FXの用語

【両建てとは】海外FXでは禁止?活かせる両建て手法を紹介

海外FXでは両建ては禁止ではないが注意点がある

投資用語の両建てとは何か、ここでは詳しく解説していきます。

  • またFXでの両建ては禁止なのか?
  • 禁止していない両建てとは?ばれたらペナルティはあるのか?
  • メリット・デメリットなど

といったことも解説していきます。

FXの両建てとは

両建てとは、FXなどにおける投資手法の1つです。

両建ては同じ銘柄で「買い」「売り」ポジションを保有することで、同じ銘柄・ロット数だった場合、証拠金維持率が0になります。

海外FXでは両建てを認めています。ただし認めていない両建てもあるので注意が必要です。

  • 同一口座内での両建て:認めている
  • 同一FX業者で複数口座での両建て:認めていない
  • 異なるFX業者間での両建て:認めていない

上記のように同一口座内での両建ては多くの海外FX業者が認めていますが、複数口座間での両建てや、異なるFX業者を使っての両建てはNGです。

両建てを禁止している海外FX業者

上記のように禁止されている両建てもあります。実際に私が紹介している海外FX業者はどうなのか、見てみましょう。

  • XM(XMtrading):同一口座内での両建てはOK。それ以外はNG
  • AXIORY:同一口座内での両建てはOK。それ以外はNG
  • TitanFX:同一口座内での両建てはOK。それ以外はNG
  • Hotforex:同一口座内での両建てはOK。それ以外はNG
  • Land-FX:同一口座内での両建てはOK。それ以外はNG

結論、どこの海外FX業者も同一口座内での両建てのみ可能で、それ以外ではNGです。

例外を挙げるとすると、Tradeviewは複数口座間ではOK、他業者間では黙認しています。

しかしいつNG判定をくらうかはわからないため、基本的に同一口座内での両建て以外はやらないほうが良いでしょう。

基本的にどこも他業者間での両建ては禁止(アービトラージ禁止)

基本的にアービトラージはどのFX業者でも禁止です。

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。(引用

他業者間での両建ては特にどの海外FXでも禁止です。前出したTradeviewでも黙認されているようですが、基本他の海外FX業者と行う必要があるため、もう1業者黙認してくれるところを探さないといけませんが、ほぼないでしょう。

真っ当にFXに取り組んだほうが良いでしょう。

実際、禁止されている両建てを行ったらバレるのか?

結論から言うとばれます

海外FXでは多くの場合、取引プラットフォームにMT4/MT5/cTraderを使います。

これらは共通しているため、他業者を使っていても、調べる人が調べれば簡単に同一人物だと分かります。

もし規約違反なトレードなどをしていると、口座凍結、そのFX業者ではもう口座を作れない、などのペナルティが課せられるため、注意しましょう

海外FXでの両建てを活かした手法【メリット】

次に海外FXでの両建てのメリットを見ていきましょう。

  • 経済指標時などの相場の急変動時
  • 通貨ペアを分ける
  • ロスカットをさけられる
  • 精神的負担を減らせる

経済指標時などの相場の急変動時

FXでは経済指標時に相場が急変動を起こすことがあります。

その時に両建てを行うことで証拠金維持率を固定し、一方の利益を伸ばすことができます。

しかし、その分ポジションを持つ場所を間違えると、一方はかなりの利益になっても、もう一方が大きな損失になることもあります。

特に経済指標時には稼ぎやすくもありますが、損失も大きくなりがちです。損切ラインも定めておき、損失が大きくなりそうな一方のポジションは早めに損切りし、利益を伸ばしていけるようにしましょう。

通貨ペアを分ける

両建てではないですが、通貨ペアを分け、買いと売りで持つことで疑似的な両建てをすることができます。

通貨ペアには相関性(相関関係・相関係数ともいう)というものがあり、似たような動きをする通貨ペアがあります。

例えば、EURJPY、GBPJPY、CHFJPYなどは似たような動きを見せます。

こういった通貨ペアの相関係数を把握しておくと、通貨ペアを分けても疑似的な両建てが可能です。ただし、証拠金維持率は固定されないためロスカットには注意しましょう。

ロスカットをさけられる

前述したように、両建ては証拠金維持率を0に固定できます。そのためロスカットもさけることができます。

しかし、その分損切のタイミングや利益確定のタイミングをミスすると、もう一方の利益も無駄になったり、すぐにロスカットになるなど、やや中級上級者向けの手法です。

利益がある段階で両方のポジションをまとめて閉じたり、一方の損切りラインを見極めて損切りできるようになっておきましょう。

精神的な負担を減らせる

両建ては、証拠金維持率を固定するため、ロスカットを避けられるという話をしました。

そのおかげで、実質損失を出さないまま持ち続けられるので、精神的に楽になります。

ですがその分どこでポジションを閉じるのか、判断が難しくもなります。冷静になったうえで、どこでポジションを閉じるのかはよく考えましょう。

両建てのデメリット

次に海外FXでの両建てのメリットを見ていきましょう。

  • 決済タイミングを決めておかないとずるずるとポジションを保有してしまう
  • スワップポイント運用(ほぼ不可能)

決済タイミングを決めておかないとずるずるとポジションを保有してしまう

両建てはポジションを閉じるタイミングを決めておかないと、ずっとポジションを閉じられないまま、決済タイミングをのがしてしまうということがよくあります。

両方のポジションを足してプラスに転じたときに両方のポジションを同時に閉じたり、損失のほうのポジションを閉じるタイミングを見極めたり、両建て手法に慣れていきましょう。

スワップポイント運用(ほぼ不可能)

両建てをすることで証拠金維持率を固定できるため、スワップポイント運用に適しているとされることが多いですが、マイナスポイントが大きい通貨ペアでは不可能です。

しかもFX業者はこのように両建てスワップポイントだけで稼げる仕組みをほぼ排除しているため、マイナススワップが大きい通貨ペアの方が圧倒的に多くなっています。現在はこの手法はほぼ不可能です。

たまに見つかることはあっても、すぐに海外FX業者が訂正してしまうため、絶滅危惧種となっています。

証拠金維持率を固定してのスワップポイント運用は不可能だと思っておきましょう。

まとめ|両建ては万能ではない

FXにおける両建て手法は万能ではありません。

確かに証拠金維持率を0に固定できるため、損失は大きくなりませんが、うまくポジションを閉じないと、逆に損が大きくなる場合もあります。

デモ口座などで両建てがどんなものか試したり、ポジションを同時に閉じる方法などを知っておきましょう。

この記事を書いた人
   甘エビ太郎  
甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA