XM(XMtrading)

XMの出金手数料を詳しく解説!各銀行口座への出金手数料は?

XMの出金手数料まとめ

XMの出金手数料について詳しくまとめました。

  • XMのそれぞれの出金手数料はいくらなのか?
  • 注意点はあるのか?

など様々なXMの出金手数料に関することを解説していきます。

XMの出金手数料はいくら?

XMの出金にかかる手数料は以下の通りです。

出金方法出金手数料
銀行送金
(Local Bank Transfer)
・40万円未満:2,500円
・40万円以上:無料
クレジットカード・デビットカード無料
Bitwallet・XM→Bitwalletへの出金:無料
・Bitwalle→銀行口座への出金:824円
STICPAY・XM→STICPAYへの出金:無料
・STICPAY→銀行口座への出金:2%+800円
BXONE・XM→BXONEへの出金:無料
・BXONE→銀行口座への出金:1%の手数料が発生(最低2,000円)

XMは出金可能な順番があります。

まずは入金した方法と同じ方法・金額を、同じ方法で出金する必要がありますその後、銀行出金で利益分を出金可能です。ただし、銀行送金(コンビニ支払いやオンラインバンクでの入金も含む)で入金している場合、銀行出金で制限なく出金できます。

XMの出金方法
XMの出金方法・手数料・ルール等まとめて解説!分からないを解決しますここではXMtradingの出金の手順から、出金に関する注意点やXMのルール等を記載しました。XMから出金する場合の手数料などもわかりやすく明記しています。利益分は銀行送金でまとめて出金できます。...

銀行が違っても手数料は変わらない【安い・高いはない】

XMの出金手数料は、日本の銀行なら各銀行同一です。

SBI銀行、三井住友銀行、楽天銀行、ソニー銀行など日本の銀行には様々な銀行がありますが、どこに出金しても一律2,500円です。どの銀行が安い・高い、といったことはないので安心してください。

この2,500円も、40万円以上の出金ならば無料になります

しかし出金後、2,500円以上の手数料が発生している場合、どこかしら中継銀行を挟んでいる場合もあります。その時は銀行に問い合わせして確認してもらうことが一番確実でしょう。

出金できない銀行一覧【気を付けよう】

以下の銀行へは出金できません。注意しましょう。

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • PayPay銀行(ジャパンネット銀行)
  • セブン銀行
  • その他、SWIFTコードを持たないネット銀行

SWIFTコードとは?:国際送金などの際に相手方の銀行を特定するための金融機関のコードのこと。【SWIFTコード一覧(wikipedia)はこちら

クレジットカードは完全無料だが、注意点が2つある

クレジットカード出金は、手数料が完全無料です。一切かからないのでお得ですが、注意点が2つあります。

まずクレジットカード出金は、①クレジットカード入金をしてから3か月経過すると使用できなくなります

クレジットカードでの入金はカードのショッピング枠を利用しています。
一方クレジットカード出金とはそのショッピング枠での利用をキャンセルする、という扱いになります。そのため3か月が経過し、キャンセルできる期限を過ぎると、クレジットカード出金ができなくなる、というわけです。

またクレジットカード出金を搭載してしまうと、マネーロンダリングの観点から良くないため制限しています。

また②クレジットカード出金は、クレジットカード入金をしていないとそもそも選択できません

クレジットカードで入金して、3か月以上経過したあとは、銀行送金でまとめて出金できますので安心してください。

Bitwallet・STICPAY・BXONEの各電子ウォレットの手数料

XMからBitwalletなどの電子ウォレットへの出金手順は以下のようになります。
(XM→電子ウォレット→銀行口座)

XMと電子ウォレットの出金手順と手数料

電子ウォレットから銀行口座への出金の際に手数料が発生します

Bitwallet・STICPAY・BXONEは海外FXに触れていないと聞き馴染みのないものでしょう。これらは電子ウォレットで、銀行送金などを行うことができます。XMに入金する際、XMから出金する際にも使えます。

