海外FX業者の評判・レビュー

TitanFXの評判・口座情報を6つの長所と2つの短所から紹介!

更新日:

TitanFX

TitanFX(タイタンFX)の評判や、会社概要、口座についてなどをメリットデメリット(長所短所)を公開します。

管理人が実際に運用してみた実体験とともに様々な情報を公開し、レビューしていますので、

これからTitanFXでFXをやろう」と思っている人や、
TitanFXってどんな海外FX業者なの?

と疑問に思っている人はぜひ参考にしてください!

TitanFX(タイタンFX)の評判

TitanFXは、2014年に設立されたニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)から金融サービス業の許認可を得ている海外FX業者です。業界トップ水準のスプレッドと優れた約定力で高評価を得て日本でも人気が高くなってきています。

トレーダーの預託資金はナショナルオーストラリア銀行の信託口座に完全分離/信託保全されており、顧客資産は全額保護されているので安心して利用できるおすすめの海外FX業者です。

また、肝心な日本語サポートも日本人が複数名在籍しているため対応が迅速かつ丁寧です。

TitanFXは海外FX業者のエース、新しいながらも定評がある!

口座開設して取引を始める

TitanFX(タイタンFX)をおすすめしたい方

TitanFXは初心者の人も始められるような設計になっています。また、下記の方にTitanFXはお勧めします。

  • スキャルピング重視、トレード量が多く、ECN口座のスプレッドと取引手数料の安さを重視する方
  • 約定力を重視される方
  • 信託保全により、資金が全額保護されることを重視される方

TitanFXの6つのメリット・長所

TitanFXのメリットは何といっても、世界トップレベルのNAB(ナショナルオーストラリア銀行)の信託口座で完全分離管理していることです。
つまり、顧客の資金は徹底的に守られてるといっても過言ではないでしょう。

スキャルピング重視の人も安心してトレードできる点なども大きな長所です。
さらに両建ても認めているため、かなりトレード環境を整えているFX業者だといえます。

  1. ハイレバッジ500倍の優良性
  2. ロスカット20%以下、ハイレバとの相性が抜群に良い
  3. ゼロカットはもちろんあり!借金なしのシステム完備
  4. 50社以上のLPとの提携があり最良のレートを確保しているため約定力が高く、約定拒否(リクオート)が一切ない
  5. ECN口座の主要通貨ペアのスプレッド0.1pips~(米ドル/円0.1pips~)は業界トップレベル、手数料も低い
  6. 日本語サポートも充実している。ライブチャットができる

①ハイレバレッジ500倍。細かい設定も可能!

TitanFXの最大レバレッジは500倍です。

海外FX業界平均が400倍~500倍ですので標準レベルですが、国内FXの25倍と比較するとかなり自由な倍率設定が可能です。

スタンダード口座(STP)、ブレード口座(ECN)ともに最大レバレッジ500倍です。

レバレッジ倍率は、1:1、1:25、1:50、 1:100、1:200、1:300、1:400、1:500から選ぶことができます。

②ロスカット水準(証拠金維持率)も低め。ハイレバと相性ばっちり!

上記のとおり最大レバレッジ500倍までの取引が行える分ロスカットレベルができるだけ低い方が安全であり、TitanFXの証拠金維持率は20%と低くロスカットしにくい方だと言えます。

  • スタンダード口座(STP):ロスカット20%以下、マージンコール90%以下
  • ブレード口座(ECN):ロスカット20%以下、マージンコール90%以下

③ゼロカットで追証なし!証拠金以上の損失はない

ゼロカットとは海外FXならではのサービスであり、証拠金以上の損失が発生しても追証を負担しなくても済むものです。

TitanFXにもゼロカットは導入されており、どんなに大きな損失が発生しても証拠金以上の損失を負担することはありません。

特に、大きな相場急変などでロスカットが間に合わない(発動しない)時に証拠金以上の損失が発生しても、最大損失は入金した証拠金だけとなるので安心してトレードができます。

④約定力の高速化に成功。99.7%の驚異の執行率

TitanFXは、大手金融機関などの50社以上の銀行およびリクイディティ(流動性)プロバイダーとの提携があり最良のレートを確保しています。

さらに金融インフラ世界最大手の「EQUINIX社(エクイニクス社)」の北米・アジア・シンガポールの、金融データセンター内にECN/STPテクノロジーのサーバーが配置されており、高速約定を実現しています。

