海外FX FxPro(FXプロ)よくある質問〈MT4、cTraderに関する質問〉

取引プラットフォームのパスワードを変更する方法

FxPro Directで取引プラットフォームのパスワードのリセットが可能です。

  1. FxPro Directにログインし、「口座/アクション」カラムで、新規パスワードを希望するアカウントをクリックし、取引プラットフォームのパスワードをリセットすることが可能です。
  2. ドロップダウンメニューが表示され、「パスワードをリセット」をクリックします。
  3. ポップアップボックスで確認を要求されます。
  4. その後、仮のパスワードとプラットフォームで仮のパスワードをご自身で選択したパスワードに変更する方法の説明を記載したメールが届きます。

FxPro MT4、FxPro MT5、FxPro cTradeプラットフォームの最も目立った違いは?

FxProの MT4プラットフォームでは、ディーリングデスクの介入がなく、お客様のご注文がリクイディティ・プロバイダーに直ちに伝わる成行き注文を実現しております。取引手数料はかかりません。FxProでは、少額の利幅をスプレッドに適用しております。

当社のMT5プラットフォームではカウントダウン注文を行っており、お客様に完全な市場深度の情報、ティックチャート取引および、エキスパートアドバイザーのための統合開発環境をご提供しています。

FxPro cTrader は、利用可能な全てのリクイディティをプラットフォームに直接プールし、注文を直接市場に発注します。顧客は利幅なしで市場スプレッドを受け取り、ポジションがオープン・クローズされる時に100万米ドルの取引額につき45米ドルの手数料を支払います。注文はVWAP(出来高加重平均価格)で対応しており、常に取引量に対する最善の売値および指値を受け取ることが可能です。

FxProのプラットフォームと、Macとの互換性

FxPro MT4とFxPro MT5の取引プラットフォームは共にMac対応しており、弊社のダウンロードセンターよりダウンロードが可能です。

また、Mac利用者様は、FxPro MT4とFxPro cTraderのウェブ版プラットフォームはもちろん、携帯iOS対応の全てのプラットフォームもご利用頂けます。

FxProのプラットフォームでは、スリッページが起こるかどうか

スリッページは取引の一部であり、外国為替市場では一般的です。スリッページは価格が乱高下したり流動性が低下する時や、主要なニュースや重要な経済データの発表中に生じます。

FxPro は市場の乱高下からトレーダーを保護するために必要な全ての措置をとっています。また、当社のお客様はマイナスのスリッページのリスクを緩和し、最善価格での実行を保証する先進的な取引管理システムの恩恵を受けています。

FxProのプラットフォームで取引アルゴリズムを使用することが許可されているかどうか

はい。アルゴリズムトレーダーは、FxProの全ての主要なプラットフォームをご利用いただけます。エキスパートアドバイザーは、FxPro MT4 およびFxPro MT5のプラットフォームに完全な互換性を持っています。また、FxPro cTrader 取引プラットフォームでは、cAlgo 取引ロボットを利用することができます。

エキスパートアドバイザーおよびcAlgo ロボットについてのご質問または、FxPro Quant Strategy Builder を使用する上でのサポートは、顧客サポートまでメール(easupport@fxpro.com)でお問合せください。

FxProのMT4プラットフォーム上での取引にかかる手数料

MT4のトレーダーは、注文のオープン、決済時にコミッションを支払うことはありません。FxPro は、スプレッドに小額のマークアップを適用することで利益を得ます。

先物、指数、及び株式も、手数料なしの提供物です。

MT4で提供されるスプレッド

当社では、MT4プラットフォームで固定スプレッドと変動スプレッドを提供しております。

MT4で新規成行注文を発注する方法

成行き注文は、時価でポジションを開く注文方法です。

MT4 ターミナルで成行き注文を発注する方法は以下のように多数あります:

「標準(Standard)」ツールバーで「新規注文(New Order)」ボタンをクリックする。
「ツール(Tools)」ドロップダウンメニューで「新規注文(New Order)」を選択する。
F9を押す。
「マーケットウォッチ(Market Watch)」ウィンドウで商品を右クリックし、「新規注文」を選択する。
「マーケットウォッチ(Market Watch)」ウィンドウで商品をダブルクリックする。
ワンクリック取引
上記の各オプションを続行することで「注文(Order)」ウィンドウが開きます。これで、これから開くポジションのパラメタを調整することができます。「シンボル(Symbol)」フィールドでは商品の変更をすることが可能であり、その一方で、「ボリューム(Volume)」フィールドで取引のサイズ(ロット)を設定することができます。ストップロスおよびテイクプロフィットのレベルの設定も可能です。また、市場価格が「注文」ウィンドウ下部の「標準偏差(Standard Deviation)」ボックスにチェックを入れると、市場価格がクリックした価格から外れる場合の価格が乱高下によるリクオート回避のために、利用可能となるPip範囲を設定することができます。

