海外FX業者ECN口座を比較、評判などおすすめランキング

海外FX口座を開設しようとすると、ECN口座、STP口座という言葉が目に入ります。
ECN口座とは、「電子取引所取引」で、電子的に取引が行われるので約定拒否などが起こらないのです。

今回はそのECN口座とSTP口座の違いからどの海外FX業者のECN口座を選んだほうがよいのかなどを解説します。

海外FX口座のECN口座とは?

ECN口座とは、そもそもどういうものでしょうか。

ESN口座とは、電子商取引とも言われ、「電子取引所取引」で取引することを言います。
電子取引市場はインターネット上の中立的な取引を行う場所で、トレーダーからの注文は直接電子取引所に流され、コンピュータ処理によって売買がマッチされる仕組みになっています。

海外FXでは、海外FX業者が売買に関与せず、トレーダーの注文がシステムを通して「ECN(電子取引所)」に直接流れ、海外FX業者のシステム経由でECNにアクセスする手数料だけが発生します。

トレーダーから出されている注文はECNにおいてマッチング(売買成立)され、海外FX業者はECNへのアクセス費用を「取引手数料(外付け手数料)」として徴収しているのです。

STP口座とは?

ECN口座とよく一緒に説明されるSTP口座は、発注から売買成立、決済までの過程を人手を介さずに電子的に行うことを言います。

海外FXではトレーダーの「注文から決済」という流れが自動化されており、海外FX業者のディーラーは売買に関与しません。
そのかわり、STP口座では海外FX業者がリクイディティプロバイダーから提示されている価格の中から、一番安いものにスプレッドを上乗せしてトレーダーにレートを提示しています。

ECN口座のメリット

ECN口座のメリットは主に5つあります。

約定拒否されない

ECNでは電子取引所取引であるため、売り手と買い手の注文から決済までが電子的に行われているため、約定拒否などが起こりません。
この売り手、買い手はリクイディティプロバイダーが提示する価格だけでなく、トレーダーが提示した価格からでも取引ができるため、トレーダー同士でも取引していることになります。
あらゆる価格帯で取引が行われているので、実質約定拒否は起こらないのです。

約定スピードが早い

STP口座の場合、海外FX業者が、リクイディティプロバイダー(LP)のインターバンク市場の中から最良価格をマッチさせています。

ECN口座の場合、トレーダーは海外FX業者のサーバーで、多くの他のトレーダーやリクイディティプロバイダー(LP)との売買に参加しています。

STPに比べ、ENCはトレーダーやリクイディティプロバイダー(LP)が同じ場所で売買を成立させているため、STPよりも約定スピードが速くなるのです。

ECN:投資家 ⇔ ESN(電子取引所取引) ⇔ 投資家(LPなども含む)

STP:投資家 ⇔ 海外FX業者 ⇔ インターバンク市場

板情報で価格が確認できる

ESN口座では、「板情報」を確認できます。
各レートに入っている注文量が確認できるので、売り注文が多ければ下がる、買い注文が多くなってきたから反転する、といったトレンドの予想をたてることができます。
注文量の確認がひと目でできるというのは、大きな利点です。

また、価格も常に確認できるため、例えば大量の注文を発注するときでもスリッページで価格が大きくなってしまう、といったことがないため便利になります。

トレードコストを抑えるられ、安くなる

ECN口座では「手数料」がかかりますが、通常はSTP口座のスプレッドのついた価格よりも安くなる傾向があります。

STP口座の手数料、スプレッド

  • 取引手数料:無料
  • スプレッド:高い

ECN口座の手数料、スプレッド

  • 取引手数料:有料
  • スプレッド:安い

XMのスタンダード口座(STP口座

  • 米ドル/日本円の平均スプレッド:1.7pips
  • 取引手数料:無料

XMのゼロ口座(ESN口座

  • 米ドル/日本円の平均スプレッド:0.3pips
  • 取引手数料:無料

ゼロ口座(ECN口座)の取引手数料込みのコストは1.3pipsとなり、トータルコストではSTP口座よりもECN口座のほうが安くなります。

取引手数料は税金対策(必要経費)として認められる

スプレッドは売買価格の差であるため、確定申告時に経費としては認められません。
一方、手数料は外付けの取引手数料であることから、必要経費として認められているのです。

