FX 用語

海外FXのゼロカットとは?そのメリット・デメリットは?

更新日:

海外FXのゼロカットとは?そのメリット・デメリットとは?

海外FXのゼロカットとは?

証拠金以上の損失はゼロ

ゼロカットとは、海外FXだけに導入されている独自のサービスであり、想定以上の相場変動時、ロスカットが発動しない場合にその「追証」という”借金”をゼロにしてくれるサービスです。

またゼロカットとは、ハイレバレッジ(自分の資金の100倍や400倍などの額で取引できるシステム)と並んで海外FXだけに導入されている仕組みであり、国内FXには導入されていないサービスです。

そのため、FX取引を始める際に国内FXと海外FXを比較して、ゼロカットを口座開設の決め手にして海外FX口座を開設している人は少なくありません。

FX取引では、ロスカット(ポジションの損益がある程度のレベルに達したときに強制的に決済される制度)が発動しなかったり、スリッページ(注文した価格と実際に約定された価格の差)によって証拠金以上の損失が発生し「追証」(借金)の支払いを余儀なくされることもあります。

そんな事態に陥ったとしても、海外FXにはゼロカットが導入されているため、証拠金以上の損失をゼロに戻すサービスなので「追証」が発生しません。ですので、証拠金以上の損失は絶対に追うことはないのです。

ポイント

つまりゼロカットとは、証拠金以上の損失をゼロにリセットすることから損失を「証拠金だけに限定できる」メリットがあり、自分が入金した資金以上の損失を回避できるのでロスカットだけの場合よりも安全な取引ができます

海外FXのゼロカットを利用すべき理由!

FX取引で利益を積み重ねるには”常勝”するか、”負けを少なくすればよい”のですが、それは決して容易なことではありません。

FX取引において百戦錬磨はあり得ないことであり、通算して十分な利益を確保するには、損失のリスクをできるだけ少なくするしかありません。

そのためには、もともと損失リスクが少ない取引環境が備わっているFX口座を利用するべきであり、その意味から、「追証」の負担をゼロにするゼロカット制度が導入されている海外FX口座を選ぶべきなのです。

ゼロカットのメリット:スムーズに利益を増やせる

ゼロカットは借金がゼロ+トレードに失敗しても損失が小さい

ゼロカットが導入されていない国内FXでは、証拠金以上の損失が発生すると「追証」の負担によって、全ての資金がなくなったり、残高金額がマイナスになり借金を負う可能性がありますが、ゼロカットが導入されている海外FXではそのようなリスクが全く無いのが大きなメリットです。

ゼロカット制度が導入されている海外FXでは、国内FXでの上記のようなリスクがまったく無いことからスムーズに利益を積み上げることができるメリットがあります。

さらに、海外FXならではのハイレバレッジも活用すれば少ない証拠金で取引ができるので、トレードに失敗しても損失を小さくすることができます

損失を抑えてくれるゼロカットのメリット

”証拠金1万円”を保有しているときに、ロスカットが発動されずスリッページによって”証拠金の1万円が残高0円”になり、証拠金以上の”損失2万円”が発生した場合のゼロカットの例は以下の通りとなります。

ロスカットだけの場合

  • 証拠金1万円の損失+損失2万円=3万円の損失

ロスカットだけの場合、合計3万円の損失

証拠金残高の1万円がゼロになってしまったのに加え、さらに損失が2万円出た場合、合計3万円の損失になります。

国内FXでは、2万円の損失額は自己負担となるため、次の取引に進むにせよ、FXを辞めるにせよ、この損失額2万円を国内FX業者に支払わなければなりません
簡単に表すと、「口座残高1万円→口座残高0円、さらに-2万円の損失になった」ため、この2万円を自己責任で負担する必要があるのです。

しかし、ゼロカットがある海外FXですと話は別です!

ゼロカットが導入されている場合

  • 証拠金1万円だけの損失で、2万円の損失(借金)はゼロになる!

ゼロカットの場合、合計1万円だけの損失

ロスカットでは3万円の損失となりますが、ゼロカットがあると損失は1万円だけとなり、口座残高の目減りが少なくて済み、結果、ロスカットだけを導入しているFX口座よりも利益を増やしやすいメリットがあります。

「ゼロカット+ハイレバレッジ」によってスピーディーに利益を増やせるメリットがあるのが海外FXの魅力でありメリットであると言えます。

ゼロカットのデメリットはない!

ロスカットという損切りが発動できない相場急変動時に発生してしまう損失(借金)をゼロにしてくれる制度がゼロカットでしたが、ではそんなゼロカットのデメリットとはなんでしょうか。

結論からいうと、”ゼロカットにデメリットはない”と言っていいでしょう。

しかし、中には「ハイレバレッジを使ってトレード資金を大幅に減らしてしまうことにつながるのでは?」といった不安や、「スプレッドが広いのでは?」といった疑問もあるかと思いますので、その疑問に回答していきます。

ゼロカットのデメリット?疑問点

  • ハイレバレッジによる資金管理がずさんになりがち?
  • スプレッドが広いって本当?

ゼロカットのせい?ハイレバレッジで資金を大きく減らしてしまう?!