そして、「売り」をクリックして現在の指値でショートポジションを、「買い」をクリックして現在の買値でロングポジションを開きます。

 

MT4で未決注文を発注する方法

指値注文は、商品の価格が事前に設定された特定の価格に達した時にポジションを開く注文方法です。

指値注文は、主要な「注文(Order)」ウィンドウから発注することができます[MT4で新規指値注文を発注する方法をご覧ください]。 「種類(Type)」を「成行き注文(Instant Execution)」から「指値注文(Pending Order)」に変更するだけで済みます。その後、発注する指値注文が買値注文、売値注文、逆指値買い注文、または逆指値売り注文かを設定するように要求するドロップダウンメニューが表示され、指値と有効期限を設定することができます。

MT4で未決注文の変更や削除をする方法

状況によっては、発注された未決注文のパラメータを変更又は完全に削除しなければならない場合があります。

変更や削除は、注文をMT4画面下部の「ターミナル」画面に配置することで行うことが可能です。 現在のオープンしている注文は、口座詳細の上に表示され、まだ実行されていない注文はその下に表示されます。ポップアップメニューに「注文を変更又は削除」をクリックするよう表示されるので、変更又は削除をしたい注文を右クリック又はダブルクリックします。これにより、「注文」画面が開きます。「注文」画面で、注文が行われた価格や注文の満期を変更することが可能です。また、逆指値やテイクプロフィットレベルの設定や完全に削除をすることが可能です。

指値注文が実行されていない理由

注文が実行されていない場合、その理由として指値注文がトリガされたときにポジションをオープンするために十分な資金がないことが考えられます。または、指定された価格に達していない場合、指値注文は実行されません。売り注文は指値、買い注文は買値がそれぞれ指定されたレベルに達する必要があるのでご了承ください

MT4のポジションを決済する方法

オープンポジションを手動でクローズするには、まずMT4画面下部のMT4の「ターミナル(Terminal)」ウィンドウで注文を特定する必要があります。クローズする注文を右クリックし、「注文をクローズ(Close Order)」を選択するか、注文をダブルクリックして「注文(Order)」ウィンドウを開き、そこからクローズします。または、MT4ターミナル右下の「X」シンボルをクリックすることでポジションをクローズすることが可能です。

有効なテイクプロフィットレベルまたはストップロスレベルが複数設定されている場合は、市場価格が指定されたどちらかのレベルに達する時に注文がクローズします。

FxPro MT4のマージンコールについて

マージンレベル(%)は、エクイティ/マージン×100で計算されます。

FxProは、お客様へリアルタイムのマージン状況と、お客様の総投資額以上の損失が出ないように、ネガティブ・バランス・プロテクション(ゼロカット)を提供しています。(FxPro注文約定ポリシー)

お客様のマージンレベルが25%まで低下した場合、お客様の保有中ポジションで最も多くマージンを必要とするものから、ポジションを決済する任意の権利を持ちます。マージンレベルが20%まで低下した場合、利用規約に基づき保有中のポジションで最も多くマージンを必要とするものから、現行のマーケット価格にて自動決済することで、マージンレベル20%以上に回復させます。

MT4の口座残高と取引履歴を閲覧できる場所

MT4の「ターミナル」画面では、お客様の口座及び取引履歴に関する全ての情報を見ることができます。この画面の下部に数多くのタブがあります

取引:オープンポジション(前述の情報の下)と未決注文(前述の情報の上)のみならず、お客様の口座の残高、自己資本金、マージン、マージンレベルを表示します。

口座履歴:発注した全ての注文の全体的な内訳を表示します。これには、日付、日時、タイプ、規模、金融商品、オープン価格、テイクプロフィット及び逆指値のレベル、決済の価格と時間、スワップ手数料、利益などがあります。