ECN口座では取引手数料を支払うことで取引を成立させていますが、その取引手数料は経費として認められることになります。
取引手数料が必要経費になるため、より海外FXのECN口座で稼いでいる人は、税金対策として活用でき、トレードコストも抑えることができます。

海外FX業者のECN口座を選ぶための評価ポイント

海外FX業者のECN口座を選ぶ際に評価のポイントとして見るべき点は、主に以下の4点になります。

  • 取引手数料を含めたトレードコストの安さ
  • 板情報が見られるか(※あれば良い程度)
  • ECN口座の利用条件(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
  • 安全性・信頼性(金融ライセンス、信託保全など)

取引手数料を含めたトレードコストの安さ

ECNでは、表示されているスプレッドだけではなく必ず取引手数料は込みのトータルコストを確認する必要があります。

まずは平均的なスプレッドがしっかりと提示されているかを確認します。
最小スプレッドである、というだけではなく、スプレッドの平均に違和感がないかなどを確認することでその業者の信頼性も見ることができます。

その平均スプレッドに取引手数料を加えてトータルコストを計算します。

トータルコストが同じになる場合、取引手数料は経費にできるため、手数料が大きいほうが有利、と判断します。

板情報、見られたほうが良い

海外FXではMT4が主流ですが、MT4はもともとSTP向けに開発されたプラットフォームであるため、ECN口座にも対応はしていますがいた情報は見ることができません。
板情報が見れなくてもECN口座を使う分には問題はありませんが、どうしても板情報が見たいのであれば、AXIORY(アキシオリー)のナノスプレッド口座がおすすめです。
またMT5ならば板情報を確認できるため、MT5でも問題ないという方はMT5を使うのも一つの手です。

ECN口座のレバレッジ・最低入金額・最低取引量を確認する

ECN口座は一般的に利用条件のハードルが高く、FX上級者に向いている口座です。

特徴としては以下の4つが上げられます。

  • 大量の注文でも約定スピードが優れている
  • 複数注文でも同時発注が可能
  • ワンクリックで注文できる
  • 板情報を確認できる

FX上級者、大口投資家は個人トレーダーよりもトレードスキルが高く、取引に使える資金などが大きいため、ECN口座では最大レバレッジが低めに設定されています。
また、ECN口座は最低取引量と最低入金額が高めに設定されている傾向があります。

初心者、中級者のトレーダーがECN口座を選ぼうとする際には、できる限り最大レバレッジが高め、最低入金額を最低取引量が低めのECN口座を選ぶようにしましょう。

海外FX業者の安全性・信頼性(金融ライセンス・信託保全など)

ECN口座は大量注文や複数注文ができるので上級者トレーダーに向いており、その分、口座へ預ける資金額が大きくなります。
したがって、安全性が高い海外FX業者のECN口座を選ぶ必要があります。

海外FX業者の安全性を評価するには「金融ライセンスの有無」「信託保全の有無」などを確認することが大切です。

✔金融ライセンスの有無

金融ライセンスとは金融規制当局が「投資家保護、信用秩序、健全性確保など」の観点から営業許可を与えています。
金融ライセンスを取得している海外FX業者であることが第一条件となります。

1つだけではなく、複数の当局からライセンスを取得している海外FX業者がより安全性が高いといえます。

✔信託保全の有無

キプロス証券取引委員会(CySEC)や英国金融行為監督機構(FCA)から金融ライセンスを取得している海外FX業者では信託保全が導入されています。

信託保全とは、万が一利用している海外FX業者が倒産しても一定の上限額までの資産が補償されるものです。

キプロスライセンスでは「投資家補償基金(ICF)」によって最大2万ユーロ(約25万円)まで補償されます。
FCAライセンスでは「金融サービス補償機構(FSCS)」によって最大5万ユーロ(約700万円)まで補償されます。

