XMTrading(エックスエム)

XMのゼロ口座を他のFX業者3社と比較!本当に手数料は高いのか?

更新日:

XMのゼロ口座は利用価値があるのか

ここではXMのかくにんZero口座について、低スプレッドで有名なAXIORYと、HotForex、そしてTitanFXとで比較して解説します。

結論から言うと、XMのゼロ口座は手数料が高いため、個人的にあまりおすすめはしていません。

ZERO口座の詳細が気になる人はご覧ください。
また、最後にはXMのゼロ口座の追加口座開設方法と、口座間の資金移動方法も解説しています。

XMのzero口座

XMのゼロ口座とは、ECN口座のことで、スプレッドが最小でゼロに近い数値になることからきています。

しかし、スキャルピングや短期売買を考えている人はXMのzero口座で口座開設しない方が良いでしょう。

その最大の理由は、旨味である合計の実質取引コストが高いため、あまり評判がよくありません。
どういうことか解説していきます。

XMのゼロ(ZERO)口座のコスト「手数料+スプレッド」

XMのZERO口座の最大の特徴は、スプレッドが最小0.0pips~ということです。

しかし代わりに別途手数料が発生します。
スタンダード口座の場合はスプレッドのみとなります。

取引コスト

  • ゼロ口座:「スプレッド+手数料」
  • スタンダード口座、ナノスプレッド口座:「スプレッドのみ」

ですが、勘違いしてほしくないのは、ゼロ口座のほうが実質スプレッドがかなり低くなっているため、手数料が加わってもゼロ口座のほうが取引コストは安くなります

  • ゼロ口座:「スプレッド0.0pips~」+「往復取引手数料1.0pips」=合計の実質取引コスト1.0pips
  • スタンダード口座、ナノスプレッド口座:「スプレッドのみ」例えばドル円平均スプレッド2.0pips=実質取引コスト2.0pips

ならなぜおすすめできないのかというと、他業者のECN口座は往復取引手数料の部分がXMのゼロ口座(ECN口座)より安いのです。

ぶっちゃけスタンダード口座の方が良い。違いって?

XMのゼロ口座(ECN口座)は確かにスプレッドが小さいですが、他業者とECN口座も同じくらいか、XM以下のスプレッドです
つまり、ECN口座で注目しなければならない項目はスプレッドももちろん、「取引手数料」の部分です。

XMの往復取引手数料は正直、他業者と比べると高めなのでおすすめできません(※それ以外の項目も下記で詳しく比較しています※)。

むしろXMは初心者の方に向いているので、デイトレード向けのスタンダード口座のほうで口座開設するべきです。

XMのスタンダード口座など、すべての評価記事はこちらからご覧ください。

また、ZERO口座は他業者と比べて取引コストが高いため、スキャルピングや短期売買にも向きません。
もしハイレバのスキャルピングや短期売買が行いたいならば、当サイトで紹介させてもらっているAXIORYかHotForexのECN口座の方がスプレッドなどの取引コストが抑えられるのでおすすめですよ。

AXIORYの評判記事を見てみる方はこちら。

XMのzero口座のメリットデメリットなどを、競合3社と比較してみた

では、本当にXMのゼロ口座は使う価値がないのか......。
これを検証するためにも、XMのECN口座であるZERO口座について、ほかの海外FX業者のECN口座と比較してみたいと思います。

比較項目XMAXIORYHotForexTitanFX
手数料、スプレッド往復1.0pips往復0.6pipsメジャー通貨往復0.6pips
その他往復0.8pips
往復0.7pips
基本通貨USD, EUR, JPYUSD, EUR, JPYUSD, EUR, NGNJPY, USD, SGD, AUD, EUR
レバレッジ、ロスカット水準500倍, 
20%以下
400倍, 
20%以下
500倍, 
20%以下
500倍, 
20%以下
最低入金額1万円2万円2万円2万円
最小/最大取引ロット数0.01lot/50lot0.01lot/1000lot0.01lot/500lot0.01lot/100lot
ボーナスキャンペーン口座開設ボーナス3,000円
(すでに別口座で受け取っている人は不可)
なしなしなし
取引ツール、プラットフォームMT4, MT5MT4, MT5, cTraderMT4, MT5MT4, MT5
約定力

