海外FX業者の評判・レビュー

HotForexの評判・口座詳細を4つの長所と3つの短所から解説

更新日:

hotforexの口座詳細を4つの長所と3つの短所から解説する

HotForex(ホットフォレックス)の評判

HotForex(ホットフォレックス)は、HF Markets(Europe)Ltd、HF Markets(SV) LtdとHF Markets SA(PTY) Ltdの3社で構成されているHF Marketsグループの統一ブランドです。

金融ライセンスを取得しており、豊富な口座タイプ、最大レバレッジ1000倍、ゼロカット(追証なしサービス)、100%入金ボーナスなどの豊富なキャンペーンが用意されていることから、「安全性」「信頼性」「儲かる取引環境」の三拍子が揃っている海外FX業者の1社であると言えます。

HotForexは、日本ではXM、AXIORYなどよりも知名度は高くありませんが、ヨーロッパや東南アジア地域では知名度が高く、グローバルレベルで人気の高い海外FX業者です。

HotForexはハイレバが魅力的で3種のライセンスをもっているよ

口座開設して取引を始める

金融ライセンス(認可・登録)

HotForexとはHF Marketsグループの統一ブランドであり、以下の金融ライセンスを取得しています。

  • キプロス証券取引委員会(CySEC):企業登録No.277582 / ライセンスNo.183//12
  • セントビンセント・グラナディーン金融庁:企業登録No.22747 / ライセンスNo.2015
  • 南アフリカ金融サービス委員会:金融サービス業登録no.46632

から金融ライセンスの取得及び金融サービス業登録を行っており、金融規制当局の監視監督下で営業しています。
日本...アジア圏の人はセントビンセント及びグレナディーン諸島金融庁のライセンス下にあります。
金融ライセンスに関してはメリットデメリットでも解説していますので参考にしてください。

HotForexをおすすめしたい方

HotForexでFX取引をおすすめしたい方は、以下のような方々です。

  • FXに加え仮想通貨FXや外国債取取引など様々な取引商品を扱いたい方
  • ボーナス・キャンペーン資金を利用したい方
  • 資金をあまり持っていない方(ハイレバを活用できる)

あとはもちろん初心者の人も取引できますが、難しいのはデメリットの③でも紹介する通り、基軸通貨に円がないことです
慣れるまでは計算などが厄介になるかもしれませんが、FXをやるなら自然とドル円などが今何円か気にするようになるので、始めてしまえばなんてことはないでしょう。

HotForexの口座概要をメリット・魅力から解説!

HotForexは、日本で一番評価されているXMに追いつけ追い越せの意識を働かせているFX業者です。
その評判に恥じないよう、様々な魅力やメリットがあります。

「トレード目的別に口座を選べ」たり、「分別管理を徹底」していたりします。
下記の4点について詳しく解説します。

  1. 何回でも貰える入金100%ボーナスなどのキャンペーンが充実!
  2. 業界屈指のレバレッジ最大1000倍、資金効率の高いトレードが可能!
  3. 安心のゼロカット制度が導入されている、証拠金以上の損失が発生しない!
  4. 通貨ペアやFX商品が豊富、仮想通貨など合計120種類から取引可能!

①充実した3種類のボーナスキャンペーン

HotForexはボーナスキャンペーンが非常に充実しています。以下の3種類のボーナスキャンペーンが用意されています。

3種類のボーナスにはそれぞれ特徴や条件などがありますので、別記事にて解説していますので、詳しく見たい方はHotForexのボーナスキャンペーンをご覧ください。

また注意点として、3種類のボーナスのうちもらえるボーナスは1種類だけです。

100%スーパーチャージボーナス

  • ボーナス支給額: 初回入金額の100%(ただし250ドル以上の入金が必要)
  • 上限金額:5万ドル
  • キャッシュバック:1ロットの取引に付き、2ドルが付与
  • 出金可否: キャッシュバックは出金可能(1.5ロット以上/12回以上のトレードが必要)、初回入金ボーナスは不可
  • 対応口座:プレミアム口座

HotForexでボーナスを受け取りたい方は、こちらのボーナスが一番条件も簡単でおすすめです。
ただし、証拠金がなくなると、ボーナスも消滅するので注意が必要です。

100%クレジットボーナス

  • ボーナス支給額:初回入金額の100%
  • 上限金額:3万ドル
  • キャッシュバック:なし
  • 出金可否:可能(ただし出金したい金額 ÷ 2ロット以上の取引が必要)
  • 対応口座:プレミアム口座、マイクロ口座