その注文執行率は驚異の99.7%で、オフクオート{約定拒否されて注文が通らないこと}はほとんど起こりません。

口座タイプ 約定スピード
(平均)
約定スピード
(最速)
注文執行率
スタンダード口座
(STP口座)
0.450秒 0266秒 99.7%
ブレード 口座
(ECN口座)
0.450秒 0.266秒 99.7%

⑤スプレッドと取引手数料の安さ!業界最高の水準

TitanFXのスプレッドは業界最高水準の狭さを誇っています。

ブレード口座(ECN口座)は業界最高水準の狭さであり、取引手数料の安さも業界最高水準であることから、スキャルピングに幅広いトレードに向いています。

特に取引量が多いトレーダーに最適です。

スタンダード口座(STP口座)は業界標準よりも若干安い程度です。

※印:ブレード口座のカッコ内は、往復の取引手数料込みのスプレッド。

通貨ペア/口座 スタンダード口座
(最小)
スタンダード口座
(平均)
ブレード口座
(最小)
ブレード口座
(平均)※
取引手数料 無料  7.0ドル
(片道3.5ドル)
ドル/円 1.00  1.30 0.10 0.35(1.0)
ユーロ/円 1.00  1.60 0.10 0.70(1.4)
英ポンド/円 1.00 2.40 0.20 1.50(2.2)
豪ドル/円 1.20 2.00 0.20 1.10(1.8)
カナダドル/円 1.20 2.00 0.20 1.10(1.8)
ユーロ/米ドル 0.50 1.30 0.10 0.20(1.1)
豪ドル/米ドル 1.10 1.50 0.10 0.50(1.3)

スタンダード口座のリアルタイムスプレッド

「!」がスプレッドになります。

TitanFX リアルタイムスプレッド スタンダード口座

ブレード口座のリアルタイムスプレッド

「!」がスプレッドになります。

⑥日本語サポート充実、ライブチャットが超便利

TitanFXでは複数名の日本人スタッフが、平日月曜日~金曜日まで24時間体制でカスタマーサポートに当たっています。

日本人
スタッフ数
日本語サポート方法 サポート日時 アクセス方法
10名  日本語ライブチャット  月曜日~金曜日、営業時間9~18時  ライブチャットシステム
 Eメール  お問合せから24時間以内に対応  support.jp@titanfx.com
 FAX  お問合せから24時間以内に対応  電話(日本語)+64 9 951 5711

特に困ったときはライブチャットシステムが物凄く便利です。

メールアドレスや名前などを打ち込んだあとはほとんどリアルタイムで返答があるので、わからないこともすぐに対応してもらえます。

公式HPでは24時間対応となっていますが、最近は営業時間中のみとなっているようですのでそこだけ注意が必要です。

もし営業時間外に問い合わせたい場合はメールで対応を待つのが無難でしょう。

TitanFXの2つのデメリット・短所

TitanFXのデメリットは2つあります。

しかし金融ライセンスをわざわざ緩い国のライセンスを取っているのには訳があり、これはXMTadingなどでも言えることです。
詳しくは下記にて詳しく説明しています。

  1. 金融ライセンスの取得条件が緩い国のライセンス
  2. ボーナス・キャンペーンはなし

①金融ライセンスはあるが、規制が緩い国のライセンス

TitanFXは、以下のようにニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)から許認可登録を得ています。

ライセンス取得日: 2014年7月22日
ライセンス登録ナンバー: FSP388647

TitanFX(タイタンFX)ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)金融ライセンス

しかし、日本人はバヌアツ共和国のバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の金融ライセンス下にあります。

このバヌアツ共和国のVFSC金融ライセンスはライセンス規制が緩く、取得条件も難しくなく、ライセンスの経歴だけですと信頼できる業者とは正直言い難いです。

ライセンス取得日:2018年6月21日
ライセンス取得ナンバー:40313

なお、下の画像バヌアツライセンスには2017年5月18日と記載されていますが、これはTI Securities Limitedの設立日であり、2018年12月6日にバヌアツの金融ライセンスを認可されています。
公式サイトのVFSCサイトには登録日2018年12月6日は、TI Securities Limitedのバヌアツの現地法人としての登録日となります。

TitanFX バヌアツ共和国ライセンスVFSC

規制の緩いバヌアツのライセンスを取った経緯

TitanFXはもともと別の名前のブローカーで、オーストラリアのラインセンスを所有して日本向けに運営していました。

ところが、日本の金融庁からオーストラリアの金融庁に日本人向けサービスを提供しているブローカーに業務の停止を訴えかけられ、日本市場を撤退することになってしまったのです。

