海外FX業者の評判・レビュー

Tradeview(トレードビュー)の評判は?8の長所、2の短所!超低スプレッド重視なら必読。

更新日:

Tradeview 海外FX業者

Tradeviewは2004年設立の老舗・中堅ブローカーであり、英領ケイマン諸島金融庁(CIMA)のライセンスを持っています。

約定力、取引条件、顧客資産管理、ライセンスや徹底した情報公開などの面で安心して利用できる海外FX業者です。

Tradeviewの評判・レビュー

Tradeviewは運営歴15年と長い割には日本での知名度はあまり高くありませんでしたが、ウェブサイトを日本語化して2016年から日本人向けにもサービスを提供し始めたことから日本でも知名度が徐々に高まってきており、海外では人気・評判ともに高い業者です。

ライセンス・信託保全あり、狭いスプレッド、透明性が高いNDDを採用し、約定スピードがかなり速く、日本人向けのカスタマーサポートも充実させているなど、信頼性・安全性と優れたトレード環境が日本人からも高く評価されるようになっています。

ボーナスはなく、初心者向けのXレバレッジ口座(STPスタンダード口座)は最大レバレッジ400倍、最低入金額1万円~、最低取引枚数1000通貨~。

ECN口座であるILC口座は、最大レバレッジ200倍、ロスカット水準が100%、最低入金額10万円、最低取引枚数は1万通貨から、といった取引条件であり、中上級トレーダー向けであり、超低スプレッド0.0pips~、取引手数料往復5ドルの安さをフル活用して思い切りスキャルピングしたい派のトレーダーにおすすめです。

Tradeviewをおすすめしたい方

甘エビ太郎
Tradeviewは超低スプレッド、約定力などトレード環境と企業としての信頼性が一流!

  • スプレッドの狭さを重視し、スキャルピングを行う方
  • 取引手数料が安いECN口座を利用したい方
  • 約定力を重視される方
  • MT4以外、cTraderなどのプラットフォームも使ってみたい方

低スプレッド、取引手数料が安い、cTraderも使えるといった点に関してはAXIORYに似通っている業者といえます。

Tradeviewの会社概要、代表者の経歴など

甘エビ太郎
Tradeviewの代表者は先物取引投資分野でのプロ中のプロ、FX業界での経営経験・手腕・哲学がしっかりしている!

Traderviewは英国領ケイマン諸島金融庁(CIMA)でライセンス登録しているブローカーであり、本社をニューヨーク州マンハッタンのブロードウェイに構えています。

創業者で代表を務めるTimothy Furey氏は、元米国三大投資銀行であるメリルリンチやシカゴ商品取引所の先物取引部門でトップトレーダーであったことがあり、その後、Schonfeld Scuritiesを経てODL securities(2010年に大手FX業者FXCMが買収)の社長を務めた経験があり、20年以上の投資業務経験を活かすために2004年に設立されたのがTradeviewです。

会社名Tradeview Ltd.
住所NYオフィス:1123 Broadway, New York, NY 10010
ケイマンオフィス:Grand Cayman, KY1-1002;
103 South Church Street. Harbour Place, 4th floor, Cayman Islands
ライセンス英国領ケイマン諸島 金融庁(CIMA)
登録No. 585163
ライセンスの詳細は以下で確認してください。
設立2004年
代表(CEO)Timothy Furey氏
サービスFX、CFD、現物株式の取引

Tradeviewの長所、メリット

甘エビ太郎
代表的な長所だけでも以下の9つを挙げることができます、とにかく優れている点が多い業者です!

  1. 運用歴が長く、出金トラブルがないライセンス業者
  2. 大手銀行で分別管理、信託保全も導入されている
  3. 約定力はハイレベル、約定スピードが速い
  4. スプレッドの狭さと取引手数料の安さは業界ナンバーワン水準
  5. NDD方式を採用しており、不利約定やリクウォートなどの心配がない
  6. ゼロカットを導入しており、証拠金以上の損失(追証)が発生しない
  7. FX通貨ペア、CFD銘柄など全117種類もある
  8. MT4に加え、cTraderとCurrenexも利用できる
  9. 日本語サポートにも力を入れ始めており、質も高い

老舗ブローカー、出金拒否などがないライセンス業者

Tradeviewは運営歴15年の老舗の海外FX業者であり、以下のとおり英国領のケイマン諸島金融庁(CIMA)から認可を得ており企業としての信頼性が高いと言えます。

