FX 手法

なぜ、国内FXのスプレッドは、海外FXよりも狭いのか?

更新日:

一般的に国内FXのスプレッドは海外FXよりも狭いことが多く、中にはドル/円が0.3銭~、キャンペーンとして0.3銭を切るような国内FX業者もあります。

投資家にしてみればスプレッドが狭いことは一見大歓迎なことですが、よく考えてみると、0.3銭以下の薄利なスプレッドで儲かるのかな?という疑問の声さえも聞こえてきます。

なぜ、国内FX業者は海外FX業者のスプレッドよりも狭いのか?

その理由は、国内FX業者の投資家からの注文に対する処理方法、取引方法がOTC方式(店頭取引)/DD方式(相対取引)だからであり、表面的には狭いスプレッドを提示しつつも裏では利益を確保できる取引の仕組みを作っているからです。

ここでは、国内FX業者と海外FX業者の投資家との取引方法の違いなどを解説し、国内FX業者が取引を操作しながらスプレッド収益以外の利益を稼いでいること、結果として低スプレッドでもなく投資家が取引で損をするリスクが伴っていることも解説いたします。

国内FX業者のスプレッドが安い理由は、海外FX業者の取引方法と違うから

冒頭でも少し触れましたが、国内FX業者が極めて狭いスプレッドを提示できる理由は、投資家からの注文をどう処理しているのか、つまり、取引方法としてDD方式(相対取引)を採用しているからです。一方、海外FX業者はNDD方式という全く異なる方法を採用しています。

国内FX業者の「DD方式(相対取引)」なら不正操作も可能

DD方式は、投資家からの注文をインターバンク市場に流さずに投資家との相対取引を行っています。

つまり、相対取引=「呑み取引」であり、国内FX業者は、投資家からの注文通りの売買を行わない(取引を行わない)のが基本となっています。

相対取引とは、取引当事者が直接取引を行うことであり、投資家とFX業者には必ず利益相反関係が生じ、

  • 投資家が儲かる=FX業者が損する
  • FX業者が儲かる=投資家が損する

ことになります。

DD方式では国内FX業者は投資家の注文を「抱えたまま=呑んだまま」にすることが可能であり、そのため、「競馬の呑み取引」と同じような不正操作が行えるのです。

相対取引であるため、FX業者は自社が損をしないために、投資家を負かすために以下のような取引上の不正操作を行いスプレッド以外の収益を稼ごうとします。

  • 故意にレートをずらす
  • 故意にストップ狩りを行う
  • 故意にロスカット狩りを行う
  • 故意にスッページ(レートすべり)させる
  • 故意にシステム停止させる

相対取引では必ず利益相反取引となってしまうことから、上記のような不正操作を行わなければ自社が必ず損することになるので、国内FX業者のFX口座で取引を行うと常に「負かされる」不安を抱えながら取引を行うことになります。

国内FX業者による不正操作の例

下記画像は、国内FX口座開設数No.1と言われているDMMFXの約定力を当サイトが定期調査したときに、明らかなレート操作に遭遇したものです。

ご覧の通り、決済時刻(05:59)のチャート画面では112円40銭台です。

DMMFXによるレート操作(レートずらし)

一方、決済時刻(05:59)、トレード画面では決済レートが113.010円となっており損益がマイナスとなっています、この数字から判断すれば、確実にレート操作があったと考えられます。

DMMFXのレートずらし(レート操作)の証拠

DMMではラインで問合せを受け付けているので、6:05位から数分おきに下記の問合せを続けてましたが混雑しているの一本調子で全く埒が明かない状況で問合せを諦めました。

DMM.com(DMMFX)がレートずらしを行っている証拠3

このようなレート操作は氷山の一角

ここではDMMFXでの取引操作を紹介しましたが、このような操作は、いずれにしてもDD方式を採用している国内FX業者ならどの業者でも行えることなので、DMMのような取引操作は氷山の一角であり多くの国内FX業者が行っていることなのです。

このようにDD方式を標準採用している国内FX業者の取引口座で取引を行うと国内FX業者が相対の取引相手となるので不正操作によって損するリスクがあり、表面的にはスプレッドが安くても結果的に投資家が損する可能性があります。

インターバンク市場に流す・参加するコストを省いている分、国内FXのスプレッドは安い

インターバンク市場とは、通貨取引が行われている金融機関同士が相互に資金調達する場所です。FX業者がインターバンク市場に注文を流したりするのには当然ながら人件費や手数料が掛かりますが、国内FX業者はDD方式によって投資家の注文をインターバンク市場に流さないことでコストを省いているのです。

一方、海外FX業者はNDD方式を標準採用しており、投資家の注文をインターバンク市場に必ず流すのでその分のコストがスプレッドに上乗せされているので、表面的には国内FXのスプレッドよりも広くなっているように見えるのです。

つまり、国内FX業者は、不正操作を行えるDD方式によってスプレッド以外の収益を上げており、また、インターバンク市場にかかるコストを省いているからスプレッドを安く見せかけることが可能なのです。

不正操作ができない海外FXが標準採用しているNDD方式

海外FX業者が採用している取引方法はNDD方式(ノーディーリングデスク)はインターバンク直結型であり、投資家の注文は直接インターバンク市場に流されるので、海外fx業者のディーラーは投資家からの注文に対して一切関与しえないので不正操作が不可能なので安全だと言えます。

つまり、海外FX業者は投資家と市場を結ぶ単なる仲介役=取次業者としてスプレッドを主要の収益源としているので、

投資家に儲けてもらって、投資家がもっと取引量を増やせばスプレッド収入が増えることを望んでおり、投資家と海外FX業者、両者がウィンウィンの関係を望んでいるのです。

そのため、海外FX業者は投資家が儲けれるように下記のような「投資家に勝たせるためのサービス」を提供していることが多いのです。

  • ボーナスキャーンペーン
  • 追証ゼロサービス(ゼロカット)
  • 賞金コンテスト
  • 無料VPS

などなど、海外FX業者ならではのサービスが充実されているのです。

不正操作が不可能なNDD方式を採用している海外FX業者は、取次業者としてスプレッドという手数料ビジネスをメインとしており、ブローカー業として透明かつ安全なサービスを提供しているので、国内FX業者を選ぶよりも海外FX業者で口座開設して取引を行う方が得策でしょう。

-FX 手法
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.