FXの用語を初心者でも分かるように解説!

FXの用語解説

知っておくべきFXの用語は?

FXでトレードを行う上でよく出てくる用語があります。

  • 証拠金
  • レバレッジ
  • スプレッド
  • スワップポイント
  • ロスカット
  • 追証
  • ゼロカット

以上の用語は、必ず押さえておきましょう。

証拠金

証拠金とは、取引を行う際に担保する資金のことです。
また、その中でも取引をするうえで最低限必要な資金を”必要証拠金”といいます。

必要証拠金は、取引をする金額や後述する「レバレッジ」により異なります。

レバレッジを活用することで、証拠金以上の取引も可能になるため、FXは比較的少額で始めることが出来ます。

レバレッジ

レバレッジとは

レバレッジとは、簡単に言うと"てこ"(てこの原理)のことで、FXでは「証拠金以上の倍率をかけること」をいいます。

例えば、証拠金(資本金)が10000円の場合、通常10000円分しか取引を行えません。
ただし、レバレッジを活用することで、2倍(20000円)以上の取引を行う事が出来ます。

かけることのできる最大レバレッジの上限は、

日本のFX会社:~25倍
海外のFX会社:~1000倍
(※FX会社により最大レバレッジは異なります。)

レバレッジを活用する最大のメリットは資金効率を良くすることです。
ただし、損失もかけた分負うことになるので、注意が必要です。

スプレッド

スプレッド解説

買値と売値の差額のことで、FX会社への手数料という認識でいいでしょう。
その差額は通貨ペアやFX会社によって異なります。

例えば、ドル円で取引を行う際にレートが、

  • 1ドルを買う:100円5銭
  • 1ドルを売る:100円1銭

の場合、差額である「4銭」がスプレッドとなります。

このスプレッドが、取引を行う際に手数料として”1通貨毎”に発生します。

スワップ(スワップポイント)

スワップとは、2国間の通貨の金利差のことです。
金利が高い通貨を買い、金利が低い通貨を売った場合、その金利差(スワップ)を得ることが出来ます。
反対の場合、金利差を支払うことになります。

スワップが発生する条件としては、ポジションを日をまたいで持ち越した時です。
その日のうちにトレードを完結すれば発生しないので、スワップでの損益を望まない方はできるだけその日のうちに決済するようにしましょう。

このスワップを意識したトレードを行うのもFXの戦術のひとつです。

ロスカット

ロスカットは、含み損(損をしている状態)のポジションを自動で決済する「損切り」のことです。
トレーダーが大きな損失をすることを防ぐために、FX会社が指定する基準に達するとロスカットが行われます。

国内FX会社では証拠金の100~50%に達した場合に、海外FX会社では20%に達した場合にロスカットとなる場合が多くなっています。

追証(おいしょう)

追証は、証拠金(資本金)以上の損失が出た際に、その分を払う(証拠金を追加する)といったことです。
言い方を変えれば借金ともいえるでしょう。

追証を支払わないと、基本的には次の取引が行えなくなります。

海外FXでは、後述する「ゼロカット」というシステムがあるため、追証は発生しないことがあります。

ゼロカット

海外FXのゼロカット

ゼロカットは、証拠金以上の損失をゼロにしてくれる海外FX特有のシステムです。
相場が大きく変動したり、システム上処理が追い付かなかったことによる損失(ロスカットが間に合わない時)に対して、FX会社側が損失補填してくれるのです。

海外FX会社ではレバレッジを高く設定できるため、ゼロカットによる救済措置があるのだと言えるでしょう。

FXの用語に関する記事

「FX用語」では、FXの専門用語を解説しております。

FXでは難しい言葉が使われることが多々ありますが、ここではその専門用語をなるべく簡単に詳しく解説しています。
また、仮想通貨FXに関しても、専門用語という観点から解説していますので、仮想通貨とはなにかわからない、という人も記事を読んでいくとわかるのではないでしょうか。

FXの用語解説ですが、海外FXの特質上、ゼロカットという、国内FXにはない仕組みなども説明しています。
国内FXのロスカットと比較してどのようなメリットがあるのか、なぜ海外FXのゼロカットのほうが良いのかなども説明してます。

no image

FXの用語

FXで耳にするa-book(Aブック)、b-book(Bブック)とは?海外FXはどっち?

海外FXに触れていくと、a-book、b-bookという言葉を耳にするかと思います。 簡単に説明すると、a-bookはNDD方式、b-BookはDD方式という認識でも問題ないとは思いますが、どちらが悪 ...

レンジ相場トレンド相場

FXの用語

【FX初心者】レンジ相場・トレンド相場を見分けて勝つ!

2019/7/16    

チャート上にはトレードを大きく左右する波があります。その形にはそれぞれ特徴があります。 またそのような特徴的な波の形を、レンジ相場とトレンド相場に分類でき、これを理解することでテクニカル分析に基づいて ...

成行、指値、逆指値注文

FXの用語

【FX】成行注文・指値注文・逆指値注文とは?用語解説します

2019/8/23    ,

FXには様々な注文方法があります。 本記事では「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3つの注文方法を詳しく解説します。 各注文方法を理解して、自分にあった注文方法を選びましょう。 基本的な注文方法 ...

FXの用語

【FX初心者は必見】FXとは?素人でもわかるように説明します!

2019/7/16    ,

FXとは投資の一種です。 よく「ギャンブル」と言われたりもしますが、ギャンブルではありません。 資産運用の一つで、どのように資産を増やしていくかを考えて投資することで、相場を分析することから利益を確立 ...

スプレッド比較

FXの用語

海外FXのスプレッド比較!業者別と国内との違いまで紹介します!

「スプレッド」とは買い値と売り値の差額のことを言います。 今回なぜそれらが広がってしまうのかを解説します。 一言でまとめると以下のとおりです。 レートの急激な変動 流動性が低い カバー先が少ない そん ...

証拠金維持率とは?

FXの用語

XMの証拠金維持率20%!ロスカットされないために計算しよう

2019/8/14    , ,

XMでロスカットされないためにはロスカット、証拠金維持率の理解が必要です。 また、証拠金維持率などを求める計算式などを紹介していますが、XMの自動計算ツールで自動で求めることもできます。 ここではその ...

海外FX:ゼロカットが必要な理由

FXの用語

国内FXのロスカットは不十分!海外FXのゼロカットで借金を防げ!

国内FX業界では、よく「証拠金以上の損失が発生しないようにロスカットが導入されているので安全」と言われていますが本当でしょうか? 実は「ロスカットの機能だけでは証拠金上の損失の発生を100%防ぐことは ...

海外FXのNDD方式と国内のDD方式の違い

FXの用語

【FX用語解説】海外FXのNDD方式、国内FXのDD方式の違い

2019/7/16    ,

FX取引では、投資家が出した注文は必ずFX業者を経由して取引市場で売買が行われますが、注文がFX業者を経由する際の処理方法には2種類の方式があります。 海外FXでは多くの場合NDD方式(ノーディーリン ...

海外FXのゼロカット

FXの用語

ゼロカットとは!その特徴やデメリットはあるのか?実行の時期も比較

海外FXのゼロカットシステムとは? ゼロカットとは、海外FXだけに導入されている独自のサービスであり、想定以上の相場変動時、ロスカットが発動しない場合にその「追証」という”借金”をゼロにしてくれるサー ...

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.