海外FX おすすめ情報

海外FXの出金方法、出金手数料をまとめて解説

更新日:

海外FX出金方法まとめ

ここでは各海外FX業者において利用できる「出金方法」・「出金ルール」・「出金例」・「出金時の注意点」などを解説します。

海外FXにおける主な出金方法は以下の通りです。

  • クレジットカード/デビットカードによる出金(Visa、MasterCardなど)
  • 海外銀行送金による出金
  • ビットコインによる出金(Bitpay)
  • 電子決済決済サービスによる出金(Skrill、NETELLER、PayPal、bitwallet、Webmoney、STICPAY)

(海外FX全般の知識になるので、広く浅く紹介しています。詳しくは各海外FX業者の出金方法の記事を見てください。リンクは下の表から)

おすすめ海外FX業者の出金方法、比較表

おすすめの海外FX業者

海外FX業者ごとに利用できる出金サービスにはばらつきがあります。

どの海外FX業者でもクレジットカード/デビットカードと海外銀行送金は利用できます。
Bitwalletなどの電子決済サービスは、複数業者の間でも使えるので人気が高くなっています。

BitwalletやSTICPAYなどの電子決済サービスの出金方法に共通している点として、入出金手数料が無料、もしくは安くなっています。

海外FX業者クレジット・
デビットカード
海外銀行送金
(電信送金)
BitwalletSTICPAYビットコイン
(bitpay)
Skrill※※Neteller※※
XM
(エックスエム)
×日本人は×日本人は× 
HotForex
(ホットフォレックス)
AXIORY
(アキシオリー) 
×
TitanFX
(タイタンFX)
××
LAND-FX
(ランドFX)
〇※××

※LAND-FXでは独自のプリペイドカード「LAND-FX MASTERCARD」でATMでの入金・出金が可能です(別途カード作成申請・発行手数料が必要)。普通にVISAでも可能。
※※2016年10月以降、日本ではNETELLER(ネッテラー)とSkrill(スクリル)はご利用いただけません。

上の表の海外FX業者の名前をクリックすると各海外FX業者の出金方法に飛びます。

【Neteller/Skrill】使用できない(2016年10月~)

2016年10月以降、Neteller(ネッテラー)は使用できなくなりました。Skrill(スクリル)も利用できません。

ネッテラーのサービス停止の理由は、提携先のマスターカードがサービス提供を打ち切ったことが要因でした。
XMももともと「XMカード」というデビットカードが送金や出金の際に使用できていましたが、そのサービスも今や使用できません。

【クレジットカード/デビットカード】VISA、MasterCard、JCBなど

クレジットカードデビットカード決済

多くの海外FX業者ではVISA、MasterCard、JCBなどのクレジットカードとデビットカードを利用できます。
それぞれ利用限度額を上限として利用できます。

  • クレジットカードの場合:ショッピングの利用限度額が上限になります。
  • デビットカードの場合:1日当たりの利用限度額が上限になります。

クレジットカード/デビットカードで入金した場合は、資金が即時取引口座に反映されるので、すぐに取引を始めることができます。

【海外銀行送金】電信送金

海外銀行送金

海外銀行送金では、利用者が自分の口座から中継銀行を介して海外FXの顧客口座に送られます。

手数料が中継銀行を介すため約5,000円程度かかることになり、着金までのスピードも遅く、申請から3~5日かかることになります。
また業者によっては手数料が余計にかかるため、あまりおすすめはできません。

※しかし最近では入金額以上の金額は海外銀行送金のみでしか出金できない、などの制限を設けている海外FX業者が多くなっています。

【オンライン決済サービス】bitwallet、STICPAYなど

オンライン決済

bitwallet、NETELLER、Skrillなどのオンライン決済サービスの口座を持っている方は、各オンライン決済サービスの口座残高を上限として海外FX口座に入出金することが可能です。
入出金手数料を無料にしている海外FX業者が多く、資金は即時取引口座に反映されるのですぐに取引を始めることができます。

なお2016年10月から、日本移住者に対しては、NETTELLER/Skillでの入金は一部制限されています。
今ではbitwallet(旧mybitwallet)が一番手数料も安く、入金時間も1時間位と早いためおすすめです。

【仮想通貨】Bitpayなど

仮想通貨決済

仮想通貨市場の規模の拡大と決済機能としての利用シーンが増えてきており、ビットコインで入出金ができる海外FX業者も増えました。

ですがその時の相場で仮想通貨がドルに換金されて反映されますので注意が必要です。
近年では仮想通貨で入金できても、仮想通貨FXでの取引ができない場合も多いです。

それでも取引口座に即時反映されるため、すぐに取引を始めることができます。

XMなどで出金できない場合

海外FX業者のXMなどで出金ができない場合、すぐにサポートセンターに連絡して確認しましょう。
サポートセンターの電話番号は「+357 25029933」です。しかし英語のカスタマーサポートとなるので、日本語で対応してもらいたいときはメールで連絡するか、コールバックをもらいましょう。

メールアドレス:support@xmtrading.com

コールバックとはライブチャットかEメールを使い、自身の電話番号と希望時間を明記してリクエストして電話を返してもらうことです。コールバックなら日本語対応してくれているので、メールよりも緊急性がある場合におすすめです。

出金拒否もありうる点に留意すること

海外FX業者には詐欺などを起こす目的で業務を行っていると見せかけている悪い業者もいるため、出金拒否は起こり得ます。

xmの出金拒否の対策をしよう
XMで出金拒否は起こりうる。しかしたった5つ対策で起こらない!

まずXMで出金拒否は起こりえます。 しかしそれは利用者に問題があったり、出金できない方法で出金をしようとしている場合がほとんどです。 そうでない場合はXMのサポートセンターに連絡しましょう。XMは正し ...

続きを見る

しかし真っ当な海外FX業者はまず出金拒否は起こしません
当サイトでは出金拒否が起こり得ないFX会社を紹介しています。

ですが、出金ルールなどを間違えると出金拒否されることもあるので、以下もよく読んでおきましょう。

出金ルールを理解しておきましょう

海外FXでは入金に関しては特別なルールはありませんが、出金については一定のルールに従う必要があります。
原則として以下のルールがあります。

  • 入金した時の入金額までは、入金方法と同一の方法でしか出金できません
  • 入金額以上の金額分の出金方法は選択自由(※最近では海外銀行送金でしか行えない場合もある)

(例)クレジットカードで20万円を入金し、トレード後の口座残高(利益)が50万円ある場合......

  • 入金時の20万円まではクレジットカードでしか出金できない
  • 入金額を超える残高30万円の出金方法が選択自由(※海外銀行送金のみの場合は海外銀行送金でのみ出金可能)

さらに詳しく解説します。

入金金額までは入金方法と同じ方法で出金しなければならない

海外FX 入出金ルール1

入金した時の入金額までは、入金方法と同一の方法でしか出金できないルールがあります。

例えば、クレジットカードで20万円入金したら、まず同額分の20万円まで同じクレジットカードで出金しなければなりません

入金額以上の出金は、基本的に海外銀行送金

入金した金額以上の利益分は銀行振込(海外銀行送金/電信送金)で出金しなければいけません

海外FX 入金出金ルール2

クレジットカードで入金した場合、クレジットカードによる入金額以下の金額を銀行振込で出金することはできません。
これはクレジットカードのお金を現金化させないための施策でもあります(アンチマネーロンダリング法)。

クレジットカードの上限額以上の出金なら、

  • 上限金額までクレジットカードの出金銀行振込の出金

で対応しなければなりません。

つまりトレードで得た利益分の出金は海外銀行送金(電信送金)で出金します

出金手数料・出金時間

クレジットカード/デビットカードでの手数料・着金時間

手数料、着金時間

出金手数料:無料

着金時間:1か月~3か月ほど(カード会社による)

ほとんどの海外FX業者では、出金手数料は無料

ただしカード会社によっては着金は1か月~3か月くらいかかります。

海外銀行送金での出金手数料、着金時間

手数料、着金時間

出金手数料:2000円~5000円程度

着金時間:3~5営業日ほど

ほとんどの海外FX業者では出金手数料を無料としてますが、別途以下の手数料がかかることが多くなっています。着金は手続きから3~5営業日後となります。

  • リフティングチャージ:2,500円程度(海外FX業者内の取引口座 ⇒ 中継銀行への送金手数料)
  • 国内銀行の受取手数料:2,500円程度(中継銀行から顧客の銀行口座への送金手数料)

海外FX業者は出金手数料を取りませんが、別途5,000円程度の出金コストがかかることになります。

なお、ソニー銀行は海外送金の受取手数料を無料としており、ソニー銀行を送金先に指定すれば出金コストを半額に抑えることが可能です。
XM、AXIORY、TitanFX、LAND-FXではソニー銀行を送金先に指定することが可能です。

また出金手続き後、着金までが3~5営業日かかることから、コスト・手間・時間をセーブするために電子決済サービスで出金するケースが多くなっています。

海外FX業者も出金手数料を取るケースもある

ほとんどの海外FX業者は基本として出金手数料を取りません。
が、中にはAXIORYのように200ドル未満(約2万円未満)の出金には、一律15ドル(約1,500円)の出金手数料を徴収する海外FX業者もあります

なお、TitanFXでは、投資家の資金はナショナル・オーストラリア銀行の信託口座に信託保全されているので、同銀行からの海外送金手数料として1,700円かかります。

ビットコインでの出金手数料、着金時間

手数料、着金時間

出金手数料:無料

着金時間:1時間以内

最近ではXMのように仮想通貨取引を提供している海外FX業者が登場しており、ほとんどの海外FX業者が出金手数料を無料としています。

出金方法としてビットコインを利用する投資家が増えてきています。
出金手続きから1時間以内にビットコインウォレット(Bitpayなど)に着金する便利さも人気となってきています。

出金額がビットコインの価格変動に左右される

ビットコインなどの仮想通貨はFX以上に価格変動が激しいことから、出金時の価格次第では出金額に差が生じる可能性があります。したがって、ビットコインで出金しようとする場合はビットコインの価格を確認してからなるべく有利な価格時に出金するようにしましょう。

ビットコインなどの仮想通貨の価格上昇・変動に関する関連記事も参考にしてみてください。

ビットコインでの入金・出金が可能な海外FX業者

ビットコインに対応している海外FX業者の数は限られています。AXIORY、Hotforexなど。

XMは入出金対応に加え実際にビットコイン他全5仮想通貨の取引が可能となっており他の海外FX業者よりもリードしている状況です
(※現在はXMでは仮想通貨による取引は行えなくなっています。)

bitwalletの出金手数料、着金時間

手数料、着金時間

出金手数料:無料(銀行口座へ出金するには824円)

着金時間:1時間以内

Bitwalletは、電子ウォレットのようなものなので、出金には以下の手順を踏みます。

≪XMから→Bitwallet内に出金→その後自分の指定先銀行口座へいつでも出金できる≫

XMからBitwalletを通して銀行口座への出金手数料は一律824円で済みます

  • 海外FX口座からbitwalletまで:無料
  • bitwalletから国内銀行口座まで:824円

出金ルールにより、入金額以上の運用益/利益分の出金に関しては海外銀行送金、または電子決済サービスを利用することになります。

銀行送金と比べてbitwalletの方が4,000円以上安くなるのでおすすめです。
※ただしXMは利益分はBitwalletで出金できないので注意が必要です。

着金時間は営業日以内なら1時間以内に完了します。

bitwalletの入金手数料と出金手数料

Bitwalletの手数料などの一覧表は以下の通りです。

出来ること入金出金方法など手数料
bitwalletへの入金銀行振込無料
(※別途、振込手数料はかかる)
クレジットカード(Visa/Master Card)4%
クレジットカード(American Express/Discover/Diners)5%
送金
(ワンコイン送金)
日本円での送金100円
米ドルでの送金1米ドル
ユーロでの送金1ユーロ
bitwalletから出金国内銀行への日本円での出金824円
国内銀行への米ドルでの出金40米ドル+合計額の1%(最低2米ドル)
国内銀行へのユーロでの出金40ユーロ+合計額の1%
両替Bitwalletアカウント内での異なる通貨への両替が可能為替レートにより変動
bitwalletとは?海外FXの入金出金システムの評判から使い方まで解説!

Bitwalletは電子決済サービスです。 よく海外FXの入金出金システムとして使用されています。 ここでは以下の点を一つ一つ丁寧に解説していきます。 この記事でわかること bitwalletの特徴や ...

続きを見る

各種電子決済サービス口座までの出金手数料

電子決済サービス出金手数料
bitwallet無料
一部の海外FX業者:200ドル未満(約2万円未満)の出金に際しては一律15ドル(1,500円程度)の出金手数料がかかる
Skrill無料
一部の海外FX業者:200ドル未満(約2万円未満)の出金に際しては一律15ドル(1,500円程度)の出金手数料がかかる
NETELLER無料
一部の海外FX業者:200ドル未満(約2万円未満)の出金に際しては一律15ドル(1,500円程度)の出金手数料がかかる
PayPal無料
webmoney無料
一部の海外FX業者:出金額の0.8%の手数料がかかる場合あり
STICPAY無料
一部の海外FX業者:0.3米ドル+出金額の2.5%の手数料(最大25米ドル)がかかる

以上、海外FXではさまざまな出金方法に対応しており、簡単なルールさえ理解しておけば出金は非常に楽な方法ばかりです。
特に、bitwallet(ビットウォレット)は入金、出金の手数料が非常に安く、即日反映されるためおすすめです。多くのトレーダーが利用していることからも、bitwalletの利便性の良さがわかります。

  • この記事を書いた人

甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-海外FX おすすめ情報
-,

Copyright© 海外FX口座のエキスパートが厳選!おすすめFX業者を紹介! , 2020 All Rights Reserved.