XM(XMtrading)

【2021年3月】XMの出金方法・手数料・ルール等まとめ解説

更新日:

XMの出金方法

XMの出金方法は以下の通り(2021年3月現在)。

出金方法 出金手数料 最低出金金額 出金限度額 着金スピード 優先度(※4)
銀行送金・電信送金
(Local Bank Transfer)
無料(※1) 10,000円 無制限 2~5営業日
クレカ/デビカ 無料 500円 入金額と同額まで 1~2か月(※3)
Bitwallet 無料(※2) 500円 入金額と同額まで 即時~24時間以内
STICPAY 無料(※2) 500円 入金額と同額まで 即時~24時間以内
BXONE 無料(※2) 500円 入金額と同額まで 即時~24時間以内
Bitcoin 無料 500円 入金額と同額まで 24時間以内

(※1)40万円未満の出金額に対して、2,500円の出金(約2,000~4,000円)
(※2)別途国内銀行に送金する場合、手数料がかかる
(※3)クレジットカード/デビットカードでの出金は、カード会社によって日数が異なる
(※4)優先度はまずクレカで入金した場合、入金額分はクレカで出金の必要がある。次いでBitwalletなどで入金したらBitwalletなどで出金が必要。利益分は、優先度関わらず海外銀行送金で出金可能。優先順番の通りに入金額と同額を相殺させる必要がある

『出金方法だけ知りたい!』という人は下のリンクから各種出金の手順へジャンプできます。1から何をすれば出金できるのか書いてあります。

基本的に、入金方法と同じ金額分を同じ方法で出金します。利益分は銀行送金(電信送金)で行います。最初から銀行送金で入金している場合、銀行送金ですべて出金できます。

その前に「出金ルール」というものがあり、それを知らないと「出金できない......!」と勘違いしてしまう可能性があるので、一緒に紹介していきます。

甘エビ太郎
管理人甘エビ太郎がXMをレビューした記事も一緒にチェックしてみてください
XM評判
【XMの評判・口コミ】使用感から安全面~不安な所を細かく解説!

続きを見る

※その他戴いた口コミも掲載しています。

XMで出金するための全知識を教えます!

ここではXM(XMTrading)の出金方法をすべて解説します。

当サイトではなるべく最新の情報を網羅するように努めていますが、一番正確なのは公式サイトを見ることです。
公式サイトからログイン後、出金の欄などをチェックしてください。

XMの入金出金情報は、口座開設したトレーダーしか閲覧権限がないので、まずは取引しなくても口座開設しておくと何かと便利です。
口座開設だけなら(入金さえしなければ)、お金はかからないので安心してください。

XMの口座開設方法はこちら↓

出金の基本的な流れ

XMでの出金の基本的な流れをお伝えします。この流れを抑えておけば、どの出金方法でもスムーズに出金できるようになります。

①マイページ(会員ページ)にログインする。

会員ページにログイン

②「出金」をクリックする。

出金クリック

③出金方法を選択する。

出金方法選択

④各種出金方法に従い、出金額など入力項目に入力する。

必要事項入力

⑤出金確認メールが届くので、確認する。

メールチェック

XMでの出金できる方法は5種類

現在、XMから出金できる方法は以下の5種類です。手数料が安くおすすめなのはBitwalletですが、利益分は海外銀行送金(電信送金)で出金する必要があります

※クリックして各出金方法の手順にジャンプできます。

かんたん出金とは?

かんたん出金とは......

XMで出金履歴がある場合、会員ページ(マイページ)で「かんたん出金」という項目がメニューに表示されます。

「かんたん出金」は新しく出金方法を入力する必要がありません。

出金履歴によって出金情報が保存されているためです。以前と同じ出金方法を使う場合、手間が省けるので活用しましょう。

入金にも同じようなものがあるので、

  • 入金→出金を一度でも行えば、次から同じ方法で楽に入金出金可能

XMで出金するための7つの基礎知識

なぜ先に出金ルールを解説するのかというと、XMの規定(出金ルール)に従わないと出金ができない場合があるからです。
どの出金方法にせよ、この出金に関する基礎知識は大切なことなので先に紹介します。

