海外FX ツール

【XM】MT4にヒストリカルデータをインストール/ダウンロードする方法

更新日:

XMでMT4にヒストリカルデータをインストール

MT4では過去の取引のデータをメタクオーツ社のヒストリーセンターよりダウンロードすることができます。

この記事ではヒストリカルデータのダウンロード方法を解説します。

ヒストリカルデータとは?

ヒストリカルデータは「履歴資料」と訳すことができ、過去の為替相場を記録したデータのことをヒストリカルデータと呼びます。

ダウンロードしたヒストリカルデータはMT4に導入することができ、過去数年分のヒストリカルデータをMT4にインポートすることで、使用予定のEA(エキスパートアドバイザ)が過去数年間においてどのような取引を行ったかを確認することができます。
過去の取引を知るための作業をバックテストと呼び、EA導入前の重要な確認作業とされています。

過去の取引内容を知ることができるバックテスト以上に重要となるのはフォワードテスト{実際の取引がどのようなトレード結果となるのかを確認するため、実際にEAを動かして行うテスト}で、バックテストはあくまでもテスト結果です。

バックテストについてはこちらの記事MT4でバックテストを行う方法を画像付きからどうぞ。

ヒストリカルデータを有効活用しよう!

ヒストリカルデータは、システムトレードなどの自動売買でよく使用される過去の為替データです。

しかし、システムトレードがどのようなトレードを過去にしたのかを勉強するツールとしても使えるため、裁量トレードの良い見本にもなります。

私自身、勝っているシステムトレードのシステムトレードをいくつもダウンロードして、分析をしていた時期もありました。
そこから勝ちやすい相場や、ポジションをもつタイミングなどをつかめるようになりました。

決して自動売買だけに使えるデータではなく、裁量トレードにも使えると覚えておくと良いでしょう。

ヒストリカルデータのダウンロード/インストール方法

MT4ヒストリカルデータダウンロードの流れ

ヒストリカルデータ(過去の為替データ)をダウンロードする方法を順を追って、簡単に説明します。

流れは上の画像の通りです。
4つの手順を踏むだけでヒストリカルデータをダウンロードできるので、初めてでもすんなりとできます。

さらに詳しく説明していきます。

①ヒストリー内のバー数、チャートのデフォルト値を決めよう

まず、MT4のメニューバーの「ツール」から「オプション」をクリックして、チャート上に表示するバーの本数を増やす設定を行います。

ヒストリカルデータ オプション

「オプション」を開いたら、「チャート」を選択して、画像のようにチェックを入れます。
その後、「チャートの最大バー数」を好きな数字を入力し、「OK」をクリックします。

おすすめの『ヒストリー内の最大バー数』の本数は「2147483647」本です。
理由は設定可能な最大値だからで、ヒストリーデータはできるだけ残したほうが良いからです。
また、EAで長期のバックテストができるのはもちろん、裁量トレードでも多くのチャート事例が見れたほうが勉強になるからです。

『チャートの最大バー数デフォルト値』のおすすめは「2000」本です。
基本設定値で「65000」でも問題はないです。
これは個人差があり、「普段のトレード時にどのくらい古いチャートまで見ているか」で決めると良いでしょう。
チャートを3~4画面分スクロールする程度なら、PCの画面だとローソク足500本くらい表示できるので4画面分で合計2,000本という計算です。

この値はいつでも変更できるので、基本で設定されている65000でも問題はありません。

ヒストリカルデータ チャート設定

②ヒストリーセンターの設定で、通貨ペアと時間足を決めよう!

続いて、ヒストリカルデータをダウンロードしていきます。

再びメニューバーの「ツール」を選択し、「ヒストリーセンター」をクリックします。

ヒストリカルデータ ヒストリーセンター

「ヒストリーセンター」画面が表示されましたら、画面左の「通貨ペア」一覧のヒストリカルデータをダウンロードする通貨ペアをダブルクリックします。時間足のデータが展開されますので、ダウンロードする時間足をダブルクリックし、「ダウンロード」をクリックします。

今回は例として「USDJPY」の1分足をダウンロードしてみます。

ヒストリカルデータ ヒストリーセンター通貨ペア選択

③ダウンロードを行おう!

「ダウンロード」をクリックすると、「ダウンロード・アラート」画面が表示されます。
「OK」をクリックすることでダウンロードが始まります。

※メタトレーダー社のサーバー上のヒストリカルデータは、利用中のブローカーのチャートデータとは値が異なるため、ヒストリカルデータをダウンロードすることでメタトレーダー内に保存されているチャートデータが置き換えられ、実際の価格と合致しない場合があります

ヒストリカルデータ ヒストリーセンター通貨ペア選択 確認

ダウンロードが始まるとダウンロード状況が表示されます。

ヒストリーセンター

④ダウンロード完了したヒストリカルデータを見てみよう!

ダウンロードが完了すると、画面のレコード数が増えていることが確認できるかと思います。
増えていたらダウンロードが成功したということで、「ヒストリカルデータ」を見ることができます。

ヒストリカルデータ ダウンロード完了

また、「追加」や「編集」などでデータを追加したり編集したりできます。
「エクスポート」で表にまとめることなどもできます。

終わりましたら、「閉じる」でMT4の画面に戻ります。

MT4の見方を知りたい方はこちら!MT4で新規注文から画面の見方を全部解説!

まとめ:MT4、ヒストリカルデータのダウンロード方法

  1. チャート上に表示するバーの本数を増やす
  2. ヒストリーセンターの設定を行う
  3. ヒストリカルデータをダウンロードする
  4. ヒストリカルデータのダウンロード完了後の追加や編集など

以上のたった4工程でダウンロードできるので、自動売買などEAを活用しようと思っている人は、まずこのヒストリカルデータをダウンロードして結果をみてから行うようにしましょう。

もちろん、その結果はバックテストのためあくまでテスト結果ですが、全く何も情報がない状態でEAを買う、導入する危険を少しでも減らせます。
EA導入前には必ず行うようにしましょう。

次の記事海外FXのMQL5で勝てるMT4自動売買EAを選ぶ方法からEAを選ぶ方法を公開しています。参考にしてください。

  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-海外FX ツール
-, , ,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.