海外FX業者が日本の金融ライセンスを取らない理由!違法なのか?

FXを調べていくと、「国内FX業者と海外FX業者があり、どうやら海外FX業者のほうがトレーダーにとっては有利みたいだ。では、安全性はどうなの?」と考える人も多いのではないでしょうか。

そしてさらに詳しく調べると、「海外FX業者は日本の金融ライセンスを持っていない」という話をどこかで聞くこともあるかもしれません。
しかしそれだけで、「海外FX業者は安全ではない!危険だ!」という考えは飛躍しすぎています。

確かに海外FX業者は多くの場合、日本の金融庁のライセンス登録しておりませんが、それには訳があり、また、結論を言えば海外FX業者は日本の金融ライセンスに登録していなくても問題はないのです。

それでもこのような「海外FX=危険」という声が聞こえる背景には、日本の金融庁に原因があります。
日本の金融庁は、海外の金融規制当局から金融ライセンスを取得している優良な海外FX業者であっても、金融庁に登録していない業者を「排除」しようとしています。

ここでは海外FX業者が、

  • 日本の金融庁に登録しなくてもいい理由
  • 金融庁が排除したがる理由
  • 金融庁に登録しない方が投資家にとってプラスになる理由

を、解説していきます。

海外FX業者が日本の金融庁に登録しなくても違法ではない!

海外FX業者も金融庁に登録しなければならないのか? その問題を考えるとき、まず考える必要があるのは、

海外のサービスであるところの海外FX業者が日本の法律の対象になるのか

です。

例えば、海外のネットショッピングには日本の法律である特定商取引法の記載がありませんが、日本在住者向けのサービスを提供しても違法ではありませんし、実際に多くの日本の在住者が海外のネットショッピングを利用しています。例えば、BUYMA(バイマ)、米国のAmazon、DealExtremeなど、使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

また、日本人が海外旅行で泊まる海外のホテルは、日本の法律である旅館業法の免許(ライセンス)を当然取得していませんが、多くの日本人が海外のホテルを利用しています。

このように、日本の法律に従っていなくても、日本人向けのサービスを提供できます。
提供しても違法ではない理由は、海外に本社がある企業はその国の法律に従って運営していれば問題がないからです。

海外FX業者は海外に拠点を置き、日本には拠点をおいていません。
また、トレードシステムのサーバーも海外に設置されているので、その営業基盤のすべてが海外に在住しており、また、トレーダーの資金も海外にある取引口座で管理されているため、完全に海外のサービスであり、海外の金融規制当局の金融ライセンスを保有していれば、上記のネットショッピングや海外のホテルのように日本在住者向けにサービスを提供しても違法ではないのです。

そのため、海外FX業者のサービスには日本の法律は適用されることはありません。
なので、日本の金融庁での業者登録は必要なく、法的義務もないため、日本の金融ライセンスに登録しなくてもいいのです。

日本の金融庁が海外FX業者を排除したがる理由

日本の金融庁のホームページでは無登録の金融サービスに対し、警告を発しています。海外FX業者にも例外なくその警告を発しているのです。

上述したように、そもそも海外FX業者には日本の金融庁に登録する必要がありません。
法的義務もなく、日本が海外を拠点とする企業などに拘束力を持たないからです。
それなのにもかかわらず、日本の金融庁は日本の無登録の金融サービスと一緒くたにし、海外FX業者にも警告を発しているのです。

理由は、

  • 金融庁自らが施工したレバレッジ規制によって日本人の投資家が国内FX業者から海外FX業者に流れてしまうことを恐れている
  • レバレッジ規制によって日本の投資家が海外FX業者に流れてしまうと国内FX業者からの反発が強まる懸念がある

といった、日本の金融庁主導で進められてきたレバレッジ規制によって都合が悪くなることを避けるために、海外FX業者に対しても警告を出しているのです。

日本の金融庁に登録しないのが海外FX業者の常識になっている

海外FX業者にとって日本の金融庁に登録することは困難ではなく、取得したければ容易に登録可能です。

日本においてFX業者を設立・運営するには、資本金5,000万円の出資とライセンスの申請を行い、法令化されているレバレッジ規制や金融先物取引業協会が定めるロスカットルールに従えばいいだけなのです。
しかし、海外FX業者はレバレッジ規制の対象業者とならないためにあえて金融庁に登録していないだけなのです。
資金効率が優れているハイレバレッジというサービスの提供を継続するために、海外FX業者は今後も日本でライセンス登録することはまず考えられないですね。

業者登録の有無で評価するのならば海外FX業者のほうが安全

たとえば、日本人の投資家から高い評価と人気を得ているXM(エックスエム)も金融庁から無登録業者として警告が出されています。

国内FX業者のほとんどは日本国内だけで営業しているので金融庁に登録する必要がありますが、グローバル展開しているXMはキプロス証券取引委員会やセーシェル金融庁からライセンスを取得しており、欧州10か国でも金融業者登録をされているのです。

