XM(XMtrading)

XMゼロ口座のデメリット3つ。他の海外FXのECN口座の方がお得な理由

XMのゼロ口座デメリット3つ

ここではXMのゼロ口座のデメリットを解説します。

ゼロ口座はECN口座という口座の種類で、スタンダード口座・マイクロ口座(STP口座)とはまったく異なり、低スプレッドを提供しています。

その代わり手数料がかかりますが、トータルコストではスタンダード口座・マイクロ口座よりも安くなる計算です。

しかしデメリットもあるため、今回はデメリットを深堀して解説していきます。

XMのゼロ口座でのデメリットは?

XMのゼロ口座はXMの口座タイプで比較すると、スプレッドが狭いため、手数料が発生するとしてもトータルのトレードコストは安くなります。

ただし競合の海外FX業者と比較すると、スプレッドは狭いとは言え、それほどでもなく、XMの手数料はかなり高い設定になっていることが分かります。

海外FX業者XMAXIORYTitanFXHotForexLAND-FXGEMFOREX
取引手数料10ドル6ドル7ドル6ドル8ドル無料
USD/JPY
(ドル円)
0.2pips
(1.2pips)
0.2pips
(0.8pips)
0.33pips
(1.03pips)
0.2pips
(0.8pips)
0.5pips
(1.2pips)
0.3pips
EUR/USD
(ユーロドル)
0.1pips
(1.1pips)
0.1pips
(0.7pips)
0.1pips
(1.1pips)
0.8pips
(1.4pips)
0.9pips
(1.6pips)
0.5pips
EUR/JPY
(ユーロ円)
0.6pips
(1.6pips)
0.7pips
(1.3pips)
0.74pips
(1.44pips)
0.1pips
(0.7pips)
0.4pips
(1.1pips)
0.3pips

カッコ内は取引手数料込みのスプレッドです。すべて平均スプレッドを参照しています。

全てにおいてXMが競合他社よりスプレッドが広いことが分かるかと思います。

このようなデメリットの詳細を解説していきます。

XMのゼロ口座は利用価値があるのか
XMのゼロ口座を他のFX業者3社と比較!本当に手数料は高いのか?XMtradingのゼロ口座を他の海外FX業者と比較して、手数料やスプレッドを比べました。どのくらい低い・高いのか、XMのECN口座は他と比べて有利なのか、不利なのか、解説します。...

スプレッド+手数料のトータルコストが高くなる(10ドルかかる)

XMのゼロ口座はスタンダード・マイクロ口座よりもコストを抑えて取引できます。

ただし、XMのゼロ口座は競合他社の低スプレッド口座と比較すると、トータルコストは高くなります

上の表を見ても明らかですが、平均スプレッドも、手数料も、競合他社と比べると高いことが分かります。低スプレッド口座(ECN口座)はその2つのコストの合計を比較すると分かりやすいため、上表ではカッコ内を参考にしてください。

XMのゼロ口座の手数料は?
XMゼロ口座の手数料の詳細を解説!経費にはなるのか?などまとめXMのゼロ口座の手数料は1ロットにつき、1ドルがかかりますが、具体的にいくらなのか?通貨ペアごとの計算例や、いつ引かれるのか?といった疑問に答えていきます。...

ボーナスが適用されない(初回口座開設の3,000円のみ)

XMはボーナスが適用されることが旨味ですが、ゼロ口座ではボーナスが適用されません。

XMの口座開設ボーナス3,000円は適用されますが、それ以外の入金ボーナスやXMP(XMのポイント制度)は適用外です。

その点を考えると、取引するたびに溜まっていくポイントのあるスタンダード口座でも良いのではと考えてしまいますね。

ボーナスの詳細は以下から確認できます。

xm3種類のボーナス特徴
XMのボーナス3種類を解説!リセットされる?出金できる?を解決ここではXMの3種類あるボーナスを解説しました。リセットされるタイミングや、出金できるのか?といった疑問に一つ一つ答えていきます。...

USD/CNH(ドル/人民元)が取引できない

スタンダード口座とマイクロ口座ではUSD/CNHを含む、全通貨ペア57種類をトレードできます。

しかしゼロ口座はUSD/CNHを取引できません。
それでもFX通貨ペアは56種類もトレードできるためあまりデメリットにはなりませんが、もしUSD/CNHをトレードしたい場合にはスタンダード口座・マイクロ口座を口座開設、もしくは追加で口座を作りましょう。

XMの通貨ペアのおすすめ紹介
XMの通貨ペアのおすすめ紹介!追加、表示されない?も解決!XMの通貨ペアのおすすめを紹介します。またMT4で通貨ペアが追加されない・表示されない場合も簡単に解決できます。他、通貨ペア一覧表も載せています。...

【まとめ】XM以外で低スプレッド口座を提供している海外FX業者紹介

XMのゼロ口座は、XMだけで見ればとても優秀な口座タイプです。

しかし、競合の海外FX業者の低スプレッド口座(ECN口座)と比べると3つデメリットが目立ってしまいます。

  1. スプレッド+手数料のトータルコストが高くなる(10ドルかかる)
  2. ボーナスが適用されない(初回口座開設の3,000円のみ)
  3. USD/CNH(ドル/人民元)が取引できない

このような理由から海外FXでスキャルピングをしたいと思っているのなら、XM以外の海外FX業者を使うべきです。

ECN口座とSTP口座
海外FXのECN/STP口座とは?ECNの特徴をがっつり説明する!海外FXでは STP口座(スタンダード口座) ECN口座(低スプレッド口座) が用意されています。 ECN/...
XMの三つの口座タイプ比較
XMの3種類の口座タイプ比較。あなたはどのタイプが良い?おすすめ解説XMの3つの口座タイプについて、どんな人にどの口座タイプが良いのか、解説します。またそれぞれの特徴や長所短所についても話しました。...

私のおすすめは低スプレッド口座を提供している「AXIORY」「TitanFX」です。

AXIORYは、信託保全(会社が倒産などしても全額補償する制度)があり、東京にもサーバーがあることで速い決済スピードを実現しています。

TitanFXは、レバレッジ倍率がいくら証拠金を増やしても500倍のままトレードできるため、レバレッジ制限がかかりません。このようなことから多くの資金を持っている人におすすめできます。

これから海外FXでスキャルピングをしたい方は「AXIORY」もしくは「TitanFX」で行いましょう。

AXIORY評判
AXIORYの評判!出金トラブルなど不安なら読むと吉【なぜ私が使い続けるのか】ここではAXIORYの評判について解説します。出金拒否などのトラブルはあるのか?すべて正直に話していきます。なぜ私もずっと使い続けているのかも解説します。...
TitanFX評判
【TitanFXの評判】口コミ・特徴・使用感を長所短所でまとめてみたTitanFXの評判をまとめました。また私が使ってきての感想や、どういったメリット・デメリットがあるのかもまとめましたので、参考にしてください。...
この記事を書いた人
   甘エビ太郎  
甘エビ太郎

FXを始めて約10年、詐欺業者に騙されたことから、優良な海外FX業者を見つけるために「安全」が徹底されているFX業者を調べまくりました。その経験や知識をお伝えしています! ちなみにエキスパートナーとは、海外FXのエキスパート(熟練者)という意味と、海外FXトレーダーの良きパートナーになりたいという意味からつけさせてもらった名前です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です