Tradeview(トレードビュー)

Tradeview(トレードビュー)の口座開設の方法、追加口座も画像付きで解説

投稿日:

Tradeview トレードビュー 口座開設を解説

中上級者やプロ向け海外FX業者として評判が高いTradeview(トレードビュー)のリアル口座とデモ口座の開設方法と必要書類の提出方法、さらに追加口座のやり方を画像付きで解説します。

この記事に従って進めれば口座開設の申し込みは5分程度で済みます。

Tradeview リアル口座開設の方法

口座開設の申し込みを始めるには、まず、口座タイプと取引プラットフォームを選びましょう。

その上で、基本情報の登録 ⇒ ご職業等の情報登録 ⇒ 投資のご経験登録 ⇒ 必要書類の提出(アップロード)⇒ ご署名と情報送信

の流れで進めていきます。

なお、必要書類をTradeviewに提出アップロードする必要があるため、以下の「本人確認書類」と「現住所確認書類」をあらかじめ画像としてパソコンやスマホに保存しておくことをお勧めします。

  • 本人確認書類: いずれか1点(パスポート・運転免許証・身分証明書・マイナンバーカードなど顔写真入り)
  • 現住所確認書類: いずれか1点(携帯電話以外の公共料金の請求書・住民票・銀行取引やクレジットカード取引明細・健康保険証、発行日から3ヶ月以内のもの)

以下、口座開設の手続き完了までの手順を説明します。

口座開設にかかる時間は?

口座開設にかかる時間は、申請後から約24時間以内に完了し利用開始できます。

これから解説する口座開設の申請作業は5分程度で終わりますが、Tradeview側で申請内容を審査するのに短くても半日、24時間以内には口座開設が完了し利用できるようになります。

週末にかけて申請作業を行った場合は、翌月曜日からの審査開始となり口座開設までの時間が長くなり、火曜日からのご利用となる可能性があるため、お急ぎの場合は平日木曜日までに申請を完了されることをお勧めします。

① 口座開設する口座タイプと取引ツールを選びましょう

Tradeviewは5種類の取引口座を用意しており、口座開設を始める前に口座タイプと取引プラットフォームを選んでおく必要があります。

STP方式スタンダード口座として「Xレバレッジ口座」、ECN方式の低スプレッド口座には「ILC口座、MT5口座、cTrader口座、Viking口座」がありそれぞれ利用できるプラットフォームが決まっており、主な仕様は以下のとおりです。

口座タイプXレバレッジ口座
(スタンダード口座)
ILC・MT5・cTrader・Viking
(低スプレッド口座)
取引方式STPECN
平均スプレッド
(ドル/円)
1.8pips0.1pips
取引手数料(往復)なし0.5pips
(5ドル)
FX通貨ペア62種類ILC口座:62種類
MT5口座:62種類
cTrader口座:41種類
Viking口座:41種類
レバレッジ最大400倍ILC口座:200倍
MT5口座:100倍
cTrader口座:400倍
Viking口座:400倍
ロスカット水準証拠金維持率
100%以下
証拠金維持率
100%以下
最小取引数量1,000通貨ILO口座:10,000通貨
MT5口座:10,000通貨
cTrader口座:1,000通貨
Viking口座: 10,000通貨 
最低入金額100ドル
(10,000円)
1,000ドル
(100,000円)
取引プラットフォームMT4ILC口座:MT4
MT5口座:MT5
cTrader口座:cTrader
Viking口座:Currenex

Tradeviewの評判・各口座の特徴・仕様などについては、関連記事「Tradeview(トレードビュー)の評判は?8の長所、2の短所!超低スプレッド重視なら必読」で解説しているので、口座開設する前にぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、当サイト経由で最も口座開設されているのは「cTrader口座」、注文機能が豊富でハイレバ400倍に対応なのでスキャルピングからデイトレードにも最適です。

口座タイプとプラットフォームを決めたら、新規口座開設の手続きを始めましょう。

個人の方は「個人口座申請」をクリックします、法人口座申請は別途解説します。

Tradeview 個人口座開設

② 取引プラットフォーム(口座タイプ)と口座通貨を選択

まず「取引プラットフォーム」欄で5種類の取引口座の中から1つを選択します。

Tradeview 口座開設取引口座 プラットフォームを選択

続いて、口座通貨を選択します(日本円、米ドル、ユーロ、豪ドル、カナダドル、スイスフラン、英ポンド、メキシコペソ、南アランド)、通常、日本在住の方は日本円を選びましょう。

