FXの用語

【MAMとPAMM】違いは?FXで違法か、有用性はあるのかなど解説!

投稿日:

MAMとPAMMってなに?

ここではMAM運用、PAMM運用について解説します。
どちらもファンドマネージャーやプロトレーダーに運用を任せる運用方法です。

私は個人的に利用しないほうが良いと思っています。出金などにリスクがあるからです。

どうしても同じような運用をしたいなら、HotforexのHFcopy口座という口座で行いましょう!
HotforexのHFcopy口座ならいつでも出金が可能なのでおすすめです。

MAM運用、PAMM運用とは?【違いなど比較】

FXにはMAM運用、PAMM運用というものがあります。どちらもマネージドアカウントという仕組みです。

マネージドアカウントとは......
プロトレーダー、ファンドマネージャーに運用を委託する口座。トレーダー(投資家)は運用者を選択して、あとはトレード運用をすべて任せておくだけでFXの資産運用を行ってくれます。

それではMAM、PAMMの違いなどを比較しつつ詳しく見ていきましょう。

MAMとは?

MAMとは「Multi Account Manager(マルチアカウントマネージャー)」の略で、FXのミラートレードのことです。
MAM=マムと読みます。

プロトレーダーなどに運用を任せて、自分は専用のFX口座を開設して資金を入金しておくだけで資産運用ができます。

専用の口座と言っても資金を第3者に預けるわけではなく、発注のみを任せるので自分の資金が他人に盗られるなどのリスクはありません
トレードの履歴を見ることができ、プロトレーダーがどこで発注し、どこで決済したかなどが見れるのでFXの勉強にもなります。

逆にプロトレーダーなどの委託される側の人たちは、トレード手法を盗まれる恐れがあります。

PAMMとは?

PAMMは、「Percentage Allocation Management Module(パーセンテージアロケーションマネジメントモジュール)」の略。
PAMM=パムと読みます。

MAMとの違いはトレード内容を見れない、という点のみです。

つまり他はMAMと同じように運用を委託しているだけです。
トレード内容(履歴)を見ることができないので、プロトレーダーなどの委託される側の人たちは手法を盗まれるなどのリスクがなくなるのです。

MAM、PAMMは違法なのか

よくMAM、PAMM口座(運用)は違法だ、と聞くのでないでしょうか。

国内FXでは日本の法律によって禁止されています。

海外FXではOKともよく聞く話ですが、正直グレーゾーンです。
私はここの問題も懸念があってリスクが大きいと判断しています。

最近ではMAM運用の詐欺も増えている【※注意喚起】

  • MAM運用をしていたら○○だけ稼ぎが出ました!
  • 自動で資産が増えるMAM運用最高だぜ☆

このような触れ込みで口座開設をさせようとする人が、最近増えています。

ほとんど詐欺ですので気をつけてください。
あとちょっと話はそれますが、自動売買を売ってくる人もほぼ詐欺ですのでご注意を。

私は自動売買の良い悪いの判断が難しくてもう裁量トレードだけにしました。
その方が勉強にもなりましたしね。

MAMとPAMMのメリット

MAMとPAMM運用(口座)のメリットは以下の2点です。

メリット

  1. プロトレーダーなどに運用を任せられるから楽
  2. トレード手法を学べる(MAMのみ)

①プロトレーダーなどに運用を任せられるから楽

MAM・PAMMは運用を委託できるので自分でやるより楽です。

  • 手法などを覚える必要もない
  • トレーダーの多くが最初に負けて離脱していくのでその可能性を極力減らせる
  • なにより自分よりはるかにトレードが上手い人に任せられる

という意味でも優良です。

②トレード手法を学べる、盗める(MAMのみ)

取引履歴の見れるMAMのみですが、トレードの手法の勉強ができます。

PAMMはトレード履歴を見ることができないため、勝っても負けても理由がわかりませんし分析のしようがありません。

ただしMAMならば取引履歴を閲覧できるので、いつどのタイミングでトレードしているのかを把握できます。
つまり手法を盗める可能性があるということ。

しかしもちろん簡単でありません。
プロの人はいくつもの手法を織り交ぜながら、勝てる確率の高い方法を編み出しています。
初心者で運用を任せるだけ!という人は何も考えず運用を任せるだけで良いと思います。

MAMとPAMM運用のデメリットやリスクも覚えておこう

一方デメリットやリスク、注意しなければならない点は以下の通りです。

デメリットなど

  1. 好きなタイミングで運用を止められない
  2. 好きなタイミングで出金できない
  3. 必ず勝てる保証はない
  4. トレードスキルが伸びない
  5. 手数料がかかる

①好きなタイミングで運用を止められない

MAMやPAMMはトレードの期間がある程度定められています。

負け続けているトレーダーに運用を委託していた場合でも、その期間までは運用を預けなければいけません。
途中でやめることができないんですね。

その期間は、運用するFX業者やトレードを委託するトレーダーにもよりますが、1か月~というのが多いです。
ただしFXの性質上、期間を長く設定したほうが勝率は上がるので判断が非常に難しいところです。

②好きなタイミングで出金できない

好きなタイミングで止められない、と同じように、好きなタイミングで出金もできません

委託されたトレーダーがポジションを保持している限り、止められないですし、当たり前ですが出金もだめです。

③必ず勝てる保証はない

プロトレーダーも相場を読み間違えます。
プロだから勝率100%!ということは絶対ないので負けることもあります。

もちろんプロの人は自分なりのFXの手法が確立しており、勝率もある程度安定しているのでそこは安心してください。
ただし、耳タコだと思いますがプロでも負けるときは負けます。

④トレードスキルが伸びない

運用をプロなどに任せているだけなので、当然トレードスキルは伸びません。

ですがトレード履歴はMAM口座なら見ることができるので、ある程度勉強にはなります

⑤手数料がかかる

MAM,PAMM口座には手数料が発生します。

トレードの利益の10%~15%くらいが手数料として引かれます。
この手数料は運用者によって変化し、手数料が高いほどトレードの勝率が高くなっています。

一番高くて30%~くらいですかね。

運用を任せているので、運用している人に手数料が支払われる仕組みになっています。
あとはいくらかはFX業者の利益になっているかもしれませんね。

【まとめ】MAMとPAMMはおすすめしない

MAMとPAMM運用はリスクがあります。

ただしトレードを委託されるトレーダーも、手数料を貰えるので真剣にやります。
しかし負けてもプラマイゼロなので、正直そこまで信用ならないな、と私は思ってしまいます。

それでもやりたいよ、という方はTitanFXでMAM/PAMM口座を提供しているので試してみてもOKです。

「MAMはやだな」「でもプロなどに運用を任せたい」という時には、HotforexのHFcopy口座で同じようなプロに委託しての運用ができるので試してみてはいかがでしょうか。

ちなみにHotforexのHFcopy口座はいつでも運用を止められ、出金もできるのでMAMなどのリスクはある程度軽減できます。
ここがMAMと違って良い部分なので、「FXで疲弊した...」「プロに任せたい」という人はHotforexのHFcopy口座は利用価値アリです。

  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-FXの用語
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.