これらの電子ウォレットも、クレジットカードと同様に、入金額と同額分を同じ方法で出金する必要があり、その後FXで稼いだ利益分を銀行送金で出金できます。

もちろんXMからこの電子ウォレットに出金した分(入金額同額分)も、自分の銀行口座に送れます。ですがその時に以下の手数料がかかります。

Bitwalletは銀行への出金に824円かかる

Bitwalletから銀行口座へ出金する際の手数料は、824円です。

特別なキャンペーン中以外、もしくは変更される場合以外はこの824円で固定です。

いくら出金しても変わらない点では使い勝手が良いと言えます。

STICPAYは銀行への出金に2%+800円かかる

STICPAYは銀行への出金に、その出金額の2%と800円がかかります。

出金額の2%と固定で800円がかかってしまうので、Bitwalletより割高になります。

例えば10万円出金するとしたら、2,800円がかかります。

BXONEは銀行への出金に1%の手数料が発生(最低2,000円)

BXONEから銀行への出金する場合、出金額の1%がかかります。最低2,000円が必ずかかるため注意しましょう。

例えば1万円出金するとしたら、1%だと100円で済むはずですが、最低2,000円は固定なので、2,000円かかってしまいます。

なるべく20万円以上出金したいところです(20万円の1%が2,000円になるため)。

XMの出金手数料に関するよくある質問

①クレジットカードで入金しましたが、出金項目に「クレジットカード出金」がありません。なぜでしょう?

クレジットカードで入金後、3か月経過すると、クレジットカード出金が選択できなくなります。

これはクレジットカード入金が、クレジットカード支払いを適用しているためです。つまりクレジットカード出金は、クレジットカード払いのキャンセルという扱いになります

そのクレジットカード払いのキャンセルできる期間が3か月以内であるため、3か月経過するとクレジットカード出金ができなくなります。

その他、マネーロンダリング防止対策により、クレジットカードの制限が多くなっていることも関係しています。

クレジットカード出金ができない場合、銀行送金で全額出金可能なので安心してください

②とある銀行に出金したら、手数料が2,500円以上と多く取られていました。なぜでしょうか?

国内以外の銀行ですと、中継銀行などを経由する関係で2,500円以上の手数料が発生する場合があります。

国内銀行では40万円未満の出金には手数料2,500円がかかりますが、もしそれ以上の手数料が発生している場合、銀行へ問い合わせることが一番正確な情報が手に入ります

基本的には日本の銀行は手数料は40万円以内なら2,500円が、40万円以上なら無料になるはずです。

③最低出金金額はいくらですか?

最低出金金額は、それぞれ以下の通りです。

  • 銀行送金・電信送金(Local Bank Transfer):1万円
  • それ以外(クレカ、電子ウォレットなど):500円

上記の金額以下は出金できません。

【まとめ】XMの出金手数料

XMの出金手数料についてまとめました。

出金方法出金手数料
銀行送金
(Local Bank Transfer)
・40万円未満:2,500円
・40万円以上:無料
クレジットカード・デビットカード無料
Bitwallet・XM→Bitwalletへの出金:無料
・Bitwalle→銀行口座への出金:824円
STICPAY・XM→STICPAYへの出金:無料
・STICPAY→銀行口座への出金:2%+800円
BXONE・XM→BXONEへの出金:無料
・BXONE→銀行口座への出金:1%の手数料が発生(最低2,000円)

XMでは出金拒否もほとんどなく、出金も早めに反映されます。

出金拒否をほとんど、と表現したのは、トレードなどで悪質な操作をするトレーダーなどに対して出金拒否するため、ほとんどと表現しました。

XMの手数料は、海外FXの中でも安い部類です。ぜひ活用してみてください。

xmの出金拒否の対策をしよう
XMで出金拒否は起こりうる。しかしたった5つの対策で起こらない!XMtradingの出金拒否の原因と、その対策をまとめました。しっかりと対策して、XMで出金拒否が起こらないようにトレードや出金を行いましょう。...
この記事を書いた人
   甘エビ太郎  
甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA