海外FX業者の評判・レビュー

TradersTrust(TTCM)の評判。調べて分かった真実を話す。

投稿日:

TTCMレビュー

TradersTrust(トレーダーズトラスト/TTCM)について評判を調べてみました。

正直、安全面については少し疑問が残るものの、VIP口座の低スプレッドはアリかもなと思いました。

甘エビ太郎
結論......
200万円の余裕資金のある上級者ならスキャルピングメインで使える

もっとも「そんな資金が用意できないよ!」「まだ初級者です...」という人は使う余地はないでしょう。

それでは以下から調べたことすべて話していきます。

TradersTrustの評判。調べて分かったこと

冒頭でも述べた通り、TradersTrustは余裕資金が200万円ある人なら使う余地があります。
というのも、VIP口座(ECN口座)初回入金が200万円というバカみたいな価格設定だからです。

しかしその分リターンも大きいのも確かで、低スプレッドは他のFX業者より確かに狭く優良であることは間違いありません。

しかもNDD方式で約定力(注文処理スピード)もかなり早く、スキャルピングするならもってこいの環境が揃っています。

ただし他の口座タイプは他業者に勝っている部分がほぼ皆無。利用を考える価値はないでしょう。

ではそれを踏まえたうえでさらに詳しく見ていきましょう。

メリット・強み

  1. スプレッドが狭い
  2. 約定力あり
  3. 入金手数料はいくらでも無料
  4. 日本語サポート◎
  5. ライセンス有り
  6. ゼロカットシステム完備
  7. EA運用可能、VPSもある

デメリット・弱み

  1. VIP口座、初回入金200万円
  2. 出金に問題あり?不安要素
  3. 信託保全はなし。
  4. ボーナスはあるが、VIP口座にはない
  5. レバレッジ200倍、ロスカット率50%

TradersTrustの良い所・魅力【メリット】

基本的にTradersTrustはVIP口座以外利用価値はないので、VIP口座に関するメリットを話していきます。デメリットもさらに下で解説してます。

①VIP口座のスプレッドが狭い!FX業界屈指のレベル

VIP口座はFX業者の中でもかなりスプレッドが狭い部類です。

特に海外FXで低スプレッドで優秀な業者を比べてみましょう。

通貨ペアTradersTrust
(VIP口座)
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
TitanFX
(ブレード口座)
Tradeview
(ILC口座)
手数料往復3ドル往復6ドル往復7ドル往復5ドル
USDJPY0.4pips
(0.7pips)
0.5pips
(1.1pips)
0.4pips
(1.1pips)
0.1pips
(pips)
USDEUR0.3pips
(0.6pips)
0.3pips
(0.9pips)
0.2pips
(0.9pips)
0.1pips
(pips)
EURJPY0.5pips
(0.8pips)
0.7pips
(1.3pips)
0.7pips
(1.4pips)
0.3pips
(pips)
GBPJPY0.9pips
(1.2pips)
1.0pips
(1.6pips)
1.2pips
(1.9pips)
1.1pips
(pips)
AUDJPY1.0pips
(1.3pips)
0.9pips
(1.5pips)
1.1pips
(1.8pips)
0.7pips
(1.2pips)