ジャーナル:これまでにMT4ターミナル上で取った全てのアクションの日時のみならず、アクションのリストを提供します。

MT4から取引履歴をエクスポート可能かどうか

MT4 では、取引履歴レポートの作成と、レポートをHTMLファイルとエクセルファイルとして別々にエクスポートすることが可能です。 これを行うには、MT4 ターミナルにログインし、「ターミナル」画面の下部にある「口座履歴」タブをクリックします。「口座履歴」画面の任意の場所を右クリックし、「レポートとして保存」を選択します。新しい画面が開き、保存場所の指定を指示します。「保存」をクリックし、手順を完了します。

MT4の注文ができない

MT4に注文をエントリーできない原因は以下のように様々なものが考えられます:

口座にオープンしようとしているポジションをカバーするマージンが不足している。
発注してから市場価格が変更した可能性がある。最大偏差を設定した場合、価格の差が指定したPip範囲よりも大きい場合があります。結果としてリクオートとなります。
ストップロスとテイクプロフィットのレベルの設定が市場価格に近すぎる。
指値注文が誤って時価より高くまたは低く発注されている。

FXProのcTraderプラットフォーム上での取引にかかる手数料

cTrader のお客様には、ポジションをオープンする際に100万米ドルの取引につき45米ドルが課金されます。また、ポジション決済時にも同額が課金されます。

cTraderにおけるスプレッド

スプレッドは、実勢市況や取引されている金融商品の利用可能な流動性により異なります。cTrader 上では、マークアップはないので、お客様は、銀行間ネットワークから0ピップという低いロースプレッドを受け取る可能性があります。

各ペアの平均スプレッドにつきましては次のウェブページをご覧ください: http://www.fxpro.co.uk/trading/products/spreads/forex/ctrader

cTraderにログインする方法

cTrader のお客様には、プラットフォームの読み込みの前に、ログインボックスが表示されます。この表示により、ログイン名とパスワードを入力するよう指示がされます。これらの詳細情報を記憶するよう設定すると、cTrader ターミナルを開く時、常に自動的にログインが可能となります。

ログイン詳細情報は、口座の作成が確認されたときにメールで送信されます。ログイン詳細情報は、FxPro Direct からもアクセス可能です。ログイン詳細情報を閲覧するには、FxPro Direct にログインし、左側の「マイプロフィール」をクリックし、「マイプロフィール」ページより「プラットフォーム認証情報」タブをクリックします。

cTraderで新規注文を作成する方法

ctrader で新規注文を作成する方法は多数あります。

  1. メインメニューから「cTrader」をクリックし、「新規注文」を選択すると、新しい画面が表示され、新規の成り行き注文、指値注文、逆指値注文を作成することができます。
  2. この画面から、取引したい金融商品を選択し、逆指値とテイクプロフィットのレベルを設定することができます。F9を押して同じ注文画面を開くことも可能です。または、プラットフォーム右上のクイックリンクメニューからPlatform iconアイコンをクリックします。また、単にプラットフォーム左側の「マーケットウォッチ」画面又はモニターされているチャート上部の「チャート設定メニュー」から、「買う」または「売る」をクリックするだけでも発注をすることが可能です。

FxPro cTraderのマージンコール

マージンレベル(%)は、エクイティ/マージン×100で計算されます。

FxProは、お客様へリアルタイムのマージン状況と、お客様の総投資額以上の損失が出ないように、ネガティブ・バランス・プロテクション(ゼロカット)を提供しています。(FxPro注文約定ポリシー)

お客様のマージンレベルが40%まで低下した場合、お客様の保有中ポジションで最も多くマージンを必要とするものから、部分的或いは全体的にポジションを決済する任意の権利を持ちます。マージンレベルが30%まで低下した場合、スポットウェア社のスマートストップアウト ロジックに基づき保有中のポジションを部分的或いは全体的に、現行のマーケット価格にて自動決済することで、マージンレベル30%以上に回復させます。

cTraderから取引履歴をエクスポート可能かどうか

はい、可能です。「トレードウォッチ」画面から「履歴」タブを開き、前回注文のリスト内の任意の場所を右クリックし、「明細書を作成」を選択してHTML文書として履歴レポートを作成するか、「エクセルにエクスポート」を選択し、エクセルファイルの取引履歴レポートを作成します。

cTraderの注文が拒否された

オープンしようとしているポジションを負担するマージンが口座に不足しているために注文が拒否された可能性があります。