海外FX業者の比較・ランキング

海外FX業者の資金管理方法を比較する

更新日:

海外FX口座の信託保全/分別管理を比較

海外FX業者を選ぶ際には金融ライセンスの保有状況と併せて資金管理方法のチェックも重要です。

かつてリーマン・ブラザーズが経営破綻した「リーマンショック」が引き金となった「世界同時不況」のように予測が付かない危機が発生すると、たとえどんなに優れた金融サービス事業者であったとしても経営不振や経営破たんする可能性があるからです。

万が一、FX業者が経営破たんし自分が預けている資金が戻らなくなったら...そんなリスクをできるだけ回避するにはFX業者が日ごろからどのような資金管理体制を敷いているのかをチェックしておくべきなのです。

海外FX業者が行う資金管理とは

FX業者が行うべき資金管理とは、投資家から預かっている取引資金(証拠金)と運用益を安全な状態に置くために管理することであり、その管理方法には

  • 信託保全
  • 分別管理

の2種類があります。

海外FX業界では信託保全が法的義務となっていませんが、金融ライセンスを取得している海外FX業者では、金融規制当局によって資金の分別管理を行うことを厳しく義務付けられており、一部の海外FX業者は自主的に信託保全を導入しています。

以下で各海外FX業者が行っている資金管理方法を比較します。

おすすめ海外FX業者の資金管理比較

海外FX業者 金融ライセンス 信託保全 分別管理
XM(エックスエム) ・キプロス証券取引委員会(CySEC)
・セーシェル金融庁(FSA)
投資家補償基金(ICF)により最大20,000ユーロ(約250万円)まで補償
FxPro(FXプロ) ・英国金融行為監督機構(FCA)
・キプロス証券取引委員会(CySEC)
英国の金融サービス補償機構(FSCS)が「5万ユーロ」まで信託保全
AXIORY(アキシオリー) ・ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC) ・「全額」を信託保全(Sparkasse銀行の信託口座に完全分離管理)
・PWC(プライスウォーターハウスクーパーズ)の監査を受けている
TitanFX(タイタンFX) ・ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP) ・「全額」を信託保全(National Australia銀行の信託口座に完全分離管理)
・同銀行はオーストラリア最大級の金融機関ムーディーズ格付け:Aa2、S&P格付け:AA-
LAND-FX(ランドFX) ・英国金融行為監督機構(FCA)
・ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
英国の金融サービス補償機構(FSCS)が「5万ユーロ」まで信託保全

海外FX業者が行うべき分別管理とは

投資家が海外FX口座に預けている資金は、海外FX業者にとっては「預かっている資産」であり自社に所有権がないことから、海外FX業者が事業を行っていくための運転資金や経営資金から分離された状態で管理される必要があります。

金融ライセンスを取得している海外FX業者はライセンスによって分別管理を行う義務があり、投資家から預かっている資金は、運転資金や経営資金を管理している銀行口座とは別の口座で管理されながら監査法人のチェックを受ける義務があります。

そのようなことから、資金管理の安全性の観点から、金融ライセンスを保持し、信託保全と分別管理を行っている海外FX業者において口座開設しなければなりません。

海外FX業者が行っている信託保全とは

日本では金融庁が国内FX業者に対して信託保全を義務化していますが、海外FX業界では義務化されておらず、日本で言う預金保険機構によるペイオフのように、金融規制当局と連携して政府機関が万が一の場合に投資家の資産を補償する制度が導入されています。

たとえば、キプロス証券取引委員会(CySEC)や英国の金融行為監督機構(FCA)から取得している海外FX業者の場合、前者では投資家補償基金(ICF)、後者では金融サービス補償機構(FSCS)が投資家の資産を補償してくれます。

キプロスライセンス系海外FX業者の取引口座に資金を預けている場合、最大2万ユーロ(約250万円)まで、英国のFCAライセンス系では最大5万ポンド(約650万円)までの資金が補償されて返還されます。

また、ごく一部ですが、任意で大手銀行の信託口座で投資家の資金を信託保全させ、大手監査法人などによる監査を受けている海外FX業者もあります。したがって、確実に金融ライセンスを保有しながら政府系機関による補償制度や任意に信託保全を導入している海外FX業者で口座開設を行ってから取引を行うようにしましょう。

当サイトがおすすめしている5社のすべては、

  • 金融ライセンスを取得している
  • 分別管理を行っている
  • 補償制度もしくは任意で信託保全を導入している

ことから資金リスクが極めて低い海外FX業者となっています。

-海外FX業者の比較・ランキング
-, ,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.