海外FX業者の比較・ランキング

【海外FX】ECN口座とSTP口座の特徴を徹底解説

更新日:

海外FXでは「STP口座(スタンダード口座)」と「ECN口座」が用意されています。STP口座とECN口座ではNDD取引(ノン・ディーリングデスク方式)が採用されており、海外FX業者のディーラーが取引に直接関与しないので、相対取引(利益相反取引)ではない透明性と信頼性が高い取引が提供されています。

STP口座とECN口座にはそれぞれ特徴がありますが、口座開設する際にスタンダード=標準だから「とりあえずスタンダード口座を選べば大丈夫だろう」といった感覚で口座開設しがちだといわれています。

ここではECN取引とSTP取引の特徴などをしっかりと押さえた上で口座開設ができるように両者を詳しく解説いたします。

【海外FX】ECNとSTP取引の違いは?

下記のとおりトレーダーからの売買注文が直接インターバンク市場に流されて、インターバンク市場に参加しているトレーダーの注文がマッチングされると売買注文が成立し執行されるのがECN取引です。また、海外FX業者を経由してリクイディティプロバイダー(LP)から提示されてくる最も最適なレートとマッチングされるのがSTP取引です。

両者とも海外FX業者のディーラーが取引に一切関与しないNDD取引であることから透明性が高い取引が確保されています、特にECN取引はインターバンク市場に直結しているので海外FX業者側で一切取引操作などが行えないので信頼性が高い取引が確保されています。

上記は仕組みの概略ですが、トレード上で目に見えてわかる違い、実感できる違いは以下のとおりです。

  STP取引 ECN取引
スプレッド 普通 狭い
手数料 手数料無し 手数料あり
相場情報の把握 板情報・気配値を見れない 板情報・気配値を見れる
約定力 相場取引量が少ない時に強い 大ロット注文時、経済指標発表時など急激な変動時に優れる
最低取引通貨/最低入金額 低く設定されている 高く設定されている
  STP取引 ECN取引
スプレッド 普通 狭い
手数料 手数料無し 手数料あり
相場情報の把握 板情報・気配値を見れない 板情報・気配値を見れる
約定力 相場取引量が少ない時に強い 大ロット注文時、経済指標発表時など急激な変動時に優れる
最低取引通貨/最低入金額 低く設定されている 高く設定されている

それでは、ECNとSTP取引についてそれぞれ解説していきます。

【海外FX】ECN取引とは?

ECNとはElectric Communications Networkの略であり、日本語では「電子商取引」を意味し、FXではトレーダーの注文が直接インターバンク市場に流される取引のことです。インターバンク市場に直接流された売買注文はコンピュータ処理によってマッチングされる仕組みとなっています。FXのECN取引では、株式投資でもおなじみの板情報や気配値を確認することが可能です。

ECN取引のメリット

  • 完璧なNDD取引が採用されており、非常に透明性が高い取引方法
  • 売買注文がインターバンク市場に直接ながされるのでリクオートが全くない
  • スプレッドが非常に狭い
  • 板情報を見れる
  • 気配値を見れる

ECN取引のデメリット

  • 業者にもよるが最大レバレッジが低いことがある
  • 取引手数料が発生する
  • 最低入金額や最低取引通貨が高めに設定されていることがある

ECN取引の特徴

板情報・気配値を確認できる

ECN取引の最大の特徴は、板情報と気配値を確認できる点にあり、透明性が高い取引に参加できるメリットがあります。気配値(各レート)における売買注文の量を確認できるので、下記のように「買い注文」が「売り注文」よりも上回っていれば「これからレートが上昇する可能性があると予想」することができるメリットがあります。

取引量が多い(流動性が高い)ほど約定しやすい

ECN取引ではトレーダー同士の売買注文がマッチングさせられます。売買注文の量が多いほど流動性が高くなり、売買注文がマッチングしやすく約定しやすくなります。

売買注文量が多い方が素早いマッチングによって約定スピードが早くなる特徴があります。そのため、顧客を多く抱え口座開設数が多い海外FX業者でECN口座を持つ方が有利となります。

スプレッドは狭いが手数料がかかる

ECN取引では、トレーダーの注文同士をマッチングさせる取引なのでスプレッドは安いですが、海外FX業者が電子取引所に接続するための費用がかかっている分の取引手数料(固定の取引手数料)をトレーダーが支払うのが一般的です。

したがって、取引手数料を含めた実質スプレッドを把握する必要がありますが、ECN口座の手数料込みのスプレッドはスタンダード口座よりも狭い傾向があります。

ECN取引がおすすめの人

  • 初心者ではなく、FXのトレード経験がそれなりにある方
  • ある程度まとまった証拠金を用意してトレードする方
  • 10万通貨以上の取引単位でトレードされる方
  • 板情報や気配値を参考にしてトレードしたい方
  • 経済指標発表時などにトレードする方

海外FXのECN口座の概要

当サイトでも紹介している海外FX業者の中でECN取引が行える口座は、

  • XM(エックスエム)・・・ゼロ口座
  • HotForex(ホットフォレックス)・・・ゼロスプレッド口座、VIP口座
  • Axiory(アキシオリー)・・・ナノスプレッド口座
  • TitanFX(タイタンFX)・・・ブレード口座
  • LAND-FX(ランドFX)・・・ECN口座
  • FxPro(FXプロ)・・・cTrader口座

となっています。

全体コスト(スプレッド+取引手数料)の安さを優先される方にはAxiory、TitanFX、LAND-FXでしょう。

口座開設ボーナスや入金ボーナスを活用してECN取引を試したい方は100%入金ボーナスがあるXM、HotForex、LAND-FXがおすすめです。

海外FX業者 最大レバレッジ スプレッド
(平均:ドル/円)
取引手数料
(往復)
ボーナス 初回最低入金額
XM
(エックスエム)
500倍 0.10 pips 10ドル 口座開設:3,000円
100%入金ボーナス
1万円
HotForex
(ホットフォレックス)
300倍 0.0 pips 6ドル 口座開設:5,000円
100%入金ボーナス
1万円
Axiory
(アキシオリー)
400倍 0.4 pips 6ドル なし 2万円
TitanFX
(タイタンFX)
500倍 0.3 pips 7ドル なし 5万円
LAND-FX
(ランドFX)
200倍 0.5 pips 7ドル 100%入金ボーナス 20万円
FxPro
(FXプロ)
500倍 0.5 pips 9ドル なし 5万円
海外FX業者 最大レバレッジ スプレッド
(平均:ドル/円)
取引手数料
(往復)
ボーナス 初回最低入金額
XM
(エックスエム)
500倍 0.10 pips 10ドル 口座開設:3,000円
100%入金ボーナス
1万円
HotForex
(ホットフォレックス)
300倍 0.0 pips 6ドル 口座開設:5,000円
100%入金ボーナス
1万円
Axiory
(アキシオリー)
400倍 0.4 pips 6ドル なし 2万円
TitanFX
(タイタンFX)
500倍 0.3 pips 7ドル なし 5万円
LAND-FX
(ランドFX)
200倍 0.5 pips 7ドル 100%入金ボーナス 20万円
FxPro
(FXプロ)
500倍 0.5 pips 9ドル なし 5万円

【海外FX】STP取引とは?

STPとはStraight Through Processingの略であり、トレーダーからの注文を海外FX業者が他の金融機関やリクイディティプロバイダー(LP)などのカバー先に流す仕組みです。ECN取引と同様にNDD取引であるので、注文は海外FX業者で処理されることなくカバー先から提示されてくる有利なレートとマッチングされる仕組みです。

STPでは、ECNと違って海外FX業者の先のカバー先の数を知ることができないことと板情報や気配値を確認することができません。

STP取引のメリット

  • ECN口座よりもレバレッジが高い
  • 取引手数料が無料であることが多い
  • 最低入金額や最低取引通貨が低いことが多い

STP取引のデメリット

  • 板情報が見れない
  • 気配値が見れない
  • 有利なレートとマッチングされるが、スプレッドはECN取引よりも広め

STP取引がおすすめの人

  • 初心者やトレード経験が浅い方
  • 少ない目の証拠金でトレードされる方
  • 毎回、1,000通貨や1万通貨くらいでトレードされる方
  • レバレッジを高めにしてトレードされる方

海外FXのSTP口座の概要

当サイトでも紹介している海外FX業者の中でSTP取引が行える口座は、

  • XM(エックスエム)・・・マイクロ口座、スタンダード口座
  • HotForex(ホットフォレックス)・・・ゼロスプレッド口座、VIP口座
  • Axiory(アキシオリー)・・・スタンダード口座
  • TitanFX(タイタンFX)・・・スタンダード口座
  • LAND-FX(ランドFX)・・・プロフェッショナル口座
  • FxPro(FXプロ)・・・MT4/MT5/Markets口座

となっています。

STP口座の中でもスプレッド重視の方はHotForex、LAND-FX、Axiory、TitanFXがおすすめです。

取引量が少ない方なら500円&10通貨からのXMがダントツおすすめとなります、また、ボーナス資金をとにかく活用したい方はXM、HotForex、LAND-FXがおすすめです。

海外FX業者 最大レバレッジ スプレッド
(平均:ドル/円)
ボーナス 初回最低入金額 最小取引単位
XM
(エックスエム)
888倍 1.70 pips 口座開設:3,000円
100%入金ボーナス
500円 10通貨
HotForex
(ホットフォレックス)
1,000倍 0.90 pips 口座開設:5,000円
100%入金ボーナス
500円 1,000通貨
Axiory
(アキシオリー)
400倍 1.50 pips なし 2万円 1,000通貨
TitanFX
(タイタンFX)
500倍 1.30 pips なし 2万円 1,000通貨
LAND-FX
(ランドFX)
200倍 1.30 pips 100%入金ボーナス 1万円 1,000通貨
FxPro
(FXプロ)
500倍 0.50 pips なし 5万円 1,000通貨
海外FX業者 最大レバレッジ スプレッド
(平均:ドル/円)
ボーナス 初回最低入金額 最小取引単位
XM
(エックスエム)
888倍 1.70 pips 口座開設:3,000円
100%入金ボーナス
500円 10通貨
HotForex
(ホットフォレックス)
1,000倍 0.90 pips 口座開設:5,000円
100%入金ボーナス
500円 1,000通貨
Axiory
(アキシオリー)
400倍 1.50 pips なし 2万円 1,000通貨
TitanFX
(タイタンFX)
500倍 1.30 pips なし 2万円 1,000通貨
LAND-FX
(ランドFX)
200倍 1.30 pips 100%入金ボーナス 1万円 1,000通貨
FxPro
(FXプロ)
500倍 0.50 pips なし 5万円 1,000通貨

-海外FX業者の比較・ランキング
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.