Tradeview(トレードビュー)

Tradeviewの出金の方法、出金ルール・時間・日数など

投稿日:

Tradeview 出金方法を解説

Tradeviewの出金方法、出金で留意すべきルール、各出金方法での注意点や着金までの時間・日数などをわかりやすく解説します。

Tradeviewの出金で注意すべきルールについて

Tradeviewでは、マネーロンダリング対策(AML法、反資金洗浄法)に準拠した出金を求めており、他人名義の銀行口座やオンラインウォレットへの出金は厳禁であることはもちろん、以下のルールを守る必要があります。

入金方法と同じ方法で出金するルール

このルールは「入金時と出金時の方法を合わせる必要がある」ということであり、Tradeviewだけでなく、ほとんどの海外FX業者が守っているルールです。

資金洗浄を防止するためには、資金の流れ(資金の出どころ)を把握できるようにするため、入金方法と出金方法を合わせる必要があるからです。

したがって、クレジットカードで入金したらクレジットカードへ出金、bitwalletで入金したらbitwalletに出金しなければいけません。もし、クレジットカードとbitwalletで入金していたら両方に出金でき、さらにSTICPAYでも入金していたら、3種類の方法で出金することができます。

つまり、入金したことがある方法で出金することはOKですが、たとえば、bitwalletで入金していないのにbitwalletで出金する、ことはできないで注意が必要です。

入金額以上の利益の出金を見越して入金する必要がある

入金額までの出金ならどの方法でも出金可能ですが、入金額以上の利益は出金できない方法もあるので注意が必要です。

Tradeviewは以下のとおり、利益部分の出金はbitwallet、bitpay、Upholdで行うよう推奨しています。したがって、この3つのサービスで入金していれば、一度の手続きで入金額だけでなく利益も出金できるので、出金までを見越した場合、bitwallet、bitpayとUpholdが入金方法として有利だと言えます、それぞれの詳細については後述します。

Tradeview 出金方法

クレジットカード入金だった場合、入金額までを返金扱いで出金する

Tradeviewでクレジットカード入金した場合、入金額までは入金に使用したカードに「返金扱いで」出金できますが、入金額以上の利益は海外銀行送金で出金することになります。

「返金扱い」については後述しますが、クレジットカードで30万円を入金して、トレードで資金を40万円まで増やしてから出金する場合、入金した30万円まではクレジットカードに出金し、残りの利益分の10万円は海外銀行送金で出金することになります。

ここからは、Tradeviewのすべての出金方法の特徴などを解説していきます。

各出金方法の特徴、出金手数料、着金時間・日数

Tradeviewでは、多数の出金方法が用意されていますが、上述したとおり利益の出金も見越して、まず、bitwallet、bitpay、Upholdから説明してからその他の出金方法も詳しく解説します。

bitwalletでの出金

bitwalletはおそらく海外FX界隈では最も普及している、多くの海外FX業者が採用しているオンラインウォレットです。日本円、米ドル、ユーロといった法定通貨をご自身のウォレットに入金し、ウォレットからTradeviewの取引口座へ入金、取引口座からウォレットへの出金に利用できます。

bitwalletでTradeviewに入金していれば、入金額と入金額以上の利益もbitwalletに出金することが可能です。

出金手数料は、Tradeviewの口座からのウォレットへの出金に100円、ウォレットから国内銀行口座への出金には824円が、合計924円の手数料がかかります。

出金にかかる時間・日数は、Tradeview ⇒ bitwallet:1時間~2時間、bitwallet ⇒ 国内銀行口座: 2~3営業日くらいです。

ウォレット内で通貨の両替もできるので、海外在住の方で、米ドルやユーロ資金しか持っていない場合、ウォレット内で日本円に両替して日本国内銀行へ出金することもでき、高い海外銀行送金手数料や為替手数料を負担せずに済むので便利かつお得です。

bitpayでの出金

Tradeviewではbitpayで入金していれば、bitwalletと同様に利益分をbitpayに出金できます。

ビットコインでの出金にも対応しており出金手数料も無料なのはメリットです。入金が米ドルだけなのでドル建て口座を持つ海外在住者には向いていますが、bitpayは日本語に対応していないので日本人にはアカウント開設等が面倒臭いかもしれません。

ビットコインでの出金も可能であることから、Tradeviewでビットコイン/米ドル、イーサリアム/米ドルなどの仮想通貨FXトレードを行う方にはbitpayは利用価値があると言えますが、通常のFX取引を行うだけならbitwalletを利用した方がよいでしょう。

Upholdでの出金

Upholdでも利益の出金も可能です。

Upholdでは米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、豪ドル、カナダドル、スイスフラン、メキシコペソの法定通貨に対応、仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルでの送金に対応しており、送金手段のオプションが豊富です。Uphold経由の海外銀行送金で3.99ドルの手数料に加えて受取銀行手数料もかかります。

bitpayと同じで日本語に対応していないので英語が得意でない方には扱いにくいかもしれません、また、Upholdを利用できる海外FX業者がほとんどないというデメリットがあります。

クレジットカード/デビットカードでの出金

クレジットカードで入金したことがあればクレジットカードに出金することができます。

クレジットカードでの入金はショッピング枠で決済しているので入金分を「返金処理」して出金します。ショッピング枠を用いて商品やサービスの購入を行ってから返金処理することから購入代金以上=入金額以上の出金はできない仕組みとなっています。

クレジットカード入金だけでなくその他の方法の入金履歴もある場合でもクレジットカードへ優先的に出金されます。
クレジットカードへ出金できるのはカードで入金した額までであり、入金以上の利益分は、

  • クレジットカードだけで入金していた場合
    海外銀行送金でしか出金できない
  • bitwalletなどでも入金していた場合
    利益分はbitwallet経由で出金できる

出金手数料はTradeviewが負担してくれるので無料、カードへの返金が完了するまでの時間・日数はクレジットカード会社次第であり、購入のキャンセル処理が伴うため、短ければ1週間くらいですが1ヶ月から2ヶ月くらいかかることもあります。

上述したとおり、クレジットカード出金はカード入金額が上限なので、利益分の出金までを考慮したらbitwalletで入出金する方がおすすめです。

海外銀行送金での出金

海外銀行送金は出金手数料と送金手数料が割高です。まず、Tradeviewで35ドルの出金手数料がかかることに加え、日本国内の受取銀行側で3,000~4,000円の手数料がかかり、着金までの時間日数も数日~1週間ほどかかります。

注意点としては、Tradeviewから海外銀行送金で出金する場合も、以下の通り受取銀行のSWIFTコードが必要です。

SWIFコードとは、国際標準化機構によって認定されている金融機関識別コードのことであり、ほとんどの銀行がSWIFTコードを持っていますが、例外として、ジャパンネット銀行、セブン銀行、GMOあおぞらネット銀行、福岡中央銀行、佐賀共栄銀行などはコードがないため、海外からの送金先として指定することができないのでご注意ください。

Tradeview 海外銀行送金 SWIFTコード

SWIFTコードは事前に確認しておく必要があるので日本の金融機関のSWIFコード一覧(ウィキペディア)をご確認ください。

STICPAYでの出金

STICPAYはbitwalletの類似サービスであり、上記のとおりTradeviewはSTICPAYで利益分の出金をできると明言していませんが、実際には利益分も出金できます。

Tradeviewの取引口座からのSTICPAYへの出金手数料は無料であり、STICPAYからは海外銀行送金と国内銀行送金で出金できます。

海外銀行送金の手数料は5%(別途受取銀行手数料等あり)、国内銀行送金は800円+出金額の1.5%、STICPAYカードは出金額の1.0%、出金までの時間・日数は2営業日。

国内銀行送金の手数料では、bitwalletは一律824円なので出金額が多額になるほどSTICPAYは割高ですが、デビットカードであるSTICPAYカードを申請して入手すれば、日本国内のATMからの出金やMastercard加盟店でのショッピングにも対応できるのは強みです。

