海外FX ツール

MT4でバックテストを行う方法!できない時の対処方法も

投稿日:2018年12月11日 更新日:

MT4でバックテストを行う方法

MT4では、エキスパートアドバイザ(EA)やインディケータのバックテストを行うことができます。

バックテストとは......
EAの過去の取引レート上で稼働した場合のテストのこと。そのEAのパフォーマンスが検証できる。

バックテストはEAを選定するうえでは絶対に見なければならない項目で、EAを販売しているサイトなどにも載っています。

  • EAを稼働する前は、「ヒストリカルデータ」でその販売元のバックテストが本当かを確認
  • EAを稼働した後は、「バックテスト」を行ってEAの性能などを見てみましょう

この記事ではバックテストの実施方法を解説していきます。

MT4でEAなどのバックテストを行う方法

バックテストを行う方法を簡単に順を追って解説します。

画像や表を用いて、なるべく簡潔かつ感覚的にわかるようになっているので、ぜひ参考にしてみてください。

まずはMT4を開きましょう!

この記事ではXMのMT4を使っていますが、ブローカーに関わらずMT4でなら同じ方法でバックテストを行うことができます。

①ストラテジーテスターをクリックしよう。

MT4を開いたら......
以下のどちらかだけを行います。

  • メニューバーにある「表示」メニューから「ストラテジーテスター」をクリックします。

バックテスト 

  • または、ツールバーにある「ストラテジーテスター」のアイコンをクリックします(下画像)。

バックテスト2

どちらの方法でもOKです。

②エキスパートアドバイザーのセッティング

その後、MT4の画面下に「テスター」の欄が新しく加えられます。

下記の手順に従ってセッティングしていきましょう(画像はクリックで拡大できます)。

エキスパートアドバイザー設定

  1. セッティング」タブをクリックします
  2. 左上の「エキスパートアドバイザ」を選択します。
  3. バックテストを行う通貨ペア、期間などの設定を行います
    (下で詳しく説明)

3「通貨ペア」や「期間」などの設定は、以下の表の通りで、見たいバックテストの設定を行っていきます。

通貨ペアバックテストを行う通貨ペアを選択します
期間バックテストを行う時間速を選択します
モデルバックテストに使用する価格データの種類を選択します
スプレッドバックテストの際に採用するスプレッドを選択・入力します。現在地を選択した場合、バックテストの開始時のスプレッドが適用され、変動しません
期間を指定バックテストを行う期間を指定する場合、チェックを入れます
開始日バックテストの開始日を選択します
終了日バックテストの終了日を選択します
ビジュアルモードバックテスト中にチャート上で値動きを表示させる場合、チェックを入れます
「‖」アイコンバックテストを一時停止させることができます
スキップ右横の指定した日時に移動することができます
最適化エキスパートアドバイザの詳細設定画面が表示されます
エキスパート設定エキスパートアドバイザの詳細設定画面が表示されます
通貨ペアのプロパティ通貨ペアの詳細情報が表示されます
チャートを開くバックテスト後、選択した通貨ペアのチャートが表示されます
エキスパート編集メタエディターが起動します。選択したエキスパートアドバイザの編集が可能です

表を見て設定が終わったら、右下の「スタート」をクリックします。

「スタート」をクリックするとバックテストが開始します。

時間がかかる場合もあるので、ゆっくり待ちましょう。

③最後にテスト結果を見てみよう!

バックテスト完了後、テスト結果は下のタブ「結果」「グラフ」「レポート」「操作履歴」から確認できます。

MT4 レポート テスト結果

  • レポート」タブをクリックすると、バックテストの総合情報を確認することができます。

画像はデモトレードでやってみた数値ですが、こんな風にデモでもデータは取れます

バックテストができない!?そんな時に確認したいこと

上の手順でやってみたけど、「うまくMT4でバックテストができない!」という人は以下の原因が考えられます。

原因を取り除くことで改善できるかもしれません。

設定しているEAとMT4はアカウントが一致している必要がある

まず前提として、EAを設定したときに使用したMT4の口座IDがあっているか確認しましょう。

MT4の口座をたくさん持っている人は間違っている可能性があります。しっかりと確認してみましょう。

通貨ペアや指定した時間足が使っているEAと一致している?

自分が使っているEAと、その通貨ぺア、および指定している時間足が違っていると、バックテストで反映されない可能性があります。

「レポートまで出せたけど、レポート結果が違うな?」と思ったら大概これです。

EAの設定時に指定した通貨ペア、特に時間足は間違いやすいので気を付けましょう。

そもそもバックテストを行う方法が違う場合がある

MT4のバックテストは正確に設定する必要があります。

EAの動かした時期や頻度など、人にはよりますが、「レポート」の時点で確認はできます。

バックテスト レポート

上の画像のように、モデリング品質が90%未満だったり、不整合チャートエラーが「0」でない場合はうまく結果が出ない可能性が高いです。

この場合、バックテストに必要な時間足のデータが抜けているので、確実に埋めるようにします。

【まとめ】MT4で「バックテストを行う方法」

  1. ストラテジーテスターをクリック
  2. エキスパートアドバイザーのセッティング
  3. テスト結果

3つの工程で、MT4でバックテストを行うことができます。

冒頭でも述べたとおり、バックテストはEAの検証やパフォーマンスを確認する上で非常に重要な役割を果たします。

海外FXでEAを使って自動売買などを考えている人は、MT4でバックテストを行う方法は必ず覚えておきましょう。
また裁量取引を行っている人でも、自分のトレードを一度振り返る意味でも覚えておいて損はないので覚えておくと良いでしょう。

簡潔に紹介してしまったので、わかりにくいと感じる人は実際にMT4を触りながらやってみることをおすすめします。
MT4は初心者にも使いやすいように感覚的に操作できるよう設計されています。
ぜひ触りながら覚えていってください。そのためのFX口座開設情報は、以下でランキングにして詳しく解説していますので参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人

甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-海外FX ツール
-, ,

Copyright© 海外FX口座のエキスパートが厳選!おすすめFX業者を紹介! , 2020 All Rights Reserved.