これらのルールに従わず出金申請しようとしてうまくいかないと出金拒否と勘違いする方もいるので、以下をしっかりと読んでください。

①入金方法と同じ方法でしか出金できない

XMだけでなく海外FX業界では「入金した方法と同じ方法でしか出金できない」というルールがあります。テロ資金対策マネーロンダリング対策(資金洗浄防止策)のため

そのため入金額と同額分は、同じ方法で出金する必要があり、入金額以上の利益分は海外銀行送金(電信送金)で出金します。

以下の「入金方法に対しての出金方法」と「優先順位」に従う必要があります。

銀行送金(電信送金)で入金した場合の出金

銀行送金(電信送金)は利益分もまとめて出金できます。

手数料は40万円未満の出金に対して2,500円がかかり、40万円以上の出金には手数料はかかりません。これは2020年11月から変更となりました。

今まではかなりわかりにくい手数料が発生していたので、分かりやすく・使いやすくなりました。

また、AXIORYですと2万円以上の出金で手数料無料となるので、手数料を抑えたい方は「国内銀行送金ByCurfex」を利用しましょう。

axioryの出金方法まとめ
AXIORYの出金まとめ!6の出金方法や手数料、かかる日数は?

続きを見る

axioryの国内銀行送金Curfexとは
Curfexとは?その評判と登録方法!手数料など解説します【AXIORY】

続きを見る

クレジットカード/デビットカードで入金した場合の出金

  • 入金額までをクレジット/デビットカードに出金する必要あり
  • 入金額以上(利益分)は海外銀行送金で出金しなければならない

クレジットカード・デビットカードで入金した場合、入金額と同額まではクレジット・デビットカードに出金する必要があります。入金額以上の出金をしてしまっても、MT4に戻されるので心配はありません。

利益分は、海外銀行送金(電信送金)で出金しましょう。

bitwallet、またはSTICPAYで入金した場合の出金

  • 入金額まではbitwallet・STICPAYに出金する必要があり
  • 入金額以上は海外銀行送金で出金しなければならない

以前、XMではbitwalletで利益も出金できましたが、現在はbitwalletには入金額までしか出金できません(STICPAYも同じ)。間違って入金額以上の出金をしても、入金額分までしか反映されずに残りはMT4に戻されます

利益分は、海外銀行送金(電信送金)で出金しましょう。

※複数の入金方法がある場合、出金に「優先順位」がある

異なる入金方法を複数使っている場合、以下の優先順位で出金する必要があります。

  • 優先順位1:クレジットカード/デビットカード
  • 優先順位2:bitwallet、STICPAYなど他の手段
  • 優先順位3:海外銀行送金(電信送金)

少々、わかりにくいので、事例を挙げてみます。

たとえば......最初にクレジットカードで10万円を入金、次にbitwalletで10万円を入金、利益が10万円ある場合......

  • 優先順位1:クレジットカードに10万円を返金(入金額と同額)
  • 優先順位2:bitwalletに10万円を返金(入金額と同額)
  • 優先順位3:利益分は海外銀行送金で出金

という流れで出金することになります。

②トレードで稼いだ利益分は海外銀行送金でしか出金できない

上記でも触れていますが、「入金額以上の資金=利益分」は海外銀行送金でしか出金できません。つまり、クレジットカード/デビットカード、bitwalletなどには入金額までの出金は認められていますが、利益分の出金は海外銀行送金で行う必要があります。

  • 2019年4月頃までは、XMでもbitwalletで利益分も出金できましたが、現在は入金額までとなっています。注意しましょう。

利益分は海外銀行送金(電信送金)で、かつ2万円以上だと手数料を抑えることができます。利益分はなるべく2万円以上の出金にしましょう。

③ポジションを保有したまま出金できるが、制約がある

XMではポジションを保有した状態で出金することができます。

ただし、出金後の証拠金維持率が150%以上の必要であり、下回る場合は出金申請ができません。

このルールは、保有しているポジションを相場急変や不測の事態による強制ロスカットからできるだけ守るための措置なので覚えておきましょう。

XMのFX計算ツール」で証拠金維持率を容易に計算できるので活用してみてください。

④XMではボーナスは出金できない

このルールも海外FX業界では一般的。XMでは「口座開設ボーナス(3,000円)・100%入金ボーナス(上限5万円)・20%入金ボーナス(上限45万円)」が支給されますが、出金はできません

ボーナスを使って上げた利益は出金可能です。

⑤XMでは出金額に応じてボーナスも消滅

XMでは口座残高に対する出金割合と同じ割合でボーナスが消滅します。

消滅する割合(%)の計算式:出金額 ÷ 口座残高 × 100

口座残高100,000円、その内ボーナス(クレジット)が50,000円
20,000円を出金する場合.....