手数料、スプレッドの取引コストは高め

まず前述しました通り、手数料とスプレッドの実質取引コストは、XMのゼロ口座は他業者よりも高くなってしまっています。以下をご覧ください。
※表はすべて低スプレッド口座を比較しています。

通貨ペアXMAXIORYHotForexTitanFX
手数料
(1lotにつき)
往復1.0pips往復0.6pips往復0.6,または0.8pips往復0.7pips
全通貨ペア
平均スプレッド
1.9pips1.3pips1.1pips1.53pips
ドル円1.4pips1.1pips0.8pips1.05pips
ユーロドル1.3pips1.5pips0.7pips0.9pips
ユーロ円1.5pips1.3pips1.4pips1.44pips
ポンド円1.7pips1.6pips2.0pips2.15pips

Hotforexはメジャー通貨では0.6pips、その他のマイナー通貨では0.8pipsです(公式サイト参照)。

実質スプレッドと往復の手数料を足すと、XMが不利であることがわかるかと思います。
逆にAXIORYとHotForexのECN口座は、往復手数料を足しても実質取引コストが低いまま、という傾向です。

取引手数料が引かれるタイミングは?

手数料は、1lot(10万通貨)の取引で1,000円がかかります。

取引手数料が引かれるタイミングは、MT4とMT5でそれぞれ異なります。

  • MT4:エントリー時に1,000円かかる
  • MT5:エントリー時に500円、決済時に500円がかかる

基本通貨と、通貨ペアで比較

項目XMAXIORYHotForexTitanFX
基本通貨USD、EUR、JPYUSD、EUR、JPYUSD、EUR、NGNJPY、USD、SGD、AUD、EUR
FX 通貨ペア数56種類61種類49種類57種類
コモディティ(先物CFD商品)----
株式指数(インデックス)--30種類9種類
貴金属2種類2種類4種類6種類
エネルギー--5種類2種類
合計58種類63種類88種類77種類

基本通貨は「USD、EUR、JPY」から選べます。
基本通貨とは、自分の口座内の通貨...例えば証拠金残高や取引の際に使う通貨の単位を表しています。
アメリカに住んでいる人は米ドル(USD)、ユーロ圏の人はユーロ(EUR)、日本にいる人は円(JPY)などです。

また通貨ペアに関しましては、以下の通りです。

XMゼロ口座通貨ペア

  • FX取引:56種類
  • 貴金属:金(GOLD)、銀(SILVER)

コモディティ(商品)や、株式指数(日経などのCFD取引)、エネルギーはゼロ口座では取引できないので注意してください。
(スタンダード口座では可能)

最大レバレッジ、ロスカット水準は標準

最大レバレッジは500倍、ロスカット水準は20%です。

項目XMAXIORY HotForexTitanFX
最大レバレッジ500倍400倍500倍500倍
ロスカット水準20%以下20%以下20%以下20%以下

この項目に関してはほかのFX業者と比べてもそん色はありません。

ゼロカットあり!追証はないから安心

ちなみにゼロ口座にもゼロカットは完備されています。

XMに限らずですが、追証...借金を負うことはありませんので安心してください。
当サイトではゼロカット完備のFX業者しかおすすめはしていません。

初回最低入金額は安い

項目XMAXIORY HotForexTitanFX
初回最低入金額1万円2万円2万円2万円

他の低スプレッド口座と比べると、1万円から始められるというのは1番初回入金額が安いことがわかります。

取引をすぐに始められる、少ない資金で行える、というのは利点です。

その分証拠金は少なくなるので、実質コストなど、取引には注意をしましょう。

入金の手段は?

入金の手段ですが、スタンダード口座と同様の手段で入金できます。
(入金手段は「クレジットカード/デビットカード、国内銀行送金、bitwallet、STICPAY」の4種類で、おすすめはSTICPAYです)

詳しくはこちら:XMの入金をすべて解説します!