ケイマン諸島のライセンスと聞くとオフショアライセンスのイメージを持つかもしれませんが、ケイマン諸島はマネーロンダリングやテロ資金対策を主導する政府間機関である「マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)」による評価ランキング(対策への協力体制など)において5位であり(日本は10位)、金融規制に関しても厳格であることからCIMAライセンスは相応の信頼性があると言われています。

Tradeviewのライセンス登録 ケイマン諸島 金融庁

参照: CIMAの公式ウェブサイトの検索ページ

たとえば、以下の通りFPA(Forex Peace Army)での評価は良好であり、海外では出金拒否等のトラブルがない安全な業者として評判は良好です。

Tradeview 口コミ点数

参照: FPAでのTradeviewの評判レビューの公式ページ

大手銀行での分別管理、信託保全により顧客資金が守られる

顧客の証拠金はスペイン最大の商業銀行サンタンデール銀行で分別管理されていることに加え、信託保全も導入されており1トレーダー当たり35,000ドル(約350万円)までの顧客資産が保証されるので、万が一Tradeviewが倒産したとしても約350万円までの資金が戻ってくるので安心して資金を預けることができます。

なお、サンタンデール銀行は総資産ランキングで世界16位(みずほ銀行17位)、債券の格付けもA+の超優良のメガバンクです。
参照:日本格付研究所(JCR)の格付けウェブサイト

分別管理が定期的な内部監査と外部監査によりチェックされている

Tradeviewでは分別管理されている顧客の預託資金が顧客によるトレード以外に流用されていないかを定期的にチェックされており、資金が消失することがないように厳格なリスクマネジメントが徹底されています。MAINSTREAM社が提供する投資アカウント管理サービスを活用してトレーダー資金は投資口座に完全分離されており、投資口座は定期的に内部監査部門と外部監査人によりチェックを受けており安全性が保たれています。
参照:MAINSTRAM社のウェブサイト

約定力に優れ、約定スピード驚異の0.15秒

Tradeviewの約定スピードは平均0.15秒の超高速であり、スリッページも起こらないほどの約定力を誇っています。大型の経済指標発表時など過度に注文が集中する相場においてもすべりません。

高速を誇る他の海外FX業者であっても平均0.2秒台なので驚異の速度を達成していると言えます。

その理由は、Tradviewの「Innovative Liquidity Connector(ILC)」というトレーディングシステムにあります。

豊富なLPで流動性を確保、高速データセンターを活用している

「Innovative Liquidity Connector(ILC)」は、常時50社以上のリクイディティプロバイダーとの提携により非常に高い流動性を確保しています。世界中の大手金融機関が利用しているエクイニクス社のLD4(ロンドンデータセンター4)にトレードサーバーを配置して他の追随を許さないほどの約定力を築いています。

リクイディティプロバイダーの数が多いほど流動性は高まるので、注文を確実にマッチングさせることができます。その証拠に執行率約100%を達成しており、超高速のLD4により約定スピードは非常に優れています。

レバレッジ最大400倍、スプレッド0.0pips、手数料5ドル(往復)

Traderviewではスタンダード口座の「Xレバレッジ口座」とECN口座の「ILC口座(MT4)」・MT5口座・cTrader口座・Viking口座」の5つの口座タイプを用意しています。

上述した豊富なリクイディティプロバイダーを確保しているので最良レートをマッチングさせることができ、約定もハイスピードなので極めて狭いスプレッドを提供しています。

ILC口座のスプレッドと取引手数料は業界最安値水準であり人気が高くなっています。

口座タイプXレバレッジ口座
(スタンダード口座)
ILC・MT5・cTrader・Viking
(低スプレッド口座)
取引方式STPECN
平均スプレッド
(ドル/円)
1.8pips0.1pips
取引手数料(往復)なし0.5pips
(5ドル)
レバレッジ最大400倍ILC口座:200倍
MT5口座:100倍
cTrader口座:400倍
Viking口座:400倍
ロスカット水準証拠金維持率
100%以下
証拠金維持率
100%以下
最小取引数量1,000通貨ILO口座:10,000通貨
MT5口座:10,000通貨
cTrader口座:1,000通貨
Viking口座: 10,000通貨 
最低入金額100ドル
(10,000円)
1,000ドル
(100,000円)
取引プラットフォームMT4ILC口座:MT4
MT5口座:MT5
cTrader口座:cTrader
Viking口座:Currenex

