海外FX おすすめ情報

【海外FX】海外FXと国内FXのスプレッドが異なる理由を注文方式・取引口座の違いから理解する

更新日:

海外FXは国内FXよりもスプレッドが高いと言われていますが、それには訳があります。
それを理解するためにはまず注文方式などが異なっていることを理解する必要があります。

本記事はそれを簡単に説明していきます。

スプレッドの違いを「注文方式」から理解する

スプレッドの違いは、国内FX業者、海外FX業者での注文方式から異なります。
それぞれの特徴は以下のとおりです。

またそこからスプレッドの傾向がどうなっているのかを見ていきましょう。

国内FX業者 ⇒ DD方式/店頭取引(OTC取引・相対取引=利益相反取引)

取引コスト = スプレッド + 取引手数料なし

スプレッドが極めて狭く手数料がないかわりに下記のDD取引の特徴によってスプレッド以外で利益を上げているのが国内FX業者です。

・顧客の注文通りに為替の売買を行わない
・顧客からの注文を呑む、ノミ行為をするため取引手数料がなくても利益を得られる
・顧客が損をする = FX業者が儲かる(FX業者が損をする = 顧客が儲かる)のようになっている

海外FX業者 ⇒ NDD方式(ノンディーリングディスク = 専任ディーラーが取引に関与しない)

海外FXは、注文が市場に直接流されることから、その仲介手数料のスプレッドだけを収益源としています。

・STP口座(スタンダード口座)の取引コスト= スプレッド + 取引手数料なし
・ECN口座の取引コスト = スプレッド + 取引手数料が有料
・どちらの口座とも顧客の注文通りに為替の売買を行う
・STP口座は顧客からの注文をインターバンクに直結する形で流すだけなので取引手数料がかからない
・ECN口座は顧客とインターバンクの仲介をするため手数料を取るが、仲介するだけなので安全
・なぜ安全かといえば、顧客が儲かれば取引量が増えるため、FX業者も儲かる(FX業者のスプレッド収入が増える)というNDDの仕組みが根底にあるから

スプレッドの傾向

国内FX業者と海外FX業者の違いは上記のようになっております。
そのため相場のスプレッドの傾向も変わっています。

・国内FX業者 米ドル/円 0.3pips~
・海外FX業者 米ドル/円 1.0pips~

このように国内FX業者のスプレッドが狭い傾向があります。
国内FXスプレッド業者は顧客の注文通りに売買を行わないぶんの作業コストがかからないため、0.3pipsという狭いスプレッドを提示できています。

しかしスプレッドが狭いからという理由で国内FX業者を選んではいけません。

なぜならこのように狭いスプレッドでは利益を生み出せないため、他の不正行為で利益を上げている可能性が高いからです。
つまり国内FX業者は「ノミ行為」を行っているのです。

国内FX業者のほとんどはDD方式という利益相反取引を行っているので、顧客に損を被らせることで利益をあげているので、レートずらしやスリッページなどで顧客を負けさせることで、国内FX業者は利益を上げています。

このような利益相反取引となる仕組みを採用しているのは日本くらいで、海外ではFX業者に求められているのは取引の透明性、信頼性、安全性であり、スプレッドの狭さは重視されているわけではないのです。
つまり海外FX業者のほうがFX取引をする上で自分の思い通りの取引、安全な取引がしやすいということです。

取引口座によってスプレッドが異なる

海外FX業者には主な取引口座が2種類あります。

・MT4口座などいわゆるSTP口座(スタンダード口座) 取引手数料が無料のものが多い
・スプレッドが狭く約定力のあるECN口座 取引手数料が有料

なお、STP口座の取引手数料が無料なのと、国内FX業者の取引手数料が無料なのとでは根本的に仕組みが異なるため、同じ「手数料無料」でも意味が異なります。
上記でも説明しましたが、そもそもの取引方式が異なるので、DD方式の国内FXは手数料無料と謳いながらその実ノミ行為によって利益を発生させています。
海外FXのSTP口座は、NDD方式なので顧客に利益を与えようとするため、絶対に不正行為はしません。
海外FXが大事にしているのは信頼と安全性であり、「手数料無料」とできるのは、間にディーラーが入っても国内FXとは違い、顧客の利益=FX業者の利益となる構図があるからです。
もちろん海外FXのECN口座も同じように、顧客の利益=FX業者の利益となっているので不正は絶対にありません。

STP・ECN口座について詳しく知りたい人はこちら ⇒ ECN口座とSTP口座の特徴を徹底解説

取引手数料がある場合、実質のトレードコストはスプレッドに限らず取引手数料も合算して比較します。

・STP口座 スプレッド 1.0pips 取引手数料 なし
・ECN口座 スプレッド 0.3pips 取引手数料 往復7ドル

取引手数料とは10万通貨あたりでかかるコストです。
これをpipsに直してから合計をだします。

10万通貨=1ロットです。
往復7ドルは1ロットにつき7ドルなので、取引手数料は0.7pipsとなります。

ここでまたSTP口座とECN口座を比較してみましょう。

・STP口座 スプレッド 1.0pips + 取引手数料なし = トレードコストは 1.0pips
・ECN口座 スプレッド 0.3pips + 取引手数料 0.7pips = トレードコストは 1.0pips

このように合計にすると実質のトレードコストは同じようになります。

上記の例は説明上のためトレードコストが同じになるようにしていますが、平均値で合計してもやはりECN口座のほうが合計は低くなりがちです。
ECN口座はもともとのスプレッドが狭いため、取引手数料が加算されてもSTP口座よりも大きくならないことが多いのです。
つまりSTP口座の「スプレッドのみ」よりもECN口座の「スプレッド + 手数料」のほうがトータルのコストは安くなるのです(例外もあります)。

またECN口座は約定力が強化されているので、相場の流動性が低下しているようなときにスプレッドの広がりがすくないため、STP口座よりおすすめです。
取引コストの安さにこだわるならECN口座の方がオトクなのです。

【まとめ】スプレッドの差異

取引方式(DD、NDD方式)や、取引口座(STP、ECN口座)によってもスプレッドは異なります。

国内FX業者のDD取引はノミ行為が可能で、利益相反取引なので顧客が負ける、損を被るとそれだけ国内FX業者の利益になります。
スプレッドが最狭なのは、その分顧客に負けさせ利益を得ているから可能なのです。

一方の海外FX業者はNDD方式でインターバンクに直結しているため安全な取引が可能です。
そのためスプレッドのみで利益を得ています。

また海外FXではSTP口座とECN口座があります。
これらのコストはスプレッドと取引手数料を合計すると、ECN口座のほうがお得になっています。
ECN口座はもともとスプレッドも狭く、また約定力も強く、スプレッドの広がりも少ないため取引コストの安さに関してはECN口座のほうがおすすめといえるでしょう。

-海外FX おすすめ情報
-,

Copyright© 海外FXエキスパートナー , 2019 All Rights Reserved.