海外FX業者の比較・ランキング

海外FXのECN/STP口座とは?ECNの特徴をがっつり説明する!

更新日:

ECN口座とSTP口座

海外FXでは「STP口座(スタンダード口座)」と「ECN口座」が用意されています。

ECN口座とSTP口座とではNDD取引(ノン・ディーリングデスク方式)が採用されており、海外FX業者のディーラーが取引に直接関与しないので、相対取引(利益相反取引)ではない透明性と信頼性が高い取引が提供されています。

ECN/STP口座にはそれぞれ特徴がありますが、口座開設する際に「スタンダード=標準だから『とりあえずスタンダード口座を選べば大丈夫だろう』」といった感覚で口座開設しがちなのではないでしょうか?

今回はECN取引とSTP取引の特徴・違いなどをしっかりと押さえた上で口座開設ができるように、どの海外FX業者のECN口座を選んだほうがよいのかなどを詳しく解説いたします。

海外FX口座のECN口座、STP口座の違い

下記の画像のとおりトレーダーからの売買注文が直接インターバンク市場に流されて、インターバンク市場に参加しているトレーダーの注文がマッチングされると売買注文が成立し執行されるのがECN取引です。

また、海外FX業者を経由してリクイディティプロバイダー(金融機関)から提示されてくる最も最適なレートとマッチングされるのがSTP取引です。

両者とも海外FX業者のディーラーが取引に一切関与しないNDD取引であることから透明性が高い取引が確保されています、特にECN取引はインターバンク市場に直結しているので海外FX業者側で一切取引操作などが行えないので信頼性が高い取引が確保されています。

ECN取引とSTP取引の違い

上記は仕組みの概略ですが、トレード上で目に見えてわかる違い、実感できる違いは以下のとおりです。

ECN取引

  • スプレッド:狭い
  • 手数料:あり
  • 相場情報の把握:板情報・気配値を見れる
  • 約定力:大きなロットの注文時や、経済指標時など急激な変動時に優れている
  • 最低取引通貨:高く設定されている

『トレーダー同士の売買のマッチング』が、ESN口座

言い換えれば、「顧客(トレーダー)と、別のトレーダーとのやり取り」

STP取引

  • スプレッド:普通~広め
  • 手数料:なし
  • 相場情報の把握:板情報・気配値見れない
  • 約定力:相場取引量が少ないときに強い
  • 最低取引通貨:低く設定されている

『金融機関の提示する価格で売買がマッチング』されるのが、STP口座

言い換えれば、「金融機関と顧客(トレーダー)のやり取り」

それでは、ECNとSTP取引についてそれぞれ解説していきます。

ESN口座とは?

ECNで注文をマッチングさせる

ESN口座とは、「電子取引所取引」で取引することを言います。
電子取引市場はインターネット上の中立的な取引を行う場所で、トレーダーからの注文は直接電子取引所に流され、コンピュータ処理によって売買がマッチされる仕組みになっています。

つまり上記の画像で言うと、青い丸で囲まれたESN(電子取引所)で、多くのトレーダー同士が様々な価格の買い注文/売り注文を提示します
そこで海外FX業者が、同じ価格の買い/売り注文をマッチングさせているのです。

価格をマッチングさせているだけなので、スプレッドがかなり低いのです。

またfx業者が売買に関与しないことで、トレーダーの注文がシステムを通して「ECN(電子取引所)」に直接流れるため、海外FX業者のシステム経由でECNにアクセスする手数料だけが発生します。

トレーダーから出されている注文はECNにおいてマッチング(売買成立)され、海外FX業者はECNへのアクセス費用を「取引手数料(外付け手数料)」として徴収しているのです。

ECN取引がおすすめの人

ECN口座/取引がおすすめの人は、下記でも詳しく解説しますが、以下の通りです。

  • 初心者ではなく、FXのトレード経験がそれなりにある方
  • ある程度まとまった証拠金を用意してトレードする方
  • 10万通貨以上の取引単位でトレードされる方
  • 板情報や気配値を参考にしてトレードしたい方
  • 経済指標発表時などにトレードする方

STP口座とは?

STPの仕組み

STP口座は、発注から売買成立、決済までの過程を人手を介さずに電子的に行うことを言います。

海外FXではトレーダーの「注文から決済」という流れが自動化されており、海外FX業者のディーラーは売買に関与しません。
そのかわり、STP口座では海外FX業者がリクイディティプロバイダーから提示されている価格の中から、一番安いものにスプレッドを上乗せしてトレーダーにレートを提示しています。

STP取引がおすすめの人

STP口座/取引がおすすめの人は以下の通りです。

  • 初心者やトレード経験が浅い方
  • 少な目の証拠金でトレードされる方
  • 毎回、1,000通貨や1万通貨くらいでトレードされる方
  • レバレッジを高めにしてトレードされる方

主に初心者の人はSTPで問題ないでしょう。

中~上級者でもSTPで取引を続けている人も多いので、なにかこだわりがない限りはSTPで良いと思います。

ECN口座の5つのメリット

ECN口座のメリットは主に5つあります。

  1. 約定拒否されない
  2. 約定スピードがかなり速い
  3. 板情報で価格が確認できる
  4. トレードコストを抑えられ、低い値段から投資ができる
  5. 取引手数料は税金対策(必要経費)として認められる

約定拒否されない

ECNでは電子取引所取引であるため、売り手と買い手の注文から決済までが電子的に行われているため、約定拒否などが起こりません。

この売り手、買い手はリクイディティプロバイダーが提示する価格だけでなく、トレーダーが提示した価格からでも取引ができるため、トレーダー同士でも取引していることになります。
あらゆる価格帯で取引が行われているので、実質約定拒否は起こらないのです。

約定スピードが早い

STP口座の場合、海外FX業者が、リクイディティプロバイダー(LP)のインターバンク市場の中から最良価格をマッチさせています。

ECN口座の場合、トレーダーは海外FX業者のサーバーで、多くの他のトレーダーやリクイディティプロバイダー(LP)との売買に参加しています。

STPに比べ、ENCはトレーダーやリクイディティプロバイダー(LP)が同じ場所で売買を成立させているため、STPよりも約定スピードが速くなるのです。

ECN:投資家 ⇔ ESN(電子取引所取引) ⇔ 投資家(LPなども含む)

STP:投資家 ⇔ 海外FX業者 ⇔ インターバンク市場

板情報で価格が確認できる

米ドル円板情報イメージ

ESN口座では、「板情報」を確認できます。

各レートに入っている注文量が確認できるので、売り注文が多ければ下がる、買い注文が多くなってきたから反転する、といったトレンドの予想をたてることができます。
注文量の確認がひと目でできるというのは、大きな利点です。

また価格も常に確認できるため、例えば大量の注文を発注するときでもスリッページで価格が大きくなってしまう、といったことがありません。

トレードコストを抑えるられ、安くなる

ECN口座では「手数料」がかかりますが、通常はSTP口座のスプレッドのついた価格よりも安くなる傾向があります。

例えば、XMのSTPとECN口座を比較してみましょう。

XMのスタンダード口座(STP口座)

  • 米ドル/日本円の平均スプレッド:1.7pips
  • 取引手数料:無料

合計値:1.7

XMのゼロ口座(ESN口座)

  • 米ドル/日本円の平均スプレッド:0.3pips
  • 取引手数料:往復1ドル

合計値:1.3

ゼロ口座(ECN口座)の取引手数料込みのコストは1.3ドルとなり、トータルコストではSTP口座よりもECN口座のほうが安くなります。
(しかし、下記で説明していますが、ECNは実質0.3ドルのコストのみとなる。)

取引手数料は税金対策(必要経費)として認められる!

スプレッドは売買価格の差であるため、確定申告時に経費としては認められません。
一方、手数料は外付けの取引手数料であることから、必要経費として認められているのです。

ECN口座では取引手数料を支払うことで取引を成立させていますが、その取引手数料は経費として認められることになります。
取引手数料が必要経費になるため、より海外FXのECN口座で稼いでいる人は、税金対策として活用でき、トレードコストも抑えることができます。

よって、実質のトレードコストは、合計:0.3(XMの場合)となり、かなり安くなります

ECN取引の3つのデメリット

ECN口座のデメリットは主に3つあります。

  1. 業者にもよるが最大レバレッジが低いことがある
  2. 取引手数料が発生する
  3. 最低入金額や最低取引通貨数が高めに設定されていることがある

①レバレッジが低いのは、資金管理をFX業者側が徹底させるということと、トレーダーをすぐに負けさせないようにするための配慮となっています。

特に海外FX業者(NDD方式採用の)は、トレーダーにトレードを続けてほしいためにそのような配慮になっています。

②の取引手数料は、上記で説明しています通り、節税対策の必要経費として計上できるため、問題はないでしょう。

③の入金額、取引量が高め、というのは、確かに初心者には高い敷居ですが、ECN口座で取引したいと思うのは主に上級者の方(資金力がある人など)なのでここは特に問題ないといえると思います。

初心者からESNを始めたいという人は、③の資金が多く必要なのが難点といえます。
ですので私は初心者の方はSTP口座をおすすめしています。

STP口座の3つのメリット

STP口座のメリットは主に3つあります。

  • ECN口座よりもレバレッジが高い
  • 取引手数料が無料であることが多い
  • 最低入金額や最低取引通貨が低いことが多い

STP口座のデメリット

STP口座のデメリットも主に3つあります。

  • 板情報が見れない
  • 気配値が見れない
  • 有利なレートとマッチングされるが、スプレッドはECN取引よりも広め

海外FX業者のECN口座を選ぶためのポイント

海外FX業者のECN口座を選ぶ際に評価のポイントとして見るべき点は、主に以下の4点になります。

  • 取引手数料を含めたトレードコストの安さ
  • 板情報が見られるか(※あれば良い程度)
  • ECN口座の利用条件(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
  • 安全性・信頼性(金融ライセンス、信託保全など)

取引手数料を含めたトレードコストの安さ

ECNでは、表示されているスプレッドだけではなく必ず取引手数料は込みのトータルコストを確認する必要があります。

まずは平均的なスプレッドがしっかりと提示されているかを確認します。
最小スプレッドである、というだけではなく、スプレッドの平均に違和感がないかなどを確認することでその業者の信頼性も見ることができます。

その平均スプレッドに取引手数料を加えてトータルコストを計算します。

トータルコストが同じになる場合、取引手数料は経費にできるため、手数料が大きいほうが有利、と判断します。

板情報は見れたほうが良い

海外FXではMT4が主流ですが、MT4はもともとSTP向けに開発されたプラットフォームであるため、ECN口座にも対応はしていますがいた情報は見ることができません。

板情報が見れなくても取引をする分には問題はありませんが、板情報はリアルな価格帯がわかるため便利です。

どうしても板情報が見たいのであれば、AXIORY(アキシオリー)のナノスプレッド口座がおすすめです。
またMT5ならば板情報を確認できるため、MT5でも問題ないという方はMT5を使うのも一つの手です。

ECN口座のレバレッジ・最低入金額・最低取引量を確認する

ECN口座は一般的に利用条件のハードルが高く、FX上級者に向いている口座です。

特徴としては以下の4つが上げられます。

  • 大量の注文でも約定スピードが優れている
  • 複数注文でも同時発注が可能
  • ワンクリックで注文できる
  • 板情報を確認できる

FX上級者、大口投資家は個人トレーダーよりもトレードスキルが高く、取引に使える資金などが大きいため、ECN口座では最大レバレッジが低めに設定されています。
また、ECN口座は最低取引量と最低入金額が高めに設定されている傾向があります。

初心者、中級者のトレーダーがECN口座を選ぼうとする際には、できる限り最大レバレッジが高め、最低入金額を最低取引量が低めのECN口座を選ぶようにしましょう。

ECN口座を比較!スプレッド、手数料、レバレッジ、安全面など

当サイトで紹介している各海外FX業者6社のECN口座を、取引手数料、平均スプレッド、往復のコスト、最大レバレッジ、最低取引通貨数、最低入金額、の面から比較しています。
参考にしてください。