ILC口座(ECN)のスプレッド一覧(No.1低スプレッド)

ILC口座はECN口座であり取引手数料往復5ドル(0.5pips)がかかります。

下記表の手数料込みは、平均スプレッドに0.5pips(5ドル/往復)上乗せです。
下記のメジャー通貨ペア系の手数料込みの平均スプレッドは約0.8pipsという驚異の低スプレッドであり、業界ナンバーワンの狭さです。Xレバレッジ口座の半分以下のスプレッドであり、他の業者よりも圧倒的に狭いのでILC口座がおすすめとなります。

通貨ペア最小スプレッド平均スプレッド手数料込み
(往復)
米ドル/円0.00.10.6
ユーロ/円0.40.40.9
英ポンド/円0.50.51.0
豪ドル/円0.50.51.0
ユーロ/米ドル0.20.20.7
英ポンド/米ドル0.50.51.0
豪ドル/米ドル0.20.20.7

Xレバレッジ口座(STP口座)のスプレッド一覧

一方、スタンダード口座の方は、以下の全ての通貨ペアの平均スプレッドは2.3pipsと高めです。

ILC口座の最低入金額10万円を用意できない方、最大レバレッジ200倍以上でトレードしたい方はスタンダード口座を選らぶことになりますが、正直、STP口座であれば、TitanFXやAXIORYのスタンダード口座のスプレッドの方が有利なので必ずしもTradeviewを選ぶ必要はないでしょう。

通貨ペア最小スプレッド平均スプレッド
米ドル/円1.31.8
ユーロ/円1.41.9
英ポンド/円1.62.3
豪ドル/円1.82.6
ユーロ/米ドル1.21.7
英ポンド/米ドル1.42.0
豪ドル/米ドル1.51.9

取引手数料が業界で最も安い

ILO口座が驚異の低スプレッドを実現できるのは、業界で最も安い取引手数料を提供しているからです。

他の海外FX業者の取引手数料を比較したのが以下の表です。
AXIORYやTitanFXも安い方ですがTradeviewの取引手数料は業界一であり、仕上がりコストをとにかく抑えたい方はTradeviewがおすすめです。

FX会社取引手数料
(往復/10万通貨当たり)
Tradeview5.0ドル
(0.5pips)
AXIORY6.0ドル
(0.6pips)
HotForex6.0ドル
(0.6pips)
TitanFX7.0ドル
(0.7pips)
LAND-FX7.0ドル
(0.7pips)
FxPro9.0ドル
(0.9pips)
XM10ドル
(1.0pips)

ゼロカット導入あり、追証(借金)を負うことがない

Tradeviewもゼロカット(追証なしサービス)を導入しているので、相場の急変等によりロスカットの発動が遅れた場合に発生する証拠金以上の損失をゼロに戻すので追証を請求されることはなく、借金を負うことないので安心してトレードできます。

ゼロカットについては「ゼロカットとは!その特徴やデメリットはあるのか?実行の時期も比較」に詳細に解説しています。

NDD方式を採用、透明性が高く不利約定やリクウォートしない

Traderviewも海外FXで一般的なNDD方式の業者です。下の画像のとおり、トレーダーの注文とインターバンク市場の間にTradeviewのディーラーが関与しないので、利益相反関係がなく不利約定、レートずらし、ストップ狩り、悪質なリクウォートなどの不正操作が一切行われません。

NDD方式は取引の透明性が高い

注文はすべてインターバンク市場に流されて、Tradeviewは仲介業者としてスプレッドだけを徴収する形となっており、トレーダーが儲かればさらにトレード回数が増えてTradeviewも潤うという透明かつWIN-WINな関係の中でトレードを行えます。

NDD方式とDD方式については「【FX用語解説】海外FXのNDD方式、国内FXのDD方式の違い」で詳細を解説しています。

豊富なトレードプラットフォーム、cTrader、Currenexも利用できる

TradeviewももちろんMT4を提供していますが、cTraderとCurrenexも提供している数少ない業者であり、cTraderとCurrenexはILC口座(ECN口座)で利用できます。

ECN専用に開発されたcTraderはEA、スキャルピングにも最適

TradeviewのILC口座(ECN)のスプレッドは上述のとおり業界一の狭さを誇り、以下のcTraderの特徴とメリットを組み合わせることができるのでスキャルピング系のトレーダーに最適です。