海外FX業者のECN口座比較、スプレッド、手数料、レバレッジ、金融ライセンス等

海外FX業者口座種類(ECN)取引手数料(片道pips)平均スプレッド
米ドル/日本円(pips)
トータルコスト(往復pips)最大レバレッジ最低取引通貨数最低入金額信託保全/分別管理
XM(エックスエム)ゼロ口座5ドル(0.5)0.31.3500倍1,000通貨約1万円ほどキプロス口座:2万ユーロまで
シェーシェル口座:一部信託保全
AXIORY(アキシオリー)ナノスプレッド口座3ドル(0.3)0.41.0400倍1,000通貨約2万円ほど全額信託保全(Sparkasse銀行の信託口座に分別管理)
TitanFX(タイタンFX)ブレード口座3.5ドル(0.35)0.20.9500倍1,000通貨約2万円ほど全額信託保全(National Australia銀行の信託口座に分別管理)
HotForex(ホットフォレックスゼロ口座3ドル(0.3)0.20.8200倍1,000通貨約1万円ほどキプロス口座:2万ユーロまで信託保全
FSCA&FSC口座:分別管理
LAND-FX(ランドFX)ナノスプレッド口座3.5ドル(0.35)0.51.2500倍1,000通貨約20万円ほどFCA口座:5万ポンドまで信託保全
FxPro(FXプロ)cTrader口座4.5ドル(0.45)0.50.9500倍1,000通貨約5万円ほどFCA口座:5万ポンドまで信託保全
ICF口座:2万ポンドまで信託保全

海外FX業者のECN口座別ランキングまとめ

以下より、海外FX業者のECN口座を総合的にまとめ、ランキングにしていますので、参考にしてください。

1位:AXIORY(アキシオリー)総合評価点:4.5点

ECN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評価点(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.4+取引手数料=1.0pips4.0
板情報利用可能(cTrader)5.0
ECN口座の利用条件(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)レバレッジ400倍、最低入金額2万円、最低取引量1,000通貨4.0
安全性・ライセンス全額信託保全(Sparkasse銀行の信託口座に分別管理)、ベリーズIFSCライセンス5.0
総合評価点4.5点

2位:FxPro(FXプロ)総合評価点:4.25点

ECN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評価点(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.5 + 取引手数料 = 1.4pips3.0
板情報利用可能(cTrader)5.0
ESC口座の利用条件(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)レバレッジ500倍、最低入金額5万円、最小取引量1,000通貨4.0
安全性・ライセンス2万ユーロまで信託保全、ICF(投資家保護基金)加盟、英国FCA5.0
総合評価点4.25点

3位:TitanFX(タイタンFX)総合評価点:4.0点

ECN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評点(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.2 + 取引手数料 = 0.9pips5.0
板情報なし2.0
ECN口座の利用条件(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)レバレッジ500倍、最低入金額2万円、最低取引量1,000通貨4.0
安全性・ライセンス全額信託保全(National Australia銀行の信託口座に分離管理)、NZFSPライセンス5.0
総合評価点4.0点

4位:HotForex(ホットフォレックス)総合評価点:3.75点

ECN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評価点
(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.2 + 取引手数料 = 0.8pips5.0
板情報なし2.0
ECN口座の利用条件(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)レバレッジ200倍、最低入金額1万円、最低取引量1,000通貨4.0
安全性・ライセンスキプロス口座:2万ユーロまで信託保全
FSCA&FSC口座:分別管理キプロスライセンス
4.0
総合評価点3.75点

5位:XM(エックスエム)総合評価点:3.5点

ECN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評価点(5点満点)
トータルコスト平均0.3 + 取引手数料 = 1.3pips3.0
板情報なし2.0
ECN口座の利用条件(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)レバレッジ500倍、最低入金額1万円、最低取引量1,000通貨4.0
安全性・ライセンスキプロス口座:2万ユーロまで信託保全
シェーシェル口座:一部信託保全、欧州10ヶ国で金融業者登録済み
5.0
総合評価点3.5点