そこでTitanFXは日本人向けのFX取引中止を避けるために、比較的規制のゆるいライセンスを取得しました。

この流れは海外FX業界全体で起こっています。
XM・HotForexも同様で、それぞれ規制のゆるいセーシェルやセントビンセントグレナディーンにてライセンスを取得しています。

もちろんバヌアツ共和国ライセンスだからといってTitanFXに出金拒否や利益没収などのうわさはありません。

しかし、分別管理はしっかりとしている!安心して取引できる事実

TitanFXのライセンス取得国の、ニュージーランド及びバヌアツには信託銀行の制度はありません。

ですので、顧客の資産は全額NAB銀行(ナショナルオーストラリア銀行)にて管理されています

顧客の資金は、TitanFXの経営資金とは完全に独立した別の口座で全額保管されています。

TitanFXは「完全分別管理」をポリシーにしているため、顧客からお預かりした資金は常に顧客信託口座に現金で保管されています。
同ポリシーにより、顧客の資金がTitanFXの運営資金として使用されることはありません。

またTitanFXで預かっている顧客資金は、口座残高だけではなく含み益も合わせて分別管理されているので、安心して取引できます。

資金管理に関してはニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)からの許認可の規定に則り分別管理を行っており、トレーダーから預託されている資金はNAB(ナショナル・オーストラリア銀行)の信託口座に完全分離管理されているので資産リスクが少ないといえます。

口座タイプ 信託保全 信託口座
スタンダード口座
(STP口座)
あり ナショナル・オーストラリア銀行
ブレード口座
(ECN口座)
あり

ナショナルオーストラリア銀行とは、オーストラリアの市中銀行で、国内最大の資産を持つ金融銀行です。
オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、ヨーロッパで営業を行っています。
1893年から存在しており、かなり古い歴史のある銀行で、日本の大手銀行よりもさらに資金力のある銀行といえます。
日本にも東京と大阪に支店があり、東京に事務所が設置されていたのは1946年のことです。その事務所がのちに東京支店となりました。

経歴からもわかる通り、かなり大きく歴史のある銀行だといえます。

②ボーナス/キャンペーンはありません。低スプレッドのため資金をさけない

TitanFXはボーナスには積極的ではありません。

ボーナスキャンペーンがない代わりに、低スプレッドに優れています。

TitanFXはNDD方式のためスプレッドの収入のみを企業の利益としています。
そのため、低スプレッドにするということはそれだけ資金を割いているということで、ボーナスキャンペーンまでできないのです。

このことから、TitanFXは約定力にも定評があることから、ボーナスキャンペーンのないスキャルピング重視の海外FX口座と言えます。

TitanFXを管理人が使ってみての感想、総括

TitanFXはこれという悪いものがなく、業界のエースと言っても過言ではないです。

今は海外FX業者はXMが代名詞的な立場ですが、いずれTitanFXもそこに名をあげるでしょう。

管理人がTitanFXでやってみた経緯は、実は粗探しでした。
悪いところを聞かないので、悪い部分を見つけてやろうと斜に構えて取引を始めてみたのですが、良い意味で裏切られました。

