海外FX業者の評判・レビュー

【海外FX】詐欺・出金拒否など評判が悪い業者を紹介!安全な業者の選び方も

更新日:

海外FX 詐欺リスクがある業者を紹介中!

海外FXでは多くの正常な業者がいる一方で危険な詐欺業者も存在しているのも事実です。

ライセンスを取得していない、出金拒否、スリッページ(すべり)などを行う業者は確かに存在します。
ここでは、単なる口コミや評判レベルではなく、金融規制当局からの情報などをもとに詐欺リスクがある海外FX業者をまとめて紹介しています。

海外FX業者の中には必ず危険な業者が存在する

海外FX業者を利用するのは危険ではないか?

入金後のトレードであげた利益を出金させてもらえないといったトラブルなどは実際に起きており、多くの正常な業者がいる一方で危険な詐欺業者も存在しています。

海外FX業者 危険な詐欺業者も存在する

ではどんな海外FX業者がトラブルを起こすのでしょうか?

もっとも多いのは規制を受けず、金融ライセンスを取得していない海外FX業者が出金拒否や詐欺まがいの行為を行います。
私も詐欺業者に騙された経緯があり、そこから金融ライセンスを取得している業者、していない業者を徹底的に調べるようにしております。

海外FXでは出金拒否や口座凍結のリスクはあるのか?

目 次海外FXで出金拒否や口座凍結があるというのは事実最も多い出金ルール違反による出金トラブル出金は、入金に使用した方法と同一でなければいけない出金拒否や口座凍結の原因となるルール違反とは?・複数口座 ...

続きを見る

最初から詐欺を働く目的だからライセンスを取得しないことが多い

なぜ、出金拒否などを行う海外FX業者はライセンスを取得しないことが多いのでしょうか?

理由は単純です。

金融ライセンスを取得すると、金融庁(金融規制当局)の規制(ルール・監視・監督)によって厳しいチェックを受けてしまいトラブルを起こせなくなるからです。

つまり詐欺を働こうとするFX業者は厳しいチェックを受けないよう、またトラブルを故意に起こしたいためにライセンスを取得していないのです。

ライセンス取得業者はトラブルを起こしにくい

ライセンスを取得している海外FX業者は、各国の金融庁から規制を受けているので、もしトレーダーに不利益を与える出金拒否などのトラブルを行うと、ライセンスの取り消し、罰金命令などの法的措置を受けることになるため、ライセンス保有業者と付き合えば出金拒否や詐欺トラブルに巻き込まれにくいのです。

海外FX 詐欺 金融ライセンス

出金拒否などのトラブルを起こしている海外FX業者を紹介中!

ここでは、日本でも頻繁に紹介されている海外FX業者や日本語サイトを持っている海外FX業者の中から、実際にトラブルを起こしており、口座開設して入金したりトレードを行うとトラブルに巻き込まれるリスクのある海外FX業者を紹介しています。

いろんなサイトでよく紹介されおり、良い評価を得ている海外FX業者の中にも無ライセンスで劣悪な業者も存在しています。

当サイトは、定期的に危険性がある海外FX業者を、以下の方法によって調査しています。

  • 各国の金融庁(金融規制当局)のホームページ(データベース)にアクセスしてライセンスの取得有無、警告、罰金命令、ライセンス取消などを受けていないかをチェック
  • 国内メディアだけでなく海外メディアで報道されている海外FX業者の情報をチェック
  • 「FOREX PEACE ARMY」などの海外FX業者を評価している海外の有力サイト情報をチェック

安易な口コミや評判だけではなく上記の手法に基づいた調査結果をお読みいただくことで、詐欺リスクがある海外FX業者を避け、安心できる海外FX業者で口座開設していただき、できるだけ安全に取引を行えるように、危険・詐欺リスクがある海外FX業者を紹介いたします。

安全な海外FX業者の選び方については以下の記事をご覧ください。

【海外FX】Big Bossの評判・リスク・危険性

Big Bossはニュージーランドを本拠とする海外FX業者であり、セントビンセントグラナディーン、セイシェルとニュージーランドのFSPRのライセンスを保有していると宣伝していますが、以下のとおり無ライセンス業者です。

無ライセンス調査結果

Big Bossのサイトでは下記のようにライセンスを取得していると宣伝しているので、セントビンセントグラナディーンの金融庁サイトを調査したところ、ライセンスを取得しいませんので詐欺リスクがあります。

BigBoss 詐欺リスク

セントビンセントグラナディーン金融庁のサイトで調査しましたが、Big Boss Holdings Company Limitedという名前は、見つかりませんでした、無ライセンス業者です。

海外fx Big Boss セイントヴィンセントグラナディーン金融庁で金融ライセンスを調べた

セーシェル金融庁登録データのない無ライセンス業者

セーシェル金融庁のサイトでも登録データはありませんでしたので無ライセンス業者です。

FSPRライセンスが抹消されている

Big BossはニュージーランドのFSPRからライセンスを消されています。下記のようにDeregistered(登録取り消し)とあり、明らかにリスクが高い業者です。

FSPRライセンス 抹消 BigBoss

海外FX|ビットコイン取引ができるBigBossの評判・リスクを公開

最近は仮想通貨ブームに乗ってビットコインなどの仮想通貨FX取引ができる海外FX業者が徐々に増えてきており、色々なサイトでも紹介されるようになっています。 当サイトも仮想通貨FX取引を提供していて信頼で ...

続きを見る

【海外FX】SEVENFXの評判・リスク・危険性

他のサイトでは低スプレッド、高いスワップ金利とキャッシュバックを売りに紹介されている、セイシェルを本拠とする海外FX業者です。

海外FX SEVENFXはもともとSARAH SEVENFXの社名で運営されていましたが、昨年調査した時点では、金融ライセンスを取得していませんでした。

今般、さまざまなサイトに対し定期調査したところ、とうとう営業をやめてしまったようです、下記のFOREX PEACE ARMYでもOUT OF BUSINESS(営業停止)と紹介されています。

いまだにSEVENFXを紹介しているサイトもありますが、不正確な情報をいまだに掲載しているサイトにもご注意ください。

SevenFX 営業停止

【海外FX】YouTradeFXの評判・リスク・危険性

ライセンス業者だったが現在は無ライセンス

モーリシャスをベースとする海外FX業者であり、英国の金融行動監視機構(FCA)とオーストラリア証券投資委員会(ASIC)から金融ライセンスを取得していると宣伝されていますが無ライセンス業者です。

(FCA: Financial Conduct Agency)でライセンスの有無を調査しましたが、下記のとおり、ライセンスは登録されていません。

This is a firm that can no longer provide regulated products and services, but was previously authorised by the PRA and/or FCAとあり、以前は認可されていた業者であるが現在は無ライセンスとあります。

海外FX YOUTRADE 英国FCAのライセンス保有であったが現在は無ライセンス

下記は上の画像をGoogleで翻訳したものです。
翻訳するとわかる通り、「ステータス:承認されなくなりました」と表示されています。
日本語に訳すと少し違和感はありますが、それでも「承認されていない」ということがニュアンスでわかりますね。

youtrade 現在は無ライセンス 日本語訳

詐欺業者の認定を受けてしまっている

上記のようにかつてはライセンス保有であったのに現在は無ライセンスであることからさらに調べてみるとFOREX PEACE ARMYから「詐欺業者認定」を受けています、下記の「SCAM」とは「詐欺」の意味であり、あきらかにリスクが高く危険です。

YouTradeFX 詐欺業者の認定を受けている

【海外FX】FXDDの評判・リスク・危険性

顧客に不利益を与えたことから規制当局から罰金命令を受けており評判が悪いです。

ライセンスルール違反で罰金命令を受けている

FXDDは投資サービス規則に違反し、顧客に損害を与えたことによって、マルタ金融庁から罰金命令が下されていますので、口座開設は控えるようにしましょう。

FXDD マルタ金融庁から罰金命令

また、NFA(全米先物業協会)はFXDDが顧客のトレードに対しスリッページによる不正操作を行ったとして罰金命令を下していますので注意が必要です。

FXDD 罰金命令

出金拒否など評判がかなり悪い

FOREX PEACE ARMYは下記のとおり「この業者との取引には十分注意を払うべき」と評価しています。同サイト内では多くの出金拒否などの苦情が申し立てられています。