STICPAYに関する詳細は「STICPAYの口座登録方法から入金出金方法や手数料を解説!」を参考にしてください。

NETELLER(ネッテラー)での出金

NETELLERは日本から撤退しており、日本在住者は口座開設はできても海外FX業者での入出金には使用できません。海外在住者のための選択肢にはなり得ますが、日本在住者の方はbitwalletなど他の方法を検討するようにしましょう。

Skrillでの出金

Skrillも日本市場から撤退しており、現状では口座開設すらできず、NETELLERと同様に海外在住者むけのサービスとなっているので別の入出金方法を検討しましょう。

OKPAYでの出金

OKPAYは2018年4月5以降はMoneypoloブランドにサービス移行しており(MAYZUS fINANCIAL sERVICE LtdがOKPAYを買収)、もともと海外FX界隈ではあまり利用されていなく(FBSなど3社程度)、日本語にも対応していないことから、正直、入出金サービスの選択肢には入ってこないと思います。

エコペイズ(ecoPayz)での出金

エコペイズは英国FCA認可の電子決済サービスであり海外FX業界ではあまり利用されていません。オンラインカジノ界隈で普及していますが、入金は米ドルとユーロのみでありこのサービスも円建て口座を持つ方には向いていないと言えます。

Tradeviewでの出金、最もおすすめは?

上記でそれぞれの出金方法の詳細を読んでみて、どの出金方法が気に入りましたか?

管理人の個人的見解ですが、やはり、bitwalletがもっとも使いやすく、おさらになりますが、理由は以下のとおりです。

  • 入金額以上の利益も出金できる
  • Tradeview口座からの出金手数料が安い(約100円)
  • 国内銀行口座への出金手数料も最も安い(一律824円)

着金までの反映時間は比較対象のSTICPAYと同等の2営業日程度であり、出金にかかるコスト面で勝っているbitwalletが最もおすすめだと思います。

Tradeviewの出金フォームへの入力例

取引口座からの出金は、Tradeviewの出金フォームから申請を行います。

「お客様の情報」項目内の口座名義人名、口座番号・電話番号・口座に登録してあるメールアドレス・出金額に入力し、口座通貨を選択、出金理由も入力します。

出金理由には「I need to withdraw profit(’利益を引き出したい)」「I want to withdraw money(お金を引き出したい)」などと記入してください。

そして、「ご出金方法」の中から選択しチェックを入れ(以下ではbitwalletを選択)、「Tradeview口座を解約しますか?」には「いいえ」にチェックを入れます。

Tradeview 出金フォーム

続いて、ご自身のお名前(口座名銀明と同一)、本日の日付け、に入力したら、「ご本人様確認書類」で顔写真付きの公的身分証明書(運転免許証やパスポートなど)をアップロードし、私はロボットではありませんにもチェックいれて、入力内容に間違いがなければ「送信する」をクリックすればフォームへの入力は完了です。

Tradeview 出金フォームへ入力

Tradeviewの評判レビュー、口座開設、入金方法の詳細については以下の記事をお読みください。

Tradeview 入金方法を解説

Tradeviewの入金、おすすめ入金方法・bitwallet・入金反映・手数料など

Tradeviewの入金方法はバラエティーに富んでおり、どの方法が便利かつ手数料も安いのか.... 選びにくいかもしれません。 そこで、この記事では、管理人が実際に使ってみたTradeviewのおすす ...

続きを見る

Tradeview 海外FX業者

Tradeview(トレードビュー)の評判は?8の長所、2の短所!超低スプレッド重視なら必読。

Tradeviewは2004年設立の老舗・中堅ブローカーであり、英領ケイマン諸島金融庁(CIMA)のライセンスを持っています。 約定力、取引条件、顧客資産管理、ライセンスや徹底した情報公開などの面で安 ...

続きを見る

Tradeview 入金方法を解説

Tradeviewの入金、おすすめ入金方法・bitwallet・入金反映・手数料など

Tradeviewの入金方法はバラエティーに富んでおり、どの方法が便利かつ手数料も安いのか.... 選びにくいかもしれません。 そこで、この記事では、管理人が実際に使ってみたTradeviewのおすす ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-Tradeview(トレードビュー)

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.