Tradeview 口座通貨を選択

③ 基本情報の登録

基本情報は主に個人情報を登録していきます。

登録必須項目は「お名前(姓名)、生年月日、国籍、居住国、ご住所、郵便番号、お電話番号、メールアドレス、性別、既婚独身状況」で入力または選択します。

Tradeview 口座開設 個人情報の登録

上記の入力方法の詳細を見る
  • 姓名(ローマ字)入力例: 田中なら「Tanaka」、太郎なら「Taro」とローマ字表記で入力します。
  • 出生地の選択: 日本生まれなら「Japan」を選択、そのほかの国はプルダウンリストから選択します。
  • 生年月日の入力例: 「日」「月」「年」の順でクリック、プルダウンリストから選択できます。
  • 国籍の選択:  日本人は「Japan」を選択、そのほかの国はプルダウンリストから選択します。
  • 居住国の選択: 日本在住なら「Japan」を選択、そのほかの国はプルダウンリストから選択します。
  • 居住する都道府県の選択: 「都道府県」をクリックすると、プルダウンリストに47都道府県が表示されるので選択します。
  • 市区町村(ローマ字)入力例
    「東京都 港区 六本木」の場合 ⇒ 「Minato-ku」
    「東京都 武蔵野市 吉祥寺本町」の場合 ⇒ 「Musashino-shi」
  • 住所(ローマ字)入力例: 
    「東京都 港区 六本木2丁目2-1」の場合 ⇒ 「2-2-1 Roppongi」
    「東京都 武蔵野市 吉祥寺本町1-1-1」の場合 ⇒ 「1-1-1 Kichijoji honmachi」
  • 住所(必要な場合・ローマ字)入力例: 「あすなろアパート101号室」の場合 ⇒ 「101 Asunaro-apartment」
  •  郵便番号の入力例
    ハイフン無しで入力
    106-0032(港区六本木2丁目)の場合1060032
  • 電話番号の入力例
    先頭に日本の国番号「+81」、続いて市外局番の最初の「0」を省きます。
    たとえば、090-1234-5678の場合 ⇒ 「+819012345678」とハイフン無しです。
  • Eメールアドレスの入力例
    Tradeviewから通知案内等を受信するためのメールアドレスを入力します。
  • 性別・未婚・既婚の選択: プルダウンリストから選択してください。

Tradeview 口座開設 米国市民権

米国市民権と永住権がない日本人は「米国市民権や永住権はありません」にチェックを入れてください。
米国籍以外の場合の身分証明書番号ではプルダウンリストから選択して、各登録番号を入力してください。

④ 職業等の情報登録

職業・資産・収入の状況に関してご自身に合っていいる項目にチェックを入れてください。

Tradeview 口座開設 職業に関する情報

Tradeview 口座開設 総資産の情報破産された経験には「いいえ」をクリックし、「私の知る限りにおいて、本申請書に記されたすべて の情報が事実かつ正確である事を認め、必要であれば追加書類を提出します」に同意=チェックを入れます。

Tradeview 口座開設 収入に関する情報

⑤ 投資経験等の登録

各種の投資商品の中から投資経験があるものを選択、経験年数・取引量・取引頻度はプルダウンリストから選択します。

  • 経験年数: 2年未満、2年~5年、5年~10年、10年以上
  • 取引量: 50,000ドル以下、50,001~100,000ドル、100,001~500,000ドル、500,000ドル以上
  • 取引頻度: 毎日、毎週、毎月、四半期ごと、半年ごと

Tradeview 口座開設 投資経験

⑥ 必要書類の提出

提出すべき必要書類には「本人確認書類」と「現住所確認書類」があります。

本人確認書類の提出

本人確認書類は、「パスポート」「運転免許証」「各種身分証明書」「マイナンバーカード」のいずれかを選択、発行された国には日本ならばJapanを選択します。

本人確認書類は顔写真入りである必要があります。

選択した本人確認書類を提出アップロードするには、画像を保存してあるフォルダを開くために「Browse」をクリックし、表示された画像ファイル名をクリックして選択します。

Tradeview 口座開設 本人確認書類を選ぶ

パスポートを選択した場合

Tradeview 口座開設 本人確認書類 パスポート

運転免許証を選択した場合

Tradeview 口座開設 本人確認書類 運転免許証

身分証明書を選択した場合

Tradeview 口座開設 本人確認書類 身分証明書

マイナンバーカードを選択した場合

Tradeview 口座開設 本人確認書類 マイナンバーカード

現住所確認書類

現住所確認書類は、「公共料金等の請求書(携帯電話以外)」「住民票」「銀行取引明細、クレジットカードの利用明細、健康保険証」のいずれかを選択します、発行日から3ヶ月以内のものに限ります。

資料を提出するために「Browse」をクリックし、画像を保存してあるフォルダを開いて画像を選択します。

Tradeview 口座開設 住所確認書類

公共料金等の請求書の場合

Tradeview 口座開設 現住所確認書類 公共料金等の請求

住民票の場合

Tradeview 口座開設 現住所確認書類 住民票

銀行取引明細・健康保険証

Tradeview 口座開設 現住所確認書類 銀行取引明細 健康

⑦ 署名して口座開設の作業を終える

必要書類の提出の準備までが整ったら、署名欄にサインを記入します。パソコンの場合はカーソルで行うので署名しにくいですが、下記のようにイニシャルだけで、きれいでなくても承認してもらえるので心配いりません。署名が済んだら「署名の完了」を押してから「送信する」を押せば口座開設の手順は完了となります。

Tradeview 口座開設 署名して送信する

すぐにTradeviewから以下の口座開設の申請を受けたとの通知メールが届きます。

Tradeview 口座開設 申請受け取りメール

1時間くらい経ってもこのメールが届かなければ、何らかの理由で送信が完了していなかった可能性があるので、再度、最初から手続きを行ってみてください。

Tradeviewから口座開設の完了メールが届く

上記の口座開設申請の受け取りメール受信から24時間以内(早ければ半日程度)に以下の口座開設完了のメール案内が届きます。

ログインIDとパスワードが記載されているので大事に記録・保管しましょう。

Tradeview 口座開設 完了メールが届く

上記はILC口座を開設した場合なのでメタトレーダー4と表示されていますが、MT5口座やcTrader口座を開設すればメタトレーダー5またはcTraderと表示されます。そして、取引ツールをダウンロードできるリンク(PC版とモバイル版)が貼られているのでクリックするとダウンロードが開始します。

ログインIDとパスワードは、各種取引ツールを起動する際と会員ページにログインする際に必要なので大切に保管しましょう。

Tradeview デモ口座開設の方法

Tradeviewの公式サイトのトップメニューにある「デモ口座開設」をクリックして始めます。

デモ口座開設はわずか3分で済む

レバレッジは、1倍、10倍、50倍、100倍、200倍、400倍から選択可能。
口座通貨は、米ドル、ユーロ、日本円、メキシコペソ、南アランドから選択可能、Eメール受け取りに同意しますにチェックを入れたら「送信する」を押します。

Tradeview デモ口座 口座開設

すぐに「デモ口座のご申請有難うございます....」という案内が表示されます。

Tradeview デモ口座 口座開設 申請完了メール

デモ口座のログインIDとパスワード等が載っている下記のメール届いているので確認しましょう。

デモ口座開設申請

MT4などをダウンロードして利用

Tradeviewのデモ口座の取引ツールは現状MT4だけに対応しており他のツールを利用できません。上記の「MT4のダウンロード」をクリックするとダウンロードが開始します。MT4を立ち上げたら、ログインIDとパスワードでログインして取引できますが、閲覧専用PWは取引ぜずチャート等の画面を見るためだけに使用できます。

Tradeviewでの追加口座の作り方

Tradeviewでも同時に複数のポジションを持ちながら、また、複数の自動売買(EA)ツールを稼働させたい場合に追加口座が必要となりますが、Tradeviewでは同一アカウント内で最大5つまで追加口座を作ることができます。

リアル口座の会員ページにログインし、メニュー内の「追加口座」をクリックし「追加口座申請」の画面に進みます。

Tradeview 追加口座

追加口座申請の画面で「お名前」「メールアドレス」などに入力・選択していきます。

Tradeview 追加口座申請

  • 口座番号:既に持っている口座の番号を入力します。
    注意点:既存口座に資金が入金されていて残高がないと追加口座を作れないのでご注意ください。
  • ご希望のレバレッジ: 各口座タイプの最大レバレッジの範囲内で任意設定可能
  • 最大レバレッジ: ILC口座(MT4)とMT5口座は200倍、Xレバレッジ口座は500倍、cTrader口座/Viking口座は400倍
  • 取引口座の通貨:  日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、カナダドル、スイスフラン、メキシコペソ、南アランド
  • 取引プラットフォーム: MT4(ILC口座、Xレバレッジ口座)、MT5(MT5口座)、cTrader(cTrader口座)、Currenex(Viking口座)

入力・選択内容でよければ「私はレバレッジとそれに伴う取引リスクに関しては理解しています」と「私はロボットではありません」にチェックを入れて「送信する」を押せば申請作業は完了します。

Tradeviewの口座開設に管理人より一言

よくTradeviewはプロや玄人向けの業者と宣伝されているが、管理人としては今後、初級者や中級者であっても1,000ドル以上の初期資金を用意できるのであれば、とにかく超低スプレッド&格安の取引手数料のILC口座やcTrader口座などのECN口座を勧めていきたい、と考えています。

口座開設の手続きでは署名が少し面倒かもしれませんが、開設の時間は長くても中1日、海外FX口座を始めて開設するような方でも難なく手続きて追加口座も非常に簡単。

とにかく、スキャルパーやトレード回数が多めのトレーダーなら口座開設を検討する価値があるはずです。

  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-Tradeview(トレードビュー)

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.