量に米ドルを仕入れたことでドルの価格が上昇するので、仲値をドル高にできるので、銀行にとって有利にその日のトレードを進めることが出来ます。

銀行が仕入れる米ドルの量は、投資家が取引する額とは違い、かなり大量のお金が動くのでこのような操作が可能なのです。
しかし、トレーダーもこれを利用して資金を増やすことが出来ます。

トレーダーも銀行の仲値に沿って利益を出せる

例えば、9時55分前にはドルが大量に買われるとわかっていれば、ドルが大量に買われる(チャートが上昇する)前に買っておき、9時55分(チャートが上がりきった時・仲値)に売るようにすれば、少しですが利益が生まれます。
少しと表現しましたが、これは仲値が決まる前と後で銀行が大量にドルを買った場合でも、数Pipsしか動かない場合がほとんどだからです。
それでも、海外FXのハイレバでの取引なら大きく利益を出せる可能性があります。

仲値はドル高になる可能性が高い、と覚えておきましょう。

ゴトーの日は仲値が上がる、「ゴトー日の仲値トレード」

ゴトーの日という、「5」と「10」のつく日はゴトーの日と呼びます。

5日、10日、15日、20日、25日、月末日

上記の日をゴトーの日と呼び、このゴトーの日には銀行の企業取引が活発化します
企業は取引や入金の日をこのゴトーの日に定めている場合が多いのです。
働いている人は、給料日がこのゴトーの日に当てはまることが多いのではないでしょうか。

「5」の着く日に取引が集中するのは、決済日などが重なることが理由で、このゴトーの日は必然と仲値が上昇します。

仲値は銀行などが米ドルを大量に買うことでドル高になると説明しましたが、ゴトーの日はよりその大量買いが起こります。
それは、企業が決済日だったり、銀行の取引が多くなったりすることが原因です。

つまり、ゴトーの日はいつもよりドル高になるため、ハイレバで取引すればより多くの利益を出せる可能性が高くなるのです。

「ゴトー日の仲値トレード」手法の具体例

ゴトーの日の仲値トレードは、9時前後にエントリーして、9時55分に売り抜けるという形になります。
米ドル円で取引するのなら、9時前後でロングで入って、仲値は9時55分には決まってしまうため、それ以降はドル買いは収まることになります。

それ以降はショートで入って反転を狙っていきます。
「ゴトー日の仲値トレード」は有名な手法なため、今まで買われていたドルが、9時55分には反対に売られるので、下降トレンドに向かう可能性があります。
しかし下降トレンドでは勝率があまり高くないことが散見できますので、ロングだけに絞って取引するほうがリスクを抑えられるでしょう。

「ゴトー日の仲値トレード」手法の注意点

「ゴトー日の仲値トレード」は有名なトレード手法ですが、注意点もあります。

  • 土日休日は機能しない
  • 円高トレンドの場合は機能しない

以上の点が注意すべき点で、上のような日の「ゴトー日の仲値トレード」は通用しないので気をつけましょう。

例えば「4日金曜日で、明日がゴトー日の5日土曜日だから、ゴトー日はずれて4日になるはずだ」と考えてトレードする人もいます。
実際に利益になる場合もありますが、しかし、場合によっては休日明けに銀行は取引を多くする場合もあります。
そのため、土日や祝日がゴトー日の場合、その前日か休日明けにドル買いが分散されるため、この手法は控えたほうが良いでしょう。

また、トレンドが発生しているときは機能しません。
特に米ドル日本円で下降トレンドが発生している場合、せいぜいそのトレンドを持ち直すくらいにしかなりません。
本来狙うはずのドル高に到達しない可能性もあるため、チャートのトレンド情報はよくチェックしておく必要があります。

また、あまりないですが、要人の発言が重なったり、急な災害やテロなどのファンダメンタルズでの変動もあるため、よくニュースなどもチェックしておきましょう。

ゴトー日の仲値トレードは海外FXのハイレバで効率よく稼げる

ゴトー日の仲値トレードは、大きな利益になるわけではありませんが、一定以上の利益は見込めます。
そのためハイレバで取引していくことで効率よく利益を伸ばしていけるでしょう。

レバレッジの高い海外FXでならさらに儲けることも可能になります。
もちろん、ゴトー日以外でも仲値は決まっています。
それだけ銀行は大量にドル買いを行っているということでもあるので、極論毎日仲値トレードはチャンスがあります。
効率よく利益を出すためには、ハイレバでの仲値トレードをおすすめします。