XMTrading(エックスエム)

XMの出金方法をすべて解説!これだけ見れば出金できる

更新日:

XMの出金方法

XMの出金方法は4つあります(2019年8月現在)。

  • 海外銀行送金(電信送金)
  • STICPAY
  • クレジットカード/デビットカード:利益分は不可
  • Bitwallet:利益分は不可

出金方法は、入金方法にも依存するため出金のルール等も最初にお伝えします。

XMで出金するための全知識を教える

ここではXM(XMTrading)の出金方法をすべて解説します。

近年XMの出金方法などは目まぐるしく変化しています。
当サイトはなるべく最新の情報を網羅するように努めていますが、一番正確なのは公式サイトを見ることです。

XMの入金出金情報は、口座開設したトレーダーしか閲覧権限がないので、まずは取引しなくても口座開設しておくと何かと便利ですよ。XMで口座開設しておく

XMの口座開設方法はこちら:XMで口座開設する方法を解説

XMでの出金できる方法は4種類

現在、XMから出金できる方法は以下の4種類です。

  • 海外銀行送金
  • クレジットカード/デビットカード
  • bitwallet(旧mybitwallet)
  • STICPAY

XMで出金するための8つの基礎知識

XMでの出金方法は4種類ありますが、出金方法を自由に選択したり組み合わせることができません、つまり、一定のルールに従って出金する必要があるので、まず、XMから出金する上で事前に知っておくべき基礎知識から紹介します。

  1. 入金方法と同じ方法でしか出金できない
  2. トレードで稼いだ利益分は海外銀行送金でしか出金できない
  3. ポジションの保有中にも出金できるが制約がある
  4. XMではボーナスは出金できない
  5. XMでは出金額に応じてボーナスも減ってしまう
  6. 最低出金額が決められている
  7. 出金処理は、XMから出金完了メールが届くまで終わっていない

これらのルールに従わず出金申請しようとしてうまくいかないと出金拒否と勘違いする方もいるので、以下をしっかりと読んでください。

1. 入金方法と同じ方法でしか出金できない

XMだけでなく海外FX業界では「入金した方法と同じ方法でしか出金できない」というルールがあります。テロ資金対策やマネーロンダリング対策(資金洗浄防止策)の強化に伴い入出金の名義を厳しくチェック可能にする目的でこのようなルールが設けられています。

そのため、各種入金方法に対する以下の出金方法と優先順位に従う必要があります。

海外銀行送金で入金した場合の出金

  • 全額を海外銀行送金(電信送金)で出金
  • 全額=入金額+入金額以上の利益

クレジットカード/デビットカードで入金した場合の出金

  • 入金額までをクレジット/デビットカードに出金
  • 入金額以上は海外銀行送金で出金

bitwalletで入金した場合の出金

  • 入金額まではbitwalletに出金
  • 入金額以上は海外銀行送金で出金

以前、XMではbitwalletで利益も出金できましたが、現在はbitwalletには入金額までしか出金できません。

STICPAYで入金した場合の出金

  • 入金額まではSTICPAYに出金
  • 入金額以上は海外銀行送金で出金

複数の入金方法がある場合、出金に「優先順位」がある

異なる入金方法を使っている場合、以下の優先順位で出金する必要があります。

  • 優先順位1:クレジットカード/デビットカード
  • 優先順位2:bitwallet、STICPAY
  • 優先順位3:海外銀行送金(電信送金)

少々、わかりにくいので、事例を挙げてみます。

たとえば、最初にクレジットカードで10万円を入金、次にbitwalletで10万円を入金、利益が10万円ある場合、

  • 優先順位1:クレジットカードに10万円を返金
  • 優先順位2:bitwalletに10万円を返金
  • 優先順位3:利益分は海外銀行送金で出金

という流れで出金することになります。

2. トレードで稼いだ利益分は海外銀行送金でしか出金できない

上記でも触れていますが、「入金額以上の資金=利益分」は海外銀行送金でしか出金できません。つまり、クレジットカード/デビットカード、bitwalletとSTICPAYには入金額までの出金が認められており、利益分の出金は海外銀行送金しか行えません。

2019年4月頃までは、XMでもbitwalletで利益分も出金できましたが、現在は入金額までとなっています。

3. ポジションを保有中したまま出金できるが制約がある

XMではポジションを保有した状態で出金することができます。

ただし、出金後の証拠金維持率が150%以上の必要であり、下回る場合は出金申請ができません。

このルールは、保有しているポジションを相場急変や不測の事態による強制ロスカットからできるだけ守るための措置なので覚えておきましょう。

XMのFX計算ツール」で証拠金維持率を容易に計算できるので活用してみてください。

4. XMではボーナスは出金できない

このルールも海外FX業界では一般的なことであり、XMでは「口座開設ボーナス(3,000円)・100%入金ボーナス(上限5万円)・20%入金ボーナス(上限45万円)」が支給されますが、出金はできません

ボーナスを使って上げた利益は出金可能です。

5. XMでは出金額に応じてボーナスも消滅

XMでは口座残高に対する出金割合と同じ割合でボーナスが消滅します。

消滅する割合の計算式:出金額 ÷ 口座残高 X 100

口座残高100,000円、ボーナス(クレジット)が50,000円、20,000円を出金する場合

出金額20,000円 ÷ 100,000円 × 100 =消滅する割合20%

ボーナス50,000 × 20% = 10,000円が消滅し、クレジット残高は40,000円になります。

6. 最低出金額が決められている

XMでは出金方法に応じて最低出金額が決まっています。

  • クレジットカード/デビットカード、bitwallet、STICPAY:500円
  • 海外銀行送金(電信送金):10,000円

クレジットカード/デビットカード等での出金手数料は無料ですが、電信送金では3,000円~4,000円の手数料がかかるので、10,000円だけを出金すると着金額が大幅に目減りするので注意してください。

7. 出金処理は、XMから出金完了メールが届くまで終わっていない

XMのマイページ(会員ページ)で出金申請の手続きを終わった瞬間に口座残高が減るので、出金処理が終わったと勘違いしやすいですが、実は終わっていません

XMでの出金処理は、XMから「出金処理完了の案内メール」が届いた時点で完了となります。

完了の案内メールは通常24時間以内に届くはずですので、万一、24時間以上経っても届かない場合は出金申請に不手際や出金ルールを守っていない可能性があるので再チェックしてみましょう。それでも原因がわからない場合は、XMのカスタマーサポートに問い合わせてください。

  • ライブチャット: XMの公式サイト内から利用可能
  • メール: support@xmtrading.com

海外銀行送金(電信送金)で出金する方法

上述した通り、XM(XMTrading)では、入金額以上の利益はこの海外銀行送金のみになります。最低出金額は10,000円です。

XM 海外銀行送金 出金

海外銀行送金では、まず、受取人欄に、受取人のお名前・住所にカタカナで入力し、受取人のお名前(フルネーム)には全角英字で入力します。

なお、「受取人の銀行口座番号/IBAN」には銀行口座番号だけを入力し、IBANコードを無視してください。IBANとは、International Bank Account Number(国際銀行勘定番号)のことで、欧州を中心に利用されており、日系の銀行はIBANコードを保有していないことがあり、後述するSWIFTコードを入力すれば問題ありません。

受取人銀行欄での注意点としてはSWIFTコードです。

SWIFTコードとは簡単に言うと国際送金などの際に相手方の銀行を特定するための金融機関のコードのことです。「SWIFTコード一覧(wikipedia)はこちら」。

なお、こちらのサイトに銀行名の英語表記とスウィフトコードが一覧で載っています【銀行一覧リンク

この金融機関コード、SWIFTコードを持たない銀行ですと、出金できないので確認しなければなりません。以下が出金できない銀行です。

出金できない銀行

※ゆうちょ銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、新生銀行、インターネット支店のみずほ銀行、その他SWIFTコードを持たないネット銀行、セブン銀行など

出金できない銀行は上の7行(みずほ銀行はインターネット支店のみ出金できません)。

SWIFTコードを持たない銀行には出金できないということは、海外FXの出金ルールとして、出金先は入金元と同じ銀行でなければならないので、上記のSWIFTコードがない7行から入金してしまうと出金できなくなるので注意してください。