100%クレジットボーナスは控えめに言っても条件が厳しいです。
また、条件を仮に達成したとしてもその画面のスクリーンショットをサポートセンターに送らないとボーナスが付与されません。

30%レスキューボーナス

  • ボーナス支給額:追加入金額30%
  • 上限金額:7,000ドル
  • キャッシュバック:なし(だが、追加入金上限額の7,000ドルを受け取った後に、ロスカットされた場合追加入金で上限3,000ドルが受け取れる)
  • 出金可否:不可
  • 対応口座:プレミアム口座、マイクロ口座

良い点は証拠金がなくなってもボーナスのみでも取引ができる点です。
ただし”追加”入金の30%なので、たびたび入金する予定がないとあまりメリットを感じられません。

②FX業界でも最高レベルのレバレッジ1,000倍

海外FXではレバレッジが規制されていないので最大1,000倍まで設定可能です。
海外FX業界平均400倍の2倍以上も高いハイレバレッジ取引ができ、国内FXの最大25倍の40倍も資金効率が高くなっています。

HotForexでのレバレッジの倍率は細かく設定することができますので、相場やポジション損益などを考慮しながら状況に相応しい設定が行えるメリットがあります。
ただ単にレバレッジ倍率が高いだけでなく利便性を配慮して、3種類の口座が用意されている点にも好感が持てます。

  • マイクロ口座(STP口座):レバレッジ1,000倍
  • プレミアム口座(STP口座):レバレッジ500倍
  • ZERO口座(ECN口座):レバレッジ500倍

③ロスカットレベル10%という驚異の低さ

レバレッジをそれなりに掛けているとレートの変動いかんによってはロスカットしやすくなるため、ロスカット水準ができるだけ低い取引口座を選ぶとそれだけポジションを持ち続けられます。

HotForexのロスカットレベル(証拠金維持率、ストップアウト水準)は10%~20%とかなり低くなっています
マージンコールも40~50%と低い点には注意が必要です。

  • マイクロ口座(STP):ロスカット10%、マージンコール40%
  • プレミアム口座(STP):ロスカット20%、マージンコール50%
  • ZERO口座(ECN):ロスカット20%、マージンコール50%

もちろん、海外FXなのでゼロカットという追証なしのサービスも当然あります(借金は負わないということ)。

④取扱通貨の豊富さ、仮想通貨も提供している

FX(フォレックス)通貨ペアは49種類が、金属・エネルギーは9種類、インデックスは22種類、株式は56種類、コモディティは7種類、債権は3種類、そして仮想通貨は8種類の、合計120種類が取引できます。

HotForexでは以下の仮想通貨のFX取引が行えます。

  • BTCUSD(ビットコイン/米ドル)
  • BTCEUR(ビットコイン/ユーロ)
  • ETHUSD(イーサリアム/米ドル)
  • ETHEUR(イーサリアム/ユーロ)
  • LTCUSD(ライトコイン/米ドル)
  • LTCEUR(ライトコイン/ユーロ)
  • DSHUSD(ダッシュ/米ドル)

ちょっとした短所2つ、デメリット1つ

HotForexのデメリットですが、以下の3点が他FX業者と比べると短所と言えるかという程度です。
正直デメリットと正直言えないものもありますが、「少し悪いかな?」という観点で見てもらえると役に立つかと思います。

  1. 短所:手数料が高め
  2. 短所:金融ライセンスの信用性が低い
  3. デメリット:基軸通貨に日本円がない

①スプレッドと取引手数料

HotForex(ホットフォレックス)のZERO口座(ECN口座)のスプレッドは他FX業界水準よりも低めですが、手数料が往復で6ドル~8ドルもかかるため、他のFX業者の手数料も含めたスプレッドと比べると、あまり利点とはいえません。
短所というほどでもないですが、デメリットの欄に含めたのはそのような理由からです。

下記の表はスプレッドの平均値です。ゼロ口座のカッコ内は、取引手数料込みのスプレッドです。

※ゼロ口座の取引手数料(1ロット/往復)は、通貨ペアで異なります。
6ドル(0.6pips):米ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/米ドル 、ユーロ/円 、英ポンド/円 、英ポンド/米ドル 、米ドル/スイスフラン
8ドル(0.8pips):上記以外の通貨ペア

通貨ペア マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロ口座
ドル/円 0.9 0.9  0.2
(0.8)
ユーロ/円 1.6 1.6  0.8
(1.4)
英ポンド/円 2.3 2.3 1.4
(2.0)
豪ドル/円 2.0 2.0 1.0
(1.6)
カナダドル/円 2.1 2.1 0.9
(1.5)
ユーロ/米ドル 1.1 1.1 0.1
(0.7)
豪ドル/米ドル 1.9 1.9 0.8
(1.6)