6位:LANDFX(ランドFX)総合評価点:3.25点

ECN口座ポイントECN口座評価内容ESN口座評価点(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.5 + 取引手数料 = 1.2pips3.0
板情報なし2.0
ECN口座の利用条件(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)レバレッジ500倍、最低入金額20万円、最低取引量1,000通貨3.0
安全性・ライセンス5万ポンド(約700万円)まで信託保全
FCAライセンスを保有
5.0
総合評価点3.25点

ECN口座 ランキング順 評価・評判レビュー

第1位:AXIORY(アキシオリー)
第2位:FxPro(Fxプロ)
第3位:TitanFX(タイタンFX)
第4位:HotForex(ホットフォレックス)
第5位:XMTrading(エックスエム)
第6位:LAND-FX(ランドFX)

第5位

XMTrading(エックスエム)

世界最高峰の海外FX業者!日本でも顧客満足No.1!
海外FX業者ランキング XM(エックスエム)の口座開設・評価・評判レビュー
資本金360,000,000米ドルの優れた財務基盤!
FX業界最高水準のハイレバレッジ888倍!
ゼロカット実績度No.1、追証なしサービスで安心!
口座開設・入金ボーナスなど、充実したキャンペーン!
レバレッジ 米ドル/円( )内ECN 追証
888倍 1.7銭(0.1銭) なし
ボーナス 約定執行率 通貨ペア数
あり 100% 59
XM(エックスエム)は、FX業界のグローバルリーダーとして全世界196ヶ国で展開しており、口座開設数が100万件に迫る勢いで伸びており、セーシェル金融庁とキプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得している信用力に加え業界屈指の優れた取引環境も備えており日本でも非常に人気が高い海外FX業者です。 XM(エックスエム)の取引口座としての扱いやすさは抜群であり、ロスカット水準20%、レバレッジ最大888倍、最低入金額5ドル、最少取引ロット10通貨~、ゼロカットの実績度No.1、信託保全も備わっており、スプレッドは決してトップクラスではないものの約定スピード・執行率はトップレベル、インターバンク直結のECN口座でのトレードが可能、ボーナス・キャンペーンの手厚さもナンバーワン、といった安全性や取引環境面で総合力ナンバーワンの海外FX業者です。
海外FX口座 XM(エックスエム)の口座開設方法
海外FX口座 XM(エックスエム)の評価・評判レビュー
海外FX業者 XMTrading(エックスエム)公式サイト XMTrading(エックスエム)口座開設
第4位

HotForex(ホットフォレックス)

最大レバレッジ1,000倍!手厚いボーナスなど魅力満載!
海外FX業者ランキング XM(エックスエム)の口座開設・評価・評判レビュー
全通貨ペアのスプレッド1.0~1.5pips中心のSTP口座、全通貨ペア0pipsのECN口座が利用可能!
ビットコインなどの仮想通貨FX取引が行える!
業界屈指のレバレッジ最大1,000倍、資金効率の高いトレードが可能!
何回でも支給される入金100%ボーナスなどのキャンペーンが充実!
レバレッジ 米ドル/円( )内ECN 追証
500倍 0.9銭(0.2銭) なし
ボーナス 約定執行率 通貨ペア数
あり 99.45% 50
HotForex(ホットフォレックス)は、HF Markets(Europe)Ltd、HF Markets(SV) LtdとHF Markets SA(PTY) Ltdの3社で構成されているHF Marketsグループの統一ブランドです。 日本ではXM、FxPro、AXIORYなどよりも知名度は高くありませんが、ヨーロッパや東南アジア地域では知名度が高く、グローバルレベルで人気の高い海外FX業者です。 キプロス証券取引委員会などから金融ライセンスを取得しており、豊富な口座タイプ、最大レバレッジ1,000倍、ゼロカット(追証なしサービス)、100%入金ボーナスなどの豊富なキャンペーンが用意されています。 取扱商品が豊富であり、通常の為替FXやCFDのみならずビットコイン等の仮想通貨FXも提供しており、「安全性」「信頼性」「儲かる取引環境」の三拍子が揃っている海外FX業者の1社であると言えます。
海外FX口座 HotForex(ホットフォレックス)の口座開設方法
海外FX口座 HotForex(ホットフォレックス)の評価・評判レビュー
海外FX業者 HotForex(ホットフォレックス)公式サイト 海外FX業者 HotForex ホットフォレックス 口座開設方法を解説
第1位