金融庁は業者登録のされていない海外FX業者はリスクがあると指摘していますが、業者登録の有無で信頼性や安全性を評価するならば、日本の金融庁でしか登録されていない国内FX業者よりも複数のライセンス取得や業者登録を行っているXMの方が安全かつリスクが少ないのです。

金融先進国といわれているイギリスをはじめ、ドイツ、スペイン、ハンガリー、イタリア、フランス、フィンランド、ポーランド、オランダ、スウェーデンという厳格な国々の金融規制当局から営業許可を得ているXM(エックスエム)に対する警告は、日本の金融庁が海外FX業者を一方的に排除しようとしているということがわかります。

海外FX業者は日本の金融庁に登録しないほうがプラスになる?

海外FX業者はあえて、金融庁に登録しないのは、国内FXのレバレッジ規制の対象業者とならないためのものです。
国内の金融庁に登録してしまうと、国内のルールに合わせてレバレッジ規制をしなければならないからです。

海外FX口座のレバレッジ最大の標準は400倍~500倍なのですが、日本の金融庁に登録してしまうと、そのレバレッジ規制の対象業者となってしまい、国際標準であるハイレバレッジによる資金効率の高い魅力的なサービスを提供できなくなるため、あえて日本で業者登録を行わないのです。

海外の金融ライセンスを取得していることは、安全かつ信頼がある!

本サイトが紹介している海外FX業者は全てが1つ以上のライセンスを取得しており、XM、HotForex、LAND-FXは厳格なキプロス証券取引委員会(CySec)や英国金融行為監督機構(FCA)などから複数のライセンスを取得しています。

海外FX業者が自国やその他の国において金融ライセンスを取得するためには、しっかりとした組織運営体制などを構築したうえで一定の条件を満たさなければ取得することができませんん。

このように取得難易度の高いライセンスを取得している海外FX業者は、日本の金融庁で業者登録されている国内FX業者と同等に信頼できるFX業者です。
日本で業者登録されていなくても海外のライセンスを取得しているので、信頼できるといえるのです。

日本の金融庁は日本でライセンス登録していない海外FX業者を危険だと述べていますが、それは他国のライセンスを取得しているかどうかを無視して、すべての海外FX業者が危ないと言っているのです。
確かに海外FX業者にはどこのライセンスも取得していない業者も存在していますが、それは国内FX業者も同様です。
そのため、安全かどうかは考え方としては以下のように考えることが正しいのです。

  • 海外FX業者:海外で金融ライセンスを取得していることが安全かつ信頼がある(※1)
  • 国内FX業者:日本の金融庁に業者登録していることが安全

また以下のような業者は詐欺業者や、危険な業者になります。

  • 海外FX業者:海外で金融ライセンスを取得していない
  • 国内FX業者:日本の金融庁に業者登録していない(※2)

では、※1の海外FX業者と、※2の国内FX業者ではどちらが安全で信頼がおけるFX業者でしょうか。
当然、海外で金融ライセンスを取得している海外FX業者の「※1」が安全で信頼があります。

金融ライセンスの取得難易度を公開

本サイトが推奨する6社はすべて各国の金融規制当局から金融ライセンスを取得しています。

  • XM:キプロス証券取引委員会(CySEC)、セーシェル金融庁ライセンス
  • HotForex:キプロス証券取引委員会(CySEC)、セントビンセント・グレナディーン金融庁、南アフリカ金融サービス委員会
  • AXIORY:ベリーズ国際委員会(IFSC)
  • TitanFX:ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
  • LAND-FX:(英国)金融行為監督機構(FCA)、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
  • FxPro:英国金融行為監督機構(FCA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、南アフリカ金融サービス委員会(FSB)、欧州経済領域(EEA)

それぞれの海外FX業者がこのようにライセンスを取得しています。

キプロス証券取引委員会(CySEC)金融ライセンスを取得する際の難易度について解説します。

キプロス証券取引委員会(CySEC)は、世界の金融規制当局の中でも厳格な審査を行うことで知られています。
CySECの金融ライセンスを申請をできるのは、最低でも資本金200,000ユーロ(約2,600万円)以上が必要で、申請手続きは複雑で、多くの書類や資料などが必要になってきます。軽く紹介しますと、業務マニュアル、社内業務手順書、社外取扱手順書、コンプライアンス手順書、金融業者としての適正テストの評価の詳細、事業計画書などが、手続きに必要な書類です。
これらの申請までの社内体制等の準備に時間と費用がかかることから、単独での申請は容易ではなく、通常、専門家を雇うなどの外部費用もかかることから、一般的にハードルがとても高いのです。

