海外FXエキスパートナー

海外FXのエキスパートが、約10年の利用経験に基づきおすすめFX口座を紹介!

AXIORY(アキシオリー)

Curfexとは?その評判と登録方法!【AXIORY】

更新日:

axioryの国内銀行送金Curfexとは

AXIORYへの送金サービスで、Curfexというものがあります。

AXIORYでは国内銀行送金(By Curfex)ということで、従来の国内銀行送金と同じようにAXIORYの口座へ入金出金することができます。

ここではそんなCurfexの評判や特徴と、Curfex口座の登録方法を解説します。

送金サービスのcurfexとは?【評判・特徴】

Curfexは香港の法人会社の送金サービスです。日本の資金移動業者としても関東財務局に登録されているので、安全性はバツグンです。

送金サービスですので、FX口座に限らず以下の国の銀行にも格安で送金することができます。

  1. 中国
  2. 香港
  3. インドネシア
  4. 韓国
  5. マレーシア
  6. フィリピン
  7. シンガポール
  8. オーストラリア

また、日本の「楽天銀行」「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」にも対応していますので、楽天銀行などから国際送金することができます。

Curfexの入金・出金方法などの使い方を先に見たい方は下記事を見てください。

axioryの入金方法

AXIORYの入金方法を解説!手数料無料?Curfexでお得に入金

海外FXのAXIORY(アキシオリー)では、下記の通りさまざまな入金方法から選ぶことができます。 入金方法 国内銀行送金(Curfex) 海外銀行送金 クレジット/デビットカード STICPAY Bi ...

続きを見る

axioryの出金方法まとめ

AXIORYの出金まとめ!6の出金方法や手数料、かかる日数は?

ここでは海外FXのAXIORYの出金について解説します。 出金するまえに出金にはルールがあるのでまずそちらを説明、その後出金ルール以外の注意点などをお伝えします。 また、最後に各出金方法を画像で解説し ...

続きを見る

日本の金融庁の許認可あり

CurfexJapan株式会社が日本の営業許認可を得ている証拠

上画像は日本の金融庁に登録されている「資金移動業者登録一覧」の一部ですが、Curfex JAPAN株式会社が登録されていることがわかります。

公式HPにも以下の記載があります。

Curfex (HK) Ltd.は香港税関局より許可を受けたマネーサービスオペレーターです。(許可証番号:16-04-01816)

Curfex Japan株式会社は資金決済に関する法律(平成21年6月24日法律第59号。以下「資金決済法」といいます。)に基づき内閣総理大臣の登録を受けた資金移動業者です(登録番号:関東財務局長第00059号)。

Bitwallet(ビットウォレット)との違い

CurfexはBitwalletと同じシステムと勘違いする人も多いので、違うと断言します。

Bitwalletは電子財布のようなイメージが正しく、Bitwallet口座内に資金を保管しておけます。しかしCurfexは資金を送金するだけのシステムで、仲介のような役割だけです。

つまり、入金や出金の際に手間がかからないというメリットになります。

Bitwalletでは「自分の口座からBitwalletの口座へ」「Bitwalletの口座から海外FXの口座へ」という段階を踏んでいました。ですが、Curfexは「自分の口座からCurfexを直通して海外FX口座へ」という風に手間を省けるというわけです。

Bitwalletは電子ウォレットの役目も果たすため、送金だけの代行を行うCurfexのほうがトレーダーにとっては手間が省けてありがたいですね。

手数料

手数料は通常の国際送金サービスよりもかなり安いです。

Curfexの公式サイトには簡単なものですが、自動でコスト比較計算をしてくれる表があります。

Curfexのコスト比較

手数料

例えば、10万円を中国元(CNY)へ送金した場合......

  • Curfex:手数料1,000円
  • 銀行の平均手数料:3,500円(為替レートを含めた支払額合計6,769円)
  • 送金業者平均手数料:1,000円(為替レートを含めた支払額合計4,065円)

また、他の銀行送金よりもどれくらい安いのかも公式が表で表してくれています(下画像)。

Curfexの手数料比較表

表の見方

日本からの送金
Curfexの手数料はいずれも1.00%
つまり1万円送金なら100円の手数料で済む

250,000円送金時の他銀行手数料の参考値

  • オーストラリアドル(AUD):手数料4.16%、割引率76%
  • 中国元(CNY):手数料2.92%、割引率66%
  • 香港ドル(HKD):手数料4.37%、割引率77%
  • インドネシアルピア(IDR):手数料5.13%、割引率81%
  • 韓国ウォン(KRW):手数料3.17%、割引率68%
  • マレーシアリンギット(MYR):手数料5.94%、割引率83%
  • フィリピンペソ(PHP):手数料7.93%、割引率87%
  • シンガポールドル(SGD):手数料2.30%、割引率56%

(割引率=Curfexが銀行よりどれだけお得か、ということ。)

【入金手数料】自分の口座→Curfex→AXIORY

curfex入金手数料の仕組み

AXIORYで国内銀行送金(By Curfex)で入金する場合、送金に伴う他の手数料はお客様負担となります。つまり、Curfexに入金する際の手数料は自分で払う必要がある、ということ。