AXIORY(アキシオリー)

圧倒的な低スプレッド!人気上昇No.1海外FX業者!
海外FX業者ランキング AXIORYの口座開設・評価・評判レビュー
業界最狭スプレッド、スキャルピングにも最適!
ECN口座の取引手数料3ドル、業界トップ水準の安さ!
リクイディティプロバイダー、約定率・約定スピードなどを全開示、取引の透明性を重視!
投資家の資金が全額信託保全される安全性!
レバレッジ 米ドル/円( )内ECN 追証
400倍 0.4銭(0.1銭) なし
ボーナス 約定執行率 通貨ペア数
なし 99.84% 67
AXIORY(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)のライセンスを取得しており、業界最狭スプレッドと強力な約定力といった取引環境面が高く評価されている海外FX業者です。 取引の透明性に係る情報公開に積極的であり、リアルタイムスプレッドのみならずリクイディティプロバイダーや約定力に関する多くの情報を公開している点も高く評価できます。全額信託保全も導入しており、世界の4大会計監査法人であるPWC(プライスウォーターハウスクーパース)が監査を行っており投資家の資金の安全性は確保されています。 ゼロカット(追証ゼロサービス)についてもランク1位のXM(エックスエム)と同様に確実に履行してきており、証拠金以上の損失が必ず免除されるので追証を負担することはなく、儲けをスムーズに積み上げていけるのでおすすめですできる海外FX業者です。
海外FX口座 AXIORY(アキシオリー)の口座開設方法
海外FX口座 AXIORY(アキシオリー)の評価・評判レビュー
AXIORY(アキシオリー)公式サイト AXIORY(アキシオリー)口座開設
第3位

TitanFX(タイタンFX)

新興海外FX業者だが総合好評価で急成長中!
海外FX業者ランキング TitanFXの口座開設・評価・評判レビュー
トップ水準のスプレッド、スキャルピングにも対応可能!
ナショナルオーストラリア銀行の信託口座で資金が信託保全されている!
リクイディティプロバイダー、約定率・約定スピードなどを全開示、取引の透明性を重視!
投資家の資金が全額信託保全される安全性!
レバレッジ 米ドル/円( )内ECN 追証
500倍 1.0銭(0.1銭) なし
ボーナス 約定執行率 通貨ペア数
なし 99.7% 70
TitanFXは、2014年に設立されたニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)から金融サービス業の認可を得ている海外FX業者です。業界トップ水準のスプレッドと優れた約定力が好評価を得て日本でも人気が高くなってきています。 金融インフラ世界最大の「エクイニクス社(EQUINIX)」のコロケーションセンターを起用、北米・アジア・シンガポールの金融データセンター内にECNを配置したり高速かつ安定した約定力に力を入れています。 50社以上のリクイディティプロバイダーと提携しており最良のレートを確保できるので、スタンダード口座(STP口座)のスプレッドは業界平均水準ですが、ブレード口座(ECN口座)の平均スプレッドは米ドル/円などの主要通貨ペアで0.1銭の最狭水準スプレッドを、ECN口座の取引手数料は片道3.5ドルと業界トップクラスの安さです。 投資家の資金はナショナルオーストラリア銀行の信託口座で信託保全されており全額保護されるので資産リスクも少なく安心して利用できるおすすめの海外FX業者です。
海外FX口座 TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法
海外FX口座 TitanFX(タイタンFX)の評価・評判レビュー
TitanFX(タイタンFX)公式サイト TitanFX(タイタンFX)口座開設
第6位

LAND-FX(ランドFX)