出金額20,000円 ÷ 100,000円 × 100 =消滅する割合20%

ボーナス50,000の内、20%=10,000円が消滅し、クレジット残高は40,000円になります。

⑥最低出金額が決められている

XMでは出金方法に応じて最低出金額が決まっています。

  • クレジットカード/デビットカード、bitwallet、STICPAY:500円
  • 海外銀行送金(電信送金):10,000円(※)

クレジットカード/デビットカード等での出金手数料は無料です。

海外銀行送金(電信送金)では3,000円~4,000円の手数料がかかるので、10,000円だけを出金すると着金額が大幅に目減りするので注意してください。

余計な手数料を省ける2万円以上の出金を推奨しています。しかし2万円以上の出金でも最低2,000円くらいは手数料はかかります。

⑦出金処理は、XMから出金完了メールが届くまで終わっていない

XMのマイページ(会員ページ)で出金申請の手続きを終わった瞬間に口座残高が減るので、出金処理が終わったと勘違いしやすいですが、実は終わっていません

XMでの出金処理は、XMから「出金処理完了の案内メール」が届いた時点で完了となります。

完了の案内メールは通常24時間以内に届くはずですので、万一、24時間以上経っても届かない場合は出金申請に不手際や出金ルールを守っていない可能性があるので再チェックしてみましょう。それでも原因がわからない場合は、XMのカスタマーサポートに問い合わせてください。

  • ライブチャット: XMの公式サイト内から利用可能
  • メール: support@xmtrading.com

XMから海外銀行送金(電信送金)で出金する方法

XM(XMTrading)では、入金額以上の利益はこの海外銀行送金のみになります。最低出金額は10,000円です。

XM 海外銀行送金 出金

海外銀行送金では、受取人欄に、受取人のお名前・住所にカタカナで入力し、受取人のお名前(フルネーム)には全角英字で入力します。

なお、「受取人の銀行口座番号/IBAN」には銀行口座番号だけを入力します。

「受取人の銀行口座番号/IBAN」とありますが、IBANコードは無視してください。(※銀行口座番号だけはしっかり入力してくださいね!)
IBANとは、国際銀行勘定番号(International Bank Account Number)のことで、欧州を中心に利用されており、日系の銀行はIBANコードを保有していないので、後述するSWIFTコードを入力すれば問題ありません。

次の「受取人銀行」欄での注意点としてはSWIFTコードです。

SWIFTコードとは簡単に言うと国際送金などの際に相手方の銀行を特定するための金融機関のコードのことです。SWIFTコード一覧(wikipedia)はこちら

なお、こちらのサイトに銀行名の英語表記とスウィフトコードが一覧で載っています【銀行一覧リンク(←こちら情報が古いので注意)。

参考サイトは情報が古い/間違っている可能性があります。一番確実なのはご自身の銀行の公式サイトでSWIFTコードを確認することです。「銀行名 SWIFTコード」などで検索してみましょう)

この金融機関コード・SWIFTコードを持たない銀行ですと、出金できないので確認しなければなりません。以下が出金できない銀行です。

出金できない銀行

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • インターネット支店の、みずほ銀行
  • セブン銀行
  • その他SWIFTコードを持たないネット銀行

上の銀行は出金できない(みずほ銀行はインターネット支店のみ出金できない)。

海外銀行送金の手数料まとめ【お得な銀行など】

※2020年11月より、XMの銀行送金(電信送金)の手数料は40万円未満の出金には2,500円、となりました。

以下の情報は過去のものになるので参考までにしてください。

甘エビ太郎
結論を先に言うと......
どの銀行でも手数料は変わらない
銀行名(お得順) 被仕向送金手数料※ 金融コード SWIFTコード
ソニー銀行 無料 0035 SNYBJPJT
りそな銀行 1,500円 0010 DIWAJPJT
三菱東京UFJ銀行 1,500円 0005 BOTKJPJT
北洋銀行 1,500円 0501 NORPJPJP
北海道銀行 1,500円 0116 HKDBJPJT
埼玉りそな銀行 1,500円 0017 SAIBJPJT
福岡銀行 1,500円 0177 FKBKJPJT
三井住友銀行 1,500円 0009 SMBCJPJT
横浜銀行 1,500円 0138 HAMAJPJT
楽天銀行(個人口座) 2,450円
(法人ビジネス口座は2,000円)
0036 RAKTJPJT
みずほ銀行 2,500円
(法人口座は1,500円)
0001 MHCBJPJT
住信SBIネット銀行 2,500円 0038 NTSSJPJT
西日本シティ銀行 2,500円 0190 NISIJPJT
沖縄銀行 3,000円 0188 BOKIJPJT