FXDDこの業者との取引には十分注意を払うべき

英文サイトですが詳細はこちらです。

Googleでサイトを日本語訳したものが、下記の画像です。
「罰金」等の提出や、違反行為・不正行為を行っていることがわかります。

FXDD 詐欺 日本語訳

その他の詐欺リスクの高い海外FX業者

【海外FX】High Trade

High Tradeのホームページではモルディブ政府認可とあり、ライセンスの詳細の記載がありません、モルディブでの規制当局であるモルディブ金融監督局(MMA)で調べてみましたが、同社のライセンス情報はありませんでした、リスクがありますので入金、トレードは行わないでください。

【海外FX】シンプルFX

「やさしくはじめる仮想通貨」といったサイトが「レバレッジ500倍のビットコイン取引」と紹介しています。昨年からぽつぽつと紹介されるようになってきた海外FX業者であり、以前はゼントヴィンセントグラナディーンでのライセンス保有と宣伝されていましたが、ライセンス情報は全く見つかりませんでした。現在はサイトらしいサイトはなく、取引チャート画面と口座開設、取引方法の説明がある程度で会社概要やライセンス情報が一切ないので、リスクがあると考えるべきです。

SIMPLEFX 金融ライセンスを全く取得していないので口座開設しないでください
【海外FX業者リスク】シンプルFX(SIMPLE FX)の信用・評判・リスク

目 次シンプルFXは金融ライセンス未保有の海外FX業者シンプルFX(SIMPLE FX)が扱っている商品シンプルFXのレバレッジ500倍のビットコイン取引セントビンセント・グラナディンでライセンス取得 ...

続きを見る

【海外FX】Iron FX

アジアでの多数の出金拒否の苦情、ヨーロッパでは多くの訴訟を起こされてきています。ライセンス元のキプロス証券取引委員会が実態調査に踏み切り、結果、罰金命令を下さした経緯もあり危険な海外FX業者として注意を払いましょう。

【海外FX】Instaforex.com

すべり(スリッページ)、不利な約定などの不正操作を行う海外FX業者としての報告が多数なされています、出金拒否に関する苦情が多いことでも知られています。

【海外FX】Dinamic Trade

自社サイトにてオーストラリアのASICライセンスを取得していると宣伝していますが調査したところ無ライセンス業者ですので口座開設し入金などを行わないでください。

これらの海外FX業者に関する詳細情報は改めて掲載していきます、そして、今後も定期的に詐欺の危険性がある海外FX業者の報告を行ってまいります。

ここからは、金融ライセンスをしっかりと取得しており安全性、信頼性、儲かる環境が備わっている海外FX業者を紹介いたします。

安全な海外FX業者の見分け方は?

安全で信頼できる海外FXかどうかを見極めるには、最低限、以下の2つのポイントを理解し確認しておくべきでしょう。

ポイント① 金融ライセンスを確実に取得しているか確認しよう

確実に金融ライセンスを取得している海外FX業者で口座開設して取引を行いましょう。金融ライセンスを取得していない海外FX業者とは絶対に付き合わないことです。

金融ライセンスを持っている海外FX業者は、日本の金融庁に相当する現地の金融規制当局などから信頼できる「お墨付き」をライセンスという形で得ているからです。

実際に、大切な資金を取引口座に入金し、後々出金ができないようなトラブルを起こしているのは金融ライセンスを取得していない業者だからです。
私自身もトラブルに巻き込まれた経験があり、後々確認しましたら、やはり金融ライセンスがなかったり、ないのにあるかのように表記している海外FX業者でした。

海外FXの金融ライセンスはどうやって調べればいいの?

金融ライセンスの取得情報は海外FX業者のサイトにも紹介されていますが、確実に取得されているのかを確認するには日本の金融庁のような金融規制当局の情報を確認するのが一番です。

しかし、情報が外国語であるために確認が困難な場合があります

そのため当サイトでは、独自に各金融規制当局からの情報を直接入手して公開しています

当サイトで紹介している【海外FX業者の金融ライセンスの取得情報】はこちらの記事でご確認できます。

海外FX業者は日本の金融庁に業者登録義務がありません

日本における国内FX業者は金融庁に業者登録しなければなりませんが、海外FX業者は日本で登録する義務はありません、したがって、日本の金融庁に業者登録されていない海外FX業者であっても、海外の金融規制当局から確実に金融ライセンスを取得していれば問題はありません。

海外FX業者が日本の金融庁に登録する必要がない理由は以下の通りです。

  • 海外FX業者のサービスは、その業者の海外拠点から提供されている
  • 海外FX業者のトレードシステムのサーバーは海外に設置されており、FXサービス自体が海外から提供されている

したがって、金融庁に業者登録していない海外FX業者と取引しても問題はありません(当然ながら海外にて確実に金融ライセンスを取得していなければなりません)。

海外FX口座は違法サービス?金融庁に登録すべき?

