海外FX業者の比較・ランキング

海外FX業者の「金融ライセンス」と「信託保全」を比較、解説

更新日:

海外FX業者の安全性:金融ライセンスと信託保全を比較

海外FX業者を選ぶ際には「安全性」「信頼性」「儲かる環境」があるかどうかを判断基準にすべきであり、特に、大切な資金を海外FX業者に入金しながら取引を行っていくためには「安全性」を事前に確認しておく必要があります。

海外FX業者の「安全性」を見分けるためには、まず、金融ライセンスの取得状況を確認し、さらに、入金した資金と運用益がどうのように管理・保全されるのかもチェックしてなければなりません。

ここでは、海外FX業者の「安全性」をご確認いただけるよう各社の金融ライセンスの保有状況と信託保全の導入状況を以下にご紹介します。

おすすめ海外FX業者の「金融ライセンス」比較

海外FX業者 金融ライセンス保有・許認可登録状況
 XM(エックスエム)  セーシェル金融庁(FSA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、MiFID(欧州金融商品市場令)、英国金融行為監督機構(FCA)
 AXIORY(アキシオリー)  ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
 FxPro(FXプロ)  キプロス証券取引委員会(CySEC)、英国金融行為監督機構(FCA)、ドバイ金融サービス機構(DFSA)、バハマ証券委員会(SCB)
 TitanFX(タイタンFX)  ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
 HotForex(ホットフォレックス)  キプロス証券取引委員会(CySEC)、セントビンセント・グラナディーン金融庁、南アフリカ金融サービス委員会
 LAND-FX(ランドFX)  英国金融行為監督機構(FCA)、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
海外FX業者 金融ライセンス
許認可登録
XM(エックスエム)  セーシェル金融庁(FSA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、MiFID(欧州金融商品市場令)、英国金融行為監督機構(FCA)
AXIORY(アキシオリー)  ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
FxPro(FXプロ)  キプロス証券取引委員会(CySEC)、英国金融行為監督機構(FCA)、ドバイ金融サービス機構(DFSA)、バハマ証券委員会(SCB)
TitanFX(タイタンFX)  ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
HotForex(ホットフォレックス)  キプロス証券取引委員会(CySEC)、セントビンセント・グラナディーン金融庁、南アフリカ金融サービス委員会
LAND-FX(ランドFX)  英国金融行為監督機構(FCA)、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)

上記の通り当サイトおすすめ海外FX業者の全てが金融ライセンスを取得しており、XM、FxPro、LAND-FXは複数の金融ライセンスを保有し、欧州各国でMiFIDに準拠している許認可の登録も行われています。

金融ライセンスとは、金融規制当局がFX業者に対して「信頼の証」としてお墨付きを与えているものであるため、複数のライセンスを保有していない海外FX業者も安全であるわけですが、安全性の面で金融ライセンスを重視される方にとっては、XM、FxProとLAND-FXの3社がおすすめでしょう。

おすすめ海外FX業者の「信託保全」比較

海外FX業者 信託保全の導入状況
 XM(エックスエム)  投資家補償基金(ICF)による信託保全
 AXIORY(アキシオリー)  Sparkasse銀行の信託口座にて信託保全
 FxPro(FXプロ)  投資家補償基金(ICF)金融サービス補償機構(FSCS)による信託保全
 TitanFX(タイタンFX)  NAB(ナショナル・オーストラリア銀行の信託口座にて信託保全
 HotForex(ホットフォレックス)  投資家補償基金(ICF)による信託保全
 LAND-FX(ランドFX)  金融サービス補償機構(FSCS)による信託保全
海外FX業者 信託保全の導入状況
XM(エックスエム)  投資家補償基金(ICF)による信託保全
AXIORY(アキシオリー)  Sparkasse銀行の信託口座にて信託保全
FxPro(FXプロ)  投資家補償基金(ICF)金融サービス補償機構(FSCS)による信託保全
TitanFX(タイタンFX)  NAB(ナショナル・オーストラリア銀行の信託口座にて信託保全
HotForex(ホットフォレックス)  投資家補償基金(ICF)による信託保全
LAND-FX(ランドFX)  金融サービス補償機構(FSCS)による信託保全

投資家補償基金(ICF)による信託保全では、キプロス証券取引委員会(CySEC)の金融ライセンスを取得しているXMとFxPro、HotForexで取引されている投資家の資金は最低2万ユーロ(約250万円)まで保護・補償されます。HotForexはそれに加え最大5万ユーロ(約650万円)まで保証する対策を講じています。

金融補償サービス機構(FSCS)による信託保全では、英国金融行為監督機構(FCA)の金融ライセンスを取得しているFxProとLAND-FXで取引されている投資家の資金は最大5万ポンド(約600万円)まで保護・補償されます。

AXIORYでは、投資家の資金はSparkasse銀行の信託口座で分離管理されながら世界4大監査法人であるプライスウォーターハウスクーパースによる会計監査を受けています。また、TitanFXでは、世界的にもトップクラスの大手銀行であるNAB(ナショナル・オーストラリア銀行)の信託口座で分離管理されているので安全だといえるでしょう。

比較まとめ

当サイトおすすめ海外FX業者の全てが金融ライセンスを保有しており、信託保全も導入されているので安全性は担保されているといえるでしょう。金融ライセンスを重視される方にとっては、複数の金融ライセンスを取得しているXM、FxProとLAND-FXがおすすめでしょう。

-海外FX業者の比較・ランキング
-, , ,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.