(※上表の「被仕向送金手数料」に、別途「最低2,500円(送金額の0.05%)」がかかります。)

上記手数料は過去のデータになります。

  • 今は40万円未満の出金に対してのみ2,500円が発生するだけです。
  • 出金の手数料は過去と比べてかなりわかりやすくなっています。

XMから楽天銀行へ出金する方法【電信送金の一例】

ここからは、XMから海外銀行送金(電信送金)で出金する例を紹介。
楽天銀行へ出金する場合の入力例を示します。楽天銀行以外も、同じ手順で出金できます

楽天銀行への出金方法

XMから出金する受取人の個人情報を入力

  • 受取人の下のお名前と受取人の姓: カタカナ入力
  • 受取人のお名前(フルネーム): ローマ字入力

XM 海外銀行送金で出金する

受取人の住所:ローマ字/英語表記にするので、東京都新宿区歌舞伎町1-2-34 101号室ならば、以下の書き方となります。

#101, 1-2-34 Kabukicho, Shinjuku-ku Tokyo Japan

XM 海外銀行送金で出金 個人情報

受取人の銀行口座番号/IBANには、送金先の楽天銀行の口座番号を入力します。口座番号が1234567なら上記のように入力します(IBANコード不要)。

XMから送金する楽天銀行の情報を入力

XMから送金先の受取人銀行の情報を入力します、銀行名には「OTHER」を選択します。

XM 海外銀行送金 楽天銀行

楽天銀行のSWIFTコードは「RAKTJPJT」です。

楽天銀行(本社)の住所は、東京都世田谷区多摩川1-14-1ですので、1-14-1 Tamagawa, Setagaya-ku, Tokyo, Japanと入力します。

支店名は、楽天銀行のケースでは、どの支店の場合でも本店(HEAD OFFICE)を入力します。

支店コードは、ジャズ支店なら201を入力します。

楽天銀行の中継銀行情報を入力

※中継銀行の意味など、よく分からなければ記入しなくてOK!
記入しなくても得も損も絶対にしないので安心して良いです。

楽天銀行の場合、中継銀行が三井住友銀行なので「SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION」、SWIFTコードは「SMBCJPJT」、銀行所在地は「TOKYO, JAPAN」と入力してください。

XM 楽天銀行へ出金 中継銀行

あとは、XMからの出金優先手続きに関する注意事項を読み理解したらチェック(✔)を入れて「リクエスト」をクリックすれば出金の手続きは完了します。

XM 海外銀行送金で出金 楽天銀行の中継銀行

XMから楽天銀行への「送金手数料」

※現在は、出金額40万円未満に対して手数料2,500円がかかります。40万円以上の出金には手数料は一切かかりません。

最低出金額は10,000円以上、出金手数料はXMが負担するので無料です。しかし、三井住友銀行が中継銀行の場合は手数料2,500円、楽天銀行への海外送金手数料が2,450円、合計で4,950円の送金手数料が必要です。

中継銀行がからむ場合、各国内銀行のサイトで中継銀行手数料を確認するとともに海外銀行送金手数料を確認してください。

XMから楽天銀行への「出金日数」

XMから楽天銀行への出金日数は、出金完了メールを受信してから4営業日程度で楽天銀行口座へ着金します。

XMからクレジットカード/デビットカードで出金する方法

最低出金額は500円、出金手数料はXMが負担するのでかかりません。着金は、クレジットカード会社によってかなり開きがあります。以下で説明します。

なお、現時点ではJCBカードで入金した場合、返金・キャンセル処理ができないため、海外銀行送金で出金するほかありません。

XM クレジットカード/デビットカードで出金

マイページ内の資金の出金でクレジット/デビット(Credit/Debit Cards)をクリックすると以下の画面が開くので、出金額を入力すれば、入金時に利用したクレジットカード/デビットカードへ返金扱いで出金できます。

カード会社ごとの着金までの日数(目安)

入金に使用したカード会社によって着金までの日数が異なります、XMから「出金処理完了の案内メール」が届いてから着金するまでの日数は以下の通りです。

下記のカード会社以外でも、クレジットカードよりもデビットカードの方が着金は早いです。

着金目安時間

  • ジャパネット銀行・スルガ銀行のデビットカード:3営業日
  • りそな銀行のデビットカード:4営業日
  • 楽天銀行のデビットカード・スルガ銀行のVISAクレカ:7営業日
  • VISA系列クレカ:約1か月
  • 楽天VISA:約2か月