大きな額を入金、出金しても即座に対応してくれましたし、なによりしっかりとした信託保全がかなりいいなと思いました。

今でもXMとAXIORYとを併用して使用しているくらいのファンになっています。

TitanFXは通貨ペア数も多いので楽しく取引できる

口座開設して取引を始める

TitanFXの口座概要
口座詳細項目 スタンダード口座 ブレード口座
注文方法
(STP/ECN/NDD)
STP/NDD ECN/NDD
取引手数料
(ロット、米ドル)
なし 3.5ドル(往復7.0ドル)
円口座 あり あり
取引商品
(FX、CFD等)
FX通貨ペア:70種類
現物株価指数CFD:10銘柄
商品CFD(貴金属):金、銀、プラチナ、パラジウム
原油CFD:2銘柄
最大レバレッジ 500倍 500倍
レバレッジ設定単位 小刻み設定可能
1:1、1:25、1:50、 1:100、
1:200、1:300、1:400、1:500
小刻み設定可能
1:1、1:25、1:50、 1:100、
1:200、1:300、1:400、1:500
両建て取引 OK OK
スキャルピング OK OK
最低入金額 200ドル~
最小取引単位
(ロット/通貨)
 0.01ロット(1,000通貨)
 約定スピード
(平均/最速)
 0.405秒 / 0.266秒
 注文執行率
(1秒以内%)
99.7%
 デモ口座 あり
 取引プラットフォーム
(日本語/モバイル)
MT4(メタトレーダー4)、MT4ウェブトレーダー、Zulutrade
Windows版、Mac版、スマホに対応
日本語対応:完全対応OK
モバイル対応:iPhone、Android、iPad
 追証負担 追証は発生しない
ゼロカットにより証拠金残高を越える損失は免除されます
マージンコール
(維持率%)
証拠金維持率が90%を下回ると通知
ロスカット(ストップアウト)
(維持率%)
証拠金維持率が20%を下回ると発動
取引時間(日本時間) <FX取引>
夏時間:(月曜日)午前6:04~(土曜日)午前5:58
冬時間:(月曜日)午前7:04~(土曜日)午前6:58
<CFD取引>
各種現物株価指数CFD、現物商品CFD
ロールオーバー(日本時間) 夏時間:午前6:00
冬時間:午前7:00 MT4:0:00
日本語サポート
日本人スタッフ数
複数名
日本語サポート方法 ライブチャット、Eメール、ファックス
ライブチャット
(サポート)
平日/日本時間10:00~21:00まで日本人スタッフが対応
Eメール(サポート) support.jp@titanfx.com
平日、問合せから24時間以内日本人スタッフ対応
ファックス(サポート)   (03)6735-7063
平日、問合せから24時間以内日本人スタッフ対応
入金方法 ・クレジットカード/デビットカード(VISA, Mastercardなど)
・海外銀行送金
・国内銀行振込(三井住友銀行)
・オンライン決済サービス
入金手数料 ・海外銀行送金入金での中継銀行手数料・送金手数料はお客様のご負担
・国内銀行振込入金では50,000円未満の場合1,000円の手数料がかかります
・オンラインウォレット、オンライン決済サービスには別途手数料がかかります
入金反映時間 ・クレジットカード/デビットカード→即時
・国内銀行振込→土日祝日を除く、30分~1時間程度
・海外銀行送金→着金と同時(通常2~3営業日)
・ネット決済サービス→即時
出金方法 ・クレジットカード/デビットカード
・海外銀行送金
・オンライン決済サービス
出金時間日数 ・クレジットカード/デビットカード→24時間以内
・海外送金→1営業日以内(銀行次第で3日~2週間)
・オンライン決済サービス→24時間以内
出金手数料 ・海外銀行送金では約1,700円(20豪ドル)の出金手数料がかかります、また、出金送金先の銀行によっては、銀行の受取手数料、中継銀行の手数料が発生することがあります
・Skrill/NETELLERのみ、出金額の3.75%の手数料がかかります
顧客の資金管理体制
(信託保全、分別管理)
・完全分別管理:許認可による履行義務
顧客資金管理先銀行口座  NAB(ナショナル・オーストラリア銀行)の信託口座において信託保全

TitanFXの簡単な会社概要

TitanFXの会社概要

TitanFXの会社概要は以下の通りです。

ライセンス状況は現在日本トレーダーはバヌアツ共和国ライセンス管理下にあります。

良質なトレード環境の提供に力を入れており、TitanFXのECN/STPテクノロジーは、金融インフラ世界最大手「エクイニクス社(EQUINIX)」のEquinix NY4ファイナンシャルデータセンター内(ニューヨーク)に配置されていることと、多数の銀行及びリクイディティ(流動性)プロバイダーとの強固なネットワークによってミリ秒単位の約定スピードを実現しており約定力は非常に優れています。

50社以上のリクイディティ(流動性)プロバイダーとの提携によって最良のレートを確保できるので、ブレード口座(ECN口座)の米ドル/円などの主要通貨ペアのスプレッドは0.1銭の最狭水準であり、ECN口座の取引手数料も片道3.5ドルと業界でもトップレベルの安さです。スタンダード口座(STP口座)の主要通貨ペアは1.0銭程度であり業界標準レベルよりも狭いです。

会社名称 Titan FX Ltd.
本社所在地 Level 4, 288 Queen Street Auckland 1010 New Zealand(ニュージーランド、オークランド)
事業開始年 2014年
金融ライセンス機関 ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)登録番号:388647
バヌアツ金融サービス委員会(VFSC) 登録番号:40313
金融ライセンス取得日 2014年7月22日
2017年5月18日

TitanFXの2種類の口座

TitanFXの2種類の口座概要

TitanFX(タイタンFX)の口座は以下の2種類となっています。
いずれも最小取引単位は1,000通貨(0.01ロット)~、初回最低入金額 200ドル~、最大レバレッジ500倍ロスカット水準20%となっています。

  • スタンダード口座(STP口座)
  • ブレード口座(ECN口座)

最小取引単位と最低入金額、2万円から投資をスタートできる

スタンダード口座(STP)、ブレード口座(ECN)ともに、最小取引単位は1,000通貨(0.01ロット、1ロット=10万通貨)からトレード可能となっています。

どちらの口座も、最低入金額200ドル(約2万円)なので大きな資金負担がなくトレードを始めることもできます。

最大レバレッジ500倍まで活用できるので、資金が少ない人であっても大きな取引を行うことが可能です(仮に2万円を証拠金としてトレードする場合は約1,000万円までの取引を行うことが可能)。

取引システム(プラットフォーム)の対応機種は網羅している

メタトレーダー4(MT4)、MT4ウェブトレーダー、Zulu Trade社のソーシャル/シグナルトレードを無料で利用できます。ウィンドウズ、マック、スマートフォンに対応しており、ウェブ上で利用できるウェブトレーダーも用意されています。

ZuluTrade社は米国で商品先物取引委員会、全米先物協会のメンバーとして、日本国内でも日本の投資助言・代理業者として登録されているマーケットクルー投資顧問株式会社を子会社化しZuluTrade Japan株式会社として日本で正式にサービスを行っています。

  • スタンダード、ブレード口座ともに、Mac・Windows・iPhone・Android・iPadに対応している。
  • MT4、MT5、ZuluTradeを使用できる。

入出金方法

TitanFXの入出金方法

入金方法

TitanFX 入金

TitanFXでは、以下の方法で入金することができます。

入金手数料はTitanFXが負担します。
しかし、海外送金に伴う銀行手数料はお客様負担となります。
つまり送金元銀行および送金先銀行により海外送金手数料が発生する可能性があり、そこはTitanFXは負担しません。

  • クレジットカード/デビットカード:Visa、Master
  • NETELLER(日本対象外)
  • SKRILL(日本対象外)

上記の方法で入金できますが、日本人は実質クレジットカード/デビットカードのみとなります。
クレジットカード/デビットカードの手数料はありません。

入金可能通貨および基本通貨は、以下の5通貨です。

  • 米ドル(USD)
  • 豪ドル(AUD)
  • 日本円(JPY)
  • シンガポールドル(SGD)
  • ユーロ(EUR)

出金方法

titanFX 出金方法

TitanFXでは以下の方法で出金することができます。

  • 電信送金出金(銀行送金)
  • Bitwallet
  • クレジット/デビットカード
  • NETELLER(日本対象外)
  • SKRILL(日本対象外)

電信送金出金は手数料が20AUD(約1500円)相当額が受け取り銀行及び仲介銀行で発生します。さらに着金まで2~5日かかるのであまりおすすめできません。
Bitwalletは手数料はなく、着金までは30分ほどで反映されます。
クレジットカード/デビットカードは手数料は無料で、着金は処理後即時反映されます。
ほかのNETELLER、SKRILLは手数料が出金額の3.75%かかり、着金までの日数は、処理後即時反映されます。

なお、出金には以下のようなルールが存在します。

出金ルール

titanFX 出金ルール

上記の画像からもわかる通り、出金のルールは入金した方法で変わります。

クレジットカード/デビットカード、またはNETELLER/SKRILLで入金した場合(日本ではクレジットカード/デビットカードしかないため必然的に当てはまります)には、

  • まずは入金金額までは入金方法と同じ方法で出金します。(クレカなどで入金しますと、出金もまずはクレカなどへ出金します)
  • 残りの出金額(利益分)はbitwallet、銀行送金などで出金することが認められます。

つまり、カード入金で入金した場合は、まずは先に入金した分をカードへ戻す必要があるのです。
そうして、その後にBitwalletや銀行送金など別の方法で出金します。
なお、カードではカード残高以上の出金はできないので、Bitwalletなどに出金するのです。

  • この記事を書いた人

FXexpertner管理人

学生時代からFXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくった。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-海外FX業者の評判・レビュー
-, , ,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.