②金融ライセンス

HF Marketsグループは以下の金融ライセンスを取得しています。

  • HF Markets(Europe):キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • HF Markets(SV):セントビンセント・グレナディーン金融庁
  • HF Markets SA(PTY) Ltd:南アフリカ金融サービス委員会からの金融サービスプロバイダー

現在、日本市場の顧客はHF Markets(SV)での口座開設となっており、キプロス証券委員会ライセンス下の投資家補償基金(ICF)による補償は受けられません。

ですが賠償責任へ加盟しており、500万ユーロ(約7億円)を上限とする賠償保険が適用されることになっています。
しかし仮にHotForexが破綻などしたら、トレーダー全員に7億円が分配される仕組みなので、正直少し物足りなさを感じます。

詳細は公式HPのこちらをチェック!
英語ですが、賠償保険のライセンスはこちらをクリックすると表示されます。

だが、金融サービス業者としてグローバルレベルで高く評価されているのも事実

デメリットとして述べましたが、HotForexグループ会社全体で見たときに、高く評価されているのもまた事実です。

過去数々の受賞歴がありますが、HotForexグループは、2013年度にWorld Finance 100に選出されており、この年には日本からはみずほフィナンシャルグループが、クレディスイス、アップル、グーグル、IBMなどのそうそうたるグローバル企業と肩を並べて世界を代表する100社の内の1社に選出された実績があります(なお、2017年度には日本で最も人気が高いXM(エックスエム)が選出されています)。

海外FX業者 HotForex World Finance 100に選出されています。

受賞履歴はHotForexの公式ホームページのこちらをクリックすると閲覧できます!

キプロス証券取引委員会(CySEC)からの金融ライセンスはどうなのか?

HotForex キプロス金融ライセンス

上記の画像がキプロス証券取引委員会(CySEC)からの金融ライセンスを取得している証明です。

英語ですが、しっかりキプロスライセンスを取得していることが明記してありますので、HF Marketsのヨーロッパ圏の人は安全が保証されています。
同時にHotForexグループ全体の、ひいては会社全体の評価も上がります。

キプロスライセンスとは?

キプロスライセンスは厳しい審査があり、そのライセンスを取るだけでもかなりの準備が必要なためそれだけ非常に高い信頼度を誇ります。

セントビンセント・グラナディーン金融庁からの金融ライセンス

海外FX業者 HotForex 金融ライセンス セントビンセントグラナディーン金融庁

上記の金融ライセンスが、セントビンセント及びグレナディーン諸島金融庁からの金融ライセンスになります。

こちらは正直、キプロスほど厳しい審査があるわけではなく、実質これがあるからといって安全性が保証されるものではありません!

そしてそんなセントビンセント・グレナディーンライセンス下にあるのが日本なのですが、それにはわけがあります。

日本がなぜS.B金融ライセンス下なのか?

実は以前までは日本顧客も以前はキプロスライセンスの管理下でした。

ですが日本の金融庁が、キプロス証券取引委員会に圧力をかけたために、キプロスライセンス管理下のもとでは日本人に対して取引ができなくなってしまいました。

ですので、HotForexはセントビンセント・グレナディーン金融ライセンスを取得して、日本人顧客もトレードできるようにしたのです。

これはXMも同じで、もともとXMもキプロスライセンス管理下でしたが、今は日本人顧客はセーシェルライセンスの管理下のもとで取引されています。
(セーシェルも金融ライセンスのゆるい国というレッテルが貼られているのが事実ですが、XMTradingで不正な出金拒否があったという話は聞きません)

XMの出金拒否対策記事はこちらです。

HotForexの投資家資産管理方法(分別管理&賠償責任保険)

HotForexも金融ライセンスを取得している海外FX業者であるため、金融ライセンスで規定されている分別管理の履行義務に従っており、運用益を含む投資家の資産をHotForexの事業用資産から完全分離させています。

ヨーロッパ地域在住の方でHF Markets(Eurpoe)の取引口座をお持ちの場合は投資家補償基金により最大2万ユーロまでの顧客資金が補償・保護されます。

日本在住の方はHF Markets(SV)でのお取引きとなるため500万ユーロまでの賠償責任保険が適用されます。

ですが上記でも述べました通り、500万ユーロ(約7億円)ではすべての顧客に対応できるのか不安が残ります。

③基軸通貨に日本円がない

日本人トレーダーが利用するにあたって致命的なのは円による基軸通貨で取引できないことです。

取引口座の基軸通貨はUSD(ドル)建て口座か、EUR(ユーロ)建て口座しか選択できません。

入出金の際には為替相場レートの変動によって、利益が変わってくるので注意が必要です。
(入出金の際にもFXしてるみたいなイメージです。)