LP事業も手掛ける急成長中の海外FX業者!
海外FX業者ランキング LAND-FXの口座開設・評価・評判レビュー
最も厳格なFCA(英国金融行為監督機構)の金融ライセンス、ニュージーランド証券投資委員会の金融業者認可を得ており安全性が高い!
FCAライセンス保有なのでFSCS(金融サービス補償機構)による5万ポンド(約650万円)までの信託保全により資金リスクが少ない!
EQUINIXなどの優良データセンター内に取引システムを配置し通信遅延の対策強化により優れた約定力を実現!
LAND-FXマスターカードといった独自の出金サービスが便利で人気が高い!
レバレッジ 米ドル/円( )内ECN 追証
500倍 1.0銭(0.0銭) なし
ボーナス 約定執行率 通貨ペア数
あり 99.22% 67
LAND-FXは2016年に世界で最も厳格と言われているFCA(英国の金融行為監督機構)から金融ライセンスを取得し、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)からの許認可も保有しており、2016年アジアベストFXブローカー(Best Forex Broker in Asia)に選出されるほどの取引環境の強化が功を奏し人気と実力面で急成長している海外FX業者です。 LAND-FXのスプレッドはドル/円で1.0銭(STP)0.0銭(ECN)とAXIORYなどよりもやや広いですが業界水準よりも低スプレッドを提供。金融インフラ最大手EQUININX社のデータセンター内に取引システムを置き通信遅延を最小限に抑え、約定スピードは驚異的な平均0.179秒、最高スピード0.035秒は業界でも最速レベルであり、コストと取引環境面で申し分のない海外FX業だと言えます。 独自のLAND-FXマスターカードは世界中のATMからいつでも出金でき、マスターカード加盟店やオンラインでのショッピングにも利用できるので人気が高く、入金・出金方法も充実しています。 資金管理はFCA(英国金融行為監督機構)の金融ライセンスの義務規定である分別管理を導入しており、資金リスクも少なく安心して付き合える海外FX業者としておすすめです。
海外FX口座 LAND-FX(ランドFX)の口座開設方法
海外FX口座 LAND-FX(ランドFX)の評価・評判レビュー
LAND-FX(ランドFX)公式サイト LAND-FX(ランドFX)口座開設
第2位

FxPro(FXプロ)

業歴11年の老舗海外FX業者!透明性と独自性が売り!
海外FX業者ランキング FxProの口座開設・評価・評判レビュー
業界最狭水準スプレッド、スキャルピングにも最適!
約定執行率99.9%、MT4/MT5/cTraderだけでなく独自の自動売買システムで高評価!
キプロスCySECと英国FCAからライセンスをしている安全性!
投資家補償基金と金融サービス補償機構に加盟、投資家資金が最大5万ユーロ(約650万円)まで信託保全されている!
レバレッジ 米ドル/円( )内ECN 追証
500倍 0.6銭(0.0銭) なし
ボーナス 約定執行率 通貨ペア数
なし 99.9% 69
FxProは、FxPro Financial Services社が運営している海外FX業者であり、世界150ヶ国にてサービスを展開しており、口座数約200万口座、規模的にはランキング1位のXM(エックスエム)と並び全世界のFX業界でのグローバルリーダー格の海外FX業者です。 FxProは、イギリス連邦加盟国「キプロス」に本社を置き、業界最狭水準のスプレッド、独自の自動売買システム「FxPro SuperTrader」や「約定執行率99.9%の高い約定力」などで高い評価を得ている総合力の高い海外FX業者です。スプレッドがとても安いことからボーナスやキャンペーンなどにはあまり力を入れていないですが、業界最高水準の取引環境を誇っていると言って良いでしょう。 CySEC(キプロス証券取引委員会)とFCA(英国の金融行為監督機構)から金融ライセンスを受けており、ICF(投資家補償基金)とFSCS(金融サービス補償機構)に加盟しているので投資家の資金が最大5万ユーロ(約650万円)までは信託保全されといった安全性においても優れておりおすすめできる海外FX業者の一つです。
海外FX口座 FxPro(FXプロ)の口座開設方法
海外FX口座FxPro(FXプロ)の評価・評判レビュー
FxPro(Fxプロ)公式サイト FxPro(Fxプロ)口座開設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です