【XM】MT4でバックテストを行う方法

MT4では、エキスパートアドバイザ(EA)やインディケータのバックテストを行うことができます。
バックテストとは、EAの過去の取引レート上で稼働した場合のテストで、そのEAのパフォーマンスが検証できます。

この記事ではバックテストの実施方法を解説していきます。

MT4でEAなどのバックテストを行う方法

バックテストを行う方法を簡単に順を追って解説します。

①MT4バックテストの実施方法「ストラテジーテスターをクリック」

メニューバーにある「表示」メニューから「ストラテジーテスター」をクリックします(上画像)。
または、ツールバーにある「ストラテジーテスター」のアイコンをクリックします(下画像)。

どちらの方法でもできます。

バックテスト ストラテジーテスター

バックテスト ストラテジーテスター2

②MT4バックテストの実施方法「エキスパートアドバイザーのセッティング」

その後、MT4の画面下に「テスター」の欄が新しく加えられていると思います。そうしましたら、下記の手順に従ってセッティングしていきます。

バックテスト テスター セッティング

  1. 「セッティング」タブをクリックします
  2. 左上の「エキスパートアドバイザ」を選択します。
  3. バックテストを行う通貨ペア、期間などの設定を行います。
通貨ペアバックテストを行う通貨ペアを選択します。
期間バックテストを行う時間足を選択します。
モデルバックテストに使用する価格データの種類を選択します。
スプレッドバックテストの際に採用するスプレッドを選択・入力します。現在値を選択した場合、バックテストを開始時のスプレッドが適用され、変動しません。
期間を指定バックテストを行う機関を指定する場合、チェックを入れます。
開始日バックテストの開始日を選択します。
終了日バックテストの終了日を選択します。
ビジュアルモードバックテスト中にチャート上で値動きを表示させる場合、チェックを入れます。
「||」アイコンバックテストを一時停止させることができます。
スキップ右横の指定した日時に移動することができます。
最適化エキスパートアドバイザの詳細設定画面が表示されます。
エキスパート設定エキスパートアドバイザの詳細設定画面が表示されます。
通貨ペアのプロパティ通貨ペアの詳細情報が表示されます。
チャートを開くバックテスト後、選択した通貨ペアのチャートが表示されます。
エキスパート編集メタエディターが起動します、選択したエキスパートアドバイザの編集が可能です。

②MT4バックテストの実施方法「テスト結果」

バックテスト完了後、テスト結果は下のタブ「結果」「グラフ」「レポート」「操作履歴」から確認できます。

バックテスト レポート

「レポート」タブをクリックすると、バックテストの総合情報を確認することができます。