例えば楽天銀行なら3万円未満の振込が165円、3万円以上が258円になります。しかし、Curfexの振込先にも楽天銀行が用意されているため、無料で振り込めます(楽天銀行で振り込む場合に限り)。銀行にもよりますが多くて約300円くらいかと思います。AXIORYをこれから長く使おうと思っている人は、いっそのこと楽天銀行で銀行口座を作ってもいいかもしれませんよ。

CurfexからAXIORYへの手数料は2万円以上なら無料です。2万円以下の場合1,500円の手数料がかかります。なるべく2万円以上入金したいところですね。

【出金手数料】AXIORY→Curfex→銀行口座

Curfexの出金手数料の仕組み

AXIORYからCurfexへの出金手数料は、入金と同じように2万円以上か、以下かで無料か有料の1,500円か変わってきます。なるべく2万円以上が良いでしょう。

Curfexから自分の口座へは、全額AXIORY側が負担してくれるので、気兼ねなく出金できます。

出金は2万円以上ならば、完全に無料で出金できるので2万円以上の出金がおすすめですよ。

着金スピード、時間

入金の場合、その日以内か翌日以内。速い場合は1時間以内にも入金されます。

出金の場合、2営業日以内に行われます。

Curfexの登録方法

Curfexの登録方法

公式HPへアクセスしましょう。

流れ

  1. 会員登録
  2. 個人情報などの入力
  3. 必要書類と、セルフィ―画像のアップロード、送付
  4. アクティベーションコードでアカウント有効化※

※アカウント有効化はAXIORYへ入金出金するためには必須です。

Curfexの口座登録

TOPの「会員登録」または「今すぐ始める」をクリックします。

会員登録

次の画面でアカウントと居住国を選択します。アカウント種別を個人アカウント、居住国をJPA(日本)かHKD(香港)から選択します。

メールアドレスとパスワード設定

次へ進み、メールアドレス、パスワードを設定します。

Curfexの個人アカウントの作成

個人アカウント入力では、個人情報を入力していきます。

  • 苗字:甘エビ
  • 名前:太郎
  • 電話番号:(+81)8012345678
  • 生年月日:20(日)01(月)1992(年)
  • 職業:会社員
  • 国籍:日本
  • 郵便番号:1231234
  • 県:東京都
  • 市:千代田区
  • 住所1:永田町1-2-3
  • 住所2:あまえびタワー405号

注意点として、電話番号は最初の”0”を抜かして入力します。生年月日は「日にち」「月」「年」の順番で選択します。住所はcurfex登録後に簡易書類が郵送されるので間違えないよう、入力後も再度確認してください。

最後に必要書類を提出します。

  1. マイナンバーカード(通知カードもOK)表面
  2. マイナンバーカード(通知カードもOK)裏面
  3. 運転免許証か、在留カード
  4. セルフィー画像(下で詳しく説明しています)

必要書類は、4種類すべて提出する必要があります。マイナンバーカードか、もしくは通知カードの両面と、運転免許証や在留カード、パスポートなど顔写真が付いた身分証明書、そしてセルフィー画像です。

セルフィー画像(自撮り画像)は現在、このフォームからアップしてCurfexに送れるようになっています。ですので、メールが届いた後は

自撮り画像は「正面からの顔」「写真付きの本人確認資料(運転免許証など)」「登録日の日付を記入した紙」が写っている必要があります。下記画像と同じように撮ります。

セルフィ―画像作成ルール

書類をアップロードしたら、登録アドレスに上画像のようなメールが届きます。「Emailを認証する」ボタンをクリックします。あとは「アカウント有効化」すればOKです。

認証メール

アクティベーションコードでアカウント有効化

登録住所へ郵送で書類が届きます。書類にアクティベーションコードというものが記載されているので、それを利用してアカウントを有効化します。

ちなみに、アカウント登録自体は、コードが届く前にすでに完了しています。

しかしアカウント有効化が終わるまでは国内銀行送金(By Curfex)は使用できないので、AXIORYに入金出金する場合は別の手段で行うか、有効化できるまで待つ必要があります。

以下は有効後のメール内容です。以下のCurfexの銀行口座からAXIORYへ送金できます。

Curfexメール内容

こんにちは、

Curfexにご登録いただき誠にありがとうございます。
お客様のアカウント登録が完了いたしましたのでご案内いたします。いつでもお客様のAxioryアカウントへの日本国内お振込みがご利用いただけます。
以下の銀行口座へデポジット金額をお振込みください。お振込み時には送金名義人、もしくはメモ欄へAxioryアカウントIDをご記載いただきますようお願い申し上げます。
________________________________________

銀行名:ジャパンネット銀行
支店番号:005
支店名:ビジネス営業部
口座番号:1950217
口座名義人:CURFEX JAPAN(カ
________________________________________

銀行名:みずほ銀行
支店番号:028
支店名:銀座通支店
口座番号:2501406
口座名義人: CURFEX JAPAN(カ
_______________________________________

銀行名:第二営業支店
支店番号:252
支店名:楽天銀行
口座番号:7753662
口座名義人: CURFEX JAPAN(カ
_______________________________________

  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-AXIORY(アキシオリー)
-, , ,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.