HotForexの詳細まとめと管理人総括

HotForexは高いレバレッジが魅力ですが、それだけではないことがわかってもらえたかと思います。

基軸通貨に日本円がないことは痛手ですが、ハイレバを経験したい人にもってこいのFX業者となっています。

管理人の私も1000倍で試しに遊び感覚でやってみたこともありますが、10万円があっという間に倍になりました。
しかし少しのミスで、同じようにあっという間に資金が溶けてしまいました。

FXはギャンブルではなく資産運用ですが、たまにはこのような遊びも悪くはないかもですよ。

もちろん、ちゃんと資産運用がしたい人も、レバレッジを1倍から選べますので安心してください。

HotForexは遊び感覚でもハイレバ投資が試せる、しかも成功すればかなり儲かる

口座開設して取引を始める

HotForexの口座概要
取引システム MT4、MT5
(ダウンロード版、ウェブ版、マルチターミナル、iPhone、iPad、Android)
口座タイプ マイクロ(STP)、プレミアム(STP)、ゼロスプレッド口座(ECN)
口座基軸通貨 米ドル、ユーロ(※注意:日本円がない)
FX通貨ペア数 49通貨ペア
CFD銘柄数(インデックス商品) 22銘柄
仮想通貨FX 通貨ペア数 8ペア
株価指数銘柄数 56銘柄
外国債権 3銘柄
初回最低入金額 マイクロ口座(STP口座):5ドル
プレミアム口座(STP口座):100ドル
ゼロスプレッド口座(ECN口座):200ドル
取引通貨単位/最小取引単位 100,000通貨/1,000通貨(0.01ロット)
最大レバレッジ マイクロ口座(STP口座):1,000倍
プレミアム口座(STP口座):500倍
ゼロスプレッド口座(ECN口座):500倍
ゼロカット 完全導入=追証なし
ECN口座取引手数料(1ロット/往復) ゼロ口座
6ドル:米ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/米ドル 、ユーロ/円 、英ポンド/円 、英ポンド/米ドル 、米ドル/スイスフラン
8ドル:上記以外の通貨ペア
取引時間 (日本時間)
夏時間:月曜日 06:00~土曜日 05:59
冬時間:月曜日 07:00~土曜日 06:59
ロールオーバー時間 (日本時間)
夏時間:09:00
冬時間:09:00
両建て取引 可能
スキャルピング 可能
マージンコール
(証拠金維持率)
マイクロ口座(STP口座):40%
プレミアム口座(STP口座):50%
ゼロスプレッド口座(ECN口座):50%
ロスカット マイクロ口座(STP口座):10%
プレミアム口座(STP口座):20%
ゼロスプレッド口座(ECN口座):20%
システムトレード 可能(専用口座もあり、当サイトでは紹介していません)
入金方法 クレジットカード・デビットカード、電子決済サービス(bitpay、bitwallet)
入金手数料 HotForexが負担、円建てクレジットカードの場合、為替手数料がかかります。
入金反映時間 即時~30分ほど
出金方法 クレジットカード・デビットカード、電子決済サービス(bitpay、bitwallet)
出金手数料 HotForexが負担、円建てクレジットカードの場合、為替手数料がかかります。
出金反映時間 クレジットカード・デビットカード:着金まで5日~2週間
ビットコイン(bitpay):着金まで1~3営業日
Bitwallet:30分ほど
日本語サポート有無 日本語+英語など26言語に対応
日本人スタッフ 1名(日本語の堪能なスタッフ複数在籍)
取引システム 完全日本語対応済み
カスタマーサポート方法 日本語メールサポート:support@hotforex.com
日本語ライブチャットあり
日本語電話サポート:+442033185975
顧客の資金管理体制 完全分別管理:金融ライセンスによる履行義務
(信託保全:投資家補償基金(ICF)に加盟、投資家資産最大2万ユーロ(約250万円))日本対象外
賠償責任保険加盟:最大500万ユーロまでカバー

HotForexの会社概要

HotForexの会社の概要

HotForex(ホットフォレックス)の会社概要は以下の通りになります。

メリットデメリットなどは、下記でHotForexの口座概要(入金出金など)を解説した後に説明しています。

会社名称 HF Markets(SV) Ltd
本社所在地 Suite 305, Griffith Corporate Centre, P.O Box 1510, Beachmont Kingstown St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンス ・セントビンセント・グレナディーン金融庁
・キプロス証券取引委員会(CySEC)
・南アフリカ金融サービス委員会
事業開始年 2010年