クレカに出金できる期間は3か月~1年【重要】

クレジットカードで入金している場合、出金の優先度が一番高くなります。

しかしクレジットカードで出金できる期間は、入金から3か月の間のみになっています。

つまりクレカ入金から3か月間出金をしなかった場合、(クレジットカードで出金が選べず)海外銀行送金で出金することになります

※XMのホームページのマイページで入金履歴を確認すれば、いつ入金したかが分かります
そこから出金方法を「クレカ」出金にするか、「海外銀行送金」にするか選びましょう。

それでもよく分からない人は、サポートセンターに『どの出金方法が自分には適切か』を聞いてみるのが確実です。
なお、クレカ出金で余計に出金したとしてもその分はMT4(5)に返金されるので心配ありません。

XMからbitwalletで出金する方法

XM(XM Trading)では電子財布であるbitwallet(旧mybitwallet)での出金ができます。

bitwalletのアカウントをお持ちの方であればどなたでもXMから出金可能です。ただし、出金方法にはルールがあり、入金額以上の出金はできません。

例えば、bitwalletを使って入金した場合、どれだけ利益が出ても入金した金額以上の資金は出金できません

近年、XMでは出金方法が大きく変わり、クレジットカードによる出金もできなくなり、bitwalletでも利益分を出金できなくなりましたこちらの記事にも詳しく書きましたが、マネーロンダリング防止のためと思われます。

xmがBitwalletで出金制限
XMがbitwalletの出金に制限かけたから、出金方法を見直してみる

続きを見る

それでも出金の手順は大きくは変わっていません。

bitwalletは出金も入金も手順がとても簡単です。出金の日数もわずか1日か、それ以内なのでかなり早いといえます。

さらに手数料もbitwalletから国内銀行口座に入れるわずか824円です。それも一律824円なので、いくら出金しても手数料824円は変わりません。

ここからは、以下、画像付きで取引口座からbitwalletへの出金方法を説明します。

XMからbitwalletへの出金

マイページ(会員ページ)にログインします。

XM bitwallet 出金

続いて、画像の①にあります「出金」をクリック。
②のBitwalletの「出金」をクリックします。

XM bitwallet 出金2

bitwallet口座の登録メールアドレス出金額(ただし、入金した金額以下の価格帯まで。それ以外は出金拒否される模様)を入力します。
その下の注意事項をよく読み(出金する割合に応じてボーナスが消失しますよ、ということ等が書いてある)、チェックを入れましょう。
よろしければ「リクエスト」をクリックします。

資金の出金 bitwallet

成功の画面が表示されたらbitwalletへの出金は完了です。入金のケースと同様、銀行やクレジット会社を経由しないため取引口座からリアルタイムで出金が完了します。手続きは以上となります。

Bitwalletから自分の銀行口座への出金

さて、上記までの手順でXMの口座からbitwalletへ出金ができました。
今度はbitwalletから自分の口座へ出金しましょう。

bitwalletは、ウォレット内の法定通貨である「円、ドル、ユーロ」を国内海外問わずに、指定の銀行口座へ出金することができます。出金リクエスト後、3営業日以内にbitwallet側での処理手続きが完了し、その後、着金には送金先により所定の日数がかかります。

まずはbitwalletのマイページにログインしましょう。

bitwalletから銀行口座へ出金する

まず、①の「ご出金・お引き出し」をクリック。
②の「ご出金」をクリックします。すると下の画面になるはずです。

bitwalletから銀行口座へ出金する2

次に、①出金元の通貨を選択します。

②銀行名、支店名を選択します。まだここに自分の銀行の情報を登録していない人は、「出金先銀行の新規登録」をクリックして情報を登録してください。

自分の銀行情報を選択して間違いなければ、③出金金額を入力します。
出金手数料は、残高から別に差し引かれるため、bitwalletの残高は出金手数料と出金したい金額分がある必要があります。
例えば、1万円出金したい場合、bitwallet内に10,824円以上の残高金額が必要、ということ。)

すべて終わったら、④ご入力内容の確認をクリックしましょう。
そうしますと確認画面に移ります。

bitwalletから銀行口座へ出金する3

次の画面では、まずセキュアーIDというものを入力します。セキュアーIDとは、自分のマイページの「クライアントメニュー」の「ウォレットサマリー」に記載されているものを「メールで送付」して確認できます。