目 次海外FX口座は、日本では違法サービスなのか?海外FXは日本の法律が適用されない海外のサービス海外FX業者が金融庁に登録されていないメリット金融ライセンスを取得している海外FX業者と付き合いましょ ...

続きを見る

海外FX業者が日本で業者登録をしない理由

海外FX業者は海外からのサービス提供であることから日本国内で業者登録の義務はありませんが、義務はなくても業者登録しようとすれば可能です。しかしながら、ほとんどの海外FX業者は日本にて業者登録していません。

その理由は、日本で登録してしまうと国内のレバレッジ規制の対象業者となってしまうからです。ご存知かもしれませんが、日本ではレバレッジ規制によって最大25倍に制限されていますが、海外FXではレバレッジ規制がありません。

海外FXではレバレッジ最大400~500倍程度が標準的であり、資金効率(投資効率)の高さが売りになっています。もし、日本で業者登録してしまうと最大25倍のレバレッジしか提供出来なくなってしまい、投資家が魅力的なレバレッジを利用できなくなってしまうため「あえて」日本で業者登録していないのです。

ポイント② 信託保全、分別管理の状況を確認する

金融ライセンスを確実に取得している海外FX業者で過去に倒産してしまったケースは稀ですが、万が一、取引口座に資金が入ったままFX業者が倒産してしまった場合、資金が返還されるのかどうかも重要です。

海外FXにも信託保全を導入している業者もある

日本国内のFX業者は信託保全の導入が義務となっていますが、海外FXでは信託保全は義務となっていません。

そのため、多くの海外FX業者は信託保全を導入していませんが、XM(エックスエム)、AXIORY(アキシオリー)やTITANFX(タイタンFX)のように一部の海外FX業者は信託保全を導入しています。

信託保全を導入している海外FX業者では、投資家の資金は会社から完全分離された信託口座で管理されているので、業者に万が一のことがあっても確実に資金が返還されるので安全面でもおすすめです。

分別管理がしっかりしてい海外FX業者を選ぶ

海外の多くの金融規制当局は金融ライセンスの取得条件として「分別管理」を義務付けています。

「分別管理」とは、投資家が預けている資金を海外FX業者の経営資金と混同させないように分別管理専用の銀行口座で管理し、投資家の資金がFX取引以外の目的に流用されるのを防止するものです。

銀行や会計監査法人が分別管理専用の銀行口座を管理するので、分別管理を採用している海外FX業者が顧客資金を消失させた、といったトラブルが過去にウワサになったことはありません。
例えば、AXIORY(アキシオリー)では世界最大の会計監査法人であるプライスウオーターハウスクーパース(PWC)が分別管理口座を監査しているので極めて安全性が高いといえます。

分別管理の詳細や、各ライセンス情報は分別管理と信託保全の違いは?各海外FX業者のライセンスを徹底解説!からご覧ください。

管理人が出金拒否を起こされたことのないFX業者

海外FX業者で有名なのはXM(エックスエム)ですが、私自身XMを現在も使用していますが、一度も出金拒否などはあったことがありません!

XMの評価評判レビュー記事を見て、確認する

XMは、信用の証であるライセンスも取得しており、たとえXMが経営破綻してしまっても、2万ユーロ(約260万円)が補償されます。

このように良質な海外FX業者を選定することは、ライセンス情報、実際の体験談などが非常に役に立ちます。

最後に私自身が安全だと思える業者をおすすめして紹介しています。
なお、トレード目的別で選ぶことも可能なので、気になる方は下記の記事をご覧ください。

エキスパートナー管理人が使ったことがある、安全な海外FX業者

なお、エキスパートナーの管理人である私が現在も使用している海外FX業者は、XM・AXIORY・TitanFXです。
信託保全もあり、日本人トレーダーも多く日本語サポートも完備している点を評価しています。

  • この記事を書いた人

FXexpertner管理人

学生時代からFXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくった。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-海外FX業者の評判・レビュー
-, ,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.