※括弧内は手数料込みのスプレッド。なお変動スプレッドなので参考値。

手数料も3ドルと安め

手数料も往復で3ドル(0.3pips)なのでかなり安いです。

上の表の通り、AXIORYは往復6ドルなど。
他の業者だとXMは往復10ドルと高め。
安いところでもTradeviewの往復5ドルとかでしょうか。

比べるとかなり安いことがわかりますよね。

②約定力もあり、スキャルピングが基本の環境

TradersTrustは約定力に一定の評価があります。

公式HPには事実かわかりませんが、『平均100ミリ秒で約定』すると言っています。

確かに豪語するだけはあってかなり速いです。
注文タイミングにタイムラグなくポジションを持てます。

スキャルピングするのにも何ら困ることはないでしょう。

NDD方式採用。取引環境の透明性は◎

TradersTrustはNDD方式を採用しているので、インターバンク直結の海外FX業者です。

注文処理の際に間にディーラー(FX業者)が介入しないので透明性のあるトレードが可能です。

なお、公式でインターバンクの金融機関名を公表している(PrimeXMという機関)のでまず間違いなくNDD方式のFX会社といえます。

中にはNDDと謳いながら、インターバンク先を公表しないFX業者もあります

そういう会社は公表できない理由があるか、DD方式なのに偽っているかのどちらか。偽るくらいならDD方式を名乗ればいい話ですが......。

DD方式は別に悪ってわけではありません。透明性に疑問符が付くため避けられる傾向があるだけで、まっとうなDD業者もたくさんあります。

③入金手数料は基本無料

入金方法入金可能な通貨手数料最小入金額最大入金額反映時間おすすめ度
bitwalletJPY、USD、EUR、GBPなし50ドル相当
(約5000円)
最大入金額上限なし即時
クレジットカード
(VISA,Mastercard)
JPY、USD、EUR、GBPなし50ドル相当
(約5000円)
最大入金額上限なし即時
国内銀行送金JPYなしなし最大入金額上限なし1~3営業日まで
ビットコインJPY、USD、EUR、GBPなし50ドル相当
(約5000円)
最大入金額上限なし即時
国内以外の銀行送金
(海外銀行送金)
JPY、USD、EUR、GBP、CHF、CNY、PLNなしなし最大入金額上限なし1~3営業日まで×

TradersTrustは入金手数料を、2019年10月8日から入金額にかかわらず無料にしました。
以前は2万円未満は1500円手数料が発生したのでトレードしやすくなりましたね。

ただVIP口座は初回入金で200万円入れなければならないので、あまり関係ないですが。

VIP口座で入金するなら、大きい額なので国内銀行送金が一番楽でしょう。
振込手数料の数百円は別途かかるので注意しましょう。

次いでBitwalletがおすすめです。
ただしこちらも別途手数料が1%くらいかかるため、手数料に関しても国内銀行送金で入金するのがベストです。

ちなみに出金は以下の通り。

出金方法出金可能な通貨手数料最小出金額最大出金額反映時間おすすめ度
bitwalletJPY、USD、EUR、GBPなし50ドル相当
(約5000円)
最大入金額上限なし1営業日
クレジットカード
(VISA,Mastercard)
JPY、USD、EUR、GBPなし50ドル相当
(約5000円)
最大入金額上限なし6営業日~
ビットコインJPY、USD、EUR、GBPなし50ドル相当
(約5000円)
最大入金額上限なし6営業日~
海外銀行送金JPY、USD、EUR、GBP、CHF、CNY、PLNなし50ドル相当
(約5000円)
最大入金額上限なし6営業日~

④日本語サポート完備で公式HPも見やすい

TradersTrustは見ての通り、公式HPがとても見やすいです。

よくあるGoogle翻訳しただけか?みたいなこともなく、自然な日本語ですのですんなり理解できます。

公式HPには企業ニュースから、口座の種類の説明、入金出金の情報、FX通貨ペアに関して、経済カレンダーなど、情報もかなり充実しています。

作りだけならXMレベルでしょう。

⑤ライセンスあり

  • 欧州法人(TradersTrust CY):キプロスライセンス
  • 日本法人(TradersTrust BM):バミューダライセンス

ライセンス並びに規制機関:

TTCM Traders Capital Limited (以下、"TTCM BM"と称します。)は、登記住所を5th Floor, Andrew’s Place, 51 Church Street, Hamilton HM 12, Bermudaとして、バミューダ共和国法人設立規約、セクション14並びに、6/132C (1)法人規約条項Act1981に基づき設立され、法人登記番号No.54135としてバミューダ共和国にて登記しております。

