海外FXトレード手法、月末ロンドンフィキシングで稼ごう!実証実験してみた

FXのトレード手法に、月末ロンドン・フィキシングというトレード手法があります。
今回はそのロンドン・フィキシングについての解説を含め、月末のロンドン・フィキシングでどう利益を出すか、稼ぐかを説明します。
また、海外FXでトレードすることによってどれくらいの利益がでるのかを簡単に説明します。

海外FXトレード手法、月末ロンドン・フィキシングとは?

まずロンドン・フィキシングについて解説します。

ロンドン・フィキシングとは、ロンドン市場の16時、日本時間の25時に「金(gold)」の仲値{銀行などの金融機関が対象の商品(ここでは金)を外貨に交換するときの為替レートのこと}が決定することを言います。夏時間ならば日本時間24時に決まります。

ロンドン・フィキシングは、正確には、イギリスのロコ・ロンドン金市場で金の値決めをすることを言います。

ロンドン市場は、世界各国の取引が集中する最大級の市場であり、金などの貴金属の現物取引においては、世界でも重要な位置をなす市場です。
ロンドン・フィキシングで決定する金の価格は、その日世界各地の禁止上での取引の基準にもなるため、自然と注目されるのです。

このロンドン・フィキシングによって金の価格が決定すると、金の取引が行われます。
その際に決済通貨として米ドルが用いられるため、ドル資金の需要関係にも影響を与えることから、この時間帯に為替相場が大きく動くことがあります。

月末にロンドン・フィキシングが重なると、更にイギリスポンドで決済を行うイギリス企業の決済時期と重なります。
そのため通貨の買い戻しの動きが強まり、通常のロンドン・フィキシング以上に市場の値動きが激しくなります。

その市場の動きの激しさ、金の価格が上げようとする仲値トレードの応用で稼ぐのが、月末ロンドン・フィキシングというトレード手法です。
さらに海外FXで、ハイレバ取引をすることで、勝率の高い月末ロンドン・フィキシングでさらに大きな利益を上げることが可能になります。

海外FXトレード手法、月末ロンドン・フィキシングで利益を出せるのか実戦形式で実証

冬時間は24時に買い、25時前に決済します。夏時間は23時に買い、24時前に決済します。
現地時間では15時に買い、16時前に決済をし、夏時間は14時に買い、15時前に決済します。
MT4上の時間では、MT4上の時間プラス7時間、夏時間にはプラス6時間で日本時間になるため、MT4上だと17:00~17:59までで取引を行います。
損切り幅は15銭として予め定めておきます。

英ポンド/米ドル(GBP/USD)で取引した結果が以下になります。

日付(2018年)始値安値終値結果
1月31日1.41751.41631.4219+44pips
2月28日1.38071.37701.3779-28pips(-15pips 損切り)
3月30日1.40411.40301.4034-7pips
4月30日1.37401.37341.3774+34pips
5月31日1.32911.32901.3306+15pips
6月29日1.31581.31491.3201+43pips
7月31日1.31271.30881.3115-12pips
8月31日1.29671.29601.2996+29pips
9月28日1.30091.30001.3039+30pips
合計 +161pips

損切りラインを15銭(15pips)までと定めていましたので、2月は損切りを行ったということです。

9ヶ月間の月末ロンドン・フィキシングでだけでトレードを行いましたが、合計で161pipsもプラスになりました。

実際MT4上の英ポンド/米ドルの動きでは、2018年9月末のロンドン・フィキシングの動きは以下のようになっています。
画像ではMT4上の時間で表しています(MT4の17:00は、日本時間の夏時間で23:00)
英ポンド/米ドルの1分足です。

9月末ロンドン・フィキシング 実証実験

9月末ロンドン・フィキシングでは、一度は落ち込んだものの、あとから上昇に転じ最終的に表にもある通り、30pipsの利益となっています。

トレード方法次第でさらに利益を伸ばすことができる

トレードの方法次第では、さらに利益を伸ばすことができます。

まず、海外FXでならハイレバレッジで取引ができるため、トレードが上手く言った時により多くの利益を上げることが出来るでしょう。
しかしその分リスクも大きくなるので、もう少し損切りラインを小さくしたりすることで調節する必要があるでしょう。
証拠金に十分な資金がある場合は、損切りラインを変えずにトレードしていっても問題はないでしょうが、常にリスクヘッジは念頭においておきましょう。

また、月末ロンドン・フィキシングでは、別のドルストレートもポンドドルと同じか、まったく逆の反応をすることがあるため、それを検証・見極めてトレードすれば、ポンドドルと併せてトレードできるため大きく利益を伸ばせる可能性があります。
しかしこれも損失のリスクが大きくなるため、注意して取引を行う必要があります。

海外FXのハイレバで、月末ロンドン・フィキシングを行った場合

月末ロンドン・フィキシングで取引を行った上記の場合、2018年は9ヶ月で161pips稼ぐことができました。
これを仮に約1年で200pips稼いだとします。
この時の米ドル円がだいたい113円だったので、取引に毎回1万通貨(0.1lot)を使っているだけだと、22,600円しか稼げないことになります。

そこで、海外FXでコストをかけずにレバレッジをかけて、取引数量を増やして取引してみましょう。
例えば海外FXでは最高1000倍や888倍のレバレッジをかけることができ、平均でも500倍、400倍が最大レバレッジの値となっています。
そこで今回は200倍、500倍で計算した場合はどのくらいの利益になるのかを計算します。

海外FXで200倍のハイレバで取引するとしましょう。

200倍なので、取引通貨は200万通貨(20lot)です。
200pips稼いだので、452万円にも利益が膨らみます。

500倍では、1,130万円もの利益になる計算です。

もちろん、レバレッジを上げればそれだけ損失も大きくなりますので、取引数量を変えずに、レバレッジを大きくして証拠金を小さくするという方法でリスクヘッジも行えます。
リスクは常に考えなければならないものの、このように海外FXのハイレバレッジをうまく活用することで大きく利益をあげることも可能なのです。