受取銀行しだいで送金手数料を安くできる

XM側での出金手数料は無料ですが、電信送金の場合、中継銀行手数料と受取銀行手数料のそれぞれで2,000円~3,000程度がかかるので、高い場合は6,000円くらいはかかります。

そこで、少しでも送金手数料を抑えるために以下の銀行を受取銀行とすることをおすすめします。海外銀行送金は『利益分』の出金の唯一の手段なので、XMを利用するために以下の銀行で口座を持っておいた方が賢明です。

海外送金手数料が安い銀行

以下の手数料に2,000円(海外送金手数料)を足した金額が送金手数料となるのでお得です。

  • 住信SBI銀行: 手数料154円
  • ソニー銀行: 手数料216円
  • りそな銀行: 手数料216円
  • 三井住友銀行: 手数料108円
  • 三菱東京UFJ銀行: 手数料324円
  • みずほ銀行: 手数料432円

つまり、最も安い住信SBI銀行の2,154円~最も高くてもみずほ銀行の2,432円まで安くできるので、上記銀行で口座を作って受取銀行に指定すればかなり手数料を抑えることが可能です。

着金までの日数は、出金処理の完了メールが届いてから、3営業日~5営業日です。

XMから楽天銀行へ出金する方法

ここからは、XMから海外銀行送金で出金する例として、楽天銀行へ出金する場合の入力例を示します。

XMから出金する受取人の個人情報を入力

受取人の下のお名前と受取人の姓: カタカナ入力

受取人のお名前(フルネーム): ローマ字入力

XM 海外銀行送金で出金する

受取人の住所:ローマ字/英語表記にするので、東京都新宿区歌舞伎町1-1-1 101号室ならば、以下の書き方となります。

#101, 1-1-1 Kabukicho, Shinjuku-ku Tokyo Japan

XM 海外銀行送金で出金 個人情報

受取人の銀行口座番号/IBANには、送金先の楽天銀行の口座番号を入力します、口座番号が1234567なら上記のように入力します(IBANコード不要)。

XMから送金する楽天銀行の情報を入力

XMから送金先の受取人銀行の情報を入力します、銀行名には「OTHER」を選択します。

XM 海外銀行送金 楽天銀行

楽天銀行のSWIFTコードは「RAKTJPJT」です。

楽天銀行(本社)の住所は、東京都世田谷区多摩川1-14-1ですので、1-14-1 Tamagawa, Setagaya-ku, Tokyo, Japanと入力します。

支店名は、楽天銀行のケースでは、どの支店の場合でも本店(HEAD OFFICE)を入力します。

支店コードは、ジャズ支店なら201を入力します。

楽天銀行の中継銀行情報を入力

楽天銀行の場合、中継銀行が三井住友銀行なので「SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION」、SWIFTコードは「SMBCJPJT」、銀行所在地は「TOKYO, JAPAN」と入力してください。

XM 楽天銀行へ出金 中継銀行

あとは、XMからの出金優先手続きに関する注意事項を読み理解したらチェック(✔)を入れて「リクエスト」をクリックすれば出金の手続きは完了します。

XM 海外銀行送金で出金 楽天銀行の中継銀行

なお、楽天銀行以外への出金に際しては、各国内銀行のサイトで中継銀行の指定が要るかを確認してください。

XMから楽天銀行への送金手数料と出金日数

最低出金額は10,000円以上、出金手数料はXMが負担するので無料ですが、三井住友銀行が中継銀行の場合は手数料2,500円、楽天銀行への海外送金手数料が2,450円、合計で4,950円の送金手数料が必要です。

中継銀行がからむ場合、各国内銀行のサイトで中継銀行手数料を確認するとともに海外銀行送金手数料を確認してください。

XMから楽天銀行への出金日数

XMから楽天銀行への出金日数は、出金完了メールを受信してから4営業日程度で楽天銀行口座へ着金します。

クレジットカード/デビットカードで出金する方法

最低出金額は500円、出金手数料はXMが負担するのでかかりません。着金は、クレジットカード会社によってかなり開きがあります。以下で説明します。

なお、現時点ではJCBカードで入金した場合、返金・キャンセル処理ができないため、海外銀行送金で出金するほかありません。

XM クレジットカード/デビットカードで出金

マイページ内の資金の出金でクレジット/デビット(Credit/Debit Cards)をクリックすると以下の画面が開くので、出金額を入力すれば、入金時に利用したクレジットカード/デビットカードへ返金扱いで出金できます。

カード会社ごとの着金までの日数(目安)

入金に使用したカード会社によって着金までの日数が異なります、XMから「出金処理完了の案内メール」が届いてから着金するまでの日数は以下の通りです。

下記のカード会社以外でも、クレジットカードよりもデビットカードの方が着金は早いです。

カード会社着金までの日数(目安)
・ジャパネット銀行のデビットカード
・スルガ銀行のデビットカード
3営業日
りそな銀行のデビットカード4営業日
・楽天銀行のデビットカード
・スルガ銀行のVISAカード
7営業日
VISAカード系列約1ヶ月
楽天VISAカード約2ヶ月

返金・キャンセル処理ができる期間

クレジットカードで入金する場合はショッピング枠を使って入金しているので、出金の際は、使ったショッピング枠をキャンセル処理してクレジットカードに返金する形で出金します

そして、クレジットカード会社でキャンセル処理できるのは原則1年間となっており、入金から1年以上を経過すると返金処理で出金できなくなります。その場合は、海外銀行送金で出金することになります。

bitwalletで出金する方法

XM(XM Trading)では電子財布であるbitwallet(旧mybitwallet)での出金ができます。

bitwalletのアカウントをお持ちの方であればどなたでもXMから出金可能です。ただし、出金方法にはルールがあり、入金額以上の出金はできません。

例えば、bitwalletを使って入金した場合、どれだけ利益が出ても入金した金額以上の資金は出金できません。

bitwalletについて詳しく知りたい方はこちら:海外FXで利用されている、bitwallet(旧マイビットウォレット)とは?

近年、XMでは出金方法が大きく変わり、クレジットカードによる出金もできなくなり、bitwalletでも利益分を出金できなくなりました

それでも出金の手順は大きくは変わっていません。

bitwalletは出金も入金も手順がとても簡単です。出金の日数もわずか1日か、それ以内なのでかなり早いといえます。

さらに手数料もbitwalletから国内銀行口座にいれる、わずか824円です。それも一律824円なので、いくら出金しても手数料824円は変わりません。

XMの取引口座からbitwalletへの着金は1時間程度、最大24時間以内です。

ここからは、以下、画像付きで取引口座からbitwalletへの出金方法を説明します。

XMからbitwalletへの出金

マイページ(会員ページ)にログインします。

XM bitwallet 出金

続いて、画像の①にあります「出金」をクリック。
②のBitwalletの「出金」をクリックします。

XM bitwallet 出金2

bitwallet口座の登録メールアドレス出金額(ただし、入金した金額以下の価格帯まで。それ以外は出金拒否される模様)を入力します。
その下の注意事項をよく読み(出金する割合に応じてボーナスが消失しますよ、ということ等が書いてある)、チェックを入れましょう。
よろしければ「リクエスト」をクリックします。

資金の出金 bitwallet

成功の画面が表示されたらbitwalletへの出金は完了です。入金のケースと同様、銀行やクレジット会社を経由しないため取引口座からリアルタイムで出金が完了します。手続きは以上となります。

出金までどのくらいの日数がかかるのか

私自身が実際に、XM(エックスエム)にbitwallet(旧マイビットウォレット)で出金した場合、その日のうちに出金されました。
実際には1時間以内でした。早い場合は30分以内に出金されます。

bitwalletは通常、当日~翌営業日以内に出金処理が行われます。
ですので、翌営業日になっても出金されない場合はbitwalletのサポートセンターに連絡してください。迅速に対応してくれます。
ただし、土日祝日は休業なため、休日は例外です。

Bitwalletから自分の銀行口座への出金

さて、上記までの手順でXMの口座からbitwalletへ出金ができました。
今度はbitwalletから自分の口座へ出金しましょう。

bitwalletは、ウォレット内の法定通貨である「円、ドル、ユーロ」を国内海外問わずに、指定の銀行口座へ出金することができます。出金リクエスト後、3営業日以内にbitwallet側での処理手続きが完了し、その後、着金には送金先により所定の日数がかかります。

まずはbitwalletのマイページにログインしましょう。

bitwalletから銀行口座へ出金する

まず、①の「ご出金・お引き出し」をクリック。
②の「ご出金」をクリックします。すると下の画面になるはずです。

bitwalletから銀行口座へ出金する2

次に、①出金元の通貨を選択します。

②銀行名、支店名を選択します。まだここに自分の銀行の情報を登録していない人は、「出金先銀行の新規登録」をクリックして情報を登録してください。

自分の銀行情報を選択して間違いなければ、③出金金額を入力します。
出金手数料は、残高から別に差し引かれるため、bitwalletの残高は出金手数料と出金したい金額分がある必要があります。
例えば、1万円出金したい場合、bitwallet内に10,824円以上の残高金額が必要、ということ。)

すべて終わったら、④ご入力内容の確認をクリックしましょう。
そうしますと確認画面に移ります。

bitwalletから銀行口座へ出金する3

次の画面では、まずセキュアーIDというものを入力します。セキュアーIDとは、自分のマイページの「クライアントメニュー」の「ウォレットサマリー」に記載されているものを「メールで送付」して確認できます。

2段階認証を設定している場合は、セキュアーIDではなく2段階認証の認証コードを入力します。

その後、出金するをクリックします。

これで出金完了です。

bitwalletで出金手続きが完了すると、「銀行口座への出金手続完了」という件名のメールが届きます。この後銀行側での手続きを経て指定の銀行口座へ着金となります。

STICPAYで出金する方法

STICPAYで出金するには、前提としてSTICPAYで入金していなければなりません

STICPAYもbitwallet同様に電子決済サービスです。詳しくはこちら【STICPAYの口座開設方法から入出金まで解説】からご覧ください。

また出金の流れもbitwalletと同じように、

XM → STICPAY → 自分の銀行口座

という流れで行う必要があります。

XMからSTICPAYに出金する

まずXMの会員ページにログイン。

「出金」を選択、STICPAYで入金している場合、「STICPAY」を選択できるのでクリック。すると下のような画面に移ります。

STICPAYで出金する方法

続いて出金額を入力し、「リクエスト」をクリックすれさえすればOKです。

STICPAYから銀行口座に出金する

詳しくはこちら【STICPAYの口座開設方法から入出金まで解説】でも解説していますが、改めて解説していきます。

STICPAYからの出金方法については、以下の方法があります。

  • 国内銀行送金
  • 銀行送金(海外銀行送金)
  • 代替支払手段(NETELLER、Skrill)

おそらく多くの人が国内銀行送金で問題ないかと思います。

STICPAYからの国内銀行送金の出金手順は、主に3工程で終了します。

  1. STICPAY公式ページよりログイン
  2. メニューの「出金」「国内銀行送金」をクリック
  3. 出金したい金額を入力し、「次へ」をクリックすると出金手続き完了

以上の3工程が終わると、STICPAYより「出金申請が受理されました」のメールが届きます。この時点でSTICPAY口座から出金金額が引き落とされ、通常1~2営業日ほどで銀行口座へ反映されます。

手数料や、着金時間は?

出金手数料は、STICPAYから自分の銀行口座に出金する場合にのみ発生します。

まずは送金金額の1.5%が発生します。加えて固定費の800円までかかります。

着金時間は通常1~2営業日になります。

送金の限度額は50万円です。それ以上の出金は海外銀行送金でしかできないので、注意が必要です。

XMの出金のまとめ

以上がXMの出金のすべてになります。

XMではSTICPAYで入金、その後STICPAYで出金が一番効率的といえます。

bitwalletはいずれ使えなくなるかもしれません。実際に以前は利益額も出金できていましたが、今はできなくなってしまいました。

今後もXMの出金は変化する可能性が高いので、新情報をなるべく載せられるように努めていきます。

  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-XMTrading(エックスエム)
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.