各海外FX業者のECN口座概要

AXIORY(アキシオリー)

ESN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評価点
(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.4+取引手数料(片道0.3)=1.0pips4.0
板情報利用可能(cTrader)5.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
・レバレッジ 400倍
・最低入金額 2万円
・最低取引量 1,000通貨
4.0
安全性・ライセンス・全額信託保全(Union銀行)
・ベリーズIFSCライセンス
5.0
総合評価点数 4.5点

FxPro(FXプロ)

ESN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評価点
(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.5+取引手数料(片道0.7)=1.4pips3.0
板情報利用可能(cTrader)5.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
・レバレッジ 500倍
・最低入金額 5万円
・最低取引量 1,000通貨
4.0
安全性・ライセンス・2万ユーロまで信託保全
・ICF(投資家保護基金)加盟
・英国FCAライセンス
5.0
総合評価点数 4.25点

TitanFX(タイタンFX)

ESN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評価点
(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.2+取引手数料(片道0.35)=0.9pips5.0
板情報なし2.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
・レバレッジ 500倍
・最低入金額 2万円
・最低取引量 1,000通貨
4.0
安全性・ライセンス・全額信託保全(Natinal Australia銀行の信託口座に分離管理)
・NZFSPライセンス
5.0
総合評価点数 4.0点

HotForex(ホットフォレックス)

ESN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評価点
(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.2+取引手数料(片道0.3)=0.8pips5.0
板情報なし2.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
・レバレッジ 200倍
・最低入金額 1万円
・最低取引量 1,000通貨
4.0
安全性・ライセンス・キプロス口座(2万ユーロまで信託保全)
・FSCA&FSC口座(分別管理キプロスライセンス)
4.0
総合評価点数 3.75点

XM(エックスエム)

ESN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評価点
(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.3+取引手数料(片道0.5)=1.3pips3.0
板情報なし2.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
・レバレッジ 500倍
・最低入金額 1万円
・最低取引量 1,000通貨
4.0
安全性・ライセンス・キプロス口座:2万ユーロまで信託保全
・セーシェル口座:一部信託保全
・欧州10カ国で金融業者登録済
5.0
総合評価点数 3.5点

LANDFX(ランドFX)

ESN口座ポイントECN口座評価内容ECN口座評価点
(5点満点)
トータルコスト平均スプレッド0.5+取引手数料(片道0.35)=1.2pips3.0
板情報なし2.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
・レバレッジ 500倍
・最低入金額 20万円
・最低取引量 1,000通貨
3.0
安全性・ライセンス・5万ポンド(約700万円)まで信託保全
・FCAライセンス
5.0
総合評価点数 3.25点

海外FXのSTP口座の概要

各海外FX業者のSTP口座概要

当サイトでも紹介している海外FX業者の中でSTP取引が行える口座は、

  • XM(エックスエム)・・・マイクロ口座、スタンダード口座
  • HotForex(ホットフォレックス)・・・ゼロスプレッド口座
  • Axiory(アキシオリー)・・・スタンダード口座
  • TitanFX(タイタンFX)・・・スタンダード口座
  • LAND-FX(ランドFX)・・・プロフェッショナル口座
  • FxPro(FXプロ)・・・MT4/MT5/Markets口座

となっています。

STP口座の中でもスプレッド重視の方はHotForex、LAND-FX、Axiory、TitanFXがおすすめです。

取引量が少ない方なら500円&10通貨からのXMがダントツおすすめとなります、また、ボーナス資金をとにかく活用したい方はXM、HotForex、LAND-FXがおすすめです。

海外FX業者最大レバレッジスプレッド
(ドル円平均)
初回最低入金額最小取引単位
XMTading888倍1.70pips500円10通貨
HotForex1,000倍0.90pips500円1,000通貨
AXIORY400倍1.50pips2万円1,000通貨
TitanFX500倍1.30pips2万円1,000通貨
LAND-FX500倍1.30pips1万円1,000通貨
FxPro500倍0.50pips5万円1,000通貨
  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-海外FX業者の比較・ランキング
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.