と公式HPにもある通り、TradersTrustはバミューダライセンスを取得しています。

バミューダは正直ライセンスレベルとしては低めですが、XMなどの海外FX業者と同様に日本での営業が厳しいのでマイナーライセンスをとっています。

マイナーライセンスでも、取っているだけかなり安心感があります。

また、TradersTrust(TTCM)はグループ会社ですので、欧州のFXを管理している業者はキプロスライセンスを所持しています。

キプロスライセンスは厳しい金融ライセンスとして有名です。グループ企業とは言え事業自体はFXで変わりないのでこれは安心できますね。

⑥ゼロカットあり=ネガティブバランス保護機能にも対応している

TradersTrustは海外FX業者の強みでもあるゼロカットを採用しています。

TradersTrustではゼロカットのことを「ネガティブバランス保護機能」と呼んでいますが、同じものです。

ゼロカットは、ロスカットが間に合わず証拠金がマイナスになってしまった場合ゼロにしてくれる(追証なし)ありがたいシステムです。

この常備はありがたいですね。

ただゼロカットがあるからといって安心できないのも確かです。
ゼロカットを謳いながら、実際に相場が急変動したときに「やっぱりなし!」といった業者も過去にありました。

しかし、TradersTrustは金融ライセンス下の元で運用を行っている企業なので、そのような詐欺まがいの行動はしないでしょう。

⑦EA運用可能、VPSも用意されている

TradersTrustのVIP口座は他のSTP口座(クラシック口座・プロ口座)同様にEA運用が可能です。

それにTradersTrustがトレーダーに無料でVPSを開放しているので24時間365日放置でも自動で売買してくれます。

VPSとはプライベートサーバーのこと。簡単に言うとPCを消してもMT4などは別のサーバーで起動しているため、取引は自動で続けられるもの。自動売買には必須のものです。

スキャルピングEAを稼働させてみるのも良いかもしれませんね。

【注意点】ただし、利用には申請が2回必要

ただ、下のようなコメントもあるので注意しましょう。

なんとVPS申請の他、メール申請しないとVPS無料にならないらしいです。

何と言う2度手間。。。

TradersTrustの悪い部分【デメリット】

①初回の最低入金額が200万円

TradersTrustのVIP口座は200万円が初回入金額なので、初級者などにはハードルが高すぎます。

まあVIP口座はスキャルピングメインのトレーダーが行うことになるのでもともと上級者向けの口座ですが。

冒頭でも述べたように、初級者の方でもし海外FXをやりたいな、と考えているならばXMやAXIORYで十分すぎると思います。

②出金に問題あり?出金拒否などの噂を集めてみた

入金出金のシステムの関係で出金拒否を受けた人がいました。

うーん、これはTradersTrust側に問題があるような......。

少し出金に不安も残りますね。

③信託保全はなし。分別管理だけ

TradersTrustに信託保全はありません。
分別管理のみなので、もしも会社が倒産、破産した場合に補償は期待薄めです。

もしそれが嫌ならば、完全信託保全を導入しているAXIORYで口座開設しましょう。

④ボーナスはあるが、VIP口座にはない

TradersTrustはボーナスがありますが、VIP口座にはついていないのでご注意ください。

ボーナスが欲しい人は、TradersTrustのスタンダード口座で口座開設するより、XMのスタンダード口座で口座開設しましょう。

XMでも口座開設だけで3,000円貰え、入金金額と同額の入金ボーナスがつきます。
もちろんトレードにもしようでき、利益分は出金もできるのでXMの方がはるかにおすすめです。

⑤レバレッジ、ロスカット率が良くない

TradersTrustのVIP口座だが、最大レバレッジは200倍、ロスカット率(ストップアウトレベル)は50%とどちらも海外FXにしてはいまいち。
(200万円入金するなら十分ですが)

他の口座に関しては500倍、20%と平均レベルだが、上述したように『良くて平均レベルのスペック』しかないです。
だったら他のFX業者を利用したほうが良いでしょう。

管理人の感想。調べたから、やってみた

実際に口座開設してTradersTrustのVIP口座をやってみました。

いざ200万円入金......必要経費とはいえつらい。。。

それはさておき、まずは入金の反映ですが、平日ということもあり1日ですんなりいきました。一応銀行に多額だったためか確認の電話が来ましたけど。

後は約定力も◎
サクサクと発注、決済ともに動きました。小さいロットを一気に10個くらい発注しても、同時にそれらを決済してもうまく動いていました。(後日出金もしてみます)

まとめ

  • やはり上級者のスキャルピングトレーダーなら、VIP口座を使うのはアリ。
  • それ以外の人は、違うFX業者を使った方がいい!です。
  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-海外FX業者の評判・レビュー
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.