FX 手法

【海外FX】両建てハイレバレッジトレードで稼ぐ方法

更新日:

海外FXの両建てハイレバレッジトレードとは?

両建てトレードとは2つの口座を利用して同じ通貨ペアの「買い(ロング)」と「売り(ショート)」のポジションを保有するものです。

例えば、下記のような方法が両建てトレードです。

まず、XM(エックスエム)とAXIORY(アキシオリー)といった異なる海外FX業者で口座開設して、資金15万円を入金して売り買いそれぞれ30万通貨のポジションに対し200倍のハイレバレッジをかけたとします、どちらも証拠金維持率は20%です。

なお、海外FXではハイレバレジによって少ない資金で多くのロットでポジションを持てますが、国内FXのレバレッジ最大25倍では15万円の資金で375万円のポジションしかもてないので海外FXを利用がおすすめとなります。

海外FX口座 ポジション 入金(証拠金) 通貨枚数 レバレッジ
XM(エックスエム) 買い(ロング) 15万円 30万通貨 200倍
AXIORY(アキシオリー) 売り(ショート) 15万円 30万通貨 200倍
海外FX口座 ポジション 証拠金
(入金)
通貨枚数 レバレッジ
XM
買い
15
万円
30万
通貨
200倍
AXIORY
売り
15
万円
30万
通貨
200倍

上記の取引条件の場合、レートが40pips変動した時点でどちらか一方の口座がロスカットします、もう一方の口座は2倍近く口座残高が増えます、仮にXMの口座でロスカットした場合、

① XM口座の残高:3万円(15万円 × 20%)

② AXIORYの口座残高:27万円(証拠金15万円 + [利益:30万通貨X40pips])

両者の合計残高は30万円となりトレード前と同じで利益はありません、スプレッド分だけ損した形となります。これでは両建てにした意味がないので以下のように指値を設定してトレードすると利益がでます。

スプレッド、ハイレバレッジについての記事は下記からご覧ください。

 

指値を入れておくことで利益を増やす

上記では利益は出ませんが、2口座に指値を設定すれば利益を出すことができます。

たとえば、55pips動いた地点で決済するように指値を入れた場合にはどうなるでしょうか?

XM口座は上記と同様に40pips変動した時点でロスカットし、AXIORY口座は55pipsに達した時点で決済するので、口座残高は以下となります。

① XM口座の残高:3万円(15万円 × 20%)

② AXIORY口座の残高:31.5万円(証拠金15万円 + [利益:30万通貨x55pips])

両者の合計残高は34.5万円となり元手の30万円を引くと4.5万円の利益を得ることになります。

海外FX 両建てハイレバレッジトレードに適した経済指標相場

上記の例では55pipsの指値ラインに達したので相応の利益が出ましたが、指値ラインに届かず決済できないまま利益がでない可能性もあります。また、上記で紹介したように両建てトレードでは一方で損失が発生してしまうのでもう一方でできるだけ利益を増やさないとトレードとしての旨味がでません。

 

両建てトレードに旨味を出すためには

レートの変動幅が大きくなる相場、たとえば、経済指標の発表や要人発言の直後には変動幅が大きくなる傾向があり利益が出しやすい傾向がありおすすめです。あらかじめ相応の利益を生むだけの変動幅を期待できる経済指標を選定してからその経済指標発表時にトレードに臨むようにしましょう。

変動幅が50pips以上期待できる経済指標

数多くの経済指標の中で発表から30分間の平均変動幅が50pips以上のものは以下の5つがあります、過去1年間の平均値が60pipsから80pipsといったかなり高いものもあるので両建てハイレバレッジトレードの際の参考になるかと思います。

50pips以上の変動幅がある経済指標

FOMC政策金利発表(米国)

FRB経済・政策金利見通し発表(米国)

雇用統計発表(米国)

消費差は物価指数【コア】(米国)

ECB総裁記者会見

【FOMC政策金利発表】

※最小値と最大値は2016年1月~直近の値)

米ドル/円
発表から30分の変動幅
平均値 直近6ヶ月平均値 ※最小値 ※最大値
65.7pips 63.5pips 33pips 124pips
ユーロ/米ドル
発表から30分の変動幅
平均値 直近6ヶ月平均値 最小値 最大値
 63.7pips 62.3pips 30pips 151pips

【FRB経済・政策金利見通し】

※最小値と最大値は2016年1月~直近の値)

米ドル/円
発表から30分の変動幅
平均値 直近6ヶ月平均値 ※最小値 ※最大値
79.2pips 84.7pips 43pips 124pips
ユーロ/米ドル
発表から30分の変動幅
平均値 直近6ヶ月平均値 最小値 最大値
 87.8pips 74.8pips 36pips 165pips

【雇用統計】

※最小値と最大値は2016年1月~直近の値)

米ドル/円
発表から30分の変動幅
平均値 直近6ヶ月平均値 ※最小値 ※最大値
63.0pips 43.3pips 28pips 132pips
ユーロ/米ドル
発表から30分の変動幅
平均値 直近6ヶ月平均値 最小値 最大値
 63.4pips 48.8pips 26pips 143pips

【消費者物価指数 コア】

※最小値と最大値は2016年1月~直近の値)

米ドル/円
発表から30分の変動幅
平均値 直近6ヶ月平均値 ※最小値 ※最大値
44.3pips 50.5pips 14pips 92pips
ユーロ/米ドル
発表から30分の変動幅
平均値 直近6ヶ月平均値 最小値 最大値
 38.3pips 52.7pips 10pips 72pips

【ECB総裁記者会見】

※最小値と最大値は2016年1月~直近の値)

ユーロ/米ドル
発表から30分の変動幅
平均値 直近6ヶ月平均値 最小値 最大値
 76.3pips 72.3pips 32pips 150pips

両建てトレードができるおすすめ海外FX業者

海外FX業者の全てが両建てトレードを認めているわけではありませんが、下記の6社は両建てトレードを認めています、以下、スキャルピングに関しても可否を紹介しておきます。

海外FX業者 両建てトレード スキャルピング
XM(エックスエム) 両建て可能 可能
HotForex(ホットフォレックス) 両建て可能 可能
AXIORY(アキシオリー) 両建て可能 可能
TitanFX(タイタンFX) 両建て可能 可能
LAND-FX(ランドFX) 両建て可能 経済指標時のみ禁止
FxPro(FXプロ) 両建て可能 可能

海外FXの両建てハイレバッジトレードのまとめ

  • ハイレバレッジにより少ない資金でも大きなポジションでトレードできる(国内FXよりも大きく有利)
  • 普通に両建てトレードを行うと一方の口座で損失がでるのでトータルで利益を上げるために指値を設定する
  • なるべく指値ラインに達しないことがないようにレートの変動幅が大きい実績のある経済指標時に利用する

-FX 手法
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.