ハイレバがあっても資金管理にゼロカットは関係ない

ゼロカット制度を導入しているFX業者は、ハイレバレッジが可能である場合がほとんどです。
つまり、ハイレバレッジを使った場合、資金管理の面で「リスクもあるのか?」と不安に思う人もいるでしょう。

確かにゼロカット制度を導入しているFX口座で、損切りのできないトレーダーがレバレッジを高くしてトレードした場合、自分の資金をゼロにしてしまう可能性が高いといえます。
「ゼロカットがあるから」といった安心感がギャンブルのような無理なトレードをしてしまう、ということでしょう。

しかし、ギャンブルのように資産を使ってしまうトレーダーは、ゼロカットがないFX口座にしたとしても結果は同じです。
ですので、まず資金管理を徹底することを念頭におくようにするべきです。

また、ゼロカットが適用されるのは、ロスカットが間に合わなかった場合の損失であるため、そもそも資金管理がまだ正確にできない人は相場の急変動時である経済指標時のトレードなどは控えるようにすると良いと言えます。

さらに言えば、ゼロカットが導入されているFX業者でも、レバレッジは自分で選択してトレードすることができます。
例えばXMではレバレッジを欠けない1倍からのトレードも可能ですし、2倍からのトレードも可能なので、自分の資金管理能力からレバレッジを選ぶこともできます。
詳しくは下記の記事からどうぞ!

ゼロカット適用FX口座はスプレッドが広い?

ゼロカット適用FX口座はスプレッドが広いが透明性が高く安全

ゼロカットの適用されている口座は、国内FXではありえないので海外FX口座ということになるでしょう。

確かに海外FXではスプレッド{買値と売値の差額}の広い口座が多いですが、その分そのスプレッドなどの手数料でしか会社の利益としません。

どういう事かというと、例えばゼロカットのない国内FXは、スプレッドが狭いため他で利益を上げようと、別の方法で多くの損失を被らせようとしていきます(スリッページなどノミ行為の恐れがある)。

ですが、ゼロカットのある海外FXはスプレッドだけで利益を上げているため、そのような悪質な操作はありません。

これを「国内FXはDD方式、海外FXはNDD方式という取引方式をとっている」と一言で言い表せるのですが、どういうことかは下記の記事で詳しく解説しています。

海外FXのNDD方式と国内のDD方式の違い
【FX用語解説】海外FXのNDD方式、国内FXのDD方式の違い

FX取引では、投資家が出した注文は必ずFX業者を経由して取引市場で売買が行われますが、注文がFX業者を経由する際の処理方法には2種類の方式があります。 海外FXでは多くの場合NDD方式(ノーディーリン ...

それでも「スプレッドが広いのは嫌だ」と思うのなら、ECN口座というスプレッドが狭い口座でFX口座を開設しましょう。
例えばXMでなら、ゼロ口座がECN口座に当たります。

海外FXのECN/STP口座とは?ECNの特徴をがっつり説明する!

海外FXでは「STP口座(スタンダード口座)」と「ECN口座」が用意されています。 ECN口座とSTP口座とではNDD取引(ノン・ディーリングデスク方式)が採用されており、海外FX業者のディーラーが取 ...

ゼロカットの方法、実行されるタイミングは?FX業者ごとに比較してみた

ゼロカットが実行されるタイミングを、当サイトで紹介しているFX業者で比較してみましたので、参考にしてください。

XMTrading(エックスエム) 次回入金時にゼロカット実行
HotForex(ホットフォレックス) 次回入金時にゼロカット実行
LAND-FX(ランドFX) サポートセンターにゼロカット申請をすることでゼロカット実行
TitanFX(タイタンFX) 平日ロールオーバー後(日本時間7時)
FxPro(FXプロ) 24時間以内に自動でゼロカット実行
AXIORY(アキシオリー) 24時間以内に自動でゼロカット実行

上の表を見ると、次回入金時にゼロカットが反映されるFX業者がXM、HotForexの2社、24時間以内に自動で実行してくれるFX業者がFxPro、AXIORYの2社、サポートセンターに連絡する必要があるのがLAND-FXになります。
なお、TitanFXはホームページにゼロカットはある、との表記があるものの、いつ実行されるのかわからず、メールで問い合わせてもまともな回答がなかったため、もしゼロカットで不自由なトレードがしたくなかったらTitanFXは避けるべきかもしれません。

※2019年3月追記:TitanFXのゼロカットの詳細がわかったので追記しました。

他の業者も、もし上記のタイミングでゼロカットが実行されなかったら、即時サポートセンターに連絡をしましょう。
なお、サポートセンターに連絡を入れる際、そのゼロカットされていない旨と、証拠金残高の画面をスクリーンショットを張り付けて送りましょう。

当サイトの一番下の欄に、各海外FX業者のサポートセンターのメールアドレスを載せているので参考にしてください。

まとめ:ゼロカットの特徴のおさらい

  • ゼロカットとは、海外FXだけに導入されている独自の制度であり、口座資金以上の借金を”ゼロ”にしてくれるサービス!
  • 国内FXではロスカット制度のみ、余計な借金を負担しなければならない可能性が!
  • 一方、海外FXにはロスカットもゼロカットも導入されているので安全安心!

以上の理由からも、海外FXがおすすめであり、初心者でFXを行おうとしている方こそ海外FXのゼロカットでリスクヘッジを行いながら取引をしていくべきです。

また、「どうしてロスカットだけではダメなのか?」といった理由には、以下の記事でさらに深掘りして答えています。ぜひ参考にしてください。

次におすすめ
海外FX:ゼロカットが必要な理由
国内FXのロスカットは不十分!海外FXのゼロカットで追証を防げ!

国内FX業界では、よく「証拠金以上の損失が発生しないようにロスカットが導入されているので安全」と言われていますが本当なのでしょうか? 実は「ロスカットの機能だけでは証拠金上の損失の発生を100%防ぐこ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

FXexpertner管理人

学生時代からFXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくった。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-FX 用語
-, ,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.