AXIORY(アキシオリー)

AXIORY、Bitwalletでの入金出金サービス停止!今後の信頼性は?【追記あり】

更新日:

アキシオリーとビットウォレット

2019年2月11日、bitwallet(ビットウォレット)は、海外FX業者で有名なAXIORYとの契約を解除するという旨の情報を発表しました。

それに伴い、Axiory Globe社(Belize)は、2018年12月にこれまでのメインバンクであったSparkasseから銀行停止処分を受けたという情報とともに、BitwalletはAXIORYへの決済及びウォレットの提供を2019年2月28日をもって中止すると発表しました。

以下からAXIORYの見解とともに、両者の対応を詳しく見ていきましょう。

※追記内容としては......AXIORYは対応も良く、その後の日本人スタッフをさらに増やすなどの対策も早くにしていたため現在は問題はないと判断しました。その詳しい内容も下記で項目ごとに加えています。

海外FXの入金出金ウォレット、「Bitwallet」の"注意喚起"とは?内容を全公開!

以下は2019年2月11日にBitwallet(ビットウォレット)が利用者に対して提供した情報であり、メールにて配信されました。
また、公式ホームページでも公開しています。
※現在はbitwallet公式ホームページの記事は消えています。やはりbitwallet側に非があったのではと思います(下記追記参照)。

以下は当時の公式ホームページの引用です。

日頃より、bitwalletをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、当社は、2019年2月28日 24:00(シンガポール時間)を以て、Axiory Global社(Belize)への、決済及びウォレットの提供を全面的に中止いたします。同社は、2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを認識しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。

当社(bitwallet)をご利用になりAxiory社へ入金したお客様は、お客自身の資産保全のため、早急にお引き出しいただく事を強くおすすめいたします。ご利用中のお客様には大変ご迷惑お掛けいたしますが、早期の対応を重ねてお願いいたします。

引き続き、bitwalletへの変わらぬご愛願を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

BitwalletのメールではAXIORYがメインバンクのSparkassから銀行停止処分を受けたことが示唆され、それを理由に全面的にサービスを停止すると報じています。

確かに海外FXのAXIORYは、2018年12月頃から法人口座の開設ができなくなっているなどの懸念材料がありました。
その前兆がやはりきてしまったということでしょうか?

ではFX業者 AXIORYの見解は?

一方、海外FX業者のAXIORYはこのBitwalletの報告に対して「重要なお知らせ」を発表しました。

同じく2019年2月11日のBitwalletのニュースを受けての発表でした。

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
この度、リヒテンシュタイン公国にございますユニオン銀行 (スイス管轄下)、ならびにドバイにございますDoha銀行との提携を開始いたしました。
リヒテンシュタイン公国は、信用格付け会社世界最大手の一つ、スタンダード&プアーズ社の格付けにおいても、最高位のトリプルA「AAA」の評価を受けている国です。

この度のユニオン銀行との提携に伴い、自動ID認証システムJumioを導入する運びとなりました。ご入金額に応じて、順次お客様にご登録の案内を、お送りさせて頂いております。また、お客様への感謝として薄謝ではございますが、ボーナスについてもご案内させていただいておりますので、お受け取りになられましたらぜひご一読いただき、Jumioのご登録をお願いいたします。

(中略)

Bitwallet社との提携の終了につきまして

Bitwallet社からの「AxioryGlobal社との契約解除について」なるニュースレターをお受け取りになり、弊社へもお問い合わせを頂いております。 弊社は、Bitwallet社との業務提携を2019年2月28日をもって終了いたします。

ですが、Bitwallet社によるニュースレターにございます
「2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを確認しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。」つきまして、情報の正確性を欠くものでございます。

昨年末に、Sparkasse銀行がユーロ圏外の金融機関へのサービスの終了したこと(Sparkasse銀行はこの決定を公表しております。)に伴い、業務提携を円滑に終了いたしました。
銀行取引停止処分等は受けておりません。

私たちAxioryは、最も正確な情報を、お客様に最善と判断したタイミングにて提供すべく日々努めております。
また、Axioryは本年、2019年に新時代へと進むべく準備を進めており、近日中にお客様へ公表いたします。

お客様に、お気に召していただけるものと確信しております。

以上のように、Bitwallet側が主張したSparkasseからの銀行取引停止処分を受けたことは情報の正確性を欠くものという一報を出しました。

また、Bitwallet側からSparkasse銀行へのサービスが強制的に終わらせられたということを否定するためと思われる新情報の、リヒテンシュタイン公国にあるスイス管轄下のユニオン銀行と、ドバイにあるDoha銀行との提携を開始したと知らせました。

さらにユニオン銀行の提携に伴って、BitwalletからJumioという自動ID認証システムjumioを導入することも報じました。

Sparkasse銀行が"ユーロ圏外の金融機関へのサービスの終了"は本当か?

AXIORYからのメール配信にて報じられた内容に、「Sparkasse銀行がユーロ圏外の金融機関へのサービスを終了したこと(Sparkasse銀行はこの決定を公表しています。)」とありますが、これは本当なのでしょうか。

現在、AXIORYのサポートセンターに問い合わせるなど調査中ではありますが、その返答があり次第、また随時更新させていただきます。

AXIORYのサポートセンターに確認したところ、英文ではありますが、上記の内容が記載された「タイムズ・オブ・マルタ」というニュース記事のURLを送ってもらえましたので、その内容と記事内容を公開いたします。

AXIORY お問い合わせ

【Sparkasse銀行がユーロ圏外の金融機関へのサービスを終了した、という「タイムズ・オブ・マルタ」記事】

以下にその記事をスクリーンショットしました画像も載せておきます。
なお、「タイムズ・オブ・マルタ」はマルタで発行されている最古の日刊新聞であり、URLは同新聞社の電子版公式サイトのものでしたので、信頼性はあるかと思われます。

単一ユーロ決済圏sepa 記事

記事によりますと、単一ユーロ決済圏(SEPA)内ではユーロ以外の支払い方法を制限する旨が記載されており、マネーロンダリングの防止に努めるためとされています。

内容を見る限り、AXIORY 側に整合性があるとわかります。
(下記に追記アリ、AXIORY側が完全に正義だったので、今は大丈夫だと自信をもって大丈夫!といえます。)
それでもリスクヘッジとして今は出金をしておくべきだと思われます。

出金に関しても、AXIORY側が拒否しているという情報はまだ入っていきていないため、AXIORYに落ち度はないものと言えるでしょう。
さらに入金に関しては、AXIROY側は情報を知らない人のために入金拒否をしているようですが、万が一入金してしまった場合も早めに出金をしておくことを強くおすすめします。

SEPA(単一ユーロ決済圏)の公式発表をさらに精査した結果!

SEPA-Laenderliste_EN

上記のURLは単一ユーロ決済圏(SEPA)の公式サイトからの情報で、「34の加盟国からなるSEPA国リストと、単一ユーロ支払い地域」です。
PDFの表の真ん中あたりに「Germany」(ドイツ)の記載がある通り、Sparkasse銀行のあるドイツがユーロ圏内で、ユーロ以外の通貨が流入の規制を厳しく取り締まったことがわかります。

AXIORY、ユニオン銀行との提携の意味とは?

今回のユニオン銀行との提携などは、ユーロ圏のSparkasse銀行に登録している限り日本で営業できないとなったAXIORY側の早急な対応ということなのではないでしょうか。

そして、SEPA圏内でユーロ以外の通貨の流入が厳しくなるということは、必然的にBitwalletからの送金もできなくなることを意味します。
Bitwalletはシンガポールに拠点があるため、シンガポールからSEPA圏に送金できなくなるためです。
しかし、BitwalletはBitwallet内でユーロに両替できるため送金可能であり、Sparkasse銀行と提携していたAXIORYには送金できなくなったから、AXIORYから撤退したということでしょうか……。

どちらにせよ当サイトはAXIORYを扱っているだけに、さらに今後調査しながら新情報があれば随時更新していきます。

AXIORY利用者ができること!出金は急げ!(追記あり※今は平気です)

現在上記の内容をAXIORYに確認中ですが、AXIORYの利用者はなるべく出金を急いだほうが良いでしょう。(2019年2月時点)下記に追記アリ

また入金は国内銀行ではすることができなくなっており、他の入金方法でも拒否されるようになっていますが、それでも入金ができる場合でも入金はしないほうが良いといえます。

故にすでに入金しておりポジションを持っている人などは、決済後出金を急ぎましょう!
そして入金はしないほうが良いでしょう。

追記:現在は入金しても大丈夫!

※併せて読みたい管理人甘エビ太郎の「AXIORYのレビュー」記事はこちら!

AXIORY評判

AXIORYの評判!出金トラブルなど不安なら読むと吉【なぜ私が使い続けるのか】

AXIORY(アキシオリー)は2013年7月に設立された海外FX業者です。ベリーズ(IFSC)から金融ライセンスを取得しており、主に米国、英国、キプロス、スイス、チェコ、スロバキア、シンガポール、中国 ...

続きを見る

追記です。

現在はAXIORYの仕組みやシステムもしっかりしているものと判断しています。

AXIORYからもかなり綿密な説明を受けまして、出金入金の仕組みも聞いて調べましたが特に不安な点等はなかったです。

現在取引もできていますし、入出金も普通にできましたし、何よりbitwalletの騒動の時も出金拒否の話は全くなかったです。

さすがに出金が相次いで対応に時間はかかったようですが。でもその反省を活かしてサポート人材等にも力を入れいていると聞きます。やっぱり優良業者はここが違う...。

axioryの入金方法

AXIORYの入金方法を解説!手数料無料?Curfexでお得に入金

海外FXのAXIORY(アキシオリー)では、下記の通りさまざまな入金方法から選ぶことができます。 入金方法 国内銀行送金(Curfex) 海外銀行送金 クレジット/デビットカード STICPAY Bi ...

続きを見る

axioryの出金方法まとめ

AXIORYの出金まとめ!6の出金方法や手数料、かかる日数は?

ここでは海外FXのAXIORYの出金について解説します。 出金するまえに出金にはルールがあるのでまずそちらを説明、その後出金ルール以外の注意点などをお伝えします。 また、最後に各出金方法を画像で解説し ...

続きを見る

スプレッドの安い他の海外FX業者のおすすめ!

上記の内容はまだ精査中、調査中でもあり、当サイトとしては正確性を重んじていますが、AXIORYが今後どうなっていくかは見守っていくしかないというのが現状です。
それでも取引しようと思う方は、大変注意して取引を行ってください。

リニューアルされたAXIORYにしっかりと「信託保全」が公式ホームページで記載されるようになりました。
そこで全額保証とも表示されているため、今までもあまり不自然な動きがなかったため、安全だと言えるのではないでしょうか。

それでも他の海外FX業者を使いたい、という方は、TitanFXやHotForexをおすすめします。

AXIORYは、スプレッドの安さが売りの海外FX業者で人気でしたが、他にもスプレッドが安く、おすすめの海外FX業者はあり、今後スプレッドの安さで口座開設をしたい方は「TitanFX」か「HotForex」での口座開設がおすすめです。
さらに安全性や信頼性という意味では日本人スタッフも多く存在し、日本人利用者1位である「XM」もおすすめです。

  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-AXIORY(アキシオリー)
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.