3つ口座概要

HotForex(ホットフォレックス)の口座は以下の3種類となっております。
いずれも最小取引単位は1,000通貨(0.01ロット)です。
最大取引単位はマイクロ口座は7ロット、プレミアムとZERO口座は60ロットです。

  • マイクロ口座(STP口座): 初回最低入金額5ドル、最大レバレッジ1,000倍
  • プレミアム口座(STP口座): 初回最低入金額100ドル、最大レバレッジ500倍
  • ゼロスプレッド口座(ECN口座): 初回最低入金額200ドル、最大レバレッジ500倍

3つの口座の詳細を先に見たい方はこちら!(下記の口座詳細にジャンプします)

最小取引単位と最低入金額

最小取引単位は最小で10通貨から、最低入金額は5ドルからなので、初心者や資金が少ない人でも安心して始めることが可能です。

また、ハイレバレッジを活用すれば少ない資金であってもかなり大きな取引が可能です。

ただし、むやみに活用するのは止めましょう、ロスカット~資金ポジションの悪化の原因となり得ます。

マイクロ口座(STP口座)

  • 最小取引単位:1,000通貨(0.01lot)
  • 最低入金額:5ドル

プレミアム口座(STP口座)

  • 最小取引単位:1,000通貨(0.01lot)
  • 最低入金額:100ドル

ZERO口座(ECN口座)

  • 最小取引単位:1,000通貨(0.01lot)
  • 最低入金額:200ドル

HotForexの入出金方法

HotForexの入出金方法

入金方法

HotForexでは以下の方法でお客様の取引口座へ入金できます。

  • クレジットカード/デビットカード:Visa、Mastecard
  • オンライン決済方法:ビットコイン(bitpay)、ビットコインキャッシュ(bitpay)、bitwllet

入金手数料はHotForexが負担しますが、円建てクレジットカードの場合は利用時に為替手数料が発生します。

ですが、海外銀行送金では銀行側が決済手数料を課しますが、その場合銀行送金の控えのコピーをとってHotForexのサポートセンターに連絡するとその分の手数料を返金してもらえます。
海外FXですと大概「手数料無料」と謳っていながら、実質この銀行経由の手数料等がかかっていますが、HotForexはその手数料もカバーしてくれるので、かなりコストパフォーマンスが良いです。

ただし注意点として、HotForexは公式ホームページで以下のようにも述べている通り、クレカなどで入金する際は手数料がかかります。

HotForexのコントロールできない部分でクレジットカード会社そして/または仲介銀行は決済手数料を課す可能性があります。

つまり、クレジットカード、デビットカード、仮想通貨のウォレット、Bitwalletでしか入金できない日本では「普通に銀行経由の手数料がかかります」

クレジットカードからの入金はHotForexのmyWalletに行われますので、資金を取引口座に移動するためにはmyWalletから内部口座間振替(Internal Transfer)を行いましょう。

クレジットカード/デビットカードでの入金は即時~10分程度で反映されます。ビットコインでの入金は10分程度で入金が反映されます。

入金はビットウォレット以外は5ドル~10,000ドル(Mastercardクレジットは7,500ドル)まで1度に入金できます。

なお、ビットウォレットは、1000円~5,000万円まで一度に入金できます。

出金方法

取引口座からの出金は以下の出金方法を利用できます。出金手数料はHotForexが負担します。

  • クレジットカード/デビットカード:Visa、Mastecard
  • オンライン決済方法:ビットコイン(bitpay)、bitwllet

入金と同じく取引口座内の利益部分を出金する場合は、一旦HotForexのmyWalletに資金移動してから外部のWalletに資金を送金します。

なお、クレジットカードで入金した場合、出金できるのはそのクレジットカードの限度額までとなります。

出金処理のタイミング

クレジットカード/デビットカードの着金までの速さは2~10営業日です。ビットコインのbitpay1~3営業日です。

午前10時(サーバー時間)前に提出された出金依頼は、同一営業日の午前7時~午後5時(サーバー時間)に処理されます。

午前10時(サーバー時間)以降に提出された出金依頼は、翌営業日の午前7時~午後5時(サーバー時間)に処理されます。

出金処理後の着金のタイミング

クレジットカード/デビットカードによる出金は、着金まで5日~2週間程度かかります。ビットコインによる出金は1~3営業日で着金します。

オンライン決済サービスのBitwalletは、即時です(管理人が実行したときは約20分で出金完了)。

  • この記事を書いた人

FXexpertner管理人

学生時代からFXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくった。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-海外FX業者の評判・レビュー
-, ,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.