海外FX業者の評判・レビュー

【FXSuitの評判】出金拒否?3すくみスワップなど気になるから調べてみた

更新日:

fxsuitレビュー

FXsuitというFX業者が何かとTwitterで話題なので色々調べてみました。

甘エビ太郎
結論......
 『安全第一』ならやらない方がいい、『リスク承知で失ってもいい資金でこつこつと利益出したい』という人はやってみても面白そう。

利益になる仕組みはしっかりしています。
ただ経営している会社に不安が残るので、人によって何を優先するか、で決めれば良いと思います。

3すくみスワップポイント運用の仕組みを解説

まずFxsuitの「利益になる仕組みがしっかりしている」という点から解説します。その後不安な面や懸念点などを解説していきます。

3すくみスワップポイントとは?

Fxsuitという海外FX業者がTwitterで話題になったのは、このスワップポイントに仕掛けがあるからです。仕組みがわかると本当に何もせずに利益が上がっていく仕掛けが出来上がっているなと思います。

簡単に言うと、以下の通りにFxsuitでポジションを持っておけば、損益が相殺されてスワップポイントだけで稼げるという手法です。

  1. EURUSD(ユーロドル):ショート(売)1Lot相当額
  2. EURJPY(ユーロ円):ロング(買)1Lot相当額
  3. USDJPY(ドル円):ショート(売)1.10Lot相当額

ポジション取りは「1:1:1.10(レートにより変動)」です。

1:1:1じゃないです。
理由は簡単で、1ユーロ=1ドル=1円、ではないから。

ドル円のロット数だけ、ユーロドルレートに変換します
例えば、この記事を書いているときのユーロドルは1ドル=1.10ユーロなので、ドル円は1.10lotにします。

そうすると以下のように損益を固定でき、スワップポイントだけで約500円毎日資金が増えていくという仕組みになっています。

  • EURUSD(ユーロドル)売り:7.8ドルのプラススワップ
  • EURJPY(ユーロ円)買い:スワップポイントなし
  • USDJPY(ドル円)売り:2.938ドルのマイナススワップ

ポジションを1か月保有した場合、5ドル×30日で150ドル(1万5,000円)。
10万円入金すれば、月利約15%で運用できる、というわけです。

手数料なしの口座を選択しよう

Fxsuitには取引口座が2種類ありますが、3すくみスワップポイント運用をしたいなら「手数料なし」の口座を選びましょう。

  • STP/ECNオールゼロ口座は、1Lot=700円の手数料がかかる
  • STP/ECN手数料なし口座は、手数料が発生しません

スワップポイント運用をするなら、名前の通り手数料なし口座にしましょう。
手数料なし口座はスプレッドがオールゼロ口座より広めですが、スワップポイント運用だけしていくなら問題ないでしょう。

口座スペックは以下の通りです。

項目オールゼロ口座手数料なし口座
最小スプレッド(EURUSD)0.2pips1.5pips
最低必要証拠金500ドル500ドル
最大レバレッジ200倍500倍
基準通貨JPYJPY,XBT
最低ロット数0.01lot0.01lot
手数料700円/lot0

ロスカット率、ゼロカットはあるのか、などはサポートセンターに連絡していますので、連絡あり次第追記します。

ロスカット水準は80%、ゼロカットはあるようです。以下回答メールのスクリーンショットを貼っておきます。
(ちなみに返信は2~3週間後に来ました!おせえ!笑)

FXスーツ回答

黄色部分が回答です。(グレー部分は私の質問内容です)

甘エビ太郎
まあなんにせよゼロカットがあるのはプラスですね。

出金など気を付けたい点

以下からは不安な面や、トレードしたいという人には気を付けて欲しい点を挙げていきます。

いくつか明確じゃない点はサポートセンターに連絡したんですが、音沙汰ないので連絡あったら追記します。

出金は入金後に取引しないと半年間できない。

まずは出金に関していくつか注意点があります。

一つは入金後は半年間は出金できません。

調べていくと、入金後取引すれば期間は関係なく出金できる、との内容を見かけました。
が、Twitterなどでは取引しようがしまいが半年間は絶対に出金できない、といった内容も見かけました。

サポートセンターに連絡していますので、連絡あったら追記します。
いずれにせよ、半年間は出金できないつもりでいた方が良いでしょう。

いつ出金するにしても30%の手数料が発生する

もう一つ出金に関しての注意点は、

  • 出金には30%の手数料が発生する

という点です。
30%は割と大きい金額ですから、半年間のしばり同様、トレードである程度の利益を上げないと元がとれません。

少し考えて入金から取引、出金までしていく必要がありますね。

入金も5万1円以下だと980円の手数料がかかる

入金の際にも手数料が発生する場合があります。
5万1円以下だと980円の手数料がかかります。

出金の30%などと比べると安いですが、それでも抑えられる手数料は抑えたいですよね。
入金は5万1円以上を目安にした方が良いでしょう。

90日間使っていない口座は、凍結する(※追記あり)

(2020/1/22追記)
現在「90日使っていない口座の資金没収はない」との情報を得たので、改めて規約についてFXSUITのサポートセンターに連絡しています。返信があり次第追記します。
(聞いている内容は、規約の日本語訳と、休眠口座・口座凍結の条件、口座凍結したときは手数料はどの程度引かれていくのか?ということです。)

(2020/1/27追記)
この項目は追記内容を含め、書き直しています。なお以前は「90日間使っていない口座は全額証拠金をとられてしまう」と書いていましたが、間違いでした。申し訳ございません。
改めてサポートセンターに連絡をとって事実確認をしたので、そのメール内容も一緒に公開します。

FXSUITでは90日間”使っていない口座”は、凍結となり、取引ができなくなります。

使っていない口座とは、ポジションも持っていなくて90日間入金・取引をしていない口座です。
なので口座に入金してから90日間(3か月)何もしていない、という人は半年は出金もできないので最低1~2度はトレードする必要があります。

口座凍結の扱い:サポートセンターに聞いてみた(※1/29追記)

FXSUITの口座凍結の扱いについて、改めてサポートセンターに連絡しました。
聞いた内容は...

  1. 規約の日本語訳
  2. 口座凍結する条件
  3. 口座が凍結した場合、手数料はかかるのか?
  4. 口座凍結した場合、証拠金の保管期間は?

主にこの4点です。

以下が私が送ったメールと、FXSUITの回答です(黄色部分が回答です)。

FXSUITの返信

FXSUITの返信2

FXSUITサポートセンターの回答をまとめると以下の内容となります。

回答まとめ

  1. 規約の日本語訳
    (答え)日本語訳にはできない。
  2. 口座凍結する条件
    (答え)3か月以上、利用がない場合に口座凍結する。
  3. 口座が凍結した場合、手数料はかかるのか?
    (答え)かからない。取引以外では手数料が差し引かれることはない。
  4. 口座凍結した場合、証拠金の保管期間は?
    (答え)きまりなし。永久的に保管される。

口座凍結はされるものの、永久的に証拠金は保管されるということです。

ちなみにサポートセンターの返信は一度目は1日で、次はだいだい4日後でした。ちょっと遅いですが、まあ許容範囲内ですかね。

金融ライセンス無登録

Fxsuitは金融ライセンスを所持していません。
公式サイトに載っているのはバミューダの法人登録番号ですので、ライセンスではありません。

実際にバミューダ金融公式HP(BMA)で「Salvax Limited」を検索しても何も表示されません。

日本では国の営業許可=金融庁に登録が必要なので勘違いしがちですが、バミューダは国の登録と金融庁の営業許可(ライセンス)は異なります。

信託保全はなし

Fxsuitには信託保全もありません。
なのでもしもFxsuitが倒産(計画倒産含め)ないし、経営破綻した場合、資金の補償などは期待できません。

分別管理は行っています。
顧客と会社の経営の資金は別に保管されているようですね。

運営元「Salvax Limited社」が運営する別の会社がSCAM判定されている

運営元の会社「Salvax Limited社」が運営する別の会社がSCAM判定を受けています。

FXPaceというFX業者ですが、海外FXの掲示板サイト(FPS)で詐欺認定されています。
口コミで評価が低い業者もFPSには割とありますが、scam判定を受けているところとなると何か問題を起こしている可能性が高いです。

実際IronFXというFX業者と関連があるとの情報があります。

詐欺業者で有名なIronFXも関係している

以下はFPSの引用です。

2019年7月:FXPaceの一部はSalvax Companyの傘下にあります。 また、IronFxが所有するNotesco社の下にあります。

IronFxはFPAによって詐欺としてラベル付けされています。 

つまり、Fxsuitの「Salvax Limited」社の下には詐欺認定されたFXPeceがいて、FXPeceの関連会社にIronFXという詐欺業者がいる、ということです。

IronFXは、アジアでの多数の出金拒否の苦情、ヨーロッパでは多くの訴訟を起こされてきています。
ライセンス元のキプロス証券取引委員会が実態調査に踏み切り、結果、罰金命令を下した経緯もあり危険なFX業者です。

サタンプロジェクトと似ている

サンタプロジェクトとは、SNS上で起きた詐欺事件(?)と言われる案件です。
事件のあらましは以下の通り。

  1. FX投資に関するSNSアカウントから、プロトレーダーさながらのトレード内容を公開していく
  2. ZOZOの前澤元社長がやったような現金バラマキを実行(本当にやったかはわからない)
  3. フォロワーが増えたところで、月利15%のコピートレード(MAM)へ勧誘
  4. IronFXで口座開設させる
  5. 本当に15%以上の稼ぎを出して、フォロワーを安心させる
  6. しかしある日突然「ロスカットされた」といって、フォロワーの資金もろとも消えた

この詐欺事件で推定5000人以上の被害者が出たと言います。

立件はされていないものの、IronFXという詐欺認定されいるFXブローカーで口座開設させるなど怪しさは満点です。

月利15%という数字や、IronFXというブローカー絡みであるという点を踏まえるとFxsuitという業者が不安だ、詐欺なんじゃ?という声が多いのも頷ける話ですね。

【まとめ】FXSuitは割としっかりしていそう

Fxsuitはスワップポイント運用でプロモーション活動をして、利益度外視で知名度を上げようとしている、と聞きました。

確かにそれも事実でしょうが、手数料周りで利益を出しているのも事実でしょう。

出金の際に30%かかったり、少ない入金に対しても980円ほどですが手数料を設けており、FX会社の利益となる仕組みもちゃんとできていますね。

読んでくださった方はそのあたりにも気を付けて、使うかどうか判断してみてください。
私は詐欺認定されているIronFXと関連があるという段階で絶対に使うことはないでしょうけど。

(追記)ただ、最近は出金拒否なども聞かず、3すくみスワップポイント運用している人も増えてきました。
冒頭でも述べましたが、リスク承知でならやってみても面白いと思います。

  • この記事を書いた人

甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-海外FX業者の評判・レビュー
-

Copyright© 海外FX口座のエキスパートが厳選!おすすめFX業者を紹介! , 2020 All Rights Reserved.