  • 板情報を確認できる
  • 同時決済が可能
  • ワンクリック注文とクイックトレードが可能
  • 保有ポジションの一部決済ができる
  • 途中からポジションの追加注文も可能
  • 予定損益が確認できるので初心者にうれしい
  • スプレッド0.0pips~の低コスト取引ができる

Currenex(バイキング)にはデメリットもあるのでILC口座を利用し、特にスキャルピングを行うならばcTraderがおすすめです。

cTraderのメリットの詳細は「cTraderはスプレッド0pips~!11の長所・2の短所も公開!mt4とどっちが良い?」で解説しています。

裁量取引に特化したCurrenexはEAに非対応

Currenex(バイキング)はカリネックス社が開発・提供しているトレードツールであり、EAに非対応、裁量取引専用なのでcTraderの上記のような機能がついていません。また、Currenexの場合の取引手数料は往復6ドルなので、cTraderよりもコストが1ドル余計にかかってしまうためあまりおすすめできません。

日本語サポートも秀逸、質が高い

日本人スタッフ4名が常駐しており、人数的にはまだ少ない方ですがスタッフの応対・クオリティは高く、24時間の日本語サポートに対応しています。

Tradeview お問い合わせ

口座開設後であれば上の画像のようにチャットで日本語サポートを受けることが可能です、また、電話とメールでもサポートを受けられます。

  • サポートデスクの電話連絡先: (+1-345)945-6271(+1-345はケイマン諸島の国番号)
  • メールでのサポート: japanesesupport@tvmarkets.com

Tradeviewの短所・デメリット

超低スプレッドを提供しているのでボーナスがないのは仕方がないとしても、以下の2点はトレーダーによっては敷居が高いと感じざるを得ないかもしれません。

ECN口座の最大レバレッジ200倍、ロスカット水準100%

Xレバレッジ口座(STP口座)の最大レバレッジは400倍の標準レベルですが、超低スプレッドかつcTraderも利用できるILC口座(ECN口座)の最大レバレッジは200倍までなので人によっては物足りなさを感じるかもしれません。また、ロスカット水準はXレバレッジ口座、ILC口座ともに100%と高く、とにかく少額資金でロスカットしにくい口座でトレードしたい派の方にはハードルが高いかもしれません、どちらかといえば、Tradeviewは初心者よりも中上級者向けのブローカーと言えます。

ECN口座の最低入金額が10万円以上、最低取引枚数が1万通貨

ILC口座(ECN口座)の最低入金額は10万円、最低取引枚数も1万通貨(0.1ロット)なので上記と同様に少額資金でトレードもしたい派の方には向いていなく、やはり、資金がありトレード経験がある中上級者向きの業者だと言えます。

ユーザー管理画面のユーザビリティが良くない

トレード環境面でメリットが目立つ中で、唯一、ユーザー管理画面(コントロールパネル)の使い勝手が悪い点が残念。特に入出金や口座管理などはMT4、MT5やcTraderといったプラットフォーム毎に行うため、複数口座がある場合に一元管理できないのでユーザビリティは低いです。

ただ、Tradeviewとしては管理画面のユーザビリティに時間と費用を掛けるくらいならトレード環境の維持・向上にお金を使う方が、結果としてトレーダーにとってプラスになると考えているようです。

Tradeviewの入金・出金について

Tradeviewの入出金方法は非常に豊富であり、入金方法は20種類、出金方法は12種類の中から選ぶことができます。

入金方法(クレカ、bitwallet、Netellerなど)

Tradeview 入金方法の一覧(画像)

Tradeview 入金の方法

日本円での入金に対応している方法は以下の通りであり、クレジットカード入金はリアルタイム入金(即時入金)が可能ですが、その他の入金方法では1~3営業日ほどかかります。

  1. クレカ(visa、マスター)
  2. bitwallet
  3. neteller
  4. skrill
  5. sticpay
  6. 国内銀行送金
  7. 海外銀行送金

Tradeviewの入金方法の詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

Tradeview 入金方法を解説

Tradeviewの入金、おすすめ入金方法・bitwallet・入金反映・手数料など

Tradeviewの入金方法はバラエティーに富んでおり、どの方法が便利かつ手数料も安いのか.... 選びにくいかもしれません。 そこで、この記事では、管理人が実際に使ってみたTradeviewのおすす ...

