FXの用語

FXの1pipsはいくら?pipsの価値を把握してトレードに活かそう

1pipsとは?トレードに活用しよう

ここではFX取引における1pips(ピップス)がいくらなのか?といった疑問に答えていきます。

結論、FXの1pipsは取引する通貨ペアによってことなり、以下のようにあらわせます。

  • 日本円がらみの通貨ペア:1pips=0.01円
  • それ以外の通貨ペア:1pips=0.0001ドル(ドルストレートの場合)

詳しく解説していきます。

1pipsとは?FXの最小単位

1pipsいくら?

pipsとは、FX取引のための単位で、通貨ペアの値幅を表す最小単位のことです。

この単位があることで、異なる通貨ペアでも利幅やスプレッドを同じ単位で統一して表現できるようになりました。

1pipsは単位は、日本円が絡むかどうかで変わってきます。

  • 円が絡む通貨ペア:1pips=0.01円(1銭)
  • 円が絡まない通貨ペア:1pips=0.0001通貨単位

例えば、ドル円=1ドル100円の時、100.00円から100.01円になると「1pips」動いたことになります。100円から101円になると「100pips」動いたと表現します。

通貨ペアごとに「1円」動いた、というような言い方をしなくて済むので、FXにおいてはpipsがあることですべての通貨ペアで同じように通貨変動を表現できます。

1pipsはいくらになるのか?計算方法

1pipsがいくらになるのかは、簡単な計算式で表すことができます。

エントリー数 × 0.00001 × 為替レート

例えば、ドル円で10万通貨でポジションを持ちます。この時のドル円は1ドル100円でした。

10万×0.0001×100円=1,000円

1pips=1000円、と表せます。

また、ユーロドルで50万通貨でポジションを持った場合はどうなるでしょうか。この時の為替レートは1ユーロ1.20ドルでした。

50万×0.0001×1.20ドル=60ドル

ドルを日本円に直します。1ドル100円だとすると、60ドル=6000円になります。

つまり、この場合は1pips=60ドル=6000円になります。

通貨数量が多くなればなるほど、1pipsの価値も大きくなります。

つまりポジション数を大きくすればするほど、ハイリスクハイリターンになる、ということが分かるかと思います。

レバレッジには関係なく、取引通貨を増やせば増やすほど、FXでは危険度が増すので注意しましょう。

1pipsの価値、早見表

1pipsの価値を、簡単な早見表にしてみました。簡略化しているのでその通りにはなりませんが、参考値にはなるかと思います。

ドル円(1ドル100円)で取引する場合

  • ドル円(100円)で1,000通貨エントリー
    →1pips=約100円
  • ドル円(100円)で1万通貨エントリー
    →1pips=約1,000円
  • ドル円(100円)で10万通貨エントリー
    →1pips=約10,000円

ユーロドル(1ユーロ1.2ドル)で取引する場合

  • ユーロドル(1.2ドル)で1,000通貨エントリー
    →1pips=0.12ドル=約12円
  • ドル円(100円)で1万通貨エントリー
    →1pips=1.2ドル=約120円
  • ドル円(100円)で10万通貨エントリー
    →1pips=1.2ドル=約1200円

pips値の応用。損切りラインなどを設定しよう

1pipsの価値を算出する方法がわかったところで、今度は取引により使えるように応用してみましょう。

例えば、以下の場合…

  • 取引通貨ペア:ドル円(100円)
  • ポジション:10万通貨(1Lot)
  • 1pips=1000円

次のようなトレードに活かすことができます。

  • 2万円の利益が出たら決済したい(利益確定)

2万円÷1,000円=20.0pips

つまり、20pips(0.2円)変動したら決済するように予約注文を入れたり、その時点で決済ボタンを押すようにすれば「2万円の利益確定」ができます。

  • 1万円の含み損が出たら損切りしたい

1万円÷1000円=10.0pips

つまり、10pips(0.1円)変動したら損切りになるように逆指値を入れて置いたり、その時点で決済ボタンを押せば「1万円の損切り」ができます。

上記の2つを利用して、指値・逆指値を入れておく(OCO注文)ことで自分の思い通りに利益確定・損切りができるようになります。

証拠金とよく相談しながら先にこのOCO注文などを覚えておくと、FXでの勝率も変わってくるのではないでしょうか。

OCO注文IFD注文OFO注文
MT4での注文方法「OCO注文、IFD注文、IFO注文」を覚えてトレードに勝つ!MT4では成行注文や指値・逆指値注文の他に、それらを組み合わせて、OCO注文、イフダン注文(IFD注文)、IFO注文という注文方法もあり...
ABOUT ME
甘エビ太郎
FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です