2段階認証を設定している場合は、セキュアーIDではなく2段階認証の認証コードを入力します。

その後、出金するをクリックします。

これで出金完了です。

bitwalletで出金手続きが完了すると、「銀行口座への出金手続完了」という件名のメールが届きます。この後銀行側での手続きを経て指定の銀行口座へ着金となります。

手数料、着金時間、注意

手数料はいくらでも824円です。

着金スピードは、私自身が実際に出金した場合、その日のうちに出金されました。
実際には1時間以内でした。早い場合は30分以内に出金されます。

bitwalletは通常、当日~翌営業日以内に出金処理が行われます。
ですので、翌営業日になっても出金されない場合はbitwalletのサポートセンターに連絡してください。迅速に対応してくれます。
ただし、土日祝日は休業なため、休日は例外です。

利益分は海外銀行送金(電信送金)で出金する必要があります。

XMからSTICPAYで出金する方法

STICPAYで出金するには、前提としてSTICPAYで入金していなければなりません

STICPAYもbitwallet同様に電子決済サービスです。詳しくはこちら【STICPAYの口座開設方法から入出金まで解説】からご覧ください。

また出金の流れもbitwalletと同じように、

XM → STICPAY → 自分の銀行口座

という流れで行う必要があります。

XMからSTICPAYに出金する

まずXMの会員ページにログイン。

「出金」を選択、STICPAYで入金している場合、「STICPAY」を選択できるのでクリック。すると下のような画面に移ります。

STICPAYで出金する方法

続いて出金額を入力し、「リクエスト」をクリックすれさえすればOKです。

STICPAYから銀行口座に出金する

詳しくはこちら【STICPAYの口座開設方法から入出金まで解説】でも解説していますが、改めて解説していきます。

STICPAYからの出金方法については、以下の方法があります。

  • 国内銀行送金
  • 銀行送金(海外銀行送金)
  • 代替支払手段(NETELLER、Skrill)

おそらく多くの人が国内銀行送金で問題ないかと思います。

STICPAYからの国内銀行送金の出金手順は、主に3工程で終了します。

  1. STICPAY公式ページよりログイン
  2. メニューの「出金」「国内銀行送金」をクリック
  3. 出金したい金額を入力し、「次へ」をクリックすると出金手続き完了

以上の3工程が終わると、STICPAYより「出金申請が受理されました」のメールが届きます。この時点でSTICPAY口座から出金金額が引き落とされ、通常1~2営業日ほどで銀行口座へ反映されます。

STICPAYアイキャッチ
STICPAYの口座登録方法から入金出金方法や手数料を解説!

続きを見る

手数料、着金時間、注意

出金手数料は、STICPAYから自分の銀行口座に出金する場合にのみ発生します。

まずは送金金額の2.5%が発生します。加えて固定費の600円がかかります。

着金時間は通常1~2営業日になります。

1度の送金の限度額は50万円です。

利益分は海外銀行送金(電信送金)で出金する必要があります。

BXONEで出金する方法

BXONEで出金

他の出金方法と同様に、入金額分しか出金できません。

また、入金をBXONEで行っていないと上の項目も表示されません。

BXONEもBitwallet、STICPAYと同様に電子送金サービスですので、出金の際は少々面倒です。

「XM→BXONE→自分の銀行口座」という手順を踏む必要があります。

  • 最低出金額:500円
  • 手数料:BXONE→銀行口座で1%の手数料が発生(最低2,000円
  • 着金時間:即時~24時間以内
    BXONE→銀行口座では4~7日がかかる

XMの出金のまとめ

以上がXMの出金のすべてになります。

今のところ利益分は全部、海外銀行送金(電子送金)で出金する必要があるので、手数料含めどの銀行が良いかは確認しておくと良いです。

今後もXMの出金は変化する可能性が高いので、新情報をなるべく載せられるように努めていきます。

※XMでは出金拒否の事実もなく、一番おすすめできる業者です。そんなXMの管理人レビュー記事も是非チェックしてみてください!

本記事の他、XMを始める前に読んでおきたい記事をまとめました。
まだチェックできていない方は確認しておきましょう!

  • この記事を書いた人

甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-XM(XMtrading)
-,

© 2021 海外FX口座のエキスパートが厳選!おすすめFX業者を紹介!