続きを見る

出金方法(クレカ、bitwallet、Netellerなど)

Tradeview 出金方法の一覧(画像)

Tradeview 出金の方法

出金の方も入金と同様に以下の方法を利用できます、着金までにかかる時間・日数は出金方法ごとに異なります。

出金は入金した方法と同じである必要があります。入金額までは同じ方法で出金できますが、利益分の出金は海外銀行送金、bitwallet、Neteller、skrill、sticpayとなります、利益分をクレジットカードへ出金することはできません。なお、bitwalletでは利益分を出金できない場合があるのでご注意ください。

  1. クレカ(visa、マスター):5日~1週間程度
  2. bitwallet: 1時間程度(24時間以内)
  3. neteller: 1時間程度(24時間以内)
  4. skrill: 1時間程度(24時間以内)
  5. sticpay: 1時間程度(24時間以内)
  6. 海外銀行送金:3~5営業日

Tradeviewの出金方法の詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

Tradeview 出金方法を解説

Tradeviewの出金の方法、出金ルール・時間・日数など

Tradeviewの出金方法、出金で留意すべきルール、各出金方法での注意点や着金までの時間・日数などをわかりやすく解説します。 目 次1 Tradeviewの出金で注意すべきルールについて1.1 入金 ...

続きを見る

Tradeviewを使ってみた管理人の感想と総括

甘エビ太郎
cTraderが使えて超狭いスプレッド、ハイスピード約定が備わっているので、スキャルピング派のトレーダーに最適、絶対におすすめでしょう!

Tradeview cTrader

管理人はスキャルピングにはAXIORYを使うことが多いですが、スキャルピング用のサブ口座としてTradeviewのILC口座のcTraderも使用しています。繰り返しになりますが、超低スプレッドかつ非常にサクサクと約定するので、スキャルのメイン口座にしてもいいほどです。

とにかくTradeviewはトレード環境が良いだけでなく、個人的にはライセンスや完全NDD業者であるといった信頼性の面でも不安なく利用しているのが実情です。

日本人におけるTradeviewの知名度はこれからもっと上がり、スキャルピング派のトレーダーにとって一択の業者になっていくと期待しています、これからが楽しみの海外FX業者だと思います。

Tradeviewでの口座開設にご興味を持たれた方は「Tradeview(トレードビュー)の口座開設の方法、追加口座も画像付きで解説」も読んでみてください。

Tradeviewの口座概要

Tradeviewの2種類の口座タイプの概要をまとめたものが気になる人は下をクリック!

Xレバレッジ口座(STP/スタンダード口座)の概要
注文方式STP/NDD方式
口座通貨日本円、米ドル、ユーロ、豪ドル
カナダドル、英ポンド、メキシコペソ
取引銘柄数・FX通貨ペア:36
・株式現物: 37
・株価指数:7
・ETF銘柄:27
・貴金属・資源:5
平均スプレッド1.7pips~2.6pips
ドル/円:1.8pips
ユーロ/円:1.9pips
取引手数料無料
最大レバレッジ400倍
ロスカット水準100%
マージンコールなし
ロット単位1ロット=10万通貨
最小取引枚数0.01ロット(1,000通貨)
最大取引量制限なし
最低入金額10,000円
ゼロカット追証なし
トレードツールMT4のみ
入金・出金方法・クレジットカード(Visa、マスター)
・bitwallet
・Neteller
・skrill
・sticpay
・海外銀行送金
入金手数料無料
出金手数料無料
ILC口座(ECN口座)の概要
注文方式ECN/NDD方式
口座通貨日本円、米ドル、ユーロ、豪ドル
カナダドル、英ポンド、メキシコペソ
取引銘柄数・FX通貨ペア:36
・株式現物: 37
・株価指数:7
・ETF銘柄:27
・貴金属・資源:5
平均スプレッド
(手数料口座)
0.6pips~1.0pips
ドル/円:0.6pips
ユーロ/円:0.9pips
取引手数料MT4口座/cTrader口座: 5ドル(0.5pips)
Currenex口座: 6ドル(0.6pips)
最大レバレッジ200倍
ロスカット水準100%
マージンコールなし
ロット単位1ロット=10万通貨
最小取引枚数0.1ロット(10,000通貨)
最大取引量制限なし
最低入金額100,000円
ゼロカット追証なし
トレードツールMT4、cTrader、Currenex
入金・出金方法・クレジットカード(Visa、マスター)
・bitwallet
・Neteller
・skrill
・sticpay
・海外銀行送金
入金手数料無料
出金手数料無料
  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-海外FX業者の評判・レビュー

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.