また、すでに口座開設しており、新しい口座を追加したい場合、口座間資金移動をすることも可能です。

最小取引ロット数、最大取引ロット数は平均的

項目XMAXIORY HotForexTitanFX
最小取引ロット数0.01lot(1000通貨)0.01lot(1000通貨)0.01lot(1000通貨)0.01lot(1000通貨)
最大取引ロット数
(複数ポジション合計)
50lot(500万通貨)1000lot(1億通貨)500lot(5000万通貨)100lot(1000通貨)

最小取引ロット数は、0.01lot(1000通貨)です。

ポジションを持てる最大ロット数は50lotまでです。

50lotというのは500万通貨ですので、かなりの資金がないとここまでポジションを持つことはないかと思うので特に心配する必要はないでしょう。

ボーナスはお得だが、追加口座は×

項目XMAXIORY HotForexTitanFX
口座開設ボーナス3,000円なしなしなし
その他ボーナスキャンペーンなしなしなしなし

低スプレッド口座には普通ボーナスなどが付いてこない場合が多く、XMのゼロ口座だけが例外と言えます。

XMのゼロ口座には初回3,000円ボーナスが付きますが、それ以外のボーナスは適応外になります。

また、すでにスタンダード口座などで口座開設しており、3,000円ボーナスをもらっている人は適応外です。
口座開設ボーナスは1人につき1回限りのためです。

xmpなどのキャッシュバックはあるのか?

上記で説明しました通り、ゼロ口座はボーナスが口座開設ボーナスの3,000円のみになります。

ですのでXMに独自に導入されているXMPポイントのような、取引をすればするほどキャッシュバックボーナスをもえらえるというサービスはゼロ口座は適用外となります。

使えるツールは?取引プラットフォームはMT4, MT5

項目XMAXIORY HotForexTitanFX
MT4,MT5対応対応対応対応
cTrader非対応対応非対応非対応

MT4、MT5を使用可能です。
XMはctraderを導入していないので、やはりスキャルピングには向かないでしょう。

cTraderとは?

cTraderとは、短期売買やスキャルピングに特化した取引プラットフォームです。

一括決済などでタイムラグがないばかりか、ワンクリック注文を連打したとしても瞬時に取引をクローズできます。
全ポジションをワンクリックで一括で決済することも可能です。

また、設定次第で日本語にもできるため、スキャルピングや短期売買トレーダーが好んで使用しています。
私自身も短期売買をする際にはcTraderを利用しています。

cTraderを評価した記事はこちらからご覧ください。

約定力、決済のスピードは特に変わりなし。

プラットフォームをMT4に統一した場合、特に約定力に変わりはないでしょう。

使ってた感じだとAXIORYがやや早いくらいです。

ただAXIORYならcTraderを使用でき、cTraderのほうがスキャルピング向けで約定スピードは速いと思います。
私はAXIORYのMT4とcTraderは両方使ってますが、最近はデイトレでもcTraderを使ってます。

XMのゼロ口座を利用する方法、手順など流れ

まだXMの口座開設を行っていない人は以下の「XMの口座開設方法、手順」の記事を読んでみてください。

XMの口座開設の方法を解説記事はこちらからどうぞ。

すでにスタンダード口座などで取引を行っている人は、「追加口座」を選ぶ必要があります。
下記からは「追加口座」を解説する方法を説明しています。

XMのマイページにログインして、追加口座を開設する方法

まずはマイページにログインし、画面右横のメニューに「追加口座を開設する」ボタンがありますのでクリックします。
すると下記の画面に移ります。

XMゼロ口座追加開設方法

項目を選択していきましょう。

注意点は、口座の欄を「XM Zero(1lot=100,000)」にすることです!

パスワード(半角数字、アルファベット小文字、大文字それぞれ使用)も設定して、忘れないようにメモしたら「リアル口座開設」をクリックするだけで追加口座を開設することができます。

資金を移動させたい!口座間資金移動方法

資金移動も同じくらい簡単にできます。

まず、資金を移す方のXMのマイページににログインした画面に行きましょう。
「追加口座を開設」のボタンの少ししたに「資金振替」という項目があると思いますのでクリックします。

XMのゼロ口座への資金移動

すると、上記の画面になります。

注意点は、入金額は1万円以上にすることです!
500円と注意書きにありますが、間違いです。

あとは、出金元の口座IDと、入金したい口座ID(ゼロ口座のID)があっているかしっかり確認しましょう。

以上でゼロ口座の追加口座開設と、資金移動は終わりです。

  • この記事を書いた人
管理人アバター

甘エビ太郎

FXを始めて10年以上、詐欺業者などにも騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXの熟練者エキスパートという意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

-XMTrading(エックスエム)
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.