FX 用語

【海外FX版】レバレッジとは?

更新日:

FXのレバレッジの仕組みとは

レバレッジを活用すると自己資金の何倍もの取引が行えます。「自己資金を担保にして資金を借り入れて取引を行う」ものであり、少ない自己資金を担保として大きな取引を行えます。

レバレッジの仕組みを簡単に説明すると以下の通りです。

海外FXでは国内FXにようにレバレッジ規制がありませんのでレバレッジ100倍を利用して取引したと仮定します、なお、国内FXでは規制によってレバレッジは最大25倍となっています。

例えば、資金10万円を持っている投資家が100倍で取引を行うと、

自己資金10万円 × 100倍(レバレッジ)=1,000万円(取引額)となり、1,000万円(取引額)-10万円(自己資金)=990万円(借りた資金)となり、990万円を借りて取引を行っていることになります。

そして、もし1,000万円の取引で10%の利益が出ると100万円の儲けとなりますが、これを分解して考えると、10万円の取引の10%の利益=1万円X100(レバレッジ)ということになり、10万円の自己資金だけで100万円もの儲けを出したことになります。

レバレッジを使わなければ1万円だけの利益となるところをレバレッジを使って100万円にできるわけです。

しかし、このようなレバレッジ倍率はどのFX業者の口座でも利用できるわけではありません。国内FXでは金融庁によるレバレッジ規制によってレバレッジは最大25倍だけですが、海外FXではレバレッジ規制がないため業界平均レバレッジはおおよそ500倍となっています。

このような高いレバレッジ(ハイレバレッジ)を活用するためには、海外FX業者に対して「証拠金」と言う形で、担保としての資金を預けることによって取引を行うことができます。

海外FX ハイレバレッジのメリットとデメリット

上記で述べてきたように少額資金で大きな利益を狙える海外FXのレバレッジにはメリットとデメリットが混在しています、以下、メリットとデメリットを解説いたします。

ハイレバレッジのメリット

最大のメリットは高い資金効率(投資効率)です。このことは国内FXのレバレッジと比較すれば簡単に理解いただけます。

例えば、1ドル100円の時に1ロット(10万通貨)の取引を海外FXのレバレッジ100倍と国内FXの25倍で行うと投資効率は以下となります。

取引金額=1ドル100円X10万通貨=1,000万円

  • 海外FXでの必要証拠金=1,000万円 ÷ 100(レバレッジ)= 100,000円
  • 国内FXでの必要証拠金=1,000万円 ÷ 25(レバレッジ)= 400,000円

となるので、まず、海外FXは国内FXよりも4倍も少ない自己資金で1,000万円の取引が行えます。

そして、ここからが非常に重要なのです、両者の損益は以下となります。

1ドル100円が101円に上昇すると、

  • 海外FXの総利益=100,000通貨X利益1円=10万円
  • 国内FXの総利益=同上=10万円

もし、1ドル100円が99円に下落すると、

  • 海外FXの総利益=100,000通貨X利益-1円=▲10万円
  • 国内FXの総利益=同上=▲10万円

そうなのです、レバレッジ倍率には8倍の差がありますが、損益は変わらないのです。これは、どういうことを意味しているかと言いますと、レバレッジの倍率は直接損益には関係しない、影響しないということなのです。このことについては、次のデメリットの章で詳しく解説いたします。

ハイレバレッジのデメリット

ハイレバレッジのデメリットはロスカットしやすくなることです。

上記の例においてロスカット率が20%の場合、

  • 海外FXのロスカットに耐えられる金額80,000円 ÷ 10万通貨=0.8円(80銭)
  • 国内FXのロスカットに耐えられる金額320,000円 ÷ 10万通貨=3.2円

このようにロスカットは海外FXの方が4倍早くなる可能性があるのは確かです。

レバレッジにおいて考えるべきリスクとは?

しかし、レバレッジの倍率自体では損益は変わらないので(上記の25倍でも100倍でも)、巷でよく耳にする「ハイレバレッジは上手くいけば利益が大きくなるが、下手すれば損失も大きくなる」というのは決して正しい見方ではないのです。「下手をすれば」ロスカットが早まりやすいですが、レバレッジの倍率で損益が変わるわけではないので、レバレッジを考える上での「損失リスク」は実際に出資した金額で考えるべきだと言えます。

高い投資効率も追い求めることができる反面、ロスカットしやすいことを十分理解しながら、ハイレバレッジによって個々の取引の「損失リスク(出資リスク)」を抑えながら取引を行えるのが本来のレバレッジの魅力であり、レバレッジ規制が徐々に強化されてきた日本国内のFX業界では物足りなさを感じている、これから投資を始めるにあたり投資効率をポジティブに考えたい方は海外FXに向いていると言えます。

関連記事:海外FXの高いレバレッジ効果で稼ぐ

海外FXにはゼロカットというリスク保険も付いている

海外FXではロスカットに加えてゼロカットという追証ゼロサービスが導入されています。ゼロカットとは証拠金以上の損失をカット(免除)するものなので「追証」を発生させず、最大損失を証拠金の範囲内に限定してくれるものです。

一方、国内FXではゼロカットはなく、ロスカットが導入されているだけであり、相場急変時などでロスカットが間に合わなかったり発動しない場合には証拠金以上の損失によって追証のが発生します。このようなケースでは、海外FXでも一旦は証拠金以上の損失が発生しますが、ゼロカットが導入されているお陰で「カット(免除)」されて追証は一切発生しません。

上記で述べてきたレバレッジによって個々取引の「損失リスク(出資リスク)」を抑えながら取引ができることと、その抑えられた損失リスクの拡大を防ぐ保険として役割としてゼロカットは有効であり、海外FXでは資産を防御するシステムが二重に備わっていることから国内FXよりもおすすめだと言えるでしょう。

関連記事:海外FXのゼロカットとは?そのメリットとは?

金融ライセンスを保有し、有利なレバレッジ、ゼロカットを導入している「安全性」「信頼性」「儲かる環境」がある海外FX業者のランキングを以下で紹介いたします。

-FX 用語
-

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.