また他の金融ライセンスも取得難易度が高いものが多く、それを複数取得しているということが信用できる証だといえます。

このように、海外FX業者は日本の金融庁に登録されていなくても海外において確実に金融ライセンスの取得と営業許認可を得ているのです。

海外FX業者にもある「信託保全」

日本では金融庁登録している業者は『信託保全』を導入することになっています。

海外FXでは信託保全の導入は義務化されていませんが、FCA(英国金融行為監督機構)とキプロス証券取引委員会(CySEC)から金融ライセンスを取得している海外FX業者では信託保全が導入されています。

FCA認可の金融ライセンスの場合はCASS(顧客資金取扱規程)に則り運用益を含むトレーダーの資産は分別管理されており、5万ユーロまで信託保全されています。

キプロス証券取引委員会から金融ライセンスを取得している業者は投資家補償基金(ICF)への加盟が義務付けられており、2万ユーロまでトレーダーの資産が保護されています。

海外FX口座開設とトレードを検討されている方は、確実に金融ライセンスを保有しており信託保全も導入されている業者を選ぶようにしましょう。

【おすすめ】海外FX業者比較ランキング【人気】

「安全性」「信頼性」「儲かる取引環境」の三拍子が揃ってることは、海外FX業者を選ぶためだけではなく、FX取引で成功を収めるための必須条件であり、当サイトは、日本国内で収集可能な情報だけではなく、数多くの海外メディア、FXの業界団体や各国の金融規制当局などから収集した「生の情報」をもとに各海外FX業者の「安全性、信頼性、儲かる取引環境」を分析・評価しています。

XMTrading(エックスエム)

世界最高峰の海外FX業者!日本でも顧客満足No.1!
海外FX業者ランキング XM(エックスエム)の口座開設・評価・評判レビュー
資本金360,000,000米ドルの優れた財務基盤!
FX業界最高水準のハイレバレッジ888倍!
ゼロカット実績度No.1、追証なしサービスで安心!
口座開設・入金ボーナスなど、充実したキャンペーン!
レバレッジ 米ドル/円( )内ECN 追証
888倍 1.7銭(0.1銭) なし
ボーナス 約定執行率 通貨ペア数
あり 100% 59
XM(エックスエム)は、FX業界のグローバルリーダーとして全世界196ヶ国で展開しており、口座開設数が100万件に迫る勢いで伸びており、セーシェル金融庁とキプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得している信用力に加え業界屈指の優れた取引環境も備えており日本でも非常に人気が高い海外FX業者です。 XM(エックスエム)の取引口座としての扱いやすさは抜群であり、ロスカット水準20%、レバレッジ最大888倍、最低入金額5ドル、最少取引ロット10通貨~、ゼロカットの実績度No.1、信託保全も備わっており、スプレッドは決してトップクラスではないものの約定スピード・執行率はトップレベル、インターバンク直結のECN口座でのトレードが可能、ボーナス・キャンペーンの手厚さもナンバーワン、といった安全性や取引環境面で総合力ナンバーワンの海外FX業者です。
海外FX口座 XM(エックスエム)の口座開設方法
海外FX口座 XM(エックスエム)の評価・評判レビュー 海外FX業者 XMTrading(エックスエム)公式サイト XMTrading(エックスエム)口座開設
総合力 第1位!  XMTrading(エックスエム)
海外FX業者ランキング XM(エックスエム)の口座開設・評価・評判レビューXM(エックスエム)は、FX業界のグローバルリーダーとして全世界196ヶ国で展開しており、口座開設数が100万件に迫る勢いで伸びており、セーシェル金融庁とキプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得している信用力に加え業界屈指の優れた取引環境も備えており日本でも非常に人気が高い海外FX業者です。

XM(エックスエム)の取引口座としての扱いやすさは抜群であり、ロスカット水準20%、レバレッジ最大888倍、最低入金額5ドル、最少取引ロット10通貨~、ゼロカットの実績度No.1、信託保全も備わっており、スプレッドは決してトップクラスではないものの約定スピード・執行率はトップレベル、インターバンク直結のECN口座でのトレードが可能、ボーナス・キャンペーンの手厚さもナンバーワン、といった安全性や取引環境面で総合力ナンバーワンの海外FX業者です。

世界最高峰の海外FX業者!日本でも顧客満足No.1!
レバレッジ 米ドル/円( )内ECN 追証
888倍 1.7銭(0.1銭) なし
ボーナス 約定執行率 通貨ペア数
あり 100% 59
✅通常のFX取引に加え5種類の仮想通貨FXも取引できる!

✅資本金360,000,000米ドルの優れた財務基盤!

✅FX業界最高水準のハイレバレッジ888倍!

✅ゼロカット実績度No.1、追証なしサービスで安心!

✅口座開設・入金ボーナスなど、充実したキャンペーン!

海外FX口座 XM(エックスエム)の口座開設方法

海外FX口座 XM(エックスエム)の評価・評判レビュー

海外FX業者 XM(エックスエム)の公式サイトはこちら XM(エックスエム)の口座開設はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です