海外FX おすすめ情報

海外FXでスキャルピングをやるならどこがいい?コツや手法も解説

海外FXでスキャルピングをやるならどこがいい?

ここでは海外FXでスキャルピングをやるにはどの海外FX業者が良いか、をランキングにして解説します。

また海外FXでスキャルピングをするためのコツ・手法も合わせて紹介します。

海外FXでスキャルピングやるならココ!おすすめランキング5選

海外FX業者でスキャルピングするためには、スプレッドが狭い、約定力がある、スキャルピングがそもそも禁止されていない所、といったFX業者を選ばなくてはいけません。

そんなスキャルピングができる好条件の海外FX業者をランキング形式で5つ紹介します。

  1. AXIORY
  2. TitanFX
  3. GEMFOREX
  4. Tradeview
  5. Hotforex

1位.AXIORY

1位はAXIORYです。ナノ口座か、テラ口座を選んで口座開設しましょう。

スプレッドが狭いことはもちろん、約定力もあり、日本語サポートも完備しています。

レバレッジ400倍で、証拠金が増えれば規制がかかるものの、1000万円以上からなので特に最初に始める人は支障はないのではないでしょうか。

またゼロカット完備信託保全あり(AXIORYが倒産したなど、もしもの時に全額補償がある)と、保障体制も良いのでかなりおすすめです。

AXIORY評判
AXIORYの評判!出金トラブルなど不安なら読むと吉【なぜ私が使い続けるのか】ここではAXIORYの評判について解説します。出金拒否などのトラブルはあるのか?すべて正直に話していきます。なぜ私もずっと使い続けているのかも解説します。...

2位.TitanFX

TitanFXはスプレッドが狭く、スキャルピングがやりやすい海外FX業者です。

中でもブレード口座は通常の口座よりスプレッドが狭い口座タイプになるので、TitanFXでスキャルピングに挑戦したい方はこちらを選択しましょう。

通常のスタンダード口座でもスプレッドが狭い部類なので、スキャルピングの前に通常トレードをしたい、という方でもTitanFXでなら問題なくトレードできます。

TitanFX評判
【TitanFXの評判】口コミ・特徴・使用感を長所短所でまとめてみたTitanFXの評判をまとめました。また私が使ってきての感想や、どういったメリット・デメリットがあるのかもまとめましたので、参考にしてください。...

3位.GEMFOREX

GEMFOREXもノースプレッド口座を選んで口座開設しましょう。名前の通りスプレッドも狭く、取引手数料がかかりません。

ただしEAなどは使えず、取引通貨ペアも他社と比べて少なめです。初回入金額も30万円とややハードルが高くもなっています。

その分、AXIORYやTitanFXと比べて取引手数料がかからないため、実質スプレッドも狭くなることも多く、その点で大きいメリットと言えるでしょう。

Gemforeのノースプレッド口座
GEMFOREXのノースプレッド口座は超低スプレッド、メリットとデメリットもズバリ解説!GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではスタンダード口座に相当するオールインワン口座とノースプレッド口座を利用できますが、ノースプレッド...

4位.Tradeview

4位はTradeviewです。

TradeviewではスキャルピングがやりやすいILC口座などがおすすめです。

初回入金額が10万円なのでGEMFOREXよりは始めやすい反面、早朝時にはスプレッドが広がるなど、やや使いにくい点もあるため、4位にしました。

トレードビューのスプレッドアイキャッチ画像
【Tradeviewのスプレッド】競合他社と比較!早朝時の注意点もTradeview(トレードビユー)のスプレッドは業界でもかなり狭い部類です。 ここでは以下の3点などを深堀りしていきます。 ...

5位.Hotforex

5位はHotforexです。スキャルピングを行いたい方はゼロスプレッド口座で口座開設しましょう。

Hotforexのゼロスプレッド口座はレバレッジ500倍、ロスカット水準20%と平均的ですが、スプレッドが狭いことはもちろん、2万円から始められる点やEAも使える点など、メリットも多いです。

AXIORYやTitanFXと比べるとスプレッドが少し広めという点で5位にしました。

HotForex評判
HotForexの評判|メリットとデメリットを正直に話すHotforexの評判について、メリット・デメリットを正直に話していきます。なぜ私が4番目に推すのか、会社への不安はないの?などすべて回答していきます。...

スキャルピングにはXMのZero口座は使う価値なし

確かにXMtrading(XM)のゼロ口座は、XMのスタンダード口座よりはスプレッドも狭く、スキャルピングも禁止されていないため、スキャルピングはできなくもないです。

ただしどうしても他の海外FX業者の狭いスプレッドを見ると、XMでは使う気がなくなりmす。

ただ「XMのスタンダード口座で慣れている」「XMしか使う気がない」という方でスキャルピングに取り組みたい方は良いかもしれません。

iforexはスプレッドが狭いものの、スキャルピング禁止

iForexはスプレッドがとても狭く、使い勝手が良い反面、スキャルピングを禁止している海外FX業者です。

またDD方式な疑惑がありますので、あまり使い勝手が良くないでしょう。

海外FXでのスキャルピング手法、勝つコツ

次は海外FXでのスキャルピング手法・勝つためのコツを紹介します。

利確ラインを決めておく

コツとしては、あらかじめ利益確定するラインを決めておきましょう。

利益確定するラインは、各々が決めるべきですが、最初はスプレッドと手数料を加味しても稼げるレベルを把握しておき、そのラインを超えてある程度伸びたら、などと決めておくといざ決済となっても迷わずにすみます。

一番決済する時に迷うことが悪く、決めたらその時点で利確すると自分でルールを作っておきましょう。

損切りラインを決めておく

もう一つのコツとして、利確ラインと同じように損切りラインを決めておきましょう。

損切りラインは利確と同じように、何pips反対方向にチャートが伸びたら損切りすると自分でルールを設けておきましょう。

損切りは利確以上に大事です。
証拠金維持率を加味しながら損切りは徹底すると損失を小さくできます。

FXでは100戦100勝できる人はまずいません。スキャルピングを始める前に必ず損切りラインを定めましょう。

取引環境を整えておこう

スキャルピングをやる場合、なるべく通信環境やPC環境を整えておきましょう。

特に通信速度は大切です。1秒を争うタイミングもあるため、すぐに利確・損切りできた方がよいです。

PCでやる場合はなるべく有線接続しておきましょう。スマホならWifiより4G,5Gにした方が早く約定します。

ですがなるべくならPCでやりましょう。
何個もポジションを持ったり、早い操作感が求められたりするので、PCの方が圧倒的にやりやすいです。スマホは正直論外です。

トレンドに乗ったら乗り切る。レンジでは見極めが大事

トレンド相場に乗ったら早めの決済というより、乗り切って反転基調になってきたらポジションを閉じましょう。慣れてきたら何個も連続でポジションを持っても良いでしょう。

スキャルピングはレンジ相場でも何回も取引できるのが強みです。

とはいえ、レンジではチャートが何度も上下するため、ポジションを持つタイミングや閉じるタイミングを見極めることが大事です。見極めはデモ口座を使いながら練習することが一番近道だと考えていますが、レンジでは相場の予想が難しいため、最初はトレンド相場で練習することが良いでしょう。

まとめ

海外FXで、スキャルピングをやるなら以下の5業者から始めてみてください。

  1. AXIORY
  2. TitanFX
  3. GEMFOREX
  4. Tradeview
  5. Hotforex

XMでスタンダード口座を使い慣れている人で、FX業者を変えたくない人などはXMのゼロ口座でスキャルピングに慣れる程度に使うのは良いのではないでしょうか。

また一旦デモ口座でスキャルピングの練習などをしておくと勝率も変わってくると思います。

この記事を書いた人
   甘エビ太郎  
甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA