AXIORY(アキシオリー)

AXIORYの口座タイプを総まとめ!4つの口座がどう違うのか解説します

AXIORYの口座タイプ4種類まとめ

ここではAXIORYの4つの口座タイプについてまとめました。

  • スタンダード口座
  • ナノ口座
  • テラ口座
  • アルファ口座(現物株式、ETFのみ)

それぞれの特徴やどんな人におすすめなのか、など解説します。それぞれの口座タイプの注意点もあるので参考にしてください。

AXIORYの4つの口座早見表

AXIORYには4つの口座タイプがあります。

FXをしたい場合は、スタンダード・ナノ・テラ口座の3つから選ぶことになります。

アルファ口座は現物株式と、ETFをやりとりしたい人のみ口座開設してください。

口座名スタンダード口座ナノ口座
(ナノスプレッド口座)
テラ口座アルファ口座
最大レバレッジ400倍400倍400倍1倍
取引手数料なしありありあり
口座通貨JPY(円)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(円)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(円)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(円)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
ゼロカット適用適用適用適用
最低取引数量0.01(lot)0.01(lot)0.01(lot)1
取引単位1Lot=100,0001Lot=100,0001Lot=100,000
最大注文ロット
(1ポジション)
1,0001,0001,000100,000
最大保有ポジション制限なし制限なし制限なし制限なし
対応商品FX
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
FX
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
FX
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
現物株式
ETF
取引プラットフォームMT4
cTrader
MT4
cTrader
MT5MT5

AXIORYの「スタンダード口座」の特徴

AXIORYのスタンダード口座は、名前の通り1番一般的な口座タイプです。

基本的に初心者の方や、どれを選んでいいかわからない!と迷っている人は「スタンダード口座」を選べば問題ありません。

スペックは以下の通りです。

  • レバレッジ:400倍~(証拠金に応じて制限あり)
  • 取引手数料:なし
  • 最低取引数量:0.01Lot
  • 最大注文ロット:1000Lot
  • 最大保有ポジション:制限なし
  • 対象商品:FX、株式CFD、株価指数CFD、エネルギーCFD、貴金属CFD

レバレッジは、以下のように規制されます。

レバレッジ制限

  • 証拠金1000万円まで:最大レバレッジ400倍まで
  • 証拠金1000~2000万円まで:最大レバレッジ300倍まで
  • 証拠金2000万円超える:最大レバレッジ200倍まで

その他AXIORYのレバレッジに関する詳しい内容は以下の記事からご覧ください。

axioryレバレッジ400倍
【AXIORYのレバレッジ】なんで400倍?制限される原因や変更方法も解説AXIORYの最大レバレッジは海外FXの中でも低めな400倍です。なぜ400倍なのか、考えたことはあるでしょうか?私が直接AXIORYにインタビューした内容も公開!...

スタンダード口座は、迷っている人におすすめ

AXIORYのスタンダード口座は、

「どの口座が良いかわからない」
「FXに初めて触れる」
「FXはやったことがあるが、ほとんど初心者だ」

という、どの口座にしようか、どの口座タイプが良いか、分からない・迷っている人に特におすすめです。

最も一般的な口座タイプであるというスタンダード口座ですが、中長期トレード向けに作られており、初心者の方はもちろん、上級者の方も多くの人がこのスタンダード口座で口座開設しています。

また、後から変更したい!という場合も、AXIORYは追加で口座を作ることができるため、スタンダード口座をやったけど、いまいちだった。。。と思っても後からナノ口座なども使用できます。

AXIORYの「ナノ口座」「テラ口座」の特徴

AXIORYのナノ口座(ナノスプレッド口座)・テラ口座は、低スプレッドが魅力の口座タイプです。

ナノ・テラ口座の2つの違いは、取引ツールがMT4か、MT5かの違いだけで、スペックは同じです。スペックは以下の通りです。

  • レバレッジ:400倍~(証拠金に応じて制限あり)
  • 取引手数料:あり(往復手数料6ドル)
    ただし低スプレッドのため、スタンダード口座よりスプレッド+取引手数料を加えてもこちらの方が安くなる
  • 最低取引数量:0.01Lot
  • 最大注文ロット:1000Lot
  • 最大保有ポジション:制限なし
  • 対象商品:FX、株式CFD、株価指数CFD、エネルギーCFD、貴金属CFD

ナノ・テラ口座は取引ツールの違いだけ

  • ナノ口座:MT4・cTrader
  • テラ口座:MT5

低スプレッドが魅力的なので、スタンダード口座より総手数料が安く済みます。

ただし往復手数料の計算を考えて取引しないと、利益が出た!と思って決済しても、取引手数料を加えたら結果的にマイナスだった…となりかねません。

しっかり前もっていくらプラスになったら良いかを把握しておきましょう。

だいたい取引手数料6ドルは、0.6pipsです(メジャー通貨ペア)。あらかじめ0.6pips分のマイナスになると思っておきましょう。

axioryの低スプレッド一覧表
【AXIORYのスプレッド】通貨ペア、CFDなど一覧表公開!競合他社と比較もAXIORYのスプレッドについて解説しました。また全ての通貨ペア・CFDなどの一覧表を記載。競合他社とのスプレッド比較も行い、本当にAXIORYはスプレッドが低いのか?比較しました。...

ナノ口座・テラ口座は短期売買したい人におすすめ

AXIORYのナノ・テラ口座は一度のスプレッド(取引手数料込み。以降実質スプレッドという)を、スタンダード口座より小さくできるので、短期売買で何度もトレードする人におすすめです。

また、実質スプレッドが低いので、一攫千金狙いでギャンブル投資をしても面白いです(推奨はしませんが)。

一攫千金狙いなら、取引手数料も考えなくて良いのでナノ・テラ口座は最強かもしれません。

AXIORYの「アルファ口座」の特徴

AXIORYのアルファ口座は、現物株式、ETF(上場投資信託)が取引可能な口座で、FXではなく株取引ができる証券口座です。

FXではなく、海外の証券口座で株取引をしてみたいという方はこちらで取引してみても面白いでしょう。

スペックは以下の通りです。

  • レバレッジ:1倍
  • 取引手数料:あり
  • 最大注文ロット:100,000
  • 最大保有ポジション:制限なし
  • 対象商品:現物株式・ETF

現物株式・ETFを検討している方はこちらの口座で取引してみても面白いと思います。口座開設もFXと同じ手順でできるので、もし資金に余裕があるならチャレンジしてみてください。

取引ツールはMT5のみ

アルファ口座は株取引、ETFをしてみたい人におすすめ

アルファ口座は現物の株取引をしてみたい人におすすめです。

取引ツールはMT5だけですが、MT4よりも時間足がある、板情報をみれるなど、株取引はかなりやりやすくなっています。

またFXでMT4・MT5に慣れている人は他の証券口座で取引するよりも、慣れているツールで株やETFを取引できるのでおすすめです。

まとめ|AXIORYの口座タイプ

AXIORYでは4種類の口座タイプがあります。

  • スタンダード口座
  • ナノ口座
  • テラ口座
  • アルファ口座(現物株式、ETFのみ)

ナノとテラ口座はMT4かMT5の違いだけです。

またアルファ口座は現物株式・ETFのみなので口座開設時には気をつけてください。

axiory口座開設
AXIORYの口座開設方法を画像付きで解説!ログインまでの流れを丁寧にAXIORYの口座開設方法を画像付きで説明します。口座開設後のmyaxiory(マイページ)にログインするまで解説しています。ぜひ参考にしてください。...
この記事を書